グランドトップ

電通PRの企業広報戦略研究所が、「採用版・魅力度ブランディングモデル」をもとにした就職活動調査を実施

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

関連調査データ:
2018年8月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のインターネット広告市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。 インターネット広告国内市場規模推移と予測1.市場概況インターネット広告国内市場規模は年々拡大しており、2017年度には約1.3兆円、2018年度には約1.5兆円を超えると予測する。PCブラウザ向け広告に比べ、スマートフォン広告

関連調査データ:

注目データ

注目データINDEXへ
2019年1月18日TableCheck★フィードバック数:0ビジネス

飲食店の無断キャンセル・ノーショーに関する意識調査

7割の飲食店が無断キャンセル対策を実施せず、全体の4割で無断キャンセルが発生。経済産業省発表「No show対策レポート」は7割の飲食店が「知らない」と回答 飲食業界の無断キャンセル・No Showに関する飲食店の意識調査飲食店とユーザーの「最高のレストラン体験を実現する」株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口 優、以下:テーブルチェック)は、国内に在住する20~50代の男女330名の飲食店責任者を対象に、飲食店の無断キャンセル・ノーショーに関する意識調査を実施し

2019年1月18日DMM.com★フィードバック数:0マーケティング

インターネットによる「出会いに関する調査」

《出会いに関する調査》今年の“濃い”出会いの平均人数は2.6人! 2019年は約7割の人が「恋の出会い」より「濃い出会い」がしたい!"濃い"出会いをする秘訣は・・・「自己磨き」をすること!? ~2018年に出会った濃い出会い・薄い出会いランキングも発表~ DMMオンラインサロン(https://lounge.dmm.com/)を運営する合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐 孝憲、https://www.dmm.com/ 以下DMM )は、20代~40代の男女600名を対

2019年1月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表2019年1月11日◆2018年の世界の広告費成長率は4.1%と予測 ・中国、英国、ブラジルなどのけん引により、前回予測(2018年6月)の3.9%を、今回予測(2019年1月)では4.1%へと上方修正。 ◆20

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表 有限責任監査法人トーマツは、広告活動を行っている上場企業105社を対象とした「広告取引に関する広告主実態調査」について、本日発表します。 9割超が「マーケティング投資の透明性に対し取り組みが必要」とする一方、ガイドラインを持つ企業は半数にとどまり、投資対効果に向けた広告・マーケティング取引のガバナンスが必要デジタル媒体の重要度が増す中、広告・メディア戦略実行・投資上の課題は、「広告効果測定の難しさ・不透明さ」とともに「媒体単価等コスト面の不透明さ」「

BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査

【BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査】【BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査】~BtoB商材でも、製品やサービスを検討する段階においてはスマートフォンによるWebサイト閲覧が約5割に~  株式会社ITコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区神田小川町、代表取締役社長:池田 俊幸)では、BtoB商材の認知あるいは検討段階から購入・導入に至る購買プロセスにおいて、国内企業の実態を把握するため、「BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査」を実施し、その結果を公開いたしました。B

2019年1月18日KASPERSKY lab★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年サイバー脅威の予測

2019年サイバー脅威の予測

2019年1月17日ロッテ★フィードバック数:0ライフスタイル

バレンタインに関する意識調査

広がり続けるバレンタインの楽しみ方「本命チョコ」、「義理チョコ」だけではなく、「逆チョコ」、「親子チョコ」、「自分チョコ」と、それぞれのバレンタインシーンから実態を調査 【バレンタインに関する意識調査】一口では語れない、バレンタインの魅力!「本命チョコ」って1個じゃない!?平均は3.8個「自分チョコ」を買う人は、プライベートが約1.5倍も充実!? 株式会社ロッテは、来月に迫ったバレンタインを前に、バレンタインでの楽しみ方やスタイルに関する意識調査を行いました。本調査では2月14日のバレンタイン当

2019年1月17日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2018年)

2017年度の国内コールセンターサービス市場は前年度比3.7%増の9,153億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比1.7%増の4,778億円に拡大~コールセンターサービスは人材不足、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化を背景に成長続く~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 コールセンターサービス市場規模推移・

2019年1月17日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

労働生産性の国際比較2018

日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表 日... 日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表日本の時間当たり労働生産性は47.5ドル(4,733円)、 OECD加盟36カ国中20位調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木 友三郎)は、12月19日、「労働生産性の国際比較 2018」を発表しました。これは、当本部がOECDデータベース等をもとに毎年分析・検証し、公表しているものです。人口減少に伴う生

2019年1月17日ジャストシステム★フィードバック数:0大型消費/投資

「QR決済」の利用経験

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年11月度)約2割に、「QR決済」の利用経験あり若者の3人に1人が「D2Cブランド」を認知。1割に購入経験あり調査結果サマリー約2割に、「QR決済」利用経験顧客がスマートフォンに表示したQRコードを店舗側が読み取ることで、もしくは店舗側が表示したQRコードを顧客がスマートフォンで読み取ることで、決済が行われる「QR決済」について、スマートフォン利用者のうち、「頻繁に利用している」人は6.0%、「ときどき利用することがある」人は14.1%でした。一方

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ