2011年4月18日 | 調査のチカラ

  2011年4月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
任意の項目でデータを絞り込む
2011年4月18日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年3月 ディレクター・プロデューサー職採用動向

[] <要旨> 震災直後に採用活動を停止した企業も、1週間後を目処に順次活動を再開したため、全体の求人数に大きな変化はありませんでした。WEB(PC)・モバイル・スマートフォン関連市場の活況は続いており、特にスマートフォン関連が好調です。WEB(PC)やモバイル全般に対応できる方を求めるものが多いため、実務経験者だけでなく、「WEB(PC)・モバイル・モバイルサービスのディレクションやプロデュース経験があり、スマートフォンに興味のある方・勉強している方」も採用ターゲットとなっています。 一方、

2011年4月18日IABフィードバック数:18マーケティング海外

IAB Reports Full-Year Internet Ad Revenues for 2010 Increase 15% to $26 Billion, a New Record

FeaturedWhat's NewState of the IndustryThe digital marketing and media industry regularly confronts fresh adversaries eager to intercept the flow of ad dollars, often to the disadvantage of consumer choice. Ad blocking is the latest crisis du jour, a

2011年4月18日アイシェアフィードバック数:1社会/政治

救命講習に関する意識調査

救命講習で最も知りたいこと1位は「心肺蘇生法」 救命講習に関する意識調査命に関わる事故や災害に遭遇した時、命を救うには救急車が到着するまでの間に、一刻も早い救命措置を取ることが不可欠だ。では、救命方法を学ぶための救命講習を受けておきたいと思う人はどのくらいいるだろうか?被災地を除くインターネットユーザに意識調査を実施し、男女922名の回答を集計した。救命講習を受けられる場所がわかれば、受けてみたいと思うか、過去の受講経験を問わず聞いたところ、「ぜひ受けてみたい(10.2%)」「機会をみて受けてみ

2011年4月18日ウェザーニューズフィードバック数:1ライフスタイル

第二回花粉症調査

発行日 : 2011年04月18日ウェザーニューズ、全国2万3千人と調査した「第二回花粉症調査」結果発表日本国民の8%が、今シーズンに花粉症デビュー!?~昨年、国民の3割が発症と判明した花粉症、大量飛散の今シーズンで4割に増加か!?~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、全国的に花粉シーズンの折り返し時期を迎えた4月上旬に、花粉症に関する調査を実施しました。3月末時点で観測された花粉飛散数は、全国的に昨シーズンの5倍に上り、今後も大量飛散が続くと見込まれていま

精密機器業界の他社牽制力、トップ3はキヤノン、リコー、セイコーエプソン

精密機器業界の他社牽制力、トップ3はキヤノン、リコー、セイコーエプソン弊社はこのほど、 精密機器業界における他社牽制力ランキングをまとめました。これは、特許庁の審査官が拒絶査定を下した特許の拒絶理由通知に引用された公報について調査したもので、企業ごとに拒絶した他社特許の件数を集計しました。拒絶理由通知は、ある特許が出願された際に、既に出願されている特許が存在するために新規性や進歩性などの特許要件が認められない場合に、審査官から出願人に対して通知されるものです。拒絶理由通知に引用されるということは

窯業業界の他社牽制力、トップ3は旭硝子、TOTO、日本ガイシ

窯業業界の他社牽制力、トップ3は旭硝子、TOTO、日本ガイシ弊社はこのほど、窯業業界における他社牽制力ランキングをまとめました。これは、特許庁の審査官が拒絶査定を下した特許の拒絶理由通知に引用された公報について調査したもので、企業ごとに拒絶した他社特許の件数を集計しました。拒絶理由通知は、ある特許が出願された際に、既に出願されている特許が存在するために新規性や進歩性などの特許要件が認められない場合に、審査官から出願人に対して通知されるものです。拒絶理由通知に引用されるということは、「審査官から先

2011年4月18日矢野経済研究所フィードバック数:9ライフスタイル

食品宅配市場に関する調査結果 2011-消費者に直接的に働きかけ、希望の商品を手元に届けることができる食品宅配サービス-

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2011年4月18日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

野菜 マイボイスコム

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ8割が野菜が好きであると回答。野菜を食べている方だと思う人は6割弱 野菜を「生野菜、サラダ」で食べる人は8割。「野菜いため」「みそ汁」「カレー・シチューなど」が6〜7割。「野菜ジュース」は3割弱 野菜を食べる場面は「夕食」が9割超、「昼食」が5割弱、「朝食」が3割 ふだんよく食べる野菜は「キャベツ」「タマネギ」「ジャガイモ」「ニンジン」「ダイコン」など。嫌いな野菜は「特にない」が半数弱、「セロリ」「ゴーヤー」「モロヘイヤ」「シュンギク」など

2011年4月18日ドゥ・ハウスフィードバック数:2社会/政治

首都圏と近畿圏で比較した、「震災後に変化した生活行動」に関する調査結果

首都圏と近畿圏で比較した、「震災後に変化した生活行動」に関する調査結果 →震災後、首都圏では4割で外出が減る。自宅での時間を積極的に工夫し、巣ごもりの傾向にある→首都圏で6割、近畿圏で7割が「自粛はやめるべき」と回答  株式会社ドゥ・ハウス(港区: 代表:稲垣佳伸)は自社の運営するネットリサーチ『myアンケート』にて2011年4月に「震災後に変化した生活行動」についてアンケート調査を実施しました。3月11日の東日本大震災は多くの点で消費者の生活に変化をもたらし、今までの生活を見直す機会となって

2011年4月18日矢野経済研究所フィードバック数:1社会/政治

自治体ソリューションに関するユーザーニーズ調査結果 2011-自治体クラウドの導入における課題は、「セキュリティ」が56.0%を占める-

2011年04月18日 自治体ソリューションに関するユーザーニーズ調査結果 2011 ~自治体クラウドの導入における課題は、「セキュリティ」が56.0%を占める~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、全国の地方自治体を対象に電話調査を実施した。1.調査期間 :2011年2月注:東日本大震災より以前に調査を実施した。2.調査対象、有効回答数 :全国の都道府県及び市区町村(東京都のみ23区を含む)を対象に、300団体からの有効回答を得た。3.調査方法 :電話アンケート調査<自治体ソリューシ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ