調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 働く側は自由度の高さよりも安定を好む傾向(アメリカ)

働く側は自由度の高さよりも安定を好む傾向(アメリカ)

働く側は自由度の高さよりも安定を好む傾向 経済政策研究所は、月給労働者と時間給労働者それぞれについて、残業時間と仕事と生活の両立を年収階層別に比較した調査報告を9月30日に発表した。アメリカは2004年に改正した公正労働基準法(FLSA)第13条により、管理職や専門的職務などの要件や一定の週給以上の労働者が残業手当の対象ではなくなる、いわゆるホワイトカラー・エグゼンプションが導入されている。今回の報告は、2014年の6月に連邦議会に提出されたFLSAの改正案とも連携している。改正案は残業手当の対

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ