2018年2月21日 | 調査のチカラ

  2018年2月  
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
任意の項目でデータを絞り込む
2018年2月21日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

飲食店経営の実態に関するアンケート調査

飲食店経営の実態に関するアンケート調査を実施。経営における課題や業績、経営者の年収は? 飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」(https://www.inshokuten.com/research/company/)を運営する株式会社シンクロ・フード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤代真一、東証一部:3963)は、飲食店.COM会員を対象に、飲食店経営の実態に関するアンケート調査を実施いたしました。 <本調査について>■調査概要調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者)有効回答

2018年2月21日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

東京都内のイタリアン業態の最新求人データ(2017年8月~2018年1月)

イタリアンの社員月給は前年比1,831円増(250,158円)!東京都内のイタリアン業態の最新求人データを求人@飲食店.COMが発表! 飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM(運営:株式会社シンクロ・フード)」()が、東京都内のイタリアン業態の最新求人データを発表します。東京都内のイタリアン業態では社員月給は250,158円と、前年同時期に比べて1,831円増加しました。 調査の詳細は下記の通りです。「求人@飲食店.COM」の掲載データより、直近半年(2017年8月~2018年1月)の

2018年2月21日IDC Japan★★フィードバック数:0企業情報システム

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

2018年2月21日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2018年1月15日状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2018年2月21日サムライズ★★フィードバック数:0マーケティング

Webページ表示速度ランキング 結果概要

企業における情報発信の大事なツールの一つがWebサイト。そのWebサイトの各社ページ速度表示をサイトパフォーマンスランキングとして発表致します。常に利用可能であり、どこからでもアクセス出来るWebサイトにおいては、ユーザが快適に利用できる指標としてページの表示時間がどの程度かを知る事が重要です。 「Webサイトのブランド価値貢献度ランキング2017」Webページ表示速度ランキング 結果概要 今回は、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が発表した『 Webサイトのブランド価値貢献度ランキング

2018年2月21日日経xTECH★★フィードバック数:0企業情報システム

大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表

総合トップIT経営速報大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表 2018/02/09 12:00 大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表  システムインテグレータやリセラーといったIT業界のパートナー企業に製品ベンダーや通信サービス事業者などについての評価を尋ねる「パートナー満足度調査」は今回が20回目。「PCサーバー」などのハードウエア製品と「データベースソフト」などのソフトウエア製品、「ネットワークサービス」などの合計18部門で満足度を調べ

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 みんな何歳から子どもにスマホを持たせてるの?

みんな何歳から子どもにスマホを持たせてるの? 子どもにスマホを持たせるきっかけは、進学が大きなきっかけ!「高校1年生から持たせている」と回答した人が最も多く26.4%、次に多かったのが「中学1年生」で23.1%。さらに、わずかではあるものの、小学1年生からスマホを持たせている家庭もありました。平均年齢は、12.8歳。持たせる時期はそれぞれの家庭の判断次第だと思いますが、一つ、検討の軸として、子どもが12歳くらいになるタイミングでスマホ購入の検討を始めても良いかもしれません。

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 子どものスマホ、チェックする?しない?

子どもがスマホを持つようになると出てくるのが、中身をチェックしたほうが良いのか・・・という悩み。「プライバシーを尊重して見ない」「いつもチェックしている」など、人によって意見はさまざまです。実際のところ、皆さんはどうしているのでしょうか。そこで今回、子どもにスマホを持たせている親が子どものスマホをチェックしているのか調査してみました。 小学生から高校生の子どもにスマホを持たせている30~50代の親、1030人を対象にアンケート調査を行ったところ、「チェックする」と答えたのは約3割で、約7割の人が

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 実際、勉強に使っている? 使ってない?子どもたちに聞いた、スマホと勉強の実情

実際、勉強に使っている? 使ってない? 子どもたちに聞いた、スマホと勉強の実情 以前は、教科書とノートに加えて、電卓や辞書でカバンがいっぱいだった子どもたち。今では小さなスマートフォン1台あれば、ノートさえも必要がない時代を迎えています。そんな子どもたちはコミュニケーションツールとしてだけではなく、勉強時にどれだけスマホを活用しているのでしょうか。全国の12歳~18歳の子どもたち1,204人に聞いた、スマホと勉強に関するアンケートが実態を浮き彫りにします。 80%以上が「スマホは勉強に有効!」

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 親世代とは違う!?イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情

親世代とは違う!? イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情 今では当たり前となっているインターネットやスマホなどのデジタルツール。親世代のみなさまの幼少期には、ここまで発展しておらず、ましてや子どもにとっては少し遠い存在だったはずです。しかし、今の子どもたちはいわゆる“デジタルネイティブ”と呼ばれる世代です。そのデジタルの発展に、時には親の方がついていけていない・・・ということもあるのではないでしょうか。今回、スマホを持っている12~18歳の1204人の子どもを対象にスマホに関する調査を実

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 決めておくべき!家庭のスマホルールトップ5

決めておくべき!家庭のスマホルールトップ5 スマホに関するルールを決めている家庭は7割以上更に、ルールトップ5は1位が48.7%で「勉強中、食事中の使用禁止」、2位が44.6%で「使用可能なアプリの制限」3位は42.4%で「使用時間の制限」、4位「学校への持ち込み禁止」は36.8%、5位の「個人情報の提供禁止」は30%という結果に。また、ルールを設定している家庭における平均のルール数は、3つであることが明らかになりました。ルールだらけで縛るのではなく、子どもとしっかり相談をし、お互いが納得した

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 いつ?何をきっかけに持たせるの?

スマホを持たせるイベントとしては、きっかけとして圧倒的に多かったのが36%で「入学式」環境が変わり、行動範囲や交友関係が広がる入学をきっかけにスマホを購入する人が多いようです。2番目に多かったきっかけは、9.5%で「子ども以外の家族(配偶者、両親など)の「通信事業会社の変更/新規加入または機種変更」でした。家族一緒に加入することのメリットを活用して、スマホ購入をする例も多いようです。また、少数ではありますが「誕生日・クリスマスなどの記念日やイベント」との回答も4.6%となり、プレゼントとして子ど

2018年2月21日ビデオリサーチ★フィードバック数:0デジタル家電

Senior+/ex(シニアプラスエクス)サマリーレポート

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2018年2月13日AIスピーカーはシニアにうける?若年層よりシニア層が活用するスマホの「音声検索機能」株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤 讓)は、今回3回目となる「Senior+/ex(シニアプラスエクス)サマリーレポート」の最新データ版と、オプションレポート「シニアとデジタル・コミュニケーション」を発刊しました。その中から一部データをご紹介します。なお、この分

2018年2月21日リゾームフィードバック数:0ビジネス

キッズ関連業種のSC出退店動向調査

HOMEプレスリリースリゾームがキッズ関連業種のSC出退店動向を調査・分析次世代型SCに求められるキーワードは「六育」!プレスリリースリゾームが配信しているプレスリリースのバックナンバーです。キッズ関連業種のSC出退店動向を調査!「六育」が次世代型SCに求められるキーワード![SCGATEトレンドレポート]株式会社リゾーム(本社:岡山県岡山市、代表取締役:中山 博光、以下 当社)のシンクタンクSCトレンド研究所は、当社製品の全国商業施設(以下SC)・ショップ・ブランド出退店データベース「SC G

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ