調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 仕事特性・個人特性と労働時間

仕事特性・個人特性と労働時間

概要研究の目的と方法本報告書はDP10-02「仕事特性と個人特性から見たホワイトカラーの労働時間」で今後の課題とした下記3点について、新たに労働者個人に対するアンケート調査を実施し、分析したものである。「仕事特性」について、顧客や社内の他部門、協力会社などとの関係性の強弱と労働時間の関係を検証すること仕事余暇志向以外の「個人特性」と労働時間の関係を検証すること管理職の仕事の性質についてより精緻に検討すること 主な事実発見(1).「仕事特性」に関する主な事実発見他社・他者との関係性の強さが労働時

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

_____normal

長時間労働への対策は各社様々だと思いますが、直接働きかけるものが最も有効なようです。http://bit.ly/ig7EaC(廣島)

1h38f0jburp0bc06kb20_normal

労働政策研究報告書No.128「仕事特性・個人特性と労働時間」:研究成果/JILPT http://www.jil.go.jp/institute/reports/2011/0128.htm

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ