2018年11月29日 | 調査のチカラ

  2018年11月  
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
任意の項目でデータを絞り込む
2018年11月29日資生堂フィードバック数:0ライフスタイル

ファンデーションに関する意識調査

<全国の女性5,000人に聞いたファンデーションに関する意識調査> 「ファンデーションは肌に悪い」は都市伝説? 誤解している女性は7割に 肌に悪いと思う理由、1位「毛穴が詰まりそう」(66.2%)、2位「肌呼吸しづらそう」(52.7%)しかし、実験でファンデは「毛穴を埋めない」、「肌呼吸を止めない」ことを実証!資生堂は、2018年6月に女性5,000人を対象にファンデーションに関する意識調査を実施しました。調査結果から、7割の女性がファンデーションに対して「肌に悪い」という印象を抱いていることが

2018年11月29日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

アルバイト離職白書

アルバイト離職白書 上司のかける「言葉」の効果昨今、アルバイトの人手不足が深刻化し、さらに採用したアルバイト人員が早期に離職する等の定着率の問題は、企業にとって大きな痛手となっています。そこで、この度、人事科学研究所では、アルバイトの離職理由や、定着率向上のための打ち手や対策を模索するため、アルバイトの離職に注目した調査を複数実施し、その結果を「アルバイト離職白書」として公開いたしました。1. たくさんのアルバイト経験者からのアルバイトに関する声を集めました2. 人間関係が理由でアルバイトを辞め

2018年11月29日エキサイトフィードバック数:0大型消費/投資

平成最後の理想のクリスマスの過ごし方に関する実態調査

エキサイトが運営する占いサービスが「平成最後の理想のクリスマスの過ごし方に関する実態調査」を実施 ~彼氏彼女アリ・ナシどちらも、外より中でのんびり派が多数~ エキサイト株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:手塚正純、以下エキサイト)が運営する、占いサービス「エキサイト占い」、「エキサイト電話占い」、「スピリィ」は、10代~60代までの利用者205名を対象に「平成最後の理想のクリスマスの過ごし方に関する実態調査」を実施いたしました。 ① 占いサービス利用者のうち約7割は恋をしている?!<

2018年11月29日C2フィードバック数:0ライフスタイル

日本国民の世代ごとの平均睡眠時間

2018年10月22日 12:00睡眠アプリの統計調査|日本国民の世代ごとの平均睡眠時間を公開 株式会社C2(シーツー)(東京都文京区湯島 代表取締役 安田昭夫)は2018年10月22日、自身が運営する睡眠管理アプリ「熟睡アラーム」の利用状況に基づく睡眠の統計調査を公開しました。 題材は、2018年9月度の世代ごとの平均睡眠時間です。統計期間は2018年9月の1ヶ月間で、対象ユーザ数は日本国内の19,451名です。 表は年代ごとの平均睡眠時間、男女別の平均睡眠時間、全世代の平均睡眠時間です。グ

2018年11月29日ランキングー!フィードバック数:0エンタテインメント

個展に行ってみたい芸人ランキング

みんなの「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト ここ数年、芸人さんの活躍の場はテレビにとどまらず、様々な分野に広がりましたよね。中でも今回は芸術的な才能を発揮する芸人さんにスポットを当て、10~30代の男女1,906名に「個展に行ってみたい芸人は?」というアンケート調査を行いました。大御所から最近話題の方まで幅広くランクインしたランキング、それでは早速5位から紹介します!第5位:西野亮廣(キングコング)— キンコン西野(新刊『新世界』) (@nishinoakihiro) 2018年8月3

2018年11月29日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

温泉に関する意識調査第2弾

プレスルーム20代男性は「ひとり」、20代女性は「友人」「恋人」と温泉へBIGLOBEが別府市と共同で「温泉に関する意識調査」第2弾を発表~温泉でやりたいことは、「宿でくつろぐ」が7割を超える~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、別府市および一般社団法人 別府市産業連携・協働プラットフォームB-biz LINKと共同で「温泉に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の働く男女1,000人

2018年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察

デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察を発表 世界のDXイニシアティブにおいて推進状況の地域格差が大きいことがわかった 統一的なDX戦略を持たないデジタルサイロ企業は北米以外では過半数を占める。北米では統一的な企業戦略に持つデジタルネイティブ企業の比率が52.5%を占める DXを成功させることにプレッシャーを感じている企業のCEOは北米で70.9%、欧州では61.8%を占めるが、日本、および日本を除くアジアのCEOでは48%台に留まる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ