調査のチカラ TOP > 注目データ一覧

注目データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月18日TableCheck★フィードバック数:0ビジネス

飲食店の無断キャンセル・ノーショーに関する意識調査

7割の飲食店が無断キャンセル対策を実施せず、全体の4割で無断キャンセルが発生。経済産業省発表「No show対策レポート」は7割の飲食店が「知らない」と回答 飲食業界の無断キャンセル・No Showに関する飲食店の意識調査飲食店とユーザーの「最高のレストラン体験を実現する」株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口 優、以下:テーブルチェック)は、国内に在住する20~50代の男女330名の飲食店責任者を対象に、飲食店の無断キャンセル・ノーショーに関する意識調査を実施し

2019年1月18日DMM.com★フィードバック数:0マーケティング

インターネットによる「出会いに関する調査」

《出会いに関する調査》今年の“濃い”出会いの平均人数は2.6人! 2019年は約7割の人が「恋の出会い」より「濃い出会い」がしたい!"濃い"出会いをする秘訣は・・・「自己磨き」をすること!? ~2018年に出会った濃い出会い・薄い出会いランキングも発表~ DMMオンラインサロン(https://lounge.dmm.com/)を運営する合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐 孝憲、https://www.dmm.com/ 以下DMM )は、20代~40代の男女600名を対

2019年1月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表2019年1月11日◆2018年の世界の広告費成長率は4.1%と予測 ・中国、英国、ブラジルなどのけん引により、前回予測(2018年6月)の3.9%を、今回予測(2019年1月)では4.1%へと上方修正。 ◆20

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表 有限責任監査法人トーマツは、広告活動を行っている上場企業105社を対象とした「広告取引に関する広告主実態調査」について、本日発表します。 9割超が「マーケティング投資の透明性に対し取り組みが必要」とする一方、ガイドラインを持つ企業は半数にとどまり、投資対効果に向けた広告・マーケティング取引のガバナンスが必要デジタル媒体の重要度が増す中、広告・メディア戦略実行・投資上の課題は、「広告効果測定の難しさ・不透明さ」とともに「媒体単価等コスト面の不透明さ」「

BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査

【BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査】【BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査】~BtoB商材でも、製品やサービスを検討する段階においてはスマートフォンによるWebサイト閲覧が約5割に~  株式会社ITコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区神田小川町、代表取締役社長:池田 俊幸)では、BtoB商材の認知あるいは検討段階から購入・導入に至る購買プロセスにおいて、国内企業の実態を把握するため、「BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査」を実施し、その結果を公開いたしました。B

2019年1月18日KASPERSKY lab★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年サイバー脅威の予測

2019年サイバー脅威の予測

2019年1月17日ロッテ★フィードバック数:0ライフスタイル

バレンタインに関する意識調査

広がり続けるバレンタインの楽しみ方「本命チョコ」、「義理チョコ」だけではなく、「逆チョコ」、「親子チョコ」、「自分チョコ」と、それぞれのバレンタインシーンから実態を調査 【バレンタインに関する意識調査】一口では語れない、バレンタインの魅力!「本命チョコ」って1個じゃない!?平均は3.8個「自分チョコ」を買う人は、プライベートが約1.5倍も充実!? 株式会社ロッテは、来月に迫ったバレンタインを前に、バレンタインでの楽しみ方やスタイルに関する意識調査を行いました。本調査では2月14日のバレンタイン当

2019年1月17日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2018年)

2017年度の国内コールセンターサービス市場は前年度比3.7%増の9,153億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比1.7%増の4,778億円に拡大~コールセンターサービスは人材不足、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化を背景に成長続く~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 コールセンターサービス市場規模推移・

2019年1月17日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

労働生産性の国際比較2018

日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表 日... 日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表日本の時間当たり労働生産性は47.5ドル(4,733円)、 OECD加盟36カ国中20位調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木 友三郎)は、12月19日、「労働生産性の国際比較 2018」を発表しました。これは、当本部がOECDデータベース等をもとに毎年分析・検証し、公表しているものです。人口減少に伴う生

2019年1月17日ジャストシステム★フィードバック数:0大型消費/投資

「QR決済」の利用経験

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年11月度)約2割に、「QR決済」の利用経験あり若者の3人に1人が「D2Cブランド」を認知。1割に購入経験あり調査結果サマリー約2割に、「QR決済」利用経験顧客がスマートフォンに表示したQRコードを店舗側が読み取ることで、もしくは店舗側が表示したQRコードを顧客がスマートフォンで読み取ることで、決済が行われる「QR決済」について、スマートフォン利用者のうち、「頻繁に利用している」人は6.0%、「ときどき利用することがある」人は14.1%でした。一方

2019年1月16日コメ兵★フィードバック数:0マーケティング

ブランド品購入の売買に関する調査

<全国20~50代女性400名に聞いた、ブランド品の売買に関する調査>20代女性の2人に1人がブランド品を購入する際に、“売るときの価格”を考えて商品を購入していることが明らかに 8割の女性が勘違い!?KOMEHYO鑑定士が値崩れしにくい商品・素材を伝授 ~今年KOMEHYOで買うべきクリスマスプレゼントとは?~ 日本最大級のリユースデパートを展開する株式会社コメ兵(以下「KOMEHYO」)は、ブランド品購入とリセールバリュー(購入後売る時の価格)に関する意識と実態を探ることを目的に、全国の20

2019年1月16日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

来年10月予定の消費税増税に関する調査

ホーム生活者を知る2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年10月1日から実施予定の消費税増税。今回の増税は8%だった消費税を10%に引き上げるだけでなく、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に同税の「軽減税率」が、初めて実施されます。対象品目が8%と据え置きになる今回の目玉政策が、どの程度生活者に理解されているか、消費意欲への影響はあ

2019年1月15日メルカリ★フィードバック数:0社会/政治

平成かくれ資産価格

フリマアプリ「メルカリ」、平成最後の大掃除に向け平成を代表する名作の平均取引価格「平成かくれ資産価格」を発表 〜12月14日より平成の名作を振り返る「僕らの平成30年史」WEB CMも公開〜 株式会社メルカリは、平成最後の大掃除と言われる2018年末の大掃除シーズンにあわせて、平成元年から30年までに発売されたCD、本のカテゴリーの中から、各年で最も売上が高かったなど、時代を代表する名作のメルカリ平均取引価格(※1)「平成かくれ資産価格」を発表いたします。また、12月15日より平成30年間で発売

2019年1月11日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

中国における自動運転の消費者ニーズ調査を実施(2018年)

中国主要5地域において自動運転システムを購入、もしくは購入検討は80%超 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、中国における自動運転の消費者ニーズについてアンケート調査を実施し、中国主要5地域(北京市/上海市/広東省/江蘇省/浙江省)のユーザー動向を把握し、その傾向を比較分析した。 図1. 自動運転に対する期待と購入意欲~日米欧(2017年調査)と中国主要5地域(2018年調査)の結果比較 図2. 中国主要5地域における高速道路走行を前提とした自動運転システムの支払い可能金額1.

2019年1月10日エン・ジャパン★★フィードバック数:0社会/政治

1万人が回答!「ダイバーシティ」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース1万人が回答!「ダイバーシティ」意識調査 7割が「ダイバーシティの意味を知らない」と回答。職場のダイバーシティ促進に必要なことは、「採用の促進」「トップのコミットメント」「公正な評価制度」。―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表― 1万人が回答!「ダイバーシティ」意識調査―『エン転職』ユーザーアンケート― 7割が「ダイバーシティの意味を知らない」と回答。職場のダイバーシ

若者のライフスタイルに関するアンケート調査

ニュースリリース『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』若者の一番の悩みは「お金のこと」 5割が消費税10%に反対 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2019年01月10日 ~これからもずっと地元で暮らしたい人は4割~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、18~24歳の男女1,502名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『若者のライフスタイルに関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。■若者のライフスタイルに関するアンケート調査ダイ

2019年1月10日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

主要ショッピングセンターにおける消費者利用満足度調査を実施(2018年)

2018年主要SC消費者利用満足度調査総合ランキングのトップは「阪急西宮ガーデンズ」~ランキング上位のSCは施設面積の広さと立地に優位性~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、全国の主要ショッピングセンター(SC)を調査し、SCデベロッパーや運営事業者の動向、戦略、将来展望を明らかにした。ここでは、全国主要SC50施設における消費者利用満足度調査の分析結果を公表する。 2018年主要ショッピングセンター(SC)消費者利用満足度調査総合ランキング1.調査結果概要本調査(消費者利

世界モバイル利用動向調査2018

モバイルデバイス所有の各国比較のほか、日本国内の3キャリアユーザーと他キャリアユー ザーの比較を実施。5Gへの感度は他キャリアユーザーの方が高い結果に 2018年12月11日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:宋修永 以下、DTC)は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーが全世界35ヶ国・地域を対象に実施した「世界モバイル利用動向調査(Global Mobile Consumer Survey)」について、発表します。本年は

2019年1月9日ジェムスタンダード★フィードバック数:0マーケティング

動画配信/放送/ビデオソフト市場ユーザー分析レポート(2018年10月版)

動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート(2018年10月版)契約形態と鑑賞形態を組み合わせて、動画配信(VOD)/放送/ビデオソフト市場を幅広く捉え、動画配信とビデオソフトのユーザーの重なりや、動画配信における同一サービス内の併用状況などを分析。市場全体がこの1年でどう変わったのか、どう動いているかを把握することができる、年1回発行のレポートです。特徴①映像ホームエンタテインメント全体を幅広くカバー調査対象は、動画配信(VOD)だけでなく、放送(有料、無料)やビデオソフト市場まで

2019年1月9日お金のデザイン★フィードバック数:0大型消費/投資

20-30代のお金と生活に関する調査

Skip to content20代、30代に聞いた「人生100年時代」の”生存戦略”とは平成育ちの20〜30代は『失敗しない』 『損しない』生き方を好む情報を駆使してより良い選択をすることが、現代を「生き抜く力」と回答「失敗したくない」「損しないために事前に調べたい」と答えた人は約7割現代を生き抜く必須アイテムBEST3は「お金」「スマホ・パソコン」「家族」人生100年時代の必須スキルは20〜60代の全世代共通で「情報検索・選択力」「柔軟性」が上位20〜30代は新しいサービスを積極的に活用し、

【お年玉】に関する実態調査

ニュースリリース掲載・配信 PRナビ企業の広報・PRを適正価格でサポート! リリースも無料掲載中まるごと広報代行サービス PRナビ > リリース > 学校・教育・資格 > お年玉は経済的負担になる?小・中学生の親500名に聞きました 明光義塾調べ【お年玉に関する実態調査】 7割以上の親がお年玉は経済的負担になると回答 お年玉をきっかけに「お金の教育」を実施している親は63.4%お年玉は経済的負担になる?小・中学生の親500名に聞きました 明光義塾調べ【お年玉に関する実態調査】 7割以上の親がお年

2019年1月8日Insight Tech(★フィードバック数:0社会/政治

2018年のふまんワード

2018年のふまんワード

2019年1月7日ソニー損害保険★フィードバック数:0大型消費/投資

2019年 新成人のカーライフ意識調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。

2019年1月7日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

2019年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数 タレントトップは「広瀬すず」 企業トップは「ダイハツ工業」 ~「テレビCM速報」集計結果より~

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2019年1月7日2019年お正月三が日のテレビCM動向出演CM本数 タレントトップは「広瀬 すず」企業トップは「ダイハツ工業」株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、この度、2019年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向を取りまとめましたので紹介します。タレント別出演CM本数1位 広瀬 すず2位 草刈 正雄3位 ももいろクローバーZ企業別CM本数

2019年1月7日日本財団★★フィードバック数:0社会/政治

日本財団「18歳意識調査」第7回テーマ:成人式について

ホーム ニュース プレスリリース 2019年のプレスリリース一覧 日本財団「18歳意識調査」第7回 テーマ:成人式について日本財団「18歳意識調査」第7回 テーマ:成人式について 日本財団は12月上旬、「成人式」をテーマに7回目の「18歳意識調査」を実施しました。調査では「公式行事としての成人式は必要」、「主催は自治体がふさわしい」、「成人式に出席したい」とする前向きの回答が70%前後の高い数字を占める一方、民法改正により2022年以降、成人年齢が18歳に引き下げられるのに伴う成人式の在り方に関

20代の金銭感覚についての意識調査2018

ビンカン、20代の年収、年収、子育て、財布の中身、金銭感覚‗ビンカンステーション、20代の金銭感覚についての意識調査2018 |ビンカンステーション毎月のお小遣い額が昨年比2.5千円アップも、貯蓄額は昨年比17万円ダウン“倹約”から“堅実”に? 20代の消費意識 優勢なのは“背伸び消費”より“等身大消費”“調べ尽くし消費”も20代のスタイル 「口コミチェック」は8割強、「最安値チェック」は8割半が実践堅実な20代でも財布の紐が緩んでしまうのは? 「つながり消費」には5割強が前向きパートナーとeス

人生の満足度に関する調査2018

「これまでの人生に満足」45%、シニア世代の「人生不満足度」が上昇傾向2018年の人生の満足度を上げてくれたニュース 1位「大坂なおみさん全米オープン優勝」さよなら平成!平成の名言1位は五輪アスリートのあの言葉PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社、代表取締役社長 兼 CEO 阪本 浩明)は、2018年10月9日〜10月11日の3日間、20〜79歳の男女を対象に「人生の満足度に関する調査2018」をインターネットリサーチで実施し、2,000名の有効サンプルの集計

2018年12月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0大型消費/投資

ギフト市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の国内ギフト市場規模は前年比102.3%とプラス成長!! 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内ギフト市場の調査を実施し、オケージョン別の動向、チャネル別の動向、アイテム別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の国内ギフト市場規模は、小売金額ベースで前年比102.3%の10兆4,430億円であった。近年は母の日、父の日、敬老の日といった、自分より目上の人に贈るカジュアルギフトが大きく拡大している。高齢化社会の進展で贈られる対象人口が増加

熱狂ブランド調査2018

ブランドに対する顧客の愛情の強さを独自指標『熱狂度』で測定! 『熱狂ブランド調査 2018』結果発表「マーケティングでワクワクした未来をつくる」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、2016年・2017年に引き続き20業界、合計200ブランド、回答者数約16万人を対象に、顧客の『熱狂度』と『推奨意向度』を掛け合わせた、『熱狂ブランド調査 2018』を実施いたしました。調査の背景トライバルでは、あらゆる業界でコモディティ

2018年12月28日PTP★★フィードバック数:0マーケティング

年賀状発行枚数15年連続減少も、増えるCM出稿量の謎

News Release新ホワイトペーパー発表年賀状 発行枚数連続減少も、 増えるCM出稿の謎~日本初 全国テレビCMデータベースMadisonから読み解く~ 2018/12/28 株式会社PTP 株式会社PTP(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:有吉昌康)は、日本初の全国エリア別テレビCMデータベースサービス「Madison」を活用し、ホワイトペーパー『年賀状 発行枚数連続減少も、増えるCM出稿の謎』を公開しました。年賀状発行枚数の減少と連動せず、テレビCMの出稿量が関東・関西以外の地方を中

相続法が約40年ぶりに改定、遺言と相続に関する実態調査

【相続法が約40年ぶりに改定、遺言と相続に関する実態調査】自分の子どもに財産を完全に秘密にしている人がなんと53%も!相続経験者の平均相続金額は2,114万円と判明。 1割以上が「子どもへの相続の割合に差をつける」と回答、決め手は毎日のLINEにあり!? 年末年始は家族が集まって相続に関して話し合うチャンス! 三菱UFJ信託銀行では、遺言書にまつわる実話を基にしたWEBムービー「こころを託す物語」も公開中 三菱UFJ信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:池谷幹男)は、年末年始に家族

2018年12月27日日経BP★フィードバック数:0社会/政治

大学ブランド・イメージ調査(2018-2019)

レポート/ケーススタディ ソリューション 企業情報 最新情報 お問い合わせ HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>各地域のブランド力トップは、北海道大学、東北大学、筑波大学、信州大学 「いま注目されている、旬である」大学に、国際教養大学、長野県立大学 「広報活動に力を入れている」大学に札幌学院大学、白鴎大学各地域のブランド力トップは、北海道大学、東北大学、筑波大学、信州大学「いま注目されている、旬である」大学に、国際教養大学、長野県立大学「広報活動に力を入れている」大学に札幌学院大学、

2018年12月27日日経リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

第10回 企業の品質経営度調査

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) コニカミノルタが首位に返り咲き! 「第10回 企業の品質経営度調査」品質重視経営をサポートする「ベンチマーク支援サービス」の受付開始 株式会社日経リサーチ(本社:東京・千代田区、代表取締役社長:三宅誠一)は、一般財団法人日本科学技術連盟による「企業の品質経営度調査」の第10回調査結果と分析ノウハウを活用し、企業の品質重視経営の取り組みをサポートする「品質経営度調査ベンチマーク支援サービス」第1

2018年12月27日エン・ジャパン★フィードバック数:0社会/政治

「LGBTの認知度」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース企業に聞いた、LGBTに関する認知度調査 5割が「LGBT社員が社内にいるか分からない」と回答。LGBT社員の採用・在籍実績のある企業は1割に留まる。 企業に聞いた、LGBTに関する認知度調査―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』アンケート― 5割が「LGBT社員が社内にいるか分からない」と回答。LGBT社員の採用・在籍実績のある企業は1割に留まる。 人材採用・入社後活躍のエ

2018年版「ジェンダー・ギャップ指数」

2018年版「ジェンダー・ギャップ指数」公表 現状ペースだと男女平等の達成には108年を要する 日本は110位/G7最下位 国際NGOプラン・インターナショナルは、ジェンダー平等を推進します 世界各国の男女平等の度合いを指数化した「ジェンダー・ギャップ指数」2018年版が、2018年12月18日に世界経済フォーラムによって公表されました。この報告書は、経済、教育、保健、政治の4分野14項目における格差の状況を指数化し国別に順位をつけたものです。100%を完全な平等とすると、今回、世界の格差は平均

2018年12月27日バイドゥ★★フィードバック数:0マーケティング

2018年訪日中国人の検索動向ランキング

中国人は日本の何が好き?? Baidu Japan、2018年訪日中国人の検索動向ランキング発表 ~平成最後の検索傾向は「ニッチ志向」~ バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Charles Zhang、以下、バイドゥ)は、本日、訪日中国人を中心とした百度検索サービスユーザーの日本における検索データを元にした、2018年のランキング情報を発表します。バイドゥでは本データの発表が、日本企業および自治体の皆様による訪日中国人向けマーケティング活動のお役に立てますことを願っております。<

2018年を位置情報データで振り返る 『築地市場移転の人流分析レポート』

市場移転後に築地人流58%減 築地と豊洲の人流はどう変化した... 市場移転後に築地人流58%減築地と豊洲の人流はどう変化した!? 2018年を位置情報データで振り返る 『築地市場移転の人流分析レポート』公開位置情報データを使った広告・分析サービス「プロファイルパスポート」を提供する、株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都中央区、代表取締役:戸田 洋平、以下 ブログウォッチャー)は、「プロファイルパスポート」で保有するアプリGPSの位置情報データを用いて、2018年に実施された築地市場移

「アスリートイメージ評価調査」2018年総括特別編

「アスリートイメージ評価調査」2018年総括特別編~「今年活躍した」アスリートには羽生結弦、大谷翔平、大坂なおみ、池江璃花子ら。「来年活躍が期待できる」アスリートには紀平梨花、本田真凜もランクイン~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:矢嶋弘毅 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:岩佐克俊)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定す

恋愛流行語2018

サービスニュース 恋愛流行語2018 流行のアプリに関連した言葉がランクイン 1位「マッチングアプリ」2位「アカウント乗っ取り」3位「荒野行動カップル」 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:合田武広)は、「タップル誕生」の利用者を対象に、2018年の恋愛にまつわる流行語に関するアンケートを実施した結果、以下のような結果となりましたので発表いた

2018年12月27日アイランド★フィードバック数:0マーケティング

「ストーリーズ」と「ライブ配信」の 料理インスタグラマーによる利用状況調査

Instagram「ストーリーズ」を「ほぼ毎日見る」割合昨年... Instagram「ストーリーズ」を「ほぼ毎日見る」割合 昨年比176%! 注目機能「ストーリーズ」と「ライブ配信」の 料理インスタグラマーによる利用状況調査登録メンバー数1万人、月間想定最大リーチ3億8,000万を超える、日本最大級の料理インスタグラマーコミュニティ「クッキングラム」(運営:アイランド株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟飯原 理咲)」は、この度「クッキングラマー」として会員登録する料理インスタグラ

2018年12月26日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

トランスコスモス、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」 2018年度版を発表

消費者と企業のコミュニケーション実態調査ならトランスコスモス トランスコスモス、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」 2018年度版を発表不満顧客の8割以上をリピーターに。デジタル時代のカスタマーケアの新法則を公開 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)のAI研究所である「Communication Science Lab(コミュニケーションサイエンスラボ)」は、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2018」を発表しました。3年目となる本調

2018年12月26日オールアバウト★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税決定直後に聞く家計と暮らし調査

<消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査>家計の実態ラン... <消費税増税決定直後に聞く 家計と暮らし調査> 家計の実態ランキング発表! ~ 減らしたいもの全世代1位は「電気代」~~ この冬は“家で楽しむ”「インドア家族」が増加で 家計もインフラ見直しがポイント ~総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下「オールアバウト」)は大阪ガス株式会社(以下「大阪ガス」)と共同で、消費税増税決定直後の10月19日

2018年12月26日日本財団★フィードバック数:0キャリアとスキル

「18歳の意識調査」の第4回として「働く」について

<人生100年時代 働くのは65歳まで>仕事からの引退は42.6%が「65歳」または「65歳未満」。政府が掲げる「70歳までの就業」とかなりの差。 日本財団「18歳意識調査」第4回テーマ :働く 日本財団(東京都港区、会長笹川陽平)が10月からスタートした「18歳の意識調査」の第4回として「働く」について調べた結果、全体の42.6%が仕事から引退する時期を65歳、または65歳未満と回答、政府が「人生100年時代構想」で掲げる「70歳までの就業」には、かなりの差が出ています。このほか、働きたい場所

2018年12月26日夢の街創造委員会★フィードバック数:0ライフスタイル

オンラインデリバリーに関する調査

出前総研、オンラインデリバリーに関する10万人調査を実施!オンラインデリバリーの利用経験者は約4割 ~今後も市場が伸びていく見込み~全国の15歳~49歳の男女10万人を対象に行ったオンラインデリバリーに関する調査について、出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』より、その結果を報告いたします。 <調査結果サマリ>1. 外食の利用実態・外食頻度1週間の外食について「週に1回程度」以上との回答が47.5%と半数近くありましたが、一方で外食に出るのが面倒な時が「ある」との回答が60

2018年12月26日ビズリーチ★フィードバック数:0ビジネス

「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」関連求人の動向調査

人手不足の深刻化に伴い「RPA」求人数が前年比6.4倍に~「RPAエンジニア」は9.1倍「RPA」の最高提示年収は3,000万円~ 求人検索エンジン「スタンバイ」による求人動向調査 株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」(https://jp.stanby.com/)は、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」関連求人の動向調査を実施しました。「スタンバイ」に掲載される求人を対象に、パソコンの定型作業を自動化す

2018年12月26日クチコミクス★★フィードバック数:0マーケティング

大手口コミサイトである「Amazon」「楽天」「食べログ」「@コスメ」「じゃらん」の口コミ信用度に関するアンケート調査

【アンケート結果】大手5つの口コミ系サイトは信用できない?その理由は【アンケート結果】大手5つの口コミ系サイトは信用できない?その理由は各サービスサイトにおける口コミ信用度の調査結果調査対象:下記サービスをよく利用している人それぞれ500名ずつ実施場所:クラウドアンケートサービス調査期間:2018年11月15~17日なお、信用度としては、下記4つの基準で選んでいただきました。素直に信用してる(信用度90%以上)それなりに信用してる(信用度70%)あまり信用してない(信用度30%)ほとんど信用して

2018年12月25日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2019年「周年記念企業」調査

2018/11/272019年「周年記念企業」調査2019年の「周年記念企業」、全国に14万1550社〜 創業100周年企業は、川崎汽船、オリンパスなど1686社判明 〜はじめに来る2019年は平成最後の年。平成元年に創業した企業は30周年の節目を迎えることとなる。また、東名高速道路が全線開通した1969年(昭和44年)に創業した企業は50周年を、第一次世界大戦終結から間もない1919年(大正8年)に創業した企業は100周年を、それぞれ迎える。帝国データバンクでは2019年に創業から節目の年を迎

2018年12月25日ソニー損害保険★フィードバック数:0大型消費/投資

2018年全国カーライフ実態調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「2018年 全国カーライフ実態調査」ソニー損害保険株式会社(URL:https://www.sonysonpo.co.jp/ 本社:東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F、代表取締役社長 丹羽淳雄)は、2018年10月19日〜22日の4日間、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳〜59歳の男女に対し、「全国カーライフ実態調査

2018年12月25日AMF★フィードバック数:0マーケティング

「2018年の流行語大賞」と「2019年のトレンド予測」

JC・JK流行語大賞2018&2019トレンド予測を発表「タピる」「TikToker」「ASMR」がランクイン! 一切大人の事情は無し!現役女子中高生100人が本気で選んだヒト・モノ・アプリ・コトバ 女子大生社長の椎木里佳を中心に、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける株式会社AMF(本社:東京都港区、代表取締役:椎木里佳)は、トレンドのリサーチが得意な”JCJK調査隊”の精鋭メンバーの選考結果をもとに、「2018年の流行語大賞」と「2019年のトレンド予測」を、「ヒト・モノ・アプリ・

2018年12月21日IDC★フィードバック数:0ビジネス

「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果

「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果を発表 最新ITを利用した職場の変革を展開済み/展開中と回答した企業は、日本が3割超なのに対しAPeJは6割と、日本の変革の遅れが目立つ 日本では労働力不足の改善や働き方改革のためにITを活用することの重要性が認識されつつあるとはいうものの、ワーカーのデジタルスキル不足やIT部門の人材不足が、変革の遅れの背景にあると考えられる APeJのようにデジタルに慣れ親しんだミレニ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ