ビジネス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月6日リスクモンスター★★フィードバック数:0ビジネス

第5回「世界に誇れる日本企業」調査

ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。ここからヘッダ情報になります。リスクモンスターなら、統計に裏付けられた倒産予測や倒産確率の算出が可能 ここから本文になります。リスモン調べ:2017年2017年5月26日与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本太一、以下リスモン)は、第5回「世界に誇れる日本企業」調査結果を発表いたしました。1.実施概要20~59歳の有職者男女個人60~69歳の男女個人 年間売上2,5

2017年6月4日3M★★フィードバック数:0ビジネス

会議に費やす平均時間は年間159.1時間!会議を効率化する秘策を伝授!

会議に関する調査結果 > 会議に費やす平均時間は年間159.1時間!会議を効率化する秘策を伝授!会議に費やす平均時間は年間159.1時間! 会議を効率化する秘策を伝授!あなたの会社のその会議、本当に必要ですか?3Mが実施した調査によれば、会議に費やす平均時間は、なんと年間平均159.1時間!残業の原因となっているのは、日々行われている無駄な会議の積み重ねかもしれません。プレミアムフライデーがスタートした今、心おきなく金曜日を楽しむためにも、会議の効率化を考え、無駄な時間は短縮しつつ、素早く結論を

「ビジネスメール実態調査2017」発表

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く) 「ビジネスメール実態調査2017」発表 「ビジネスメール実態調査2017」ビジネスメール1日の平均通数、送信は約12通、受信は約39通役職が高くなるにつれて通数が増えるメールの確認頻度は「1日に10回以上」(47.93%)が最多残業が多いと感じている

2017年6月2日アララフィードバック数:0ビジネス

5月30日に全面施行される「改正個人情報保護法」 65%の企業担当者が内容を把握できていない実態が明らかに

2017年5月26日 NEWS5月30日に全面施行される「改正個人情報保護法」 65%の企業担当者が内容を把握できていない実態が明らかに2017年5月26日5月30日に全面施行される「改正個人情報保護法」65%の企業担当者が内容を把握できていない実態が明らかに-6月8日、13日に改正個人情報保護法セミナーを開催-10年連続シェアNo.1※の個人情報検出ソフト「P-Pointer(ピーポインター)」を提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井陽介 以下、アララ)は、企業の情報システ

2017年6月2日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――郵便・宅配事業者の収益の創出にはデジタル投資がカギ

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年6月2日アクセンチュア最新調査――郵便・宅配事業者の収益の創出にはデジタル投資がカギ 【バージニア州アーリントン:2017年4月17日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、郵便・宅配事業者がeコマースの爆発的成長を収益増加につなげ、競争が激化する業界で優位に立つには、デジタルを活用したパフォーマンス向上が極めて重要となってくることが明らかになりました。 この最新レポート「Th

2017年6月2日マンダムフィードバック数:0ビジネス

職場のニオイに関する意識調査

クールビズシーズンに「気になること」1位「ニオイ(体臭)」 スメルハラスメントの認知率は3年で2倍以上の45.8%職場のニオイに関する意識調査 株式会社マンダム(本社:大阪市 社長執行役員:西村元延 以下マンダム)では、多くの方にデオドラント製品を通してより快適な暮らしをお届けしたいと考え、日々様々な体臭研究に取り組んでいます。そこで、汗やニオイが気になるクールビズシーズンに、ビジネスシーンにおけるニオイ問題の現状や働く人々の意識、職場での対策に関する調査を実施いたしましたので、ご報告いたします

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」 本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析・考察しています。課題今後5年間の主な課題として、日本とグローバルともに、「優位性を維持するためにイノベーション

2017年6月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測を発表 2016年 国内EAソフトウェア市場規模は、前年比成長率2.3%、4,916億円7,200万円 2016年~2021年の年間平均成長率は4.0%、2021年の市場規模は5,993億8100万円と予測 今後はインテリジェントERPが、働き方改革の中心施策として、継続的に市場を牽引する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締

内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査

内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査結果内部通報制度は不正抑止の切り札となりえるのだろうか?(『企業リスク』2016年10月号掲載記事) 本調査は、過去にデロイト トーマツ グループが開催したセミナーの出席者(主に企業のリスク管理部門、コンプライアンス部門、内部監査部門の方)等を対象とした内部通報制度に関するアンケート調査である。230社からの回答の集計結果を踏まえ、日本企業の内部通報制度に関する課題について筆者の考えを述べる。 1.通報窓口の有無※図表および詳細記事はPDFをご

ありそでなかった100社以上「学生起業家スタートアップ 大学別マップ」

ニュースが2万件以上、日本最大のスタートアップニュースサイト「スタートアップタイムズ」ありそでなかった100社以上「学生起業家スタートアップ 大学別マップ」ありそでなかった100社以上「学生起業家スタートアップ 大学別マップ」こんにちは、スタートアップタイムズ進藤です。毎日のように起業家のみなさんにお会いする中で、学生起業家さんは知名度で不利なことが多いことに気づきます。なんとかPRのお手伝いになればということで「学生起業家スタートアップ 大学別マップ」はじめます。2017年3月時点在籍の学生起

2017年5月30日TechCrunch★フィードバック数:0ビジネス

9割の企業がアーリーステージでエグジット――スタートアップはどの段階で買収されやすいのか

9割の企業がアーリーステージでエグジット――スタートアップはどの段階で買収されやすいのかUber Freightは、トラックドライバーと配送案件を結びつけるサービス 【編集部注】執筆者のJason Rowleyは、Crunchbase Newsのベンチャーキャピタル・テクノロジー記者。アメリカ国内のシードステージにあるスタートアップから、ランダムに1000社選ぶとしよう。この中から何社がシリーズAまでたどり着くだろうか? そして、シリーズAでの資金調達に成功した企業のうち、何社がシリーズBに到

2017年5月30日転職×天職フィードバック数:0ビジネス

国内製薬会社2016年度決算ランキング

AnswersNews - 製薬業界で話題のニュースがよくわかる Answers>AnswersNews>企業> 【最新版】国内製薬会社2016年度決算ランキング―小野薬品「オプジーボ」で利益2.4倍 「改定・円高」軒並み減収 【最新版】国内製薬会社2016年度決算ランキング―小野薬品「オプジーボ」で利益2.4倍 「改定・円高」軒並み減収2017/05/22 国内製薬企業の2017年3月期決算が出そろいました。東証1部上場の主要製薬企業(売上高1000億円以上)の業績は、16年4月の薬価改定に円

2017年5月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2017年度の設備投資に関する企業の意識調査

2017/5/172017年度の設備投資に関する企業の意識調査2017年度、企業の52.4%が設備投資を計画〜 主な資金調達方法は内部資金が4割、長期借入が3割 〜はじめに国内景気は個人消費の伸びが緩やかにとどまるなかで、輸出に加え設備投資がけん引役となることへの期待が高まっている。また、政府は「成長戦略2016」において、2018年度までに設備投資を年間80兆円程度に拡大する目標を掲げ、中小企業向け投資促進税制の拡充など、生産性向上に対する政策が進められている。そこで、帝国データバンクは、20

2017年5月24日KPMGフィードバック数:0ビジネス

第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016

第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016 第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016 企業と投資家との建設的な対話の必要性が高まる中、コミュニケーションツールの1つとして「統合報告書」が注目され、発行企業は年々増加の一途をたどっています。 企業が競争力を高め、社会に対する責任を果たし、中長期的に価値を向上させていくための取組みの1つとして、KPMGジャパンはコーポレートコミュニケーションの重要性を提起し、そのためのツールである統合報告書の現状調査を2014年から継続してまい

2016年 世界の上場企業上位2,500社に対するCEO承継調査

日本の新任CEOの平均年齢は61歳と世界で最も高く、他企業からの招聘(3%)、他企業でのCEO経験(9%)、他企業での勤務経験(33%)、MBA保有率(4%)は世界で最も低く、女性CEO就任はなしStrategy& 第17回CEO承継調査を実施2017年5月16日 - PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業における時価総額の上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめました。 調査対象のうち2016年にCEOが交代したのは14.9%、372社で

2017年5月24日フジッコフィードバック数:0ビジネス

単身赴任に関する実態調査

フジッコ株式会社のプレスリリース/広報・PR情報「いつも一人でご苦労様」という妻の気持ちとは裏腹に…単身赴任、「嬉しい」が3割近くも!離れて頑張る人たちを応援!「愛の単身赴任手当」CPが開始「いつも一人でご苦労様」という妻の気持ちとは裏腹に…単身赴任、「嬉しい」が3割近くも!離れて頑張る人たちを応援!「愛の単身赴任手当」CPが開始フジッコ株式会社は、30歳~59歳までの単身赴任経験のある男性/ない男性それぞれ250名を対象に「単身赴任に関する実態調査」を行いましたので、調査結果を発表致します。調

2017年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

自動車小売業の倒産動向調査

2017/5/15自動車小売業の倒産動向調査中古自動車小売の倒産、5年ぶり前年度比増加〜 新車小売の倒産は2年連続の前年度比減少 〜はじめに2016年度は自動車業界において多くのニュースが飛び交った1年となった。三菱自動車工業とスズキの相次ぐ燃費不正問題により一部車種が販売停止を余儀なくされたほか、タカタによるエアバッグ問題が発覚し、大量リコールも発生した。このほかにも、米フォードが日本の自動車市場縮小などを理由に日本事業から撤退するなど、国内の自動車販売市場が変化した1年でもあった。こうした市

2017年5月23日Bizコンパスフィードバック数:0ビジネス

健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る

日本の転換期に訪れた「健康経営」の波!(第1回)健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る 2017.04.28 Fri 従業員の健康管理や健康増進を重要な経営課題として捉える、「健康経営」という考え方に注目が集まっています。大手企業を中心に取り組み事例が増えており、今後は事業規模に関わらず多くの企業で導入が進むことが予想されます。 健康経営が、いま日本の企業にどの程度浸透しているのか、企業はどのような意識を持って取り組んでいるのか、Bizコンパスで独自に実施したアンケート調査の結果をもとに

2017年5月23日厚生労働省フィードバック数:0ビジネス

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成29年4月28日【照会先】労働基準局 勤労者生活課課 長平嶋 壮州専門官 高橋 嘉寿満(代表電話) 03(5253)1111(内線5306,5379)(直通電話) 03(3502)1589 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書を公表します 〜全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントの発生状況や、予防・解決に向けた取組の主な効果・課題を把握〜  厚生労働省では、平成年度以来となる「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を実施し、このほど、報告書を

2017年5月22日ランスタッドフィードバック数:0ビジネス

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 日本人の起業意欲

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 日本人の起業意欲「起業したくない」に、日本の労働者の68.9%が同意総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO:ジャック・ファン・デン・ブルック)は、世界33の国と地域で実施する労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」の2017年第1四半期の結果を発表。本リリースは、その中から「起業・スタートアップ企業」に関する日本人労働者の意識調査の結果を発表します。IoT(モノのインターネット)やフィンテ

2017年5月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年4月報

2017年 4月報倒産件数は650件、3カ月連続の前年同月比増加 負債総額は915億1400万円、2000年以降で最小を記録 主要ポイント■倒産件数は650件で、前年同月比では1.2%の微増となり、3カ月連続で前年同月を上回った。前年同月を3カ月以上連続で上回ったのは、2008年6月〜2009年8月(15カ月連続)以来、7年8カ月ぶり。負債総額は915億1400万円で、前月比で46.0%の減少、前年同月比でも20.0%の減少となり、2000年以降で最小を記録した■業種別に見ると、7業種中4業種で

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年「倒産企業の財務データ分析」調査

公開日付:2017.05.11 2016年(1-12月)の倒産企業の6割は「減収」で、市場ニーズに対応できない企業が目立った。倒産企業の赤字企業率は49.8%と生存企業の2倍超に達し、倒産企業の61.4%は債務超過だった。大手企業の業績に牽引されるかたちで景気は緩やかな拡大を続けるが、業績改善の流れから取り残された中小企業が行き詰まっている構図が鮮明になった。本調査は、東京商工リサーチが保有する財務情報から3期連続データのある2016年の倒産企業544社(個人企業を含む)と生存企業(32万2,0

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年4月の全国企業倒産680件

倒産件数が680件 4月としては27年ぶりの低水準 2017年(平成29年)4月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が680件、負債総額は1,040億6,000万円だった。は、前年同月比2.1%減(15件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回った。前月3月が3カ月ぶりの増加に転じて推移が注目されたが、4月としては1990年(526件)以来27年ぶりの低水準になった。依然として企業倒産は抑制された状況が続いている。これは金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることに加えて、国内景

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2016年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2017.05.11 2016年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は77社で、2年ぶりに前年度を上回ったが、4年連続で70社台で推移した。工場や支店、事務所など事業資産の売却は少なく、余剰資産の遊休地や駐車場、賃貸用不動産などの売却が半数を超え40社にのぼった。業種別では、卸売が10社で最も多かった。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2016年度(2016年4月~2017年3月

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年4月の注目業種の倒産動向

公開日付:2017.05.11「宿泊業」の倒産、4月は11件で前年同月より3.6倍増 2017年4月の旅館,ホテルなどの「宿泊業」の倒産件数は11件(前年同月3件)で増加が目立った。11件の内訳をみると、設立50年以上の老舗が4件含まれ、経営不振や累積赤字から事業譲渡していた先が、ここにきて整理に踏み切ったケースが目立った。「宿泊業」の倒産は、2016年(1-12月)は81件(前年比4.7%減、前年85件)で、2年ぶりに前年を下回り、水準としては1998年(81件)以来18年ぶりの低水準にとどま

個人・小規模事業主と税理士・公認会計士のコミュニケーションに関する実態調査

ホームホームMJS Solution Seminar & Fair 2016アヴァンティスタッフ × ミロク情報サービス会計事務所のお客様会計事務所のお客様ソフトウェアソフトウェア会計事務所向け会計事務所向けACELINK NX-ProiCompassコミュニケーションiCompassリモートPC2経審太郎アライアンス製品顧問先向け顧問先向けGalileopt NX-PlusGalileopt NX-IMJSLINK NX-I ACELINK NX-CEiCompassNXアプリケーションMJS

2017年5月17日プレジデント社フィードバック数:0ビジネス

「器が小さい」と思う上司の行動トップ10

「器が小さいと思う男上司の行動」を、男上司の下で働く30代・40代の正社員、男女各500人聞いたところ、手厳しい結果に……。なぜ、そんな行動をしてしまうのか、そして部下はどう対処すべきか。上司側の心理もわかるという人材育成企業FeelWorks創業者 前川孝雄さんに分析していただきました。※[調査概要]楽天リサーチの協力でインターネットでのアンケート調査を実施。対象は、男上司の下で働く30代・40代の正社員、男女各500人。期間は2015年12月26~27日。 ※ランキングは、「かなり小さいと思

2017年5月17日KPMGフィードバック数:0ビジネス

コーポレートガバナンス実態調査2016 - ガバナンス改革2周目における日本企業の変化

コーポレートガバナンス実態調査2016 - ガバナンス改革2周目における日本企業の変化 - コーポレートガバナンス実態調査2016 - ガバナンス改革2周目における日本企業の変化 - KPMGジャパン コーポレートガバナンス センター・オブ・エクセレンス(CoE)は、2017年2月に「コーポレートガバナンス実態調査2016 ガバナンス改革2周目における日本企業の変化」と題する冊子を発行しました。 多くの日本企業は2016年6月に定時株主総会を終え、コーポレートガバナンス報告書において2度目の

2017年5月16日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「日系企業の韓国進出状況」調査

公開日付:2017.05.09 韓国に進出している日系企業は393社で、715拠点を構えていることがわかった。産業別では、製造業が253拠点で最も多く、次いで卸売業の206拠点だった。日系企業は隣国である韓国を製造拠点とする一方、流通面でも有望市場として重視していることが浮き彫りとなった。東京商工リサーチは、国内企業データベースと業務提携するDun & Bradstreet(本社・米国)の海外企業データベースを活用し、日系企業の韓国進出状況を調査した。5月9日、韓国大統領選挙の投開票日を迎えた。

2017年5月16日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

東京都「島しょ部520社の企業実態」調査

公開日付:2017.05.09 伊豆諸島、小笠原諸島など東京都の島しょ部(4支庁[2町7村])に本社を置く企業(以下、島しょ部企業)は520社だった。人口の約半数を占める大島支庁(伊豆大島、新島、神津島、利島)が274社(構成比52.6%)で、企業が集中している実態がわかった。産業別では、サービス業他(172社、構成比33.0%)と建設業(168社、同32.3%)が突出し、この2産業で全体の6割以上を占めた。サービス業他では、地域振興や観光関連の特定非営利活動法人(NPO)などの「政治・経済・文

2017年5月15日TINYpulseフィードバック数:0ビジネス

START-UP REPORT: FEMALE-LED START-UPS ARE GROWING FASTER

A few weeks ago, TINYpulse released its 2017 Annual Start-Up Culture Report, a study that shines a light on a number of trends related to workplace culture in the fast-moving world of start-ups. We anonymously surveyed more than 100 founders — as wel

2017年5月7日東京都★フィードバック数:0ビジネス

平成28年度 中小企業労働条件等実態調査「労働時間管理に関する実態調査」

ここから本文です。平成28年度 中小企業労働条件等実態調査「労働時間管理に関する実態調査」 結果がまとまりました労働時間制度の多様化とともに、フレックスタイムなど様々な働き方が広がっています。一方で、正社員を中心として、長時間労働は依然として大きな課題となっています。また、割増賃金の未払いや過重労働といった問題の背景として、労働時間が適切に把握されていないことが指摘されています。東京都では、こうした状況下で、労働時間やその管理の状況、また使用者や労働者の認識を把握するため、都内3,000事業所及

2017年5月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

大学発ベンチャー企業の実態調査

2017/4/28大学発ベンチャー企業の実態調査大学発ベンチャー、約1割が東大発〜 設立「5年未満」の企業、約6割が赤字 〜はじめに近年、IoT(Internet of Things)やFintech、人工知能(AI)、バイオなど、様々な分野において技術革新が急速に進んでいる。なかでも注目を集めるのは、大学等の革新的な研究成果を基にした「大学発ベンチャー」だ。政府は3月24日の未来投資会議で、2017年度から大学が大学発ベンチャーの株式を一定期間保有できるようにする制度改革を進める方針を決めた。

2017年5月5日タイムズ24フィードバック数:0ビジネス

「タイムズカープラス」法人会員向けアンケート調査

ページ内リンク 【タイムズ24】 カーシェアを利用することで87%が移動の効率化を実感 -「タイムズカープラス」法人会員向けアンケート調査を実施-タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、運営するカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の法人会員を対象に実施した「カーシェアリングに関するアンケート」の結果を発表いたします。**************************************************************************

2017年5月5日森ビルフィードバック数:0ビジネス

東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査 2017

2017年04月25日森ビル株式会社 東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査 2017森ビル株式会社(東京都港区 代表取締役社長 辻慎吾)では、東京23区内で1986年以降に竣工した事務所延床面積10,000㎡以上のオフィスビル(以下「大規模オフィスビル」という)を対象に、需給動向に関する調査を1986年から継続して行っています。また調査結果を多角的に分析することで、将来のオフィスマーケット動向の予測も行っています。この度、最新の調査結果がまとまりましたので、ご報告します。■東京23区の大規

2017年5月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)

第46回海外事業活動基本調査(2016年7月調査)を実施しました~2015年度における海外現地法人の動向~ 経済産業省は、毎年、我が国企業の海外事業活動の現状と海外事業活動が現地及び日本に与える影響を把握することを目的に、我が国企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し取りまとめの上で公表しています。このたび第46回の調査結果を取りまとめました。 2015年度における現地法人の動向は以下のとおりです。 製造業の海外生産比率(国内全法人ベース25.3%)は過去最高水準。海外設備投資比率

2017年5月5日ユビレジフィードバック数:0ビジネス

プレミアムフライデー、3/31(金)の飲食店消費でも健闘!?利用状況を統計解析

プレミアムフライデー、3/31(金)の飲食店消費でも健闘!〜利用状況を統計解析株式会社ユビレジ(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:木戸 啓太、以下:ユビレジ社)は、経済産業省および経済団体連合会(略称:経団連)など官民連携体制が推進している「プレミアムフライデー」の2回目となった3月度(3月31日(金)実施)の結果について、2月度に続き飲食店POSデータならではの統計解析を行いましたので、その結果をご紹介します。※1個人の消費喚起、余暇促進を目的に2017年2月よりスタートした「プレミアムフ

2017年5月5日Airbnbフィードバック数:0ビジネス

日本における経済活動レポート

<日本における経済活動レポート>2016年のAirbnbによる日本経済の押し上げ効果は9,200億円 世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は本日、「日本における短期賃貸に関する活動レポート」を発表しました。本レポートには、日本国内のAirbnbコミュニティ(Airbnbを利用するホストとゲスト)に関するデータが含まれています。Airbnb内部のデータと2017年1月に実施し

経営者の視点2017:小売企業の変革

JDAとPWCが毎年実施している経営者への調査によると、本年の傾向は、顧客満足の提供を軸としてデジタル変革に対する投資の優先度が最も高いという結果が見られました。しかし、52%の小売企業が、デジタル変革戦略の取組を開始していないと回答しています。更に、ネット通販ビジネスの成長はあるものの、78%のCEOは、店舗への投資を削減する予定はないと考えています。更に複雑化している注文への対応(フルフィルメント)、顧客データの活用、店舗への投資等小売業界のトレンドを考察しています。是非ご一読ください。

「新社会人」に関するアンケート調査

三井ダイレクト損保 | 〜今年の新社会人を三井ダイレクト損保がリサーチ〜 「新社会人」に関するアンケート調査サービスメニューユーザーメニューアクシデントメニュー ?M 〜今年の新社会人を三井ダイレクト損保がリサーチ〜 「新社会人」に関するアンケート調査2017年04月24日 初任給の予定金額は、平均190,047円 東日本が西日本より11,761円高い結果!初任給の使いみちトップは、「貯蓄」の54%!理想の上司を芸能人に例えると、「天海祐希」さんがトップ!ヒヤリ・ハット経験、55%が1度以上あり

2017年5月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内タクシー業者3385社の経営実態調査

2017/4/24国内タクシー業者3385社の経営実態調査石川、奈良で増収企業が増加〜 インバウンド特需で観光客数増加が追い風に 〜はじめにここ数年でタクシー料金の値上げが続いていたなか、2017年1月30日から東京都23区、武蔵野市、三鷹市で初乗り運賃を約1キロ410円となる値下げに踏み切った。タクシー業界は、「配車アプリ」や「ライドシェア(相乗り)」で世界的にシェアを広げる米Uberなどの新興企業の参入を脅威として顧客獲得に向けた新たな取り組みを模索している。2020年の東京五輪・パラリンピ

2017年5月2日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ5002017年最新版!「新卒3年後定着率」の全貌 加藤 千明大手証券会社勤務の後、1993年7月、東洋経済新報社に入社。主に統計指標をベースとした刊行物を担当する一方、電機・化学業界担当記者としてITバブルの全盛期と終焉を経験。その後は、マクロ、マーケットおよび地域動向を主戦場に、データをもとにした分析、執筆等を行う。2005年より『東洋経済 統計月報』編集長、2010年より『都市データパック』編集長。 3年後も定着率の高い会社を紹介します(写真:Mi

2017年5月2日ゼロワンブースターフィードバック数:0ビジネス

アクセラレーター応募の起業家・事業家の集計レポート

アクセラレーター応募の起業家・事業家の集計レポートを01Boosterが公開 事業創造ファースト!日本を事業創造できる国にして世界を変える 事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーター(注1)を運用する株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木 規文、以下 01Booster)は、アクセラレーターに応募頂いた起業家・事業家の集計レポートを公開します。 ● アクセラレーター応募チーム集計簡易レポート https://goo.gl/kqWZUz【集計データに関して】応募

Directors’ Alert 2017

デロイト グローバル『Directors’ Alert 2017』 戦略、文化、イノベーションが取締役会の最優先事項テクノロジー、透明性、取締役会の有効性、報酬も2017年の重要課題 有限責任監査法人トーマツは、デロイト グローバルによる『Directors’ Alert 2017』の日本語版を発表し、非業務執行取締役が不確実性に満ちた2017年の舵取りを進めるにあたって考慮する必要のある重要事項について分析しています。 2017年4月21日 本ニュースリリースは2017年1月24日にニュ

2017年5月1日中小企業庁★★フィードバック数:0ビジネス

2017年版「中小企業白書」「小規模企業白書」

2017年版「中小企業白書」「小規模企業白書」を公表します平成29年4月21日中小企業庁では、「平成28年度中小企業の動向」及び「平成29年度中小企業施策」(中小企業白書)、並びに「平成28年度小規模企業の動向」及び「平成29年度小規模企業施策」(小規模企業白書)をとりまとめ、本日4月21日閣議決定されましたので公表します。 2017年版「中小企業白書」のポイント第1部では、最近の中小企業の動向について、中小企業の景況が緩やかな改善傾向にあるものの、改善の度合いは企業規模や組織形態などによって

2017年5月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「日系企業のEU進出状況」調査

公開日付:2017.04.21 EU(欧州連合)加盟28カ国に進出している日系企業は1,242社で、1万3,072拠点を構えていることがわかった。拠点数ではEU離脱を決定したイギリス(4,083拠点、構成比31.2%)がトップ、次いでドイツ、フランスと有力国が続く。産業別では、卸売業やサービス業他の比率が高く、日系企業はEU諸国を製造拠点だけでなく販売やサービスの提供先としている実態も浮かび上がった。東京商工リサーチでは、国内企業データベースとDun & Bradstreet(本社・米国)の海外

2017年4月28日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

フランス進出企業実態調査

2017/4/20フランス進出企業実態調査フランス進出企業は702社判明〜 アパレル・自動車関連企業の進出が目立つ 〜はじめに先月20日、安倍首相はフランスのオランド大統領と会談を行い、自由貿易を引き続き推進することで一致した。日本と欧州連合(以下、EU)の経済連携協定(EPA)交渉が進められるなか、日本とフランス、日本とEUのパートナーシップが強化されつつある。4月23日にはフランス大統領選の第1回投票が実施される。昨年12月に現職のオランド大統領が2期目の出馬を断念し、現時点では無所属のマク

2017年4月27日リクルート★フィードバック数:0ビジネス

子どもを持つ意欲と職場環境の関係は?

子どもを持つ意欲と職場環境の関係は?

第20回世界CEO意識調査

第20回世界CEO意識調査過去20年におけるCEOの意識変化 未来をどう描くか?2017年4月、日本分析版を刊行 ― 分断化する社会とデジタル化の進む世界で模索する日本のCEO 未来をどう描くかPwCは過去20年にわたり、世界のCEOに対して人口構造の変化、急速な都市化、世界的な経済力や企業活動の再編成、資源の不足など世界に影響を及ぼしているメガトレンドについて調査を行ってきました。調査を開始した20年前と比較して、世界はグローバリゼーションとテクノロジーによって大きな変貌を遂げる中

2017年4月26日日本法規情報フィードバック数:0ビジネス

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」コンプライアンス問題に遭遇しても担当部署への相談は3割程度。SNS炎上の増加の影響でコンプライアンスが注目されるように

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」コンプライアンス問題に遭遇しても担当部署への相談は3割程度。SNS炎上の増加の影響でコンプライアンスが注目されるように。 日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)( )は、インターネットアンケートを実施し、「コンプライアンスに関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)昨今注目度がますます高まっている「コンプライアンス」ですが、実際にコンプライ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ