2014年4月29日 | 調査のチカラ

  2014年4月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
任意の項目でデータを絞り込む
2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度資源循環型推進調査費「国際循環システム対策費-タイチョンブリ県における循環型経済の発展に向けた協力事業に係る支援

平成22年度資源循環型推進調査タイ チョンブリ県における 循環型経済の発展に向けた事業化可能性調査 報告書平成 23 年 2 月 28 日 経済産業省 近畿経済産業局 委託先目次第1章 調査の背景と目的 ........................................................................................................................... 1 1.1 調査の目的 ............

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(東アジアにおける広域連携促進のための、東アジアの文化産業調査)

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(東アジアにおける広域連携促進のための、東アジアの文化産業調査)

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度東アジア低炭素化技術普及研究事業(クリーン・コール・テクノロジーの普及事業)

平成23年度東アジア低炭素化技術普及研究事業(クリーン・コール・テクノロジーの普及事業)

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

AD制度改善に向けた検討のための調査

AD制度改善に向けた検討のための調査

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル

平成22年度中心市街地活性化支援等委託事業(地域食文化による中心市街地活性化調査及び普及啓発事業)事業実施報告書

平成22年度中心市街地活性化支援等委託事業(地域食文化による中心市街地活性化調査及び普及啓発事業)事業実施報告書平成 23 年 2 月株式会社 成 研平成22年度中心市街地活性化支援等委託事業(地域食文化による中心市街地活性化調査及び普及啓発事業)事業実施報告書目 次Ⅰ.事業概要 ·············································································································

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度アジア産業基盤強化等事業(メコン地域の貿易円滑化のための技術協力 に関する調査)報告書

平成22年度アジア産業基盤強化等事業(メコン地域の貿易円滑化のための技術協力 に関する調査)報告書

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度地域新成長産業創出促進事業(環境・省エネビジネスのアジア展開推進事業)業務実施報告書

平成22年度地域新成長産業創出促進事業(環境・省エネビジネスのアジア展開推進事業)業務実施報告書

2014年4月29日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需給についてのレポートが含まれます。

総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 電力需給検証小委員会(第6回)‐配布資料

総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 電力需給検証小委員会(第6回)‐配布資料 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 電力基盤整備課電話:03-3501-1749FAX:03-3580-8591 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(セミナー開催等によるTQM普及啓発事業)

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(セミナー開催等によるTQM普及啓発事業)

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度新エネルギー等導入促進基礎調査(バイオマス・廃棄物による発電利用及び熱利用の導入実績調査)報告書

平成 22 年度新エネルギー等導入促進基礎調査(バイオマス・廃棄物による発電利用及び熱利用の導入実績調査)報告書平成 23 年 2 月バイオマス・廃棄物による発電利用および熱利用の導入実績調査目次1. はじめに .................................................................................................................................. 12. 2009 年度の廃

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

諸外国が発動した貿易救済措置についての調査

諸外国が発動した貿易救済措置についての調査

2014年4月29日大阪府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業における情報開示と知的資産の認識・活用に関する調査報告書

平成26年度第1回2014.4.24大阪府・大阪市経済動向報告会第2部 『中小企業における情報開示と知的資産の認識・活用に関する調査報告書』大阪府商工労働部大阪産業経済リサーチセンター主任研究員 田中 宏昌第1章 「知的資産」「知的資産経営」とは1.「知的資産」「知的資産経営」とは知的財産(特許、ブランド等)、人材、技術、技能、組織力、経営理念、顧客等とのネットワークなど、 財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称。「人的資産」「構造資産」「関係資産」に大別される。「知的資産」は企業

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業「日本-インドネシア経済連携協定に係るインドネシア既存機関のR&D機能強化に向けたミッション派遣等事業」

経済産業省委託平成 22 年度経済連携促進のための産業高度化推進事業「日本-インドネシア経済連携協定に係るインドネシア既存機関の R&D 機能強化に向けたミッション派遣等事業」報告書平成 23 年 3 月財団法人日本自動車研究所概要「日 本 - イ ン ド ネ シ ア 経 済 連 携 協 定 に 係 る イ ン ド ネ シ ア 既 存 機 関 の R&D 機 能 強 化に 向 け た ミ ッ シ ョ ン 派 遣 等 事 業 」報 告 書 ( 概 要 )2011 年 3 月日本自動車研究所本 稿

2014年4月29日内閣府フィードバック数:0社会/政治

「好循環実現のための経済対策」の進捗状況の調査結果について(速報)

「好循環実現のための経済対策」(平成25年12月5日閣議決定、平成26年2月6日補正予算成立)の進捗状況の調査結果について(速報)平成26年4月28日内閣府1.進捗状況調査について(1)調査の概要 「好循環実現のための経済対策」(平成25年12月5日閣議決定(計5.5兆円))の各事業が執行に至る過程を調査 経済対策に盛り込まれた400事業(計4.1兆円(注1))を、①平成25年度補正予算事業(集計事業[354](計3.2兆円))②4つの給付金(注2)に係る事業[4]、ImPACT[1]、政策

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

Fiscal 2011 Study on Clean Coal Technology Project

Fiscal 2011Study on Clean Coal Technology ProjectMarch 2012The Institute of Energy Economics, JapanPrefaceThe coal, of which deposit is abundant and low price and stable supply can be expected, is anenergy source indispensable also in the future. In

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度放射性廃棄物共通技術調査等委託費放射性核種生物圏移行評価高度化調査

平成22年度放射性廃棄物共通技術調査等委託費放射性核種生物圏移行評価高度化調査平成23年3月独立行政法人放射線医学総合研究所平成22年度放射性核種生物圏移行評価高度化調査目次第1章本調査の目的 ............................................................................................................................ 1第2章沿岸における核種挙動移行評価 .........

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度中国地域中小企業知財戦略支援モデル調査事業調査報告書

平成22年度中国地域中小企業知財戦略支援モデル調査事業調査報告書平成23年2月中国経済産業局目次本事業の要約図はじめに第1章第2章・・・1・・・2(1)本事業における支援の枠組み・・・6(2)本年度事業のデザイン・・・9支援の枠組みと調査デザイン知財支援チームによる試行的な企業支援実施第1節支援計画の概要・・・16第2節研修会の実施・・・20第2節ADAPTEX株式会社への支援活動・・・22・・・33(1) 企業の概要(2) 支援課題の設定(3) 支援内容(4) 支援の成果と分析(5) 支援成果

FFG調査月報 2014年5月号

We lo ok i nto you r e ye s , le nd a n e a r to you , a nd e n g a g e w it h you .S e a s o n’s Greeting福岡銀行本 店 営業部今回は、福岡銀行 本店営業部からの初夏の便りです。季 節 の 便り 博多どんたくの起源は、1179年に博多の地で始まったまつばやし「松囃子(年頭に福を祝って行う芸事)」にあるとされています。 オランダ語で休日を意味するゾンタークを語源とするどんたくは、5月3∼4日に

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業グローバル企業からみた対日直接投資環境に関する調査報告書

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業グローバル企業からみた対日直接投資環境に関する調査報告書

2014年4月29日エバラ食品工業★フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税と肉の消費についての調査です。

消費増税後の肉に関する意識・実態調査

平成 26 年 4 月 24 日消費増税後の肉に関する意識・実態調査エバラ食品工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:宮崎 遵)は、「消費増税後の肉に関する意識・実態調査および 肉の消費に関する報道資料」を作成しました。2 部構成となっており、「消費増税後の肉に関する意識・実態調査」の結果と、肉の消費に関するトレンドについてまとめております。「消費増税後の肉に関する意識・実態調査」では、2014 年 4 月 4 日(金)から 4 月 7 日(月)にかけて、首都圏・関西圏に住む 20~

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0エンタテインメント

平成22年度地域新成長産業創出促進事業「地域コンテンツネットワーク構築(勝手にえぇが特区)事業」実施報告書

平成22年度地域新成長産業創出促進事業「地域コンテンツネットワーク構築(勝手にえぇが特区)事業」実施報告書平成23年2月目次第1章 事業の概要1.事業目的 …………………………………012.実施内容 …………………………………023.事業実施スケジュール …………………034.事業推進委員会の設置・運営 …………03第2章 交流事業とワークショップ1.調査の目的 ………………………………052.実施概要 …………………………………05  ①現地交流事業 ………………………05  ②企業向けセミナ

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度地域新成長産業創出促進事業 瀬戸内海再生ニュービジネス創出調査事業 報告書

平成22年度地域新成長産業創出促進事業瀬戸内海再生ニュービジネス創出調査事業報告書平成 23 年 2 月経済産業省中国経済産業局目次第 1 章 事業概要 ....................................................................................................................................................................... 1-11.

2014年4月29日マッチアラームフィードバック数:0大型消費/投資

初デートのお会計はどうするべき?女性の7割が「男性に多めに支払って欲しい」と回答

男性が夢中になる!「癒し系女子」の共通点・4つ 女性に「癒し」を求める男性って多いですよね。でも男性が求める女性の癒しとは具体的にどういうものなんでしょうか?そこで今回は、婚活アプリ「マッチアラーム」の男性会員の声から判明した、男性が求める「癒やし系女子」の共通点をご紹介します。 女性に「癒し」を求める男性って多いですよね。でも男性が求める女性の癒しとは具体的にどういうものなんでしょうか?そこで今回は、婚活アプリ「マッチアラーム」の男性会員の声から判明した、男性が求める「癒やし系女子」の共

2014年4月29日北陸経済研究所フィードバック数:0社会/政治

北陸の産業天気図 2014年5月

北陸の産業天気図(平成 26 年 4 月 25 日発表)◎概観北陸の主要産業のうち 23 業種について、≪平成 25 年度の動向≫と≪26 年度上期の見通し≫を調査し、産業天気図を作成した。●今回産業天気図のポイント(総括)表1 記号別業種数北陸の主要産業は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要を中心に、WindowsXP サポート終了に伴う駆け込み需要、公共事業の増加、外国為替相場の円安により、製造業、非製造業ともに好調と天気図記号晴れなった。前回調査(平成 25 年 8 月実施)の 25 年度下

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度新エネルギー等導入促進基礎調査(グリーン・イノベーションを推進するためのファイナンスに関する調査)

平成 22 年度新エネルギー等導入促進基礎調査(グリーン・イノベーションを推進するためのファイナンスに関する調査)報告書平成 23 年 3 月株式会社日本総合研究所目次第1編 はじめに ....................................................................................................................... 1第1章 調査の概観 ..........................

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度住宅用太陽光発電システムの普及促進に係る調査報告書

平成 22 年度 新エネルギー等導入促進基礎調査住宅用太陽光発電システムの普及促進に係る調査報 告 書平成 23 年 2 月株式会社 三菱総合研究所目次1. 調査の概要 ...............................................................................................................................................11.1 調査の目的 ...........

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度 放射性廃棄物共通技術調査等 放射性廃棄物重要基礎技術研究調査 報告書

平成22年度放射性廃棄物共通技術調査等放射性廃棄物重要基礎技術研究調査報告書(第1分冊)基礎的研究テーマの整理平成23年3月公益財団法人 原子力環境整備促進・資金管理センター報告書の構成「平成22年度放射性廃棄物重要基礎技術研究調査報告書」は、以下の分冊により構成されている。当該報告書分冊名報告書の内容◎第1分冊基礎的研究テーマの整理第2分冊重要基礎技術研究調査第3分冊多重バリアの長期安定性に関する基礎情報の収集及び整備本報告書は、経済産業省からの委託研究として、公益財団法人原子力環境整備促進・

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度東アジア低炭素化技術普及研究事業(クリーン・コール・テクノロジーの普及事業)

平成 22 年度東アジア低炭素化技術普及研究事業(クリーン・コール・テクノロジーの普及事業)平成 23 年 3 月(委託先) 財団法人 日本エネルギー経済研究所はじめに埋蔵量が多く、他の化石燃料と比較して安価で安定的な供給が期待できる石炭は、今後とも必要不可欠なエネルギーである。近年、新興国において経済成長に伴いエネルギー需要が増大している。特に中国やインドを擁する東アジアにおいては、エネルギー源として石炭を利用する割合が高く、石炭需要は今後も増加することが予想されている。しかしながら、石炭は、

2014年4月29日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電灯需要の構造分析とシミュレーション -47都道府県データによる実証分析-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査  九州経済産業局では、経営危機の打開策として、将来が見込める新事業分野へ進出した企業における労働力確保の方法を調査・整理することで、成長分野への進出を行う企業における労働力の確保に資すると共に、新事業分野への進出を断念した事例の収集により、その理由(支障)を浮き彫りにし、規制改革や支援施策等へ繋げていくことを目的に、経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査を行いました。 今般、その調査報告書を取りまとめましたので、公表します。 調査概要(

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(ミャンマー(マンダレー~ムセ)社会及び経済の現状調査報告書)

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(ミャンマー(マンダレー~ムセ)社会及び経済の現状調査報告書)

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業外資系企業等の実態を踏まえた国内事業環境整備等調査報告書

平成22年度対内直接投資促進地域支援等事業外資系企業等の実態を踏まえた国内事業環境整備等調査報告書

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度中小企業支援調査(電気自動車・V2Gを巡る各国の動向に関する調査)

平成22年度中小企業支援調査(電気自動車・V2Gを巡る各国の動向に関する調査)

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度太陽光発電システム等の普及動向に関する調査

平成22年度太陽光発電システム等の普及動向に関する調査

日本のテクノロジー業界8社の財務諸表を見ています。

業界別財務分析(損益計算書中心)‐テクノロジー

業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界2014年04月28日今回は、日本のテクノロジー業界8社の連結財務諸表の損益計算書と損益計算書に関連する主要な指標をみながら、簡単に比較・分析します。まずは、例示として、テクノロジー業界8社の連結損益計算書(一部抜粋)と、関連するそれぞれの指標【表1】を見ていきましょう。それぞれの指標の算定式については、【表2】指標の説明を参照してください。【表1】連結損益計算書開示事例:平成25年(2013年)3月期有価証券報告書、キヤノンは平成24年(2012)年1

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インドネシアにおける低品位炭ガス化技術の利用推進可能性調査事業)(平成22年度事業に係るもの)成果報告書

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インドネシアにおける低品位炭ガス化技術の利用推進可能性調査事業)(平成22年度事業に係るもの)成果報告書

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度「充電インフラ整備に関する実態調査」報告書

平成22年度「充電インフラ整備に関する実態調査」報告書

2014年4月29日大阪府★フィードバック数:0ビジネス

事業承継についての調査です。

市内中小企業の事業承継の現状について(平成25年事業承継実態調査より)

市内中小企業の事業承継の現状について(平成25年事業承継実態調査より)

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化促進事業(東アジアにおける広域連携促進のための、東アジアの消費財・サービス産業動向及び企業活動調査)調査報告書(最終)

平成22年度経済連携促進のための産業高度化促進事業(東アジアにおける広域連携促進のための、東アジアの消費財・サービス産業動向及び企業活動調査)調査報告書(最終)

米の消費動向調査結果(平成26年3月分)

平成26年4月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年3月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年3月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,338グラム、うち「家庭内消費量」が   2,896グラム、「中食・外食の消費量」は 1,442グラム  ■精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家

2014年4月29日KPMG★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車業界調査です。

KPMGグローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2014

インサイトインサイトニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。 注目のトピック注目のトピックRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)RPA(Robotics Process Automation)とは、仮想知的

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済連携促進のための産業高度化推進事業(ミャンマー・ダウェイ地域の社会経済状況及び発展影響調査)調査報告書

経済連携促進のための産業高度化推進事業(ミャンマー・ダウェイ地域の社会経済状況及び発展影響調査)調査報告書

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度国際エネルギー使用合理化等対策事業 (スマートシティ海外実証事業調査)

平成22年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(スマートシティ海外実証事業調査)調査結果報告書(詳細版)2011/ 03 / 31資源エネルギー庁 御中アーサー・D・リトル (ジャパン) 株式会社東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビルPhone : 03-3436-2196(代表)Fax :03-3436-2197URL :http://www.adl.co.jp0Contents該当ページ1本事業の全体像概要版 p12世界各地のスマートシティプロジェクトの俯瞰概要版 p5A調査対象拠点の事

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度地域新成長産業創出促進事業「ものづくりノウハウによるサービス産業イノベーション促進/付加価値向上運動展開調査事業」報告書

平成22年度地域新成長産業創出促進事業「ものづくりノウハウによるサービス産業イノベーション促進/付加価値向上運動展開調査事業」報告書

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0エンタテインメント

平成22年度地域新成長産業創出促進事業「中国地域メディアミックス実証調査事業」実施報告書

平成22年度地域新成長産業創出促進事業「中国地域メディアミックス実証調査事業」実施報告書

VECベンチャーニュース(平成26年第1号)ー直近四半期動向ー

VECベンチャーニュース(平成26年第1号)ー直近四半期動向ー2014年02月28日一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(以下VEC)では、2014年2月28日よりVECベンチャーニュースのリリースを開始いたします。VECでは、2013年初めよりベンチャーキャピタル(VC)等の四半期ベンチャー投資動向調査を行ってまいりましたが、このほど2012年~2013年の四半期動向がまとまりましたので、VECベンチャーニュース(平成26年第1号)として発行いたします。 

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

Fiscal 2010 Study on Clean Coal Technology Project Study Report

Fiscal 2010 Study on Clean Coal Technology Project Study Report

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業委託費

平成22年度経済連携促進のための産業高度化推進事業委託費

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ