調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ビジネス > 混乱しやすい内部留保に関する議論

混乱しやすい内部留保に関する議論

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 企業が資金余剰主体であることが常態化している。バブル崩壊後、企業は3つの過剰(過剰債務、過剰雇用、過剰設備)を抱え、この解消に努めてきた。財務省が公表している法人企業統計で企業の資金調達動向を確認すると、1980年代後半まで企業の資金調達額(フローベース)は流入超(借入れ実施・株式増資・社債発行など)かつ流入額が拡大傾向にあったが、1989年度・1990年度を境に縮小に転じ、2000年代前後になると流

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ