2018年6月14日 | 調査のチカラ

  2018年6月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月14日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

腕時計に関する意識調査

<腕時計に関する意識調査>いい腕時計の男性を見ると「仕事ができそう」と思う女性が2割 ~デートのとき腕時計をしていく男性はなぜか50代に最も多い~ FromプラネットVol.87国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財にまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第87号として、腕時計に関する意識調査の結果をご紹介します。バックナンバー https://www.planet-van.c

2018年6月14日Emotion Tech★フィードバック数:0ビジネス

営業マンがすべきコミュニケーションを徹底調査

【Emotion Tech】営業マンがすべきコミュニケーションを徹底調査 顧客の性別で質問は変えるべし!男性には“未来”を 女性には“現在”を語らせる質問が有効と判明 顧客や従業員の感情を分析し、現状や課題等を可視化するクラウドシステムを提供する株式会社Emotion Tech(本社:千代田区 代表取締役:今西良光、以下Emotion Tech)は、2018年4月17日〜5月1日の15日間、営業担当者の顧客とのコミュニケーションに関する調査を行いました。今回は、「過去営業を受けたことのある225

2018年6月14日エン・ジャパン★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「入社後のギャップと満足度」実態調査2018

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「入社後のギャップと満足度」実態調査2018。転職者の4人に1人は入社後のギャップを実感。入社後のギャップ低減にはポジティブ・ネガティブ両面の情報や入社しないとわからない情報の提供が重要。 「入社後のギャップと満足度」実態調査2018 転職者の4人に1人は入社後のギャップを実感。入社後のギャップ低減にはポジティブ・ネガティブ両面の情報や入社しないとわからない情報の提供が重要。

2018年6月14日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

企業の「高齢者雇用」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース企業の「高齢者雇用」意識調査 高年齢者雇用のメリットは「経験・知識の活用」、課題は「世代交代の停滞」。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『 人事のミカタ 』アンケート― 企業の「高齢者雇用」意識調査高年齢者雇用のメリットは「経験・知識の活用」、課題は「世代交代の停滞」。 ―人事担当者向け 中途採用支援サイト『 人事のミカタ 』アンケート―人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

スマートフォンからのオークション/フリマの利用者数は2,749万人

ニールセン ECサービスの利用状況を発表スマートフォンからのオンラインショッピングサービスの利用者数は5,142万人オンラインショッピングサービスとオークション/フリマサービスの利用時間シェアはほぼ同等スマートフォンからのリーチは「Yahoo! オークション」25%、「メルカリ」23%、「ラクマ」11%視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマー

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン:2018年ショッパー意識調査

ニールセン:2018年ショッパー意識調査「日常の買物であっても、何か新しさが欲しい」40%のショッパーは生鮮食品でいつもと違うものを求めている5人のうち2人の消費者は半年のうちに日常の生鮮食品の買物でも新しいお店で買い物をしている40%のショッパーは過去6か月のうちに新しい店舗で買物をしている22%のショッパーは昨年よりも多くのPB製品を購入している世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社 ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社。以下、ニールセン ジャパン)は、競争環境の大き

2018年6月14日パイプドビッツフィードバック数:0ビジネス

働き方改革研究センター調査2018 レポート第一弾

労働時間の減少効果が高い施策は「オンライン会議システム」と「労働時間の見える化」全国2.4万人規模の調査「働き方改革研究センター調査2018」に基づくレポート第一弾を公開2018年5月31日労働時間の減少効果が高い施策は「オンライン会議システム」と「労働時間の見える化」 全国2.4万人規模の調査「働き方改革研究センター調査2018」に基づくレポート第一弾を公開株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)内の パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ