調査のチカラ TOP > 分類一覧 > デジタル家電 > iPadのビジネス活用の現状とタブレットPCの将来動向

iPadのビジネス活用の現状とタブレットPCの将来動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングiPadのビジネス活用の現状とタブレットPCの将来動向を調査・ iPadのビジネス導入事例(4分野、36事例)について調査医療・薬品7事例、教育・文化施設12事例、サービス業10事例、その他7事例。・ タブレットPCの有望分野は「教育」、「医療」、「営業」2015年の市場規模推定は「教育」53万5千台、「医療」6万3千台、「営業」21万台。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区梅田佳夫社長、以下シード・プラ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

4193_normal

iPadのビジネス活用の現状とタブレットPCの将来動向を調査 http://www.seedplanning.co.jp/press/2010/2010072901.html

2d496ece34cc906ae83e1e9c220fb7d4_normal

RT @chieclip : ●iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向 http://bit.ly/9MB3rP タブレット型PCについて、2015年には「教育分野」で53万5千台、「営業分野... http://bit.ly/9IyHVm #MRiPad #medipad

Chiecliplogo_normal

●iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向 http://bit.ly/9MB3rP タブレット型PCについて、2015年には「教育分野」で53万5千台、「営業分野」で21万台、「医療分野」で6万3千台、の予測。

Nb_2_normal

[Reserch][医療][教育][サービス] タブレットPCのBtoB活用 / 市場調査とコンサルティングのシード・プランニング [ SEED PLANNING ] - プレスリリース http://htn.to/wsYJHU

Facebook____________normal

●iPadのビジネス活用事例と分野別市場動向 http://bit.ly/c8ISE7 タブレット型PCについて、2015年には「教育分野」で53万5 千台、「営業分野」で21万台、「医療分野」で6万3千台、の 予測。

Icon13009748482932_normal

2015年のタブレットPCの市場規模推定は「教育」53万5千台、「医療」6万3千台、「営業」21万台。  http://www.seedplanning.co.jp/press/2010/2010072901.html

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ