グランドトップ

2018年4月5日フルスピード★★フィードバック数:0マーケティング

BtoB企業のマーケティング担当者に聞いたデジタルマーケティングの活用実態

HomeニュースリリースWebマーケティング担当者がサービス導入時に重視するのは「費用対効果」よりも「サービスの認知度」、「ターゲティング精度」。 また4割以上が現在のインターネットを活用したマーケティング施策に不満。 Webマーケティング担当者がサービス導入時に重視するのは「費用対効果」よりも「サービスの認知度」、「ターゲティング精度」。 また4割以上が現在のインターネットを活用したマーケティング施策に不満。 2018年4月5日 ~BtoB企業のマーケティング担当者に聞いたデジタルマーケティン

関連調査データ:
2018年4月4日Z世代会議★★フィードバック数:0ライフスタイル

Z世代レポート2018

若年層の価値観・ライフスタイルに関する調査 「Z世代レポート2018」発表 いつも友人とつながり、見知らぬ人とも交流する。他人の目を気にする「ソーシャルよいこ」がZ世代の特徴 株式会社dot、株式会社ループス・コミュニケーションズ、株式会社4thが運営する「Z世代会議 」は、このたび、16~35歳のZ世代・Y世代の若者を対象に、価値観やライフスタイルを明らかにする調査を実施いたしました。 ソーシャルメディアが世界的に普及した現在、若者世代は「ソーシャルネイティブ」とされるとおり、常に人とつなが

関連調査データ:

注目データ

注目データINDEXへ
2018年6月21日訪日ラボ★フィードバック数:0大型消費/投資

【インバウンド対策意識調査】地方のインバウンド対策実施率は80%以上。しかし、30%がインバウンド誘致に消極的

【インバウンド対策意識調査】地方のインバウンド対策実施率は80%以上。しかし、30%がインバウンド誘致に消極的。 【訪日ラボ】が地方自治体・地方の観光協会関連などを対象に「地方のインバウンド対策意識調査」を実施。 株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)が運営する国内最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」が、地方自治体・地方の観光協会関連などを対象に「地方のインバウンド対策意識調査」に関するアンケート調査を実施いたしました。今回の調査の結果、・地方自治体や観光団体のイン

消費動向に関する定点調査(2018年5月度)

「クレジットカード金額」「音楽配信ダウンロード」の利用増加。景気回復意識も上昇が続き見通しは明るい傾向 消費動向に関する定点調査(2018年5月度) 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「消費動向に関する定点調査(2018年5月度)」を実施しました。 ■調査背景・目的本調査は、現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動などの観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的とし、200

「全国女子」と「SHIBUYA109ガールズ」比較!

「全国女子」と「SHIBUYA109ガールズ」比較!「2018年夏のイベントに関する調査」2018年夏一番行きたいイベントNo.1は「お祭り・花火大会」で、約75%! 全国女子は「コスパ重視」、SHIBUYA109ガールズは「SNS映え重視」でイベントを決める!?この夏イベントで映えるファッションアイテムNo.1は「ビッグアクセサリー」 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:

2018年6月21日Pathee★★フィードバック数:0マーケティング

Patheeパートナー店舗向けデジタルマーケティング意識調査

2018/6/20プレスリリース【Patheeパートナー店舗向けデジタルマーケティング意識調査】 約4割が店舗担当者は、来店者への対応に追われ、 未来の顧客確保に時間を確保できていないことが明らかに。駅から5分圏内検索エンジンの「Pathee」を提供する株式会社Pathee(パシー)(所在地:東京都品川区、代表取締役:寺田真介、以下当社)が展開する店舗向けデジタルマーケティング支援ツール「Patheeパートナー」で、20代~50代の店舗関連で働く男女1,500名を対象に「店舗向けのデジタルマーケ

2018年6月21日Paidy★フィードバック数:0マーケティング

オンラインショッピングの決済に関する調査

オンラインショッピングの決済に関する調査

2018年6月20日IMJ★★フィードバック数:0マーケティング

日本企業におけるNPS導入の実態把握調査

IMJ、日本企業におけるNPS®導入の 実態把握調査の結果を発表IMJ、日本企業におけるNPS®導入の 実態把握調査の結果を発表-約8割がNPSの効果を実感、分析内容と組織体制がカギ-株式会社アイ・エム・ジェイ東京都港区三田1-4-1取締役社長 兼CEO 黒川 順一郎 デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都港区 取締役社長兼CEO:黒川 順一郎 以下、IMJ)は、「日本企業におけるNPS®導入の実態把握調査」を実施し、調査結果を発表いたしました。2016年1

モバイル3キャリア広告商品の信頼性を調査 ビューアビリティ率69.5%、アドフラウド率0.8%を実証

TOPnewsモバイル3キャリア広告商品の信頼性を調査 ビューアビリティ率69.5%、アドフラウド率0.8%を実証2018.06.13.モバイル3キャリア広告商品の信頼性を調査 ビューアビリティ率69.5%、アドフラウド率0.8%を実証 アドベリフィケーション推進協議会(以下、アドベリ推進協議会)に参画する株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)は、モバイル3キャリア(*1)が提供する広告商品の透明性に関する調査を実施しました。 インタ

民泊運営事業者向け意識調査結果

トップ > ニュースリリース一覧 > 楽天コミュニケーションズ、民泊運営事業者向け意識調査結果を発表 - 騒音問題など近所とのトラブルを懸念する声が最多 - ニュースリリース 楽天コミュニケーションズ、民泊運営事業者向け意識調査結果を発表 - 騒音問題など近所とのトラブルを懸念する声が最多 -2018年6月13日楽天コミュニケーションズ株式会社楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:平井 康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)

2018年6月20日DeNAトラベル★フィードバック数:0キャリアとスキル

「他国の働き方」に関する調査

「他国の働き方」に関する調査

2018年6月19日リゾーム★フィードバック数:0ビジネス

データで見る、銀座・丸の内・日比谷の違いと東京ミッドタウン日比谷の開業効果

データで見る、銀座・丸の内・日比谷の違いと東京ミッドタウン日比谷の開業効果SCトレンド研究所では、それぞれショッピングセンターや流通の専門家である3名の顧問の方々による、第1回SCトレンド座談会を2018年4月4日に開催しました。テーマは、都市型ショッピングセンターの「成功のカギ」です。この座談会の内容は記事として公開準備を進めています。この座談会では、素材として「銀座」「丸の内」「日比谷」という3地区の、SC GATEデータによる比較分析の結果を話題提供のために用意しました。比較分析の結果は、

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ