2016年3月3日 | 調査のチカラ

  2016年3月  
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「配送サービス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「配送サービス」についてネットで注文、半数以上が「2~3日」で届いてほしい。ますます便利になるネット通販。今回の調査では月に2回以上利用する人は2人に1人。全体の54.3%に上りました。注文後は「遅くとも2~3日で届いてほしい」と思っている人が55.2%でおよそ半数。「翌日」を希望する人は8.5%。注文後2~3日以内で届くことが、「ネット通販の当たり前」になってきていることがわかります。一方で最近は、コンビニ受取りや宅配ボッ

2016年3月3日ベルメゾン★★フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災から5年、今の気持ちについて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:東日本大震災から5年、今の気持ちについて2011年に発生した「東日本大震災」から、今年の3月11日で丸5年になります。今回のウーマンスマイルアンケートでは、5年を経過した今、被災地に対してどのような気持ちで向き合っているのか、また今後の自然災害に対する日頃の防災意識や防災対策についてお伺いしました。ご回答いただいたベルメゾンデッセ会員のみなさん、ありがとうございました。では、調査結果をご一緒に見ていきましょう。調査は、201

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「セルフケアに」ついて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「セルフケアに」ついて「発酵食品を多く摂るようにしている」76.9%「気づいた時にストレッチや伸びをする」半数以上働く女性が増える中、家事や育児の両立で多忙な毎日を過ごしていらっしゃるみなさんも多いと思います。今回の調査では、9割近くの人がカラダの疲れを感じており、4人に3人がストレスを感じているという結果になりました。一方で、「仕事で成果を上げるためには、体調管理が重要だと思っている」人は全体の9割。「体調管理も仕事のうち

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィークの過ごし方2015

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「ゴールデンウィークの過ごし方2015」について自分のイメージ通りに過ごせた人、7割以上。予算内でやりくりできた人、8割以上。今年のゴールデンウィーク(GW)は、日並びの良さや好天に恵まれたこともあり、多くの観光地やレジャー施設がにぎわっていました。人気のテーマパークはどこも昨年を上回る人出になり、JRや空の便も昨年以上の利用者になったようです。また、ガソリン価格が昨年より下がり、車でお出かけされる方も多かったのではないでし

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「料理」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「料理」について今回のウーマンスマイルアンケートでは、ベルメゾンデッセ会員のみなさんに「料理」についてお伺いし、料理に関する意識や、メニューの入手先などをお聞かせいただきました。ご回答いただき本当にありがとうございます。では、調査結果をご一緒に見ていきましょう。 Q.料理をするのは好きですか?「料理」をするのが好きな人は、約6割。料理をするのが「好き」な人は18.8%、「わりと好き」と答えた人の44.2%を合わせると63%、

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「バーベキュー・キャンプ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■調査結果:「バーベキュー・キャンプ」について20代、30代はバーベキュー好き。夏休みに入り、バーベキューやキャンプを楽しんでいらっしゃるご家庭も多いのではないでしょうか。レジャー白書2014によると、日本のバーベキュー人口は2110万人。今やすっかりレジャーのひとつとして定着しています。そこで今回は、夏のレジャーの代表格「バーベキューとキャンプ」についてお聞きしました。バーベキューが好きな人は全体の59.6%。中でも、20代のバーベキ

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「ハロウィン」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「ハロウィン」について秋のイベントとして年々盛り上がりを見せている「ハロウィン」。コスチューム類やお菓子など、ハロウィン関連商品の売上も大きく伸びているようです。今回のウーマンスマイルアンケートでは、「ハロウィン」イベントについて、ベルメゾンデッセ会員のみなさんにお伺いしました。3987人に回答していただいた調査結果をレポートします。 Q.あなたは「ハロウィン」という行事が好きですか?20代女性は、7割以上が「ハロウィン好き

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「シェアリングサービス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「シェアリングサービス」について Q.あなたは、ふだん使っていない個人の車や洋服、空き部屋や駐車場などを貸し借りする「シェアリングサービス」の考え方についてどう思いますか?「シェアリングサービス」に共感する人は、6割。シェアリングサービスに「共感できる」人は10.4%、「まぁ共感できる」と答えた人は49.3%を合わせると59.7%、約6割が共感できるという結果になりました。年代別ではさほど大きな違いは見られませんでした。 Q

2016年3月3日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

第10回東洋経済CSR企業ランキング

第10回東洋経済CSR企業ランキング

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「ふるさと納税」について出身地や応援したい自治体に寄付をすると住宅地での税金が軽減される「ふるさと納税」。2013年度の実績は約141億円で、2008年のスタート時からほぼ倍増しています(総務省発表)。また今年からは、税金が控除される上限額が2倍に引き上げられたり、条件付きで確定申告が不要になったりと利便性が高まりますマス利用者が増えているようです。ベルメゾンデッセ会員のみなさんは「ふるさと納税」についてどのように考えていら

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「夏休みの過ごし方」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「夏休みの過ごし方」について理想の夏休みは、「一定期間内で自分で自由に決められる”自由型“」、58.9%。夏休みのスタイルも多様化しており、9月に入ってから長期休暇をとられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の調査では、今年「勤め先で決められている全社一斉の固定型の夏休み」だった人は、40.5%、「一定期間内で自分で自由に決められる自由型の夏休み」、だった人は43.8%で、ほぼ半々という現状が見えてきました。一方

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0マーケティング

インターネットの「有料会員サービス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:インターネットの「有料会員サービス」についてインターネットでのショッピングやコンテンツを利用する生活者が増える中、送料や返品送料が無料になったり、便利な機能を使って自分にピッタリの情報を簡単に見つけられたり、動画や音楽が見放題、聴き放題になったりといった有料会員サービスを提供する企業が増えてきました。今回は、ベルメゾンデッセ会員のみなさんに、インターネットの有料会員サービスに対する興味・関心度合いや今後の加入意向等についてお

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン・アプリ」について

ふだんよく使うアプリの数、「10個以下」が8割以上。ニュースアプリの利用は、2人に1人。内閣府が2015年3月に実施した消費動向調査によると、スマートフォンの世帯普及率は60.6%。前年より5.9%上昇する結果となりました。一方、ベルメゾンデッセ会員のみなさんのスマホ所有率は64.1%。内閣府の調査よりもスマホ利用が進んでいることがわかります。今回の調査では、スマホ利用に欠かせない「アプリの利用実態」を中心にお聞きしました。現在スマホに入っているアプリの数は、「10個以下」30.5%、「11~2

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「2015年と2016年の目標」について

2015年は「よい一年だった」63.6%2016年、7割弱が「よい一年」になりそう。いよいよ2016年がスタートしました。今年もベルメゾンデッセをどうぞよろしくお願いします。さて今年は、海外ではリオ・デ・ジャネイロのオリンピック、パラリンピックや米国大統領選などビッグイベントが相次いで開催されます。国内ではマイナンバー制がスタート。伊勢志摩サミット、選挙権の年齢引き下げ後初めての国政選挙となる参議院選挙が予定されていますね。それぞれのご家庭や職場、プライベートでも、いろいろなイベントの計画がある

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「スニーカー」について

ふだんの通勤やレジャーにスニーカーを履く 7割以上スニーカーはおしゃれアイテムとして欠かせない 2人に1人この2~3年、スニーカーブームが再来しています。街では様々なデザインのスニーカ―を履いた女性を多く見かけるようになりました。このブームを牽引しているのはまさに20代~40代の女性たち。そこで今回は、ベルメゾンデッセ会員のみなさんに「スニーカー」についてお聞きしました。「ふだんの通勤やレジャーにスニーカーを履いている」人は71.9%。「スニーカーはおしゃれアイテムとして欠かせない」と思っている

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「家計管理」について

節約は収入を得るのと同じくらい重要、8割以上将来を見据えた家計管理をしている、2人に1人『同じ収入でも、「貯蓄額」「暮らしの質」に大きな差が出る! 金持ち習慣vs貧乏習慣(サンキュ 2015年7月号)』 『シンプル&楽ちんな貯蓄習慣(Ozplus no43)』など、女性誌には「お金」にまつわるタイトルが多く見られます。家計を預かる女性にとって、お金を無駄なく使い、できるだけ将来に備えて蓄えておくことは共通の関心事です。さて、ベルメゾンデッセ会員のみなさんはどのように「家計管理」をされているのでし

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「機能性表示食品」について

「機能性表示食品」という言葉を知っている、53.9%「機能性表示食品」がどんな商品化知っている、25.4%今年の4月から新たに「機能性表示食品制度」が始まりました。それまでは、健康の維持や増進に役立つ具体的な機能をパッケージなどに表示してよい食品は「特定保健用食品(トクホ)」と、ビタミンやミネラルなど国が定めた17成分に限って可能な「栄養機能食品」の2種類だけでした。ただ、「特定保健用食品(トクホ)」は、商品化するまでに数千万円から億円単位の開発費用がかかり、さらに有効性や安全性の審査を経て消費

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ