今後の賃金動向についてのレポートです。

賃金は上がるのか?

2013年03月27日○1990年代後半、国内景気が悪化し、企業の人件費抑制姿勢が強まったことを受けて、賃金は減少傾向に転じた。年功序列から成果主義へと賃金制度の見直しが進んだことで、所定内給与が上がりにくくなった上、企業収益の増加は賃金に十分に反映されず、ボーナスも減少してきた。○業種別に見ると、製造業の賃金は緩やかに増加しているが、非製造業では大きく減少し全体の賃金を押下げている。製造業では雇用者数の削減によって人件費を減らした一方、非製造業では雇用の非正規化を進めることで人件費の増加を抑制

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

_________normal

【経済】賃金は上がるのか?~無理な賃上げは雇用に悪影響を及ぼす恐れ~|三菱UFJリサーチ&コンサルティング  http://t.co/bzhtSJTSUV  

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ