調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向

役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向

CLICK!CLICK!CLICK!1930年創刊。通刊3700号を超える実績人事労務の専門情報誌人事労務の総合情報ポータルサイトhttps://www.rosei.or.jp/readers最新情報満載のメールマガジンどなたでも無料でご購読いただけます情報メール 各   位2010年4月1日財団法人 労務行政研究所役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向早期登用の広まりなどから昇進スピードの個人差は広がる傾向民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,企業における役職(係長・課長

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

8c8726b0d901fede7dad041da7db18d9_normal

役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向 - 労務行政研究所 http://t.co/diyz7txYtU 「最短はおおむね,係長 30 歳→課長 34 歳→部長 40 歳,標準は係長 33 歳→課長 39 歳→部長 47 歳」ラマ少なくとも40歳つーこと

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ