2013年1月8日 | 調査のチカラ

  2013年1月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
任意の項目でデータを絞り込む
2013年1月8日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:5大型消費/投資

主成分分析を行っています。

若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在

若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在 | ニッセイ基礎研究所 若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 新しい年を迎え、年間の家計予算の計画を立てる方も多いのではないだろうか。現在の若年層は日本経済が低迷する中で育ち、雇用情勢も厳しいために、貯蓄志向や節約志向が強

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査 ◆ 利用ユーザー(540名) の利用実態を調査。過去7回の調査との比較分析も実施。◆ 導入ユーザーの用途は、「会議のみ」が60%、「会議以外にも使う」が40%。Web会議の「会議以外利用」が44%と、業務そのものに使う割合が増加。◆ 今後使いたい端末は 「iPad」。◆ 回答者の所属する企業・団体のBYOD(*)は、従業員数が少ない企業ほど「認められている」傾向。 (*)BYOD…(Bring

2013年1月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治

米国の雇用環境は緩やかに改善

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の雇用環境は緩やかに改善2012年12月の雇用統計:失業率は7.8%で横ばい 2013年1月7日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2012年12月の非農業雇用者数は前月差15.5万人増となり、市場予想とほぼ同じ増加幅であった。2012年は1年間で183.5万人の雇用者数が増加した。2011年とおおむね同じ増加幅であり、雇用の加速を示す1年ではなかったが、雇用環境は緩やかに改善

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:27社会/政治

一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差―

一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差― | ニッセイ基礎研究所 一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差― 保険研究部 専務取締役 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年12月16日に投票が行われました第46回衆議院議員総選挙は、事前調査による予測どおり、与野党の獲得議席数が逆転し政権が交代するという劇的な結果と

2013年1月8日統計センターフィードバック数:3社会/政治

年末・年始における交通事故発生状況

年末・年始における交通事故発生状況

2013年1月8日国土交通省フィードバック数:6社会/政治

トラック輸送情報(平成24年10月分)

平成25年1月7日「トラック輸送情報」は、トラックによる輸送量の増減及びその原因並びにトラック輸送を通じてみた景気の動向などを迅速に把握することを目的として取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課交通統計室課長補佐 中倉 TEL:03-5253-8111 (内線28721) 直通 03-5253-8347 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックし

2013年1月8日日本総研フィードバック数:4大型消費/投資

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(3)】ポスト反日デモの中国自動車市場

Research Focushttp://www.jri.co.jp《グローバル化の進展と日中韓自動車産業③》2013 年 1 月 7 日No.2012-015ポスト反日デモの中国自動車市場― 回復が期待される日本車販売 ―調査部 研究員 関辰一《要 点》 2012 年秋の反日デモは日中経済関係に多方面でマイナスの影響を与えた。特に日系自動車メーカーへの影響は大きく、9~10 月の各社の自動車販売台数はおおむね半減した。 もっとも、日本車販売の大幅な下振れに対して、欧米車や韓国・中国車の上振

2013年1月8日統計センター★フィードバック数:1社会/政治

2012年の統計です。

平成24年中の交通事故死者数について

平成24年中の交通事故死者数について

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 11月半ば以降、内外金利差と為替との関係性が完全に崩れている。日米金利差から推計される理論上のドル円レートは直近で79.5円と、実勢と大きく乖

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:5ライフスタイル

日本におけるリスクについてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第1回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第1回偏在する水と人 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また

2013年1月8日マクロミル★フィードバック数:10社会/政治

成人式を前にした調査です。

2013年 新成人に関する調査

2013年01月08日これからの日本の政治に「期待できる」24%、「期待できない」76%“自分の未来”は「明るい」と思う51%、昨年より14ポイント減将来希望する職業、1位「公務員」、2位「技術系の会社員」新成人の交友実態 友達の人数「10~20人未満」が21%で最多、一方で「友達がいない」人も12%インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、2013年に成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2013年 新成人に関する調査」を実施いたしました。調査手法はイン

アジア各国の1月7日現在のFacebook推定ユーザ数

Press Release報道関係各位2013 年 1 月 8 日セレージャテクノロジー、アジア各国のFacebook推定ユーザ数を発表。 インドが前月比126万人増、ベトナムが74万人増と大幅増加。日本は34万人増の1712万人。 インターネット関連サービス提供の株式会社セレージャテクノロジー(本社:東京都文京区、代表取締役山尾 恭生)は1月8日、7日現在のアジア各国のFacebook推定ユーザ数を発表しました。 Facebookは約10億人と言われるユーザを抱える世界最大のソ

2013年1月8日国土交通省フィードバック数:10社会/政治

年末年始における一般国道の交通状況(速報)【全国版】

年末年始における一般国道の交通状況(速報)【全国版】 平成25年1月7日平成24年12月26日(水)~平成25年1月6日(日):12日間※比較対象は前年の12月26日(月)~1月6日(金):12日間前々年の12月26日(日)~1月6日(木):12日間1.全国の一般国道の主な地点の交通量全国平均(別紙1の合計23地点の単純平均)2.観光地周辺の一般国道の主な地点の交通量全国平均(別紙3の合計21地点の単純平均) お問い合わせ先国土交通省 道路局 企画課 道路経済調査室 課長補佐 廣瀬 健二郎 T

2013年1月8日矢野経済研究所フィードバック数:3ライフスタイル

病院グループに関する調査結果 2013

2013年01月08日 病院グループに関する調査結果 2013 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、病院グループの調査を実施した。1.調査期間:2012年9月~12月2.調査対象:民間病院グループ、一部公的病院グループ等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、医療法第52条第2項および各自治体の条例に基づく医療法人の事業報告書等の閲覧または写しの交付、並びに文献調査併用<病院グループとは>本調査では、病院2施設以上と介護老人保健施設・介護老人福祉

2013年1月8日ビデオリサーチフィードバック数:13マーケティング

2013年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数トップタレントは高田 純次、企業トップはグリー

2013年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数トップタレントは高田 純次、企業トップはグリー

ユニクロやH&Mなどファストファッションについての調査です。

ファストファッションについて独自調査

ファストファッションについて独自調査

2013年1月8日日本銀行フィードバック数:8社会/政治

日本銀行による国庫短期証券の銘柄別買入額(12月末)

日本銀行による国庫短期証券の銘柄別買入額(12月末)

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2013年1月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年1月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年1月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月の人民元市場は基準値・現物実勢・NDFとも概ね横ばいで推移、基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」の状況は12月も続いた。また、新興国通貨の動きはまちまちで

2013年1月8日日本政策投資銀行フィードバック数:0ビジネス

バリューチェーンコア企業に関する調査

[[News]]バリューチェーンコア企業に関する調査について 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、技術力があり、バリューチェーン上で重要な役割を担う「バリューチェーンコア企業」に着目した調査を実施しました(詳細については、DBJウェブサイト「今月のトピックス」( )掲載の「No.185 バリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化」をご参照ください。)。DBJは、かねてより産業のバリューチェーン(注)、設備投資計画、技術競争力やものづくり中堅中

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:1社会/政治

2014年度までの経済見通しです。

2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済

2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は東日本大震災からの復興需要や政策効果に支えられて持ち直

2013年1月8日アイティメディアフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

Web会議、重視したいのは?「音声VS画質」究極の対決!

Web会議、重視したいのは?「音声VS画質」究極の対決! 徹夜明け、今から重い長時間の会議。眠気覚ましにあなたはどちらを飲む?徹夜明けの重要な会議を前に、眠気覚ましに飲むのは「コーヒー」という人は61%、「栄養ドリンク」という人は39%という結果となった。「コーヒー」派のコメントからは、純粋にコーヒーが好きで、眠気覚ましの定番と捉えている人が多い様子がうかがえる。また、ドリンク剤に懐疑的な人も少なくないようだ。「栄養ドリンク」派の人は、コーヒーよりも眠気覚ましとして瞬発力があるところが気に入っ

2013年1月8日大和総研フィードバック数:2社会/政治

11月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月雇用統計懸念材料と明るい兆しが混在する内容 ◆2012年11月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.1%pt改善した。今回の失業率の低下は非労働力人口の増加が主たる要因である。よって、失業率は低下したものの、その内容は必ずしも良くない。有効求人倍率は0.80倍となり前月と同水準であった。今回の雇用関連統計を総じて見ると、非労働力人口の増加という懸念材料はあるものの、新規求人数は

2013年1月8日日本銀行フィードバック数:18社会/政治

日本銀行が保有する国債の銘柄別残高(12月末)

日本銀行が保有する国債の銘柄別残高(注1)(2012年12月28日現在)2013年1月7日日本銀行金融市場局1.合計(注2)銘柄(2年債)300回債301回債302回債303回債304回債305回債306回債307回債308回債309回債310回債311回債312回債313回債314回債315回債316回債317回債318回債319回債320回債321回債322回債323回債保有残高12,7865,5044,9722,9761,7353,1999,4036,9669,68610,1639,195

メンタルヘルス市場の現状と将来展望 2013

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ メンタルヘルス市場の現状と将来展望 2013[本書のポイント]◆ EAP・メンタルヘルス支援事業者21社の最新サービス動向取りまとめ◆ 法人・個人向けメンタルヘルスサービス市場規模を予測(2020年まで)◆ 企業・団体へのアンケート調査から、「メンタルヘルス対策実施状況・実施主体」 「成果」 「優先順位と注力分野」「新型うつ対策」 「事業者支援ニーズ」 「予算方向性」などを取りまとめ市場調査・コンサルティング会社の株式会

2013年1月8日NPD DisplaySearchフィードバック数:146ビジネス海外

Tablet PC Market Forecast to Surpass Notebooks in 2013

Digital healthcare ebook seriesFind out how technology can enable both clinicians and consumers to become better at managing health in the future. Download Ebooks Technology blogCatch up with the expert take of our thought leaders on current hot issu

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

BRICsなど新興国についてのレポートです。

新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済~先進国とのリンケージを通じて好転へ~ 2013年1月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 児玉 卓新興国リサーチチーム◆2012年の新興国経済は景気停滞を通じて、先進国とのリンケージの強さを見せ付けた。2013年は、やはり同じリンケージを通じて、2012年を上回る成長パフォーマンスを示すことになろう。◆欧米景気の下方リスクが軽減して

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:2ライフスタイル

個人の視点での長寿化とリスクについての分析です。

長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのか

長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのか | ニッセイ基礎研究所 長生きには備えと支援が不可欠-長寿リスクは誰が負うのか 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――長寿リスクと年金3――年金制度と長寿リスク4――潜在的な長寿リスクの影響5――長寿化に備えるための対応と課題6――おわりに年金は我々の老後を支える重要な制度であるが

中国の対米輸出についての分析です。

大幅な賃金上昇は中国の輸出競争力を弱めているか~対米輸出の現状分析~

経営課題別に探す全社経営戦略 (グループ戦略)環境・CSR戦略マーケティング戦略業務改革全社経営管理 (グループ経営管理)マネジメント高度化人事制度構築組織風土改革人材育成システム社員研修注目のテーマインダストリー別に探す小売・流通・消費財食品・飲料ヘルスケア/医療・介護情報・通信建設・不動産自動車・産業機械環境・エネルギーエレクトロニクス素材物流・運輸教育(学校)旅行・レジャー金融アジア中国欧米・その他政策研究・調査テーマ環境・資源・エネルギー社会政策官民協働(PPP)ものづくり防災・BCP食

2013年1月8日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

営業毎旬報告(12月31日現在)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 営業毎旬報告(平成24年12月31日現在)2013年1月7日日本銀行金銭の信託(信託財産指数連動型上場投資信託)5 「現金」に計上しているのは、支払元貨幣(金融機関等の求めに応じて払い出される貨幣)である。「コマーシャル・ペーパー等」に計上しているのは、コマーシャル・ペーパー(資産担保コマーシャル・ペーパーおよび不動産投資法人コマーシャル・ペーパーを含む)および短期社債等(短期社債、保証付短期外債、資産担保短期債券お

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ