調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル > 回復が不十分な米国労働市場とその行方

回復が不十分な米国労働市場とその行方

今月のトピックス No.225-1(2015年3月17日)回復が不十分な米国の労働市場とその行方1.失業率の低下ほど改善がみられない労働市場• 2008年9月のリーマンショック後の米国では、GDPが早期に底打ちしたのに比べて雇用の回復は鈍く(図表1-1)、大恐慌以来の経済危機がミスマッチなど構造的な変化をもたらした可能性が議論された。しかし10年になると雇用は回復に転じ、14年5月には危機以前の雇用規模を回復し、失業率も15年2月には5.5%まで低下した。回復に5年超の長期を要した点では異例であ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ