調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 失業率と他の経済指標の関係

統計分析です。

失業率と他の経済指標の関係

労働市場分析レポート第 11 号平成 25 年6月 28 日失業率と他の経済指標の関係① 失業率は、雇用情勢を判断する上で重要な指標であり、また、景気の遅行指標であることが知られている。そこで、生産活動を表す代表的な指標や他の雇用関係指標との関係について 2000 年1月から 2013 年2月までの期間で回帰分析した。② 他の指標を最大1年間、過去に1月(1期)ずつずらしていき、どのタイムラグの場合が最も決定係数(R2 :説明変数がどれだけ被説明変数を説明するかを表す指標)が高いか推計した。③

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Imgp0072_normal

失業率と他の経済指標の関係:労働市場分析レポート(厚労省)1四半期前の雇用人員判断DIと失業率の相関が最も高い。次いで3ヶ月前の有効求人倍率。株価はあまり関係ないhttp://t.co/k85SlPc4j6

D6235cd785ac9052d291a50630da32fd_normal

失業率と他の経済指標の関係 http://t.co/WawOLQR3iE

Sq_200x200_normal

失業率と他の経済指標の関係 http://t.co/WawOLQR3iE

52d9014c-c6dc-42b5-ad3a-2c3e3e78c014_normal

【よくなってはいるようす…?】 失業率と他の経済指標の関係 http://t.co/z0rqgWcmvR

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ