2013年9月2日 | 調査のチカラ

  2013年9月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
任意の項目でデータを絞り込む
2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年7月) ~個人消費の増勢鈍化を示唆~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年7月)発表日:2013年8月30日(金)~個人消費の増勢鈍化を示唆~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比20121月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月201312月1月2月3月4月5月6月7月前月比前年比前月比前年比前月比季調値▲

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鉱工業生産指数(2013年7月) ~生産は改善傾向だが、回復ペースは緩やか~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2013年7月)発表日:2013年8月30日(金)~生産は改善傾向だが、回復ペースは緩やか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比0.4▲ 0.2▲ 0.2▲ 0.5▲ 1.8▲ 0.8▲ 0.5▲ 1.4▲ 2.20.3▲ 1.01.4▲ 0.60.90.10.91.9▲ 3.13.2出荷在庫前年比前月比前年比前月比121月

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年7月) ~雇用環境は緩やかに改善~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2013年7月)発表日:2013年8月30日(金)~雇用環境は緩やかに改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.65.4(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1完全失業率(季節調整値)1.6有効求人倍率1.5新規求人倍率(目盛右)1.40.95.250.81.34.81.24.60.71.14.44.20.6140.90.53.8

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年7月)の予測 ~基調判断は「改善」に上方修正される見込み~

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年8月30日(金)テーマ:景気動向指数(2013年7月)の予測~基調判断は「改善」に上方修正される見込み~第一生命経済研究所経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528内閣府から9月6日に公表される 2013 年7月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差+1.1 ポイントになると予想する1。6月分では前月差▲0.5 ポイントと低下していたが、7月では再び上昇が見込まれる。均してみれば、昨年

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 債券市場での海外投資家

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.47債券市場での海外投資家佐久間 啓常務取締役経済調査部長日本の財政状況が表面上はギリシャ以上に悪場での海外投資家の存在感に比べるとストックいにもかかわらず、債券市場が安定しているのでのそれはまだ大きくないが、彼らの投資スタは国債の海外保有比率が低いことが一因であるンス、戦略が日本の債券市場を大きく動かすこと言われてきた。一方で、最近は海外投資家のとは間違いない。表面的な数字に踊らされるこ保有比率がじりじり上昇しており、警戒が

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント一部の鋼材価格は上昇に転じているが、マージンの低迷は続いている。世界的な鋼材の供給過剰は続くと考えられ、マージンの改善は見込みにくい。総じてみれば利益は横ばい圏に留まる見込み。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

外資誘致のメリットと課題

よく分かる!経済のツボ外資誘致のメリットと課題経済調査部外資誘致のメリット資料1大塚 崇広対内直接投資残高の推移政府は「日本再興戦略」(いわゆる成長戦略)において、対内直接投資残高を 2020 年までに 35兆円にまで拡大することを目標にしています(資料1)。つまり、外国の企業にもっと日本に進出してもらおうということです。では、なぜ外資誘致の拡大を目指すのでしょうか。それは、我が国経済の生産性の向上などに寄与する可能性が高いからです。これまでの様々な先行研究では、外資系企業の生産性が日本企業のそ

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国・資源国を取り巻く環境変化 ~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~

経済トレンド新興国・資源国を取り巻く環境変化~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~経済調査部西濵 徹(要旨)○国際金融市場において米国の量的金融緩和の縮小が意識されて以降、世界的なマネーの動きは大きく変化して新興国経済に悪影響が出る懸念が高まっている。緩和マネーが新興国の景気を押し上げる構図が終わりを迎えつつあるなか、中国経済の減速も重なり、世界経済を取り巻く環境は変化している。特に、新興国や資源国の中には経常赤字を抱える国が少なくなく、近年の景気刺激策によって財政状態が悪化している国

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(7月 29 日時点)~国内景況感輸出が持ち直していることに加え、内需も好調に推移しており、景気は回復局面にある。先行きは、輸出の回復力が増していくことや、経済対策効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などを背景として、景気回復感が強まる可能性が高い。現状①世界経済6ヶ月後(2013 年7-9月期)(2014 年1-3月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益⑦個人消費⑥雇用・賃金国内需要⑧住宅投資⑩物価(注)矢印の方向は、各種関連統計、当社

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(7月 29 日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)14/314/113/1213/11(%)13/1013/913/813/713/513/413/313/213/112/1212/1112/0912/0812/0712/0612/0512/0412/0312/0111/1211/1111/1011/0911/081.81.61.41.21.00.80.60.40.2(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.60%~

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強気見通し維持:日経平均17000円へ

金融マーケット強気見通し維持:日経平均 17,000 円へ経済調査部QE縮小観測と長い付き合いになりそう日経平均株価は、5月 22 日に年初来高値15,627 円を付けた後、5.23 ショック以降は下藤代 宏一で推移するなど、物価目標達成には相当な距離がある。FRBとは対照的に日銀の金融緩和の「出口」は遥か彼方にあるということだ。落トレンドを形成し 12,445 円(6/13)まつまり、日米金融政策のベクトルが反対方向で下げた。その後は持ち直しに転じ、本稿執筆を向いているなら、為替は米国サイドの

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと家計資産

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体アベノミクスと家計資産 ここから本文ですアベノミクスと家計資産~「貯蓄から投資」の実現メカニズムを考える~『大和総研調査季報』 2013年夏季号(Vol.11)掲載調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 サマリー「アベノミクス」への期待から、家計の金融資産に変化の兆しが現れている。これまで「貯蓄から投資」が進まなかった背景には、「期待収益率の低迷」「所得環境の悪化」といった経済環境によるものや、「マイホーム志向」「

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

持続的な社会保障制度構築への提言

トップレポート・コラム政策分析社会保障持続的な社会保障制度構築への提言 ここから本文です持続的な社会保障制度構築への提言~未来への責任を果たすために~『大和総研調査季報』 2013年夏季号(Vol.11)掲載政策調査部 経済システム調査グループリーダー シニアエコノミスト 神田 慶司 サマリー今後の高齢化を見通すと、遅くとも2020年代のうちに超高齢社会にふさわしい社会保障制度を構築しなければならない。賦課方式財政の下では、現役世代の賃金で実質化した社会保障給付をどう抑制するかが重要である。本稿

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2

消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 暮らし > 消費者行動 > 消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2 金融研究部 チーフ株式ストラテ

2013年9月2日ダイヤモンド社★フィードバック数:0大型消費/投資

ダイヤモンドの調査です。

宿泊者1万人調査による日本のベストホテル100

2013.9.2ホテル業界、絶好調!宿泊者1万人調査による 日本のベストホテル100今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。今夏も恒例の宿泊者1万人調査を実施日本の「ベストホテル」はどこだ!? 『週刊ダイヤモンド』は、今夏も本誌恒例のホテル宿泊者1万人のアンケートを実施した。満足度を基にランキングした。 明るい世相を反映してか、上位は1年前とはがらりと変わり、リゾー

2013年9月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望9月 小規模ながら景気てこ入れ策に着手

中国経済展望9月 小規模ながら景気てこ入れ策に着手

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ASEANにおけるモータリゼーションの将来像雑感

トップレポート・コラムアジアンインサイトASEANにおけるモータリゼーションの将来像雑感 ここから本文ですASEANにおけるモータリゼーションの将来像雑感モータリゼーションが本格化するとされる1人あたりGDP3,000ドルを超え、自動車の普及が加速しているインドネシア。インドネシア自動車工業会によると、2012 年の国内新車販売台数は110 万台を突破し、2020年までに200万台まで拡大すると予想されている。また、ASEAN6ヵ国においても2013年1~6月の自動車販売台数は約182万台と前年

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本7月鉱工業生産 ここから本文です7月鉱工業生産市場予想からは下振れしたが、持ち直し傾向を確認ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年7月の生産指数は、前月比+3.2%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+3.6%)を下回ったものの、前月の大幅な落ち込みを取り戻す高い伸びであり、生産の持ち直し傾向が確認される内容であった。出荷指数は前月比+1.3%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同+1.5%と上

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費統計 ここから本文です7月消費統計衣料品の販売不調が全体を下押しサマリー◆2013年7月の総務省「家計調査」によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.9%と2ヶ月ぶりの増加となった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲0.4%と2ヶ月連続で減少している。衣料品の販売不調が全体を押し下げたが、7月の上旬から中旬にかけて、例年よりも気温が高かった影響でエアコン販売が好調など、良い動きも見られている。◆商業

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年7月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本7月雇用統計 ここから本文です7月雇用統計製造業の就業者数が2ヶ月連続で増加サマリー◆2013年7月の完全失業率(季節調整値)は3.8%となり、前月から0.1%pt改善した。就業者数は前月から1万人の増加、失業者数は3万人の減少、非労働力人口は2万人の増加となった。7月の有効求人倍率(季節調整値)は0.94倍となり前月から0.02pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月連続で前月から減少、有効求人数は10ヶ月連続の増加となった。◆就業者数(季節調整値)は

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海洋生態系の持続可能性

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資海洋生態系の持続可能性 ここから本文です海洋生態系の持続可能性~水産資源保全の観点から~『大和総研調査季報』2013年夏季号(vol.11)掲載サマリー地表の7割を占める海洋。海洋の生態系が気候変動や人為的な活動によって脅かされている。通常日常生活では海洋を意識することは少ないが、すでに水産資源の減少、サンゴ礁の劣化、有害化学物質や油類や漁網や生活雑貨などの漂流ゴミによる環境汚染など、人間生活にも負の影響を与え始めている。特に水産資源の減少は世界的

2013年9月2日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度輸入食品監視指導計画に基づく監視指導結果及び平成24年度輸入食品監視統計の公表について

平成25年8月30日【照会先】医薬食品局 食品安全部 (輸入食品監視指導計画関係)監視安全課 輸入食品安全対策室(担当・内線) 室長 三木(内線2495)今川、吉原(2474、2498)(電話代表) 03(5253)1111(電話直通) 03(3595)2337(FAX) 03(3503)7964 (輸入食品監視統計関係)企画情報課 検疫所業務管理室(担当・内線) 室長 宮原(内線2461)蟹江、新井(2470、2464)(電話代表) 03(5253)1111(電話代表) 03(3595)233

2013年9月2日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

福祉行政報告例(平成25年6月分概数)

福祉行政報告例(平成25年6月分概数) 福祉行政報告例は、身体障害者福祉・児童福祉等社会福祉関係諸法規の施行に伴う各都道府県、指定都市及び中核市における行政の実態を数量的に把握して、社会福祉行政運営のための基礎資料を得ることを目的とする。 データを.xls形式でダウンロードできます。 [96KB]統計表1 障害児福祉手当等受給者の状況統計表2 特別児童扶養手当受給者の状況統計表3 保育所の状況統計表4 児童扶養手当受給者の状況表章記号の規約は以下のとおりである。計数不明又は計数を表章することが不

2013年9月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

水田稲作における担い手問題と法人経営

水田稲作における担い手問題と法人経営

2013年9月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

人・農地プランとJAの地域農業振興計画

人・農地プランとJAの地域農業振興計画

2013年9月2日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

FXの市場データです。

FX(外国為替証拠金取引)市場の動向調査結果 2013

FX(外国為替証拠金取引)の動向調査結果 2013 ~年間取引高は約2,500兆円を記録、預かり残高、口座数は拡大基調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてFX(外国為替証拠金取引)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2013年7月~8月2. 調査対象:商品先物会社、FX専業会社、証券会社、ネット銀行等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<外国為替証拠金取引(FX: Foreign Exchange)とは>1998年4月

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費者物価 ここから本文です7月消費者物価物価上昇に広がりの兆しニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2013年7月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比+0.7%となり、市場コンセンサス(同+0.6%)を上回った。コアCPIの上昇幅が拡大した主な要因は、エネルギーの押上げ寄与が拡大したこと。これは、エジプトの政情不安を背景に原油価格が上昇したことに加えて、前年の裏の効果もあって「灯油」、「ガソリ

2013年9月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2013年9月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・9月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2013年09月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●9月は [消費意欲指数=46.8点][デフレ生活指数=61.3点] 2013年9月2日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【9月の消費動向】(消費意欲・デフレ

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2013年9月2日~9月6日)

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2013年9月2日~9月6日)

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年も年半ばに向けた金利低下アノマリー?

今年も年半ばに向けた金利低下アノマリー?

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2013年9月号

[みずほリサーチ]2013年9月号

2013年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計(平成25年4月、5月及び6月分)

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について(平成25年4月、5月及び6月分) 平成25年8月30日 木造3階建て住宅については、昭和62年の建築基準法の改正(同年施行)により、一定の技術基準に適合する戸建て住宅について準防火地域での建設が可能となり、平成4年の建築基準法の改正(平成5年施行)により防火地域、準防火地域以外(平成10年の改正(平成11年施行)により防火地域以外)で一定の技術基準に適合する木造3階建て共同住宅について建設が可能となった。また、枠組壁工法では平成16年

2013年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成25年7月分)

平成25年8月30日7月の住宅着工は, 持家, 貸家, 分譲住宅ともに増加したため, 全体で増加となった。(参考)(PDF 平成25年7月の住宅着工の動向について ファイル171KB)(民間非居住建築物)事務所は減少したが, 店舗, 工場, 倉庫が増加したため, 全体で増加となった 「建築着工統計報告」の平成25年7月分(平成25年8月30日公表)のデータに誤りがございましたので修正させて頂きます。修正箇所につきまして下記リンクよりご確認下さい。正誤情報一覧結果表を政府統計の総合窓口(e-sta

2013年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年7月分 速報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成25年7月分 速報) 平成25年8月30日「建設工事受注動態統計調査」は、平成12年度から開始した統計で、毎月10日前後に前々月の結果を確報として公表してきましたが、平成14年度より利用者の便宜を図るために、速報として「受注高」の概要を公表することと致しました。 速報値は、後日公表される確報値とは一致しない場合もありますので、利用にあたってはご注意ください。平成25年度4月分より新しい推計方法による値を公表しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。なお、対

2013年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年7月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年7月分)について 平成25年8月30日民間工事は、情報通信業、製造業、不動産業等が減少したが、サービス業、卸売業,小売業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比1.6%増加し、4ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比13.7%増加し、4ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Ado

2013年9月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:個人所得(7月)

BTMU Focus USA Diary:個人所得(7月)

Retail Paid Search Traffic Up 30%, Organic Visits Drop 3% [Study]

>> Retail Paid Search Traffic Up 30%, Organic Visits Drop 3% [Study]E-commerce platform MarketLive has released an interesting study based on data from more than 200 website over the first six months of 2013. The study primarily focused on the differ

2013年9月2日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2013年8月19日~25日)

コンパクトデジカメランキングでは、キヤノンの高級コンパクト「PowerShot S110」が前回19位から9位にランクアップ。後継製品「PowerShot S120」の登場がまもなくとなり高級コンパクトながらも実売価格が低下しており、お買い得感が高い。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼ランキング、キヤノン

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国における外資系企業の活躍と課題

トップレポート・コラム経済分析中国中国における外資系企業の活躍と課題 ここから本文です中国における外資系企業の活躍と課題『大和総研調査季報』 2013年夏季号(vol.11)掲載サマリー2013年6月2日~6月7日に中国北京市・天津市を訪問し、外資導入政策や外資系企業の動向について、ヒアリングを行う機会を得た。中国、特に地方の外資導入熱は全く冷めていない。外資系企業のプレゼンスは、固定資産投資に比べて、輸出や鉱工業生産のシェアが高く、外資系企業の生産性の高さや、投資の質の高さが示唆される。外資系

2013年9月2日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

TechTargetが海外展開についての調査結果を公開しました。

企業の海外展開とIT基盤に関する読者調査リポート

企業の海外展開とIT基盤に関する読者調査リポート

2013年9月2日内閣府フィードバック数:0社会/政治

Economic & Social Research No.2 2013年秋号

Economic & Social Research No.2 2013年秋号

2013年9月2日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2013年7月 首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

2013年7月 首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

過去最大の売り越しとなった海外資本の米国債投資

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国

【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国 | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は8月29日、2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で7.5%の増加となり、前期(同

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 | ニッセイ基礎研究所 QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月22日、FRBのバーナンキ議長が量的緩和策の縮小について言及したことを引き金に、新興国・地域では資金流出の動きが加速した。量的緩和策と新興国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ