調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果

厚生労働省による就業形態にフォーカスした調査です。

平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果

厚生労働省大臣官房統計情報部担当:雇用統計課労働経済第一係電話:03(5253)111103(3595)3145 平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果の概況 ○結果のポイントは以下のとおりです。 ・正社員以外の労働者がいる事業所は全体の8割、パートタイム労働者がいる事業所は6割・正社員以外の労働者の活用理由では「賃金の節約のため」、「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」が多い・正社員・出向社員以外の労働者で現在の就業形態を選んだ理由は「自分の都合のよい時間に働けるから」、「

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Image_normal

99年から2007年で不本意型の非正規雇用は高まっています。『就業形態の多様化に関する総合実態調査』厚生労働省 http://bit.ly/9qZ5OL

Image_normal

99年から2007年で不本意方の非正規雇用は高まっています。『就業形態の多様化に関する総合実態調査』厚生労働省 http://bit.ly/9qZ5OL

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ