2018年9月13日 | 調査のチカラ

  2018年9月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
任意の項目でデータを絞り込む
2018年9月13日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

パートナーに関するアンケート

【6割以上の男性がパートナーにマッサージを頼みたくても頼まない】パートナーに関するアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、マッサージ整体院「なごみや」や整体スクール「深層筋アプローチアカデミー」などを運営する株式会社ハーモニアと共同で「パートナーに関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。パートナーに関するアンケートを公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島

2018年9月13日書泉フィードバック数:0エンタテインメント

2018年7月「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」

HOME2018年7月「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」発表! 2018年7月「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」発表! ※集計期間:2018年7月1日~7月31日※調査店舗:書泉ブックタワー・書泉グランデ・芳林堂書店高田馬場店(合計)※店頭イベント売上含む朝比奈祐未 ファースト写真集 『 アサヒナ画報 』 玉田志織 ファースト写真集 『 はじめまして 16歳 』 anan特別編集 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018公式SPECIAL BOOK 書泉アイドル・タレント写真集

2018年9月13日CyberZ★★フィードバック数:0エンタテインメント

CyberZ、10~60代男女1,200名に「eスポーツ」認知度調査を実施

CyberZ、10~60代男女1,200名に「eスポーツ」認知度調査を実施。全体49.8%が「eスポーツ」を認知、前年比較で約2倍の急激な認知率向上。 ~10~20代の認知率は約8割の結果に。約53%がテレビやネット等で視聴経験あり~株式会社サイバーエージェントの連結子会社でeスポーツ大会「RAGE」を開催する株式会社CyberZは、9月16日(日)幕張メッセにて開催する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2018 Autumn」を目前に「eスポーツ」に関するユーザー認知度調査を行いました

“男性の料理”に関する意識調査 男性の約8割が1週間に1回以上料理をしていることが判明

料理男子は、もはや常識!男性の約8割が1週間に1回以上料理をしていることが判明(『オリーブオイルをひとまわし』調べ) “男性の料理”に関する意識調査を発表 国内最大級の男性向け料理メディア「オリーブオイルをひとまわし」を運営する株式会社ディライトクリエイション(本社:東京都港区、代表取締役:石井康夫)は、料理に関するインターネット調査を実施しました。 調査の結果、男性の8割近くが1週間に1回以上料理をしており、年代を問わず男性が料理をすることは一般的になっていることが分かりました。特に、既婚の男

2018年9月13日アニヴェルセルフィードバック数:0大型消費/投資

子供を預けて夫婦でデート、子持ち夫婦の○○%が経験。でも賛否両論!?

子供を預けて夫婦でデート、子持ち夫婦の○○%が経験。でも賛否両論!? 子育て夫婦の約7割が「夫婦でデート」を肯定。一方、否定派の回答には思わず納得の理由が。 結婚は新しく家庭をもつことに他なりませんが、子供に恵まれて親子での生活がはじまると、多くの方がより強く「家庭」を実感されるのではないでしょうか。一方で、子供が生まれたことで夫婦の毎日はそれまでの新婚気分から一転、どうしても子供中心の生活になっていきます。そんな毎日を送る中で、たまには子育てから離れて、以前のように夫婦水入らずの時間を持

2018年9月13日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

eスポーツに関するアンケート調査

■eスポーツについて「どのようなものか知っている」は2割弱、「名前を聞いたことはあるがどのようなものか知らない」は約25%。認知率は全体の4割強、直近1年間にゲームをした人の6割。eスポーツに興味あり層は全体の6%、興味なし層は8割強。■eスポーツに関連して行ったことがあるのは、「テレビ・新聞・ネットなどで見聞きした」が認知者の6割強、「家族や友人と話題にする」「インターネット等で情報収集」が各4~5%。やってみたいことは「試合をテレビ観戦」「インターネット等で情報収集」「試合を実況動画、ストリ

2018年9月13日NEXERフィードバック数:0社会/政治

個人向けオートリース市場に関する調査

2022年度の個人向けオートリース保有台数を93.6万台と予測 ~提携店販売市場に新規参入する供給業者増が需要を喚起、市場は成長期に~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の個人向けオートリース市場の調査を実施し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況一般社団法人日本自動車リース協会連合会データによると、個人向けオートリース車両の保有台数は2018年3月時点で約25万7千台となり、前年同期比で120%を超え、その成長速度は加速している。同時点にお

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ