2012年3月22日 | 調査のチカラ

  2012年3月  
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
任意の項目でデータを絞り込む
2012年3月22日D2C★フィードバック数:30モバイル

スマートフォンやメディアの利用についての調査です。

モバイル利用動向調査(2012年2月調査)

プレスリリース 2012.03.22 モバイル利用動向調査(2012年2月調査) 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、普及が進むスマートフォンの利用動向調査を実施した。全国の15歳~69歳の男女3095名を対象に、2012年2月、PCインターネットによるアンケート調査を行い、フィーチャーフォンおよびスマートフォンの利用動向についてまとめた。 ※本リリースに記載されております「10月調査」とは、2011年10月に実施したもの

2012年3月22日厚生労働省フィードバック数:8社会/政治

第9回21世紀成年者縦断調査(国民の生活に関する継続調査)の概況

第9回21世紀成年者縦断調査の概況I 結婚の状況 この8年間の結婚の状況所得額別にみた状況初職別にみた状況 II 夫婦における子どもの出生の状況 この8年間の出生の状況夫の休日の家事・育児時間別にみた状況 III 就業の状況 就業の変化結婚後の就業継続意欲別にみた女性の就業継続の状況女性の育児休業制度利用後の就業の状況出産後の就業継続意欲別にみた妻の就業継続の状況 IV 子ども観 結婚・出生の状況別にみたこの8年間の子ども観の変化 大臣官房統計情報部社会統計課縦断調査室室長室長補佐成年者調

2012年3月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年2月分)

1.2012年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の2月国内出荷金額は1,488億円(前年比64.1%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は742億円(前年比44.5%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は100億円(前年比99.0%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は646億円(前年比117.4%)と3ヶ月連続でプラスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は585千台(

2012年3月22日財務省フィードバック数:2社会/政治

産業投資現在高(平成24年2月末)

報道発表平成24年3月21日財務省産業投資現在高(平成24年2月末)(単位:億円、%) 1.計数については、現金ベースの現在高となっている。 2.計数はそれぞれ四捨五入によっているので、端数において合計とは合致しない場合がある。 理財局財政投融資総括課経理第二係 TEL 03(3581)4111 内線5239 03(3581)8084 夜間直通 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2012年3月22日ニールセンフィードバック数:15モバイル

スマートフォン・メディア利用実態調査レポート Vol.4

2012/03/22 [お知らせ] スマートフォンを所有している10代男女、20代女性の6割以上が 主にスマートフォンでSNSを利用 ~ 「スマートフォン・メディア利用実態調査レポート Vol.4」を発売 ~ネットレイティングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO:福徳 俊弘)は、2012年3月22日、スマートフォンによるメディア接触状況の実態調査「スマートフォン・メディア利用実態レポート Vol.4」を発売しました。「スマートフォン・メディア利用実態レポート」は、消費者のスマー

2012年3月22日カービューフィードバック数:3大型消費/投資

カービュー マーケットウォッチ2012年3月

カービュー マーケットウォッチ2012年3月

2012年3月22日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成24年3月)

(平成24年3月)-景気は、東日本大震災の影響により依然として厳しい状況にあるなかで、緩やかに持ち直している。-先行きについては、各種の政策効果などを背景に、景気の持ち直し傾向が確かなものとなることが期待される。ただし、欧州政府債務危機の影響や原油価格の上昇、これらを背景とした海外景気の下振れ等によって、我が国の景気が下押しされるリスクが存在する。また、電力供給の制約や原子力災害の影響、さらには、デフレの影響、雇用情勢の悪化懸念が依然残っていることにも注意が必要である。平成24年3月21日内閣府

2012年3月22日電通フィードバック数:5マーケティング

『消費気分調査』レポート Vol.13

『消費気分調査』レポート Vol.13

2012年3月22日財務省フィードバック数:3社会/政治

財政融資資金現在高(平成24年2月末)

報道発表平成24年3月21日財務省財政融資資金現在高(平成24年2月末)(資産の部)(単位:億円、%) (負債の部)1.売戻条件付利付国債については、日本銀行から買い入れているものである。 2.計数はそれぞれ四捨五入によっているので、端数において合計とは合致しない場合がある。 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2012年3月22日総合プランニングフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性

プレスリリース〜「2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性」〜 2012年01月16日PRESS RELEASE「2012 水ソリューション関連市場の現状と将来性」調査報告書水ソリューション関連市場に関する調査を実施 総合マーケティングの株式会社総合プランニング(大阪市中央区南本町1−7−15 社長 三木五郎(06-4705-0031))は、人口増加、工業化の進展、生活水準の向上などで世界的に水の需要が増す中で、水資源の不足や水質汚染の問題が各地で深刻なものとなっている。人口一人当たりの

2012年3月22日財務省フィードバック数:5社会/政治

財政投融資の実績(平成23年度)

報道発表平成24年4月20日財務省財政投融資の実績(平成23年度)※ 実績合計の欄をクリックすると融資等の1件別情報にジャンプします。 ※ 各財投機関の事業についてはアクセスガイド(財投機関へのリンク)からご覧ください。 (単位:億円) 財政投融資の実績(平成23年度)株式会社日本政策金融公庫(国民一般向け業務) 株式会社日本政策金融公庫(中小企業者向け業務) 株式会社日本政策金融公庫(農林水産業者向け業務) 株式会社日本政策金融公庫(危機対応円滑化業務) 株式会社日本政策金融公庫(特定事業等促

2012年3月22日国土交通省フィードバック数:6大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 ~平成23年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 ~平成23年10-12月期(速報)結果がまとまりました!~ 最終更新日:2012年3月21日○国内宿泊観光旅行における延べ旅行者数は、3ヶ月通じて対前年同月比でプラスとなり、回復傾向。○国内日帰り観光旅行における延べ旅行者数は、10月以降、対前年同月比で大幅にプラスに転じた。○国内宿泊観光旅行及び国内日帰り観光旅行における消費額は、10月から12月までの3ヶ月間いずれも対前年同月比プラス。観光経済担当参事官付 神山、北島、清水、湯原 代表 03-5253-8111(27-

2012年3月22日経済産業省フィードバック数:23社会/政治

全産業活動指数、全産業供給指数(平成24年1月分)

 全産業活動指数は全産業の生産活動状況を供給面から捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年3月22日内閣府フィードバック数:1社会/政治

業種別需給と価格の動向―デフレ下における企業行動の分析―

1.はじめに長引くデフレを解消し、安定的なプラスのインフレ率を実現することは、政府・日銀にとって最重要課題の一つである。デフレの原因は主に需給ギャップの拡大といわれるが、需給ギャップの変動は景気循環そのものであり、需給ギャップが拡大したからといって必ずしもデフレに陥る必然性はない。経済主体が基調的と考えるインフレ率=期待インフレ率がある程度高ければよいのだが、期待インフレ率が低い中で需要不足が生じると容易にデフレになるということであろう。さて、こうしたデフレ解消に対しては、金融緩和拡大、円安誘導

2012年3月22日ディスコフィードバック数:4キャリアとスキル

『日経就職ナビ2013 就職活動モニター調査』(2012年3月)

HOME プレスリリース 就活モニター調査、3月1日現在の活動状況 〜『日経就職ナビ2013 就職活動モニター調査』(2012年3月)結果より〜 プレスリリース就活モニター調査、3月1日現在の活動状況 〜『日経就職ナビ2013 就職活動モニター調査』(2012年3月)結果より〜2012年03月22日就職情報会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2013年3月卒業予定の大学生モニター(現大学3年生、理系は修士1年生を含む)を対象に3月1日〜7日の期間、インターネットで就職

2012年3月22日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

面接、どのくらい通過するもの?

掲載日:2012年3月22日 就職活動を経験した先輩たちに、面接を受けた会社の数を尋ねたところ、一番多かったのが「1〜5社」で約3割。次いで「11〜20社」が全体の約4分の1、「6〜10社」が約2割で続いた。平均の社数は15.5社で、昨年同時期の調査結果「16.0社」よりも減っていることがわかった。属性別には、学部生・文系学生の方が、面接を受けた会社の数が若干多い傾向が見られた。 そのうち、内定をもらったのは何社ですか? 次に、面接を受けた会社のうち、内定をもらった会社の数を尋ねたとこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ