調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ビジネス > ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.319 企業R&D資本の減耗率についての実証研究 企業R&D資本の減耗率についての実証研究外木内閣府経済社会総合研究所客員研究員、一橋大学経済研究所特任講師北岡内閣府経済社会総合研究所研究官Wendy C. Y. Liアメリカ合衆国商務省経済分析局リサーチエコノミスト 要旨日本では、2016年より国民経済計算に新しいSNA基準である2008SNAの実施が計画されている。2008SNAの実施による最も重要な変更点は研究開発

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ