調査のチカラ TOP > 分類一覧 > デジタル家電

デジタル家電 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月16日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

ロボット掃除機に関するアンケート調査(第3回)

ロボット掃除機に関するアンケート調査(第3回) ■ロボット掃除機所有者は約8%。利用のきっかけ・理由は「掃除が楽になりそう」「テレビや新聞・雑誌で見た」「店頭で商品を見かけた」「面白そう・興味があった」「効率よく掃除をしたい」などが所有者の各2~3割。■ロボット掃除機の利用の仕方は「従来型の掃除機をメイン、ロボット掃除機をサブ」が所有者の3割強、「留守中にロボット掃除機を使う」「ロボット掃除機をメイン、従来型の掃除機をサブ」が各2割。利用頻度は、週2~3回以上が利用者の5割強。■ロボット掃

2018年4月13日プラネット★フィードバック数:0デジタル家電

<生活家電に関する意識調査>近畿では3人に1人の家に「たこ焼き器」があった

プラネットの提供するサービスをご紹介します。 プラネットからのニュースとお知らせ。お知らせサービス、セミナー、調査研究などのお知らせです。メディア掲載情報各種メディアで紹介された情報の一覧です。 2018.03.22株式会社プラネット暮らしVol.82 生活家電に関する意識調査近畿では3人に1人の家に「たこ焼き器」があった ~女性は生活家電を “電気代” “時短” “メンテナンス” で決める〜国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、

2018年4月10日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年4月3日アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、家庭向けデジタル音声アシスタント端末(以下、スマートスピーカー)を所有する消費者の間では、エンターテインメントやオンラインショッピングにスマートフォンを使用する頻度が低下してきていることが判明しました。スマートスピーカーとは、人工知

2018年4月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年3月14日アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き【東京発:2018年3月14日】 日本の納税者の過半数(53%)が人工知能(AI)を活用することで納税申告がしやすくなると考えていることが、アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査で明らかになりました。「Digital Taxpayers Research(デジタル納税者調査)」は、日本を含む世界12カ国で

2018年4月2日ディップフィードバック数:0デジタル家電

「バイトル」2018年2月のフリーワード検索ランキング

アルバイト求人情報サイト「バイトル」が2018年2月のフリーワード検索ランキングを発表~「ホワイトデー」、春休みを目前に「単発」が人気上昇~ バイトルからのお知らせアルバイト求人情報サイト「バイトル」が2018年2月のフリーワード検索ランキングを発表~「ホワイトデー」、春休みを目前に「単発」が人気上昇~報道関係者各位 総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮)は、日本最大級のアルバイト求人情報サイト「バイトル」(https://www.

ゲーミングPCリユース品市場で調査・検証 eスポーツはやはり2018年が元年?!

TOPNEWSゲーミングPCリユース品市場で調査・検証 eスポーツはやはり2018年が元年?! ゲーミングPCの中古消費量(販売量)が 前年比 約130%上昇 リユース品消費量の加速がeスポーツ人口の増加を証明 2018.03.06 ゲーミングPCリユース品市場で調査・検証 eスポーツはやはり2018年が元年?! ゲーミングPCの中古消費量(販売量)が 前年比 約130%上昇 リユース品消費量の加速がeスポーツ人口の増加を証明ネット型リユース業の株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、

家計に浸透する電子商取引、支出額は15年で約10倍に-ICT消費、8四半期連続成長-

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2018年3月16日家計に浸透する電子商取引、支出額は15年で約10倍に(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大平 弘)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学篠﨑彰彦氏、神奈川大学飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、I

2018年3月23日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に

スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に 人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2017年総集編スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に約半数が、「AI家電を購入する意欲がある」調査結果サマリースマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%にAIを活用して、音声操作でスピーカーから回答や、必要な処理を行う「スマートスピーカー」の認知率は6月度調査時は43.5%でしたが、12月度調査では70.9%と30ポイント近く増加しました

2018年3月22日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカー(AIスピーカー)に関するアンケート調査

スマートスピーカー(AIスピーカー)に関するアンケート調査 ■スマートスピーカーが「どのようなものか、内容を知っている」が2割強、「聞いたことがある程度」が5割弱、認知率は7割強。自分だけ利用、自分を含む家族利用がそれぞれ約2%。■スマートスピーカー利用意向は全体の約15%、非利用意向は5割弱。現在利用者では8割弱の利用意向、非利用者では1割強。■利用意向者がやってみたいこと・機能は「天気予報」が6割強、「ニュースの読みあげ」「音楽再生」が各4割強、「乗り換え案内、目的地への行き方」「ハン

2018年3月19日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「2017年の玩具販売動向」 - 販売額は前年から7%拡大

「2017年の玩具販売動向」 - 販売額は前年から7%拡大  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における玩具※の販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品、雑貨等を含まない純玩具。 【概要】・ 2017年の玩具は金額前年比7%増。主要分類がいずれも販売を伸ばす。・ クリスマス商戦は同1%増にとどまる。 【 2017年の販売動向】2017年の全国の家電量販店、GMS、インターネットにおける玩具販売は金額前年比7%増となった(図1

2018年3月19日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「2017年 家電・IT市場動向」- 家電小売市場規模は前年から1%拡大

「2017年 家電・IT市場動向」- 家電小売市場規模は前年から1%拡大 GfKジャパン(東京:中野区)は、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2017年の家電およびIT市場の販売動向を発表した※1。 【国内家電流通】2017年の家電小売市場は前年比1%増の7兆700億円となった。大分類別ではAV関連機器と大型生活家電の伸長が目立った。AV関連機器は4Kテレビの普及本格化に加え、国内主要メーカーの有機ELテレビ参入が後押しとなった。大型生活家電では、夏のエアコン、冷蔵庫の好

2018年3月14日内閣府★フィードバック数:0デジタル家電

平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報)

平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報)

日本と海外における決済に関する調査

プレスリリース「日本と海外における決済に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 日本と海外における決済に関する調査 報道関係各位2018年2月20日株式会社クロス・マーケティング アメリカはクレジットカード、中国はスマートフォン決済が主流 -日本と海外における決済に関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、日本、中国、アメリカ、ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に「日本と海外における決済に関する調査」を実施しました。

2018年2月21日ビデオリサーチ★フィードバック数:0デジタル家電

Senior+/ex(シニアプラスエクス)サマリーレポート

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2018年2月13日AIスピーカーはシニアにうける?若年層よりシニア層が活用するスマホの「音声検索機能」株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤 讓)は、今回3回目となる「Senior+/ex(シニアプラスエクス)サマリーレポート」の最新データ版と、オプションレポート「シニアとデジタル・コミュニケーション」を発刊しました。その中から一部データをご紹介します。なお、この分

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

7割以上が、既に「AIスピーカー」を認知

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年1月度)7割以上が、既に「AIスピーカー」を認知最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」調査結果サマリー最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」AIスピーカーを認知している人のうち、「Google Home」に興味がある人の割合は39.6%、「Amazon Echo」は30.7%、「LINE Clova」は23.8%でした。※「所有している」「所有していないが、興味はある」

2018年2月15日イードフィードバック数:0デジタル家電

ブロードバンドアワード2017

注目の話題 インターネットユーザーの投票によりブロードバンド時代のベストサービスを選ぶRBB TODAY編集部主催の「ブロードバンドアワード2017」の結果がまとまりました。今年は、イードの運営するアンケートサイト「あんぱら」でのアンケートを行い、合計5,651の有効投票が集まりました。アンケート調査期間:2017年12月28日~2018年1月16日有効投票数:5,651票キャリア部門地域別 総合セキュリティサービスの部長期契約の部継続意向の部プロバイダ部門総合セキュリティサービスの部無線LAN

2018年1月26日ariztonフィードバック数:0デジタル家電

Smart Speaker Market Size to Worth $4.8 billion by 2022

The global smart speaker market is expected to grow to $4884.5 million by 2022 from $991.4 million in 2016, growing at an impressive CAGR of 30.45%.Arizton’s recent market research report on the global smart speaker market categories the market by di

2018年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム ドライブレコーダー

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 ドライブレコーダー 】に関するアンケート調査ドライブレコーダー利用者は自動車所有者の2割弱。つけたきっかけ・理由は「事故やトラブル時の証明・記録」「事故やトラブルのニュースや記事を見て」が5割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『ドライブレコーダー』に関するインターネット調査を2017年12月1日〜5日に実施し、11,111件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 h

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年11月分)

2017年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は44万台(前年比100.9%)となった。うちデスクトップ:11万6千台(同96.3%)、ノート型:32万4千台(同102.6%)であった。ノート型比率は73.7%であった。○出荷金額は405億円(前年比102.6%)となった。うちデスクトップ:100億円(同97.2%)、ノート型:304億円(同104.5%)であった。11月は、台数

2018年1月24日GfKフィードバック数:0デジタル家電

4K Ultra HD ブルーレイ市場概況向

「4K Ultra HD ブルーレイ市場概況向」 - ソフトの累計販売数が30万枚を突破 GfKジャパン(東京:中野区)は、国内の4K Ultra HD ブルーレイ(以下、4K UHD BD)のソフト及びハードの販売動向※を発表した。 【概要】・4K UHD BD ソフトの累計販売枚数が30万枚を突破。タイトル数も120超へ・4K UHD BD対応機は値ごろ感が強まる。11月の販売台数は前年同月の5倍 【 4K Ultra HD BDソフトの動向】4K対応の次世代ブルーレイディスク規格であ

2018年1月24日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2017年度冬商戦、暖房器具とエアコンの販売動向

「2017年度冬商戦、暖房器具とエアコンの販売動向」 - スポット暖房需要を追い風に電気暖房が堅調に推移 GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店における暖房器具とエアコンの販売動向について発表した※1。 【概要】・10-11月の暖房器具販売は台数前年比6%増。西日本では同15%増と伸長。・寒冷地仕様エアコンの販売台数は前年から2桁増。 【暖房器具:気温低下に伴い西日本で販売増加】暖房器具※2の販売は例年、10月頃から本格化し、12月にピークを迎える。家電量販店における2017年度の初

2018年1月24日GfKフィードバック数:0デジタル家電

パソコンゲーム周辺機器の販売動向

「パソコンゲーム周辺機器の販売動向」 - 市場は4年で2倍に  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、パソコンショップ、インターネット通販におけるパソコンゲーム周辺機器およびゲームパソコンの販売動向を発表した※1。 【概要】・パソコンゲーム周辺機器の販売数量は4年間で2倍超に成長。2017年も前年同期から約3割の拡大・ゲームパソコンの販売数量は、前年同期から4割増。 【パソコンゲーム周辺機器】パソコンゲーム用ヘッドセット、キーボード、マウス の市場規模は年々拡大しており、20

2018年1月23日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年12月4日~12月10日)

トップは変わらず、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3連勝。2位は前回4位タイのオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」で、5週ぶりのトップ3入り。3位も前回4位タイのキヤノン「EOS M100 ダブルズームキット」が入った。、3位はパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー 2018年初売りのデジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が制す20

2018年1月23日愛知県フィードバック数:0デジタル家電

自動運転に係るアンケート調査

自動運転に係るアンケート調査の結果について  自動運転の実現は、百年に一度の大変革とも言われ、国内外の自動車メーカーのほか、電機メーカーやIT分野の新興企業等も技術開発に本格参入するなど、世界規模での開発競争が加速しており、自動車産業の一大集積地である愛知県の産業に多大な影響をもたらすものと予想されます。 愛知県は、この転換期をチャンスと捉え、県内の自動車関連企業などを対象としたアンケートを実施し、自動運転の実現及び普及による影響や経営課題、実現を見据えた取組の考え方等について調査しました。(調

2018年1月23日Genpactフィードバック数:0デジタル家電

消費者が今後AIに期待するのはプライバシーとデータ保護の向上

Consumers are open to AI. But companies must heed data protection and privacy fearsYou may not yet travel in a self-driving car, but artificial intelligence is already part of people’s lives. And businesses need to pay attention to how their customer

2018年1月23日akamaiフィードバック数:0デジタル家電

「インターネットの現状/セキュリティ」レポート 2017年第3四半期(7-9月期間)

ウェブパフォーマンスウェブサイトの高速化による収益機会の拡大とビジネスの世界展開 - どこにいても、どんなデバイスでもアクセス可能に メディアデリバリー高品質メディアの大規模な配信、ワークフローの簡素化、視聴者に関する知見を得ることが可能に クラウドセキュリティウェブサイトとデータセンターのセキュリティを確保してダウンタイムとデータ窃盗のリスクを低減 ネットワーク事業者ネットワークトラフィックの最適化、新たな収益源の確保、コストの管理 カスタマーサポート 電話 E メールを送

2018年1月19日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

拡大期を迎えたヘッドセット市場、主流はBluetoothで単価も急上昇

マイク付きのヘッドホン・イヤホン市場(以下ヘッドセット市場)が活況を呈している。売れ行きが好調なうえ、この1年でトレンドも急激に変化していることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から分かった。ここでは、平均単価やメーカーシェアなどの実売データの推移から、躍進要因を分析した。まず、過去2年における市場全体の販売台数伸び率(前年同月比)をみると、ほぼすべての月で好調な売れ行きが続いていることがわかる(図1)。とくに2016年12月からは前年比2ケタ増が多くの月で

2018年1月19日MAMORIOフィードバック数:0デジタル家電

「MAMORIO」が2周年 普及状況を振り返るインフォグラフィック

MAMORIOはおかげさまで2周年を迎えました。 ご愛顧いただいている皆さまに感謝の気持ちを込めて、2017年のできごとを振り返ります。 MAMORIOユーザーやMAMORIO Spotが増えるほど、大切なものがもっと見つかりやすくなります。 MAMORIO Spot*は、東京メトロをはじめ 路線箇所に設置*MAMORIO SpotにMAMORIOが届くと自動でアプリに通知を送ります 1年間の累計カバー面積*は ㎢*ユーザーの送信ログ1つにつき半径30㎡の円面積をかけ合わせ算出 で 幅

2018年1月18日アイロボットフィードバック数:0デジタル家電

AIスピーカーに関する意識調査

AIスピーカーを使って行いたいことの1位は家電の操作!約3人に1人がロボット掃除機「ルンバ」を音声で操作してみたいと回答 「AIスピーカーに関する意識調査」 アイロボット社が提供するスマートフォンアプリケーション「iRobot HOME」※1 に対応した「ルンバ」は、Google アシスタントを搭載した「Google Home」でのサポートを本日2017年12月15日(金)より、開始いたしました。 アイロボットジャパンPR事務局では、ロボット掃除機「ルンバ」が「Google Home」をはじめ

2018年1月18日Gemaltoフィードバック数:0デジタル家電

ハードウェアメーカー、ソフトウェア収益化モデルへの移行で収益11%増

​アムステルダム(2017年12​月14日):デジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であるジェムアルトが、5つの主要なグローバル市場の機器メーカーの意思決定者300名を対象に実施した調査によると、機器メーカー業界では、ハードウェアよりソフトウェアが主要なビジネスモデルとして捉えられていることがわかりました。この変化は、とりわけ機器メーカーが業績改善や収益成長を図るにあたり、ソフトウェアがどれだけ重要になってきているかを示しています。また、エンドユーザーからさらなるオプションに加え、機器やデー

2018年1月17日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年11月27日~12月3日)

前回3週ぶりにトップ返り咲きのキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が今回もトップ。2位は5週連続でキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」、3位はパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー 2018年初売りのデジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が制す2017年最後のデジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」が初

2018年1月17日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

ITデジタル家電購入意向調査(2017年冬ボーナス商戦編)

ITデジタル家電購入意向調査(2017年冬ボーナス商戦編) 2017年12月13日■ボーナス支給額は引き続き改善傾向、購買意欲は2009年以降で最高水準に■商品・サービスの購入意向はITデジタル家電、海外旅行などが増加■ITデジタル家電の内訳は薄型テレビが引き続き1位。AIスピーカーは4位  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月13日、インターネットアンケート・サービス「NTTコム リサーチ※」の会員モニターを使い、全国の20歳以上の就業者1,177人を対象に「冬のボーナス商戦に関す

2018年1月16日NTTドコモフィードバック数:0デジタル家電

シニアのICT利活用生活の検討No.13

通信業界の直接の利害を離れ自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする研究所です。ホーム調査・研究シニア調査シニアのICT利活用生活の検討No.13シニアのICT利活用生活の検討No.13調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ シニアがスマホを習得した手段 男性「自分で解決」女性「人に教えてもらった」~スマホを習得した手段を分析した結果、男女で大きく異なった~2017年1月現在、シニアの36%がスマホ

2018年1月15日ITRフィードバック数:0デジタル家電

インターネット分離市場規模推移および予測

公共・公益での導入が急増し、2016年度市場は63.6%増2017年度は企業にも広がりさらなる高成長ITRがインターネット分離市場規模推移および予測を発表 2017年12月7日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のインターネット分離市場規模推移および予測を発表します。 国内インターネット分離市場の2016年度の売上金額は33.7億円、前年度比63.6%増と大幅

2018年1月15日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2017年9月末時点)

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2017年9月末時点)ーー光コラボレーション契約数が1,000万件を突破 2017年12月07日■ 2017年度上期のFTTH純増数は58.3万件、前年同期比31%減と低水準■ 光コラボレーション契約数が1,000万件を突破、NTTドコモのシェアは4割超まで拡大■ FTTH契約数は2017年12月現在、推計で3,000万件を突破した模様  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月7日、2017年度上期(2017年4月~9月)のブロードバンド回線事業

2018年1月15日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

IJP市場、年末商戦に向け立ち上がるが動きは鈍い

インクジェットプリンタ(IJP)市場が年末商戦に向けて動き始めた。しかし、需要期とはいえ、年々動きは鈍っているのが実態だ。スマートフォンが大きな盛り上がりをみせた11年、12年にはWi-Fiを介して直接印刷できるIJP製品が登場し、市場は大きく動いたものの、13年以降の販売台数は前年の9割前後にとどまる。12年をピークにIJP市場は減速している。IJP市場は毎年10月から12月の3か月の販売台数が、年間の4割近くを占める重要な商戦期だ。10月2週から週単位で売れ行きをみていくと、年末商戦に向けて

2018年1月15日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第3四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2017年第3四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2017年第3四半期 国内トラディショナルPC総出荷台数は、前年同期比3.5%増、261万台 トラディショナルPC市場は5四半期連続で前年同期比増を達成 法人市場は同比2.4%増、165万台、家庭市場は同比5.5%増、96万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内における

2018年1月15日価格.comフィードバック数:0デジタル家電

価格.comプロダクトアワード2017

ユーザーにもっとも支持された製品価格.comプロダクトアワードとは4500万のユーザーの方々に日々書き込んでいただいているレビューの評価をベースに、その年にユーザーにもっとも支持された製品を選出するアワードです。 「買ってよかった」をすべてのひとに。価格.com© Kakaku.com, Inc.

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年10月分)

2017年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○出荷台数は46万台(前年比98.3%)となった。うちデスクトップ:12万1千台(同101.5%)、ノート型:33万9千台(同97.2%)であった。ノート型比率は73.7%であった。○出荷金額は430億円(前年比104.7%)となった。うちデスクトップ:108億円(同101.1%)、ノート型:322億円(同105.9%)であった。10月は台数が

2018年1月13日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム ドライヤー(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 ドライヤー 】に関するアンケート調査(第2回)ヘアドライヤーの利用者は7割、「ほぼ毎日」が4割弱。期待する効果は「短時間で乾く」が利用者の7割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『ドライヤー』に関するインターネット調査を2017年10★月1日〜5日に実施し、10,730件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/

2018年1月13日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム 非接触IC型電子マネー(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 非接触IC型電子マネー 】に関するアンケート調査(第7回)電子マネーは「レジ、サービスカウンター」でチャージする人が直近1年間利用者の4割弱、「駅の券売機・チャージ機、バス車内」「チャージ専用機」が続く マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、7回目となる『非接触IC型電子マネー』に関するインターネット調査を2017年10月1日〜5日に実施し、10,486件の回答を集めました。調査結果をお知らせ

2017年12月28日Wacom★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル文具白書2017

デジタル文具市場における新たなビジネス機会及び、 デジタルインクの技術がもたらすイノベーションと 可能性について デジタル文具の普及や市場の発展を推進する非営利団体「DSC(デジタル ステーショナリーコンソーシアム インク)は、今年9月で設立1周年を迎え、グラフィックスやマルチメディア関連の調査等を手掛ける 米・Jon Peddie Researchの協力のもと、今後成長が見込まれるデジタル 文具市場における新たなビジネス機会と、デジタルインク技術がもたらすイノベーションと可能性に関するレポート

2017年12月28日Canalysフィードバック数:0デジタル家電

Virtual reality headset shipments top 1 million for the first time

Media alert: Virtual reality headset shipments top 1 million for the first timePalo Alto, Shanghai, Singapore and Reading (UK) – Monday, 27 November 2017Virtual reality headset shipments are showing no signs of slowing, as the quarterly total exceede

2017年12月27日dashbotフィードバック数:0デジタル家電

The Impact of Alexa and Google Home on Consumer Behavior

The Impact of Alexa and Google Home on Consumer BehaviorAt Dashbot we are big believers in voice interfaces. If you recall all the videos of two-year olds swiping iPhones and iPads, the same thing is happening with devices like Alexa and Google Home 

2017年12月22日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

特需は続くか? ドライブレコーダー市場の今後を調査

交通事故に関する報道で、10月はドライブレコーダーの映像が毎日のように放映された。この影響もあってか、ドライブレコーダー市場は特需に沸き返っている。家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」によると、2017年10月の販売台数伸び率(前年同月比)は200%を超える。そこでBCNは、スマートアンサーを提供するコロプラと共同で、ドライブレコーダー購入意向に関するアンケート調査を11月に実施した。あおり運転や酔客によるタクシー暴行事件などが取りざたされるなか、その抑止にも効力

2017年12月21日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年11月6日~11月12日)

デジタル一眼ランキングは大きく変化した。トップは前回8位から急上昇の「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」で、2015年2月の発売以来2年9カ月で初めて頂点に立った。ロングセラー機ではあるが、2017年3月から7月にかけてはトップ10から消えており、驚異の復活劇だ。2位は前回同様キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」、3位はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」(前回4位)。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキン

2017年12月21日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2017年度上期国内パソコン出荷概況

2017年度上期国内パソコン出荷概況法人市場と個人市場が共に市場拡大 2017年11月16日■上期出荷台数は前年度同期比1.6%増の492.8万台 ■法人市場と個人市場が共に市場拡大 ■17年度通期は1,031万台の2%増で2年連続のプラス成長へ  MM総研(東京都・港区、所長・中島洋)は11月16日、2017年度上期(4~9月)国内パソコン出荷状況の調査結果を発表した。それによると、国内のパソコン総出荷台数は前年度同期比1.6%増の492.8万台、出荷金額は5.2%増の4,360億円となった。

2017年12月18日TrendForceフィードバック数:0デジタル家電

0.7% YoY Growth beyond Expectation for 2017 Notebook Shipments; Apple Exceeded ASUS to Rank No. 4

Press ReleaseTrendForce Reports a 0.7% YoY Growth beyond Expectation for 2017 Notebook Shipments; Apple Exceeded ASUS to Rank No. 4Market research firm TrendForce reports that the global notebook shipments for this third quarter registered a remarkab

2017年12月14日Juniper Researchフィードバック数:0デジタル家電

AMAZON ECHO & GOOGLE HOME TO RESIDE IN OVER 50% OF US HOUSEHOLDS BY 2022, AS MULTI-ASSISTANT DEVICES TAKE OFF

NavigationHomeSubscriptionsResearchStoreServicesConsultancyResourcesBlogPressClientsAboutContactMyJuniperCareers

2017年12月12日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年10月23日~10月29日)

デジタル一眼ランキングトップ3は前回と変わらず。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が2週連続トップ。2位はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、3位はキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3週ぶりトップデジタル一眼ランキング、パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」2連勝デジタル一

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ