2013年2月8日 | 調査のチカラ

  2013年2月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
任意の項目でデータを絞り込む
2013年2月8日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2月12日~2月15日)

経済指標解説2013 年 2 月 8 日経済調査部シニアエコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測前川亜由美03-3591-1386(2/12~2/15)ayumi.maekawa@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(12日13日14日15日)内はみずほ総研予想:1月の消費動向調査:1月のマネーストック(M2:前年比+2.6%、M3:同+2.4%、広義流動性:同+1.5%):12月の第3次産業活動指数(前月比+1.6%):1月の国内企業物価指数(前月比+0.4%、前年比▲0.1%

2013年2月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:4社会/政治海外

2月ECB政策理事会:行過ぎたユーロ高は警戒の構え

2月ECB政策理事会:行過ぎたユーロ高は警戒の構え | ニッセイ基礎研究所 2月ECB政策理事会:行過ぎたユーロ高は警戒の構え 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)は7日に政策理事会を開催、前回同様の経済・物価の現状判断と見通しを踏襲し、全会一致で政策金利の据え置きを決定した。ドラギ総裁は、3年物LTROの

2013年2月8日総務省★フィードバック数:7キャリアとスキル

勤務時間や休暇など細かく分かれています。

平成23年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果

報道資料平成23年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果 総務省では、地方公共団体における平成23年度(一部調査については24年度)の勤務条件等の状況について、別添のとおり取りまとめましたので、お知らせします。平成23年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果(PDF) 連絡先自治行政局公務員部公務員課担当:野口課長補佐、小野寺係長(代表)03-5253-5111(内線5544)(直通)03-5253-5544FAX:03-5253-5552安全厚生推進室担当:鈴木課長補佐、酒井係長(代表

2013年2月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の「ニューノーマル」

中国経済の「ニューノーマル」

2013年2月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:6社会/政治

円安で貿易収支はどこまで改善するのか

円安で貿易収支はどこまで改善するのか | ニッセイ基礎研究所 円安で貿易収支はどこまで改善するのか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 貿易収支は東日本大震災以降、2年近くにわたって赤字が続いており、2012年10-12月期の貿易赤字は▲9.1兆円(季節調整済・年率換算値)となった。貿易赤字の長期化を受けて、このまま貿易赤字が定

気持ちが伝わるOK曲とNG曲TOP5

[株式会社サン・ホームエンターテインメント] ,カラオケ ランキング 女子 バレンタイン 男子 歌手 告白 スマホ アーティスト アプリ

2013年2月8日総務省★フィードバック数:2社会/政治

83.5%はなんらかの計画・方針を策定しているそうです。

地方公共団体における行政改革の取組状況に関する調査結果

報道資料地方公共団体における行政改革の取組状況に関する調査結果 地方公共団体においては、厳しい財政状況や地域経済の状況等を背景に、簡素で効率的な行財政システムを構築し、自らの行財政運営について透明性を高め、公共サービスの質の維持向上に努めるなど、積極的な行政改革に取り組んでいるところです。この度、平成24年10月1日現在における地方公共団体の行政改革の取組状況について取りまとめましたので、別添のとおり公表します。連絡先自治行政局行政経営支援室担当:岡田課長補佐、影山係長、太田電話:03−5253

2013年2月8日総務省★フィードバック数:15キャリアとスキル

地方公務員の給与についての統計です。

平成24年地方公務員給与実態調査結果の概要

報道資料平成24年地方公務員給与実態調査結果の概要平成24年4月1日現在の地方公務員給与実態調査結果の概要について、別添(PDFファイル)のとおりとりまとめましたので公表します。 <参考> 連絡先総務省自治行政局公務員部給与能率推進室 担当:小岩課長補佐、宮川係長 電話:03-5253-5551 FAX:03-5253-5553

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:5キャリアとスキル

2013年主な上場企業 希望・早期退職者募集状況調査(2月7日現在) ~ 募集実施企業数が年初から急増、1カ月余りで26社にのぼる ~

2013年主な上場企業 希望・早期退職者募集状況調査(2月7日現在) ~ 募集実施企業数が年初から急増、1カ月余りで26社にのぼる ~ 公開日付:2013.02.08円高修正と株高で上場企業の業績修正が目立つが、足元では2013年に入り希望・早期退職者募集を実施した上場企業が26社(2月7日現在)と急増している。産業別でも広がりをみせており、今後の推移が注目される。本調査は、上場企業を対象に2013年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示し、具体的な内容を確認できた企業を抽出した。希望・

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

2012年「休廃業・解散企業動向」調査 ~ 過去10年間で最多の2万7,132件 年間倒産の2.2倍 ~

2012年「休廃業・解散企業動向」調査 ~ 過去10年間で最多の2万7,132件 年間倒産の2.2倍 ~ 公開日付:2013.02.082012年の休廃業・解散件数は2万7,132件に達した。2003年以降の過去10年間で最多で、2012年の倒産件数の2.2倍に達した。2012年の年間倒産は4年連続で前年を下回り、1991年以来21年ぶりの低水準で推移したが、休廃業・解散は高水準が続いている。これは企業を取り巻く環境が厳しく、業績不振や後継者難などから事業継続を断念する企業が水面下で多いことを浮

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:5ビジネス

証券会社118社 業績動向調査(単独決算ベース) ~ 2012年3月期は全体の6割で当期純損失を計上 ~

証券会社118社 業績動向調査(単独決算ベース) ~ 2012年3月期は全体の6割で当期純損失を計上 ~ 公開日付:2013.02.08証券会社118社の2012年3月期決算の総営業収益は、2年連続で前年を下回った。このうち、営業収益30億円未満の中小規模では77社のうち、58社(構成比75.3%)が当期純損失を計上し、規模による業績格差が目立った。全体でも当期純損失の計上が73社(構成比61.8%)に達しており、地場証券を中心に厳しい経営環境を浮き彫りにした。本調査は、日本証券業協会に加盟する

2013年2月8日東京商工リサーチ★フィードバック数:27ビジネス

トップは港区赤坂だそうです。

「社長の住む街」調査

公開日付:2013.02.08社長の住む街のトップは、東京都「港区赤坂」だった。ランキング上位を東京都心が占め、「都心回帰」を反映した。「交通アクセス」や「職住近接」など、利便性重視の傾向もうかがえる。本調査は、東京商工リサーチの約245万社の代表者データ(個人企業を含む)から、社長の居住地を抽出しランキングにまとめた。なお社長居住地の最小単位は「町」ベースで、「丁目」の区別はしていない。調査時点は2012年9月。社長が多く住む街のトップは、東京都「港区赤坂」全国約245万社の中で社長が多く住む

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2013年(平成25年)1月度 全国企業倒産状況

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)倒産件数が1月としては過去20年間で最少 「金融円滑化法」関連倒産が25件2013年(平成25年)1月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は934件、負債総額が2,246億1,500万円だった。倒産件数は、前年同月比5.1%減で3カ月連続で前年同月を下回った。また、1月としては、1994年以降の過去20年間では、1999年(976件)を下回り最少件数となった。依然として「中小企業金融円滑化法」などの各種金融支援効果倒産

2013年2月8日総務省フィードバック数:1社会/政治

平成23年度における地方公務員の懲戒処分等の状況

報道資料平成23年度における地方公務員の懲戒処分等の状況 総務省では、平成23年度における地方公務員の懲戒処分等の状況について、別添のとおり取りまとめましたので、お知らせします。

2013年2月8日大阪商工会議所★フィードバック数:1ビジネス

大阪商工会議所による調査です。

超円高の是正への動きが企業経営に及ぼす影響に関する調査

超円高の是正への動きが企業経営に及ぼす影響に関する調査

2013年2月8日大和総研フィードバック数:6社会/政治

海外投資家による対日投資の影響と示唆

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 海外投資家による対日投資の影響と示唆海外投資家の短期的な投資が株式市場に影響 ◆2012年の対日証券投資の内、株式に関しては4月~9月まで継続的に流出超となるも、10月以降、短期間且つ急速に流入超過額が増加し、2012年トータルでは流入超となった。2012年の対日直接投資は2年振りに流入超となった。新規の投資を指す「株主資本」も流入超となったが、2007~2010年に比べて欧米からの投資が減少している

2013年2月8日大和総研フィードバック数:3キャリアとスキル

科学技術分野における男女共同参画の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資科学技術分野における男女共同参画の動向 ここから本文です科学技術分野における男女共同参画の動向-平成24年科学技術研究調査から-サマリー平成15年6月に男女共同参画推進本部が決定した「社会のあらゆる分野において、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度になるよう期待する」という目標の達成に向けて、さまざまな分野で男女共同参画への取り組みが進められている。科学技術の分野でも、多様な視点や発想を取り入れた研究活動を活性化す

2013年2月8日総務省★フィードバック数:8キャリアとスキル

部門別での職員数が見られます。

平成24年地方公共団体定員管理調査結果の概要

報道資料平成24年地方公共団体定員管理調査結果の概要平成24年4月1日現在の地方公共団体定員管理調査結果の概要について、別添(PDFファイル)のとおりとりまとめましたので公表します。 連絡先総務省自治行政局公務員部給与能率推進室 担当:小橋課長補佐、酒井係長 電話:03-5253-5549 FAX:03-5253-5553

2013年2月8日文部科学省フィードバック数:29ライフスタイル

大学 設置計画履行状況等調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成24年度の報道発表 > 設置計画履行状況等調査の結果等について(平成24年度) 設置計画履行状況等調査の結果等について(平成24年度)平成25年2月8日 お問合せ先PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。 文部科学省〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号電話番号:03-5253

2013年2月8日内閣府フィードバック数:4社会/政治

景気ウォッチャー調査(平成25年1月)

平成25年1月調査(平成25年2月8日公表):景気ウォッチャー調査景気判断理由(現状)景気判断理由(先行き)(参考)景気判断理由集(CSV形式)(別掲)甲信越 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2013年2月8日東京都★フィードバック数:649ライフスタイル

風しん患者報告数です。

東京都 これまでにない規模の風しん流行が継続しています

これまでにない規模の風しん流行が継続しています妊婦への感染には特に注意してください!平成25年2月7日福祉保健局 都内においては昨年夏に風しん患者数が急増して以降、これまでにない規模の流行が継続しています。今年1月に入り患者数はさらに増加し、第4週ではこれまでで最多の患者数となっています。昨年からの傾向として、患者は20代から40代の男性が多く、女性では20代の方の割合が高くなっています。また、患者の多くは予防接種歴がない又は確認できない方となっています。妊婦や妊娠の可能性のある方については、胎

2013年2月8日文部科学省フィードバック数:16ライフスタイル

大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成24年度の報道発表 > 大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査結果について(平成24年度) 大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査結果について(平成24年度)平成25年2月8日 1 調査の目的 本調査は、「学校法人の寄附行為及び寄附行為の変更の認可に関する審査基準(平成19年文部科学省告示第41号)」(※1参照)及び「大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及

2013年2月8日文部科学省★フィードバック数:75キャリアとスキル

日本からの海外留学と海外からの日本留学についての統計です。

「日本人の海外留学者数」及び「外国人留学生在籍状況調査」

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成24年度の報道発表 > 「日本人の海外留学者数」及び「外国人留学生在籍状況調査」について 「日本人の海外留学者数」及び「外国人留学生在籍状況調査」について平成25年2月8日 結果の概要【日本人の海外留学者数】(1)日本人の海外留学者数 OECD等の2010年統計による日本人の海外留学者数を集計したところ、58,060人(対前年1,863人(約3.1%)減(2009年:59,923人))であり、留学者数の多い国はアメリカ合衆国(21

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ