調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 賃金の動向とその物価への影響について

賃金の動向とその物価への影響について

12/4/6 10 時 17 分1.はじめに物価変動の要因を探るに当たっては、財・サービスの生産費用に占める人件費、特に賃金の動向の分析が重要である。一般的には、賃金と物価は相互に影響を及ぼすものと考えられる。つまり、我が国における賃金の趨勢的な弱さは、デフレの結果であるとも言える。その一方で、産業構造や労働者の人口構成の変化等といった構造的な要因が、賃金の押下げ要因として影響を及ぼし、それが物価の弱さの背景の一つとなってきた可能性もある。また、最近では、労働需給の改善が見受けられることから、パ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Icon4345957320096367674img_4001_trim_normal

http://t.co/lGk21RoB リーマンショック前から非正規(臨時雇用)の賃金が上昇する一方で、正規(常時雇用)の賃金が低下しているそうです(図─3)

7701a3bd22bf6f31d55ea7ec9e6a4569_normal

http://t.co/lGk21RoB リーマンショック前から非正規(臨時雇用)の賃金が上昇する一方で、正規(常時雇用)の賃金が低下しているそうです(図─3)

D1000358a_normal

ふむふむ。⇒賃金の動向とその物価への影響について http://t.co/WkGtp3oT

5536020_539105297_normal

パートの時給の変動は、サービス物価の変動に対して2四半期先行,一般の時給の変動は3四半期遅行したところで時差相関係が最も高い / “topics_008.pdf” http://t.co/IrlDGgFM

5536020_539105297_normal

予想できるけど,雇用判断DIとパート時給は綺麗に関係するけど,一般時給は関係しないのね。 / “topics_008.pdf” http://t.co/IrlDGgFM

Imgp0072_normal

賃金の動向とその物価への影響について(内閣府)正社員以外の賃金は上昇傾向だが60歳以上が牽引している模様http://t.co/PY2SZ5uF http://t.co/magXXBly

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ