グランドトップ

2016年4月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

による資格についての調査結果です。

ネットショッピングの定着と消費者向けビジネスの構造変化 ~インターネット利用者調査に見る買い物行動と意識~

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 CSRの取り組みTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

関連調査データ:
2016年2月17日NHK★★フィードバック数:0社会/政治

2015年 国民生活時間調査

2015年 国民生活時間調査公開:2016年2月17日「国民生活時間調査」は1960年から5年ごとに行い、日本人の睡眠や労働、家事、食事、テレビ視聴、インターネット利用など、普段の生活実態を「時間」という尺度でとらえようとするものです。今、日本人の生活実態はどのようになっているか、また、時代とともにどのように変化してきたのか、などが調査結果からみえてきます。この調査の結果は、NHKの番組編成だけではなく、日本人の生活実態を明らかにする基本データとして広く活用されています。このたび、最新の2015

関連調査データ:

注目データ

注目データINDEXへ
2016年6月30日エスピーアイ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCM購買価格、地上波キー5局、2016年前半見込みと2017年3月迄の価格推移予測

マーケティング・コミュニケーションのに向けて 2016年6月号:テレビCM購買価格、地上波キー5局、2016年前半見込みと2017年3月迄の価格推移予測 いつも「SPIニュース」をお読み頂きまして誠にありがとうございます。 企業のマーケティング・広告宣伝活動における費用/価格/投資対効果についての、測定/ベンチマーキング/透明化/最適化、を使命とする株式会社エスピーアイは、 独自に保有する「SPIINDEX(テレビスポットCM市場平均価格ベンチマーク)」を基に、“テレビスポットCM購買価格、

2016年6月30日Criteo★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Eコマースの未来―2026年への道のり

Ovum社調査レポート:Eコマースの未来―2026年への道のり今後10年間におけるEコマースの動向を予測したOvum(オーバム)社の調査に基づく本レポートは、デジタルとモバイルを活用する小売業者にとって大変有益な内容となっています。PDF としてダウンロード 未来を正確に予測することはできません。しかし、Ovum社は小売業界に影響を与え続けるテクノロジーの進化を注意深く観察・分析することにより、今後10年間でEコマースが私たちに何をもたらすのかについて予測しました。今から備えておければ、時

2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート<ドラッグストア>vol.02 カスタマー・コミュニケーションズ

インバウンド消費 5月の第1位は「目薬」~「2016年5月 ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース インバウンド消費 5月の第1位は「目薬」 ~「2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア>vol.02」 6月27日(月)発売~カスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)と、株式会社カーツメディアワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上 崇)が発行する「2016年5月 インバウンド消費 

2016年6月30日内閣府★★フィードバック数:0マーケティング

世帯別・属性別時系列表:消費動向調査

世帯別・属性別時系列表:消費動向調査 主な属性別データにつきまして、時系列表を整備することといたしました。(平成28年6月23日)第一弾として、主な属性別の消費者態度指数・消費者意識指標を掲載します。今後、順次時系列表を整備し、HPへの掲載を行う予定です。 消費者態度指数と消費者意識指標 ※月次調査となった平成16年4月以降の世帯別・属性別の時系列表を掲載しています。(注)二人以上の世帯及び総世帯の世帯主の年齢階級区分別につきましては、平成25年4月調査以降は10歳刻み、それ以前は3区分(29

第19回世界CEO意識調査 日本分析版

第19回世界CEO意識調査 日本分析版変貌する世界で成功を再定義する成長し続ける日本企業の姿を考える の日本のCEOが今後3年間の成長に非常に自信があると回答。世界全体(49%)を大きく下回る。 自社が成長する上で重要視する国は、調査史上初めて米国が中国(45%)を抜き首位に の日本のCEOが、ステークホルダーとの関わりおいて効果を発揮するテクノロジーとして「データアナリティクス」を挙げているが、世界全体(68%)に比べテクノロジーの活用が低い傾向 の日本のCEOが、人事戦略において

2016年6月30日博報堂★★フィードバック数:0社会/政治

「シルバー30年変化」 調査

博報堂生活総合研究所 「シルバー30年変化」 調査結果を発表 ~ 1986年 → 1996年 → 2006年 → 2016年 ~2016年6月24日 博報堂生活総合研究所は、1986年から30年間にわたり60歳~74歳を対象にほぼ同じ質問内容の調査を続けてきました(1986年、1996年、2006年、2016年の4時点で実査)。この30年間で日本は急速に高齢化が進み、特にこの10年では、団塊世代が高齢期を迎え、平均寿命が男女ともに80歳を超えるなど「高齢社会」を取り巻く環境は激変。こうした中で、

2016年6月29日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

インターンシップで得たものは?

Vol.345 先輩たちに聞きました。インターンシップで得たものは? インターンシップでは、得るものがありましたか?インターンシップに参加したことがある大学2年生~大学院2年生に、得るものがあったかどうかを尋ねたところ、9割弱が「はい」と回答し、大多数の学生が「得るものがあった」としていることがわかった。属性別では、女子学生よりも男子学生、学部生よりも大学院生の方が、収穫があったとしている学生の割合が高い傾向が見られた。特に、大学2年生と大学院1年生は、インターンシップに参加したことがあるすべて

2016年6月29日国民生活センター★★フィードバック数:0社会/政治

消費生活相談における外国人対応の現況調査<結果・概要>

消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。 [2016年6月23日:公表]消費生活相談における外国人対応の現況調査<結果・概要> *詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。 国民生活センターでは、消費生活相談における外国人対応に関する課題を検討するうえでの基礎資料とするため、全国の消費生活センター等を対象に、外国人住民や外国人観光客を対象とした消費生活相談への取組みや啓発事業の実施に関する現況調査を行いました。 また、上記調査に加えて

認知症に関する意識・実態調査

プレスリリース「認知症に関する意識・実態調査」 認知症に関する意識・実態調査報道関係各位 平成28年6月23日株式会社クロス・マーケティング認知症への不安感はあるものの、対策を取る人は少数-認知症に関する意識・実態調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「認知症に関する意識・実態調査」を実施しました。調査背景・目的 高齢化社会が進行し、介護は今後ますます身近な問題となっていきます。近年、主な介

2016年6月29日バンダイ★フィードバック数:0エンタテインメント

お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査

お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ