調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年10月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内における「FinTech」のIT支出への波及効果に関する調査

国内における「FinTech」のIT支出への波及効果に関する調査結果を発表 国内金融機関では、FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)の取り組みが本格化し、2018年の国内金融機関のFinTech関連IT支出規模は、219億円を予測 その他の産業分野の企業でも、FinTechサービスの本格化に伴ってIT支出が喚起されることから、2018年の国内「FinTechエコスシステム」関連IT支出額は、419億円を予測 今後、国内外の有力企業が提供する金融サービスによって、金融機関のビ

2018年10月16日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―「企業のデジタル投資に関する意思決定でCFOの重要性が増していることが明らかに」

Skip to main content Skip to Footerニュースリリース 2018年アクセンチュアが2018年に発表/配信したニュースリリースを掲載しています。 2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月 We were unable to find a match for \"$searchstring.\" Try searching again by using

2021年までに企業間のプライベート接続は インターネットの10倍のペースで増加

年次市場調査「グローバル・インターコネクション・インデックス...| 年次市場調査「グローバル・インターコネクション・インデックス」 2021年までに企業間のプライベート接続は インターネットの10倍のペースで増加~ 東京は2021年までに世界平均を上回る53%の成長率、 欧米を上回るアジア太平洋の成長率をけん引 ~インターコネクションおよびデータセンターサービスをグローバルに展開するエクイニクス(Nasdaq:EQIX)は、年次市場調査「グローバル・インターコネクション・インデックス」(

システムに関するアンケート調査

システム化を望む理由ダントツ1位は『業務効率化:51.94%』!社員が働きやすい環境づくりをしているかどうかで社運が変わる!?~自社に合った働き方改革で長く続く不動産企業に~ 労働環境の見直しが求められる現代において業務の効率アップに欠かせないのはシステム化 不動産関連ソフトウェア事業を手がける日本情報クリエイト株式会社(代表取締役:米津健一、以下日本情報クリエイト)は、全国20~50代の不動産業に従事している男女654人に「システムに関するアンケート調査」を行い、働き方改革が必要とされる現代社

2018年10月10日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場は4,459億円と予測

2018年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場は4,459億円と予測​~ユーザー投資が本格化し市場は堅調に拡大、勤怠管理・ビジネスコミュニケーション関連商材が伸長​~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のワークスタイル変革ソリューション市場を調査し、製品カテゴリー別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 ワークスタイル変革ソリューション市場規模推移と予測1.市場概況 2017年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場規模(事業者売上高ベース)を前年度

データの消失に関する意識調査

アクロニス、ランサムウェアおよびソーシャルメディアにおけるデータ消失に関する意識調査結果を発表世界的に猛威を振るうランサムウェアに対しての認知度は上がるものの2人に1人はランサムウェアを知らないと回答次世代データ保護におけるグローバルリーダであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 大岩憲三、以下アクロニス)は本日、データ損失の危険性に関する意識調査結果を発表いたしました。 本調査は、2017年8月にアメリカ、イギリ ス、オーストラリア、ドイツ、フランス、スペイン、日本の一

2018年10月1日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

POSターミナル市場に関する調査

2017年度の国内POSターミナル市場は、前年度比152.8%の22万6千台、同157.3%の763億円と急拡大!~2017年度はコンビニエンスストアの大規模な機器の入れ替えが貢献~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度のPOSターミナル市場の調査を実施し、リテールソリューション動向やPOSシステム関連事業者の戦略、市場の将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内のPOSターミナル市場規模(メーカー出荷ベース)は、前年度比152.8%の226,008台

2018年9月28日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となる

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となるーキャップジェミニの最新調査レポートより 新しい調査レポートの所見:1. 没入型技術は、企業の効率性、生産性、安全性を向上させる2. 完全な「仮想」よりむしろ「拡張」現実がビジネスオペレーションをリードする【2018年9月6日:パリ発】キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートは、新しくリリースしたレポートで、「企業は拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を活用して、ビジネスオペレーションを強化している」ことを明らか

2018年9月27日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

POSターミナル市場に関する調査

2017年度の国内POSターミナル市場は、前年度比152.8%の22万6千台、同157.3%の763億円と急拡大!~2017年度はコンビニエンスストアの大規模な機器の入れ替えが貢献~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度のPOSターミナル市場の調査を実施し、リテールソリューション動向やPOSシステム関連事業者の戦略、市場の将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内のPOSターミナル市場規模(メーカー出荷ベース)は、前年度比152.8%の226,008台

2018年9月26日DOMO★★フィードバック数:0企業情報システム

7割以上の経営層が自社のデータ環境に「落第点」

ニュース7割以上の経営層が自社のデータ環境に「落第点」 90%が改善の必要性を感じ、改善により生産性向上や売上拡大に期待〜Domoとダイヤモンド社によるデータ活用の実態調査結果より〜 ドーモ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川崎友和、以下ドーモ)は本日、経営者や企業幹部(以下経営層)を対象に実施した「経営層のデータ活用の実態に関するアンケート」(以下本調査)の調査結果を発表しました。本調査結果では、経営層の90% が自社のデータ活用環境に改善の必要性を感じており、7割以上が現状のデータ環

2018年9月4日トムソン・ロイターフィードバック数:0企業情報システム

クラウドがIT予算に占める割合、2019年に46%へと高まる見通し

トムソン・ロイターのウェブサイトでは、お客様のオンライン・エクスペリエンス改善のために Cookie を利用しています。本ウェブサイトにアクセスすると、お客様のコンピューター上に Cookie が保存されます。Cookie の設定は、ブラウザーから変更することができます。 クラウドがIT予算に占める割合、2019年に46%へと高まる見通しアジア金融企業の取り組み強化の意向、トムソン・ロイターの最新調査で判明 マーケットデータの大部分がクラウドで1年以内に必要に金融企業による

2018年8月21日NEXERフィードバック数:0企業情報システム

【NASの導入、決め手はコスト】NASの導入・使用に関するアンケート

【NASの導入、決め手はコスト】NASの導入・使用に関するアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo NAS」の正規販売代理店であるテックウインド株式会社と共同で「NASに関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。NASに関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo

2018年8月15日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向2018年度版

音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向2018年度版音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向2018年度版【発 刊】2018年7月18日 【資料体裁・価格】[1]A4版209頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]PDF版+ハードコピー版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピ

2018年8月14日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ディープラーニングAIを活用した画像認識ソリューション市場の中期予測

AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】~検品・検査、マーケティング、測定・観察・探索、物品管理・セキュリティの市場展望~【発 刊】2018年7月20日 【資料体裁・価格】[1]A4版400頁(ハードコピー版) 価格158,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格191,000円[3]CD-ROM版 価格316,000円[4]セット版(CD-ROM+

2018年8月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場予測を発表

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア 市場予測を発表 2017年 国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場規模は2,517億7,600万円、前年比成長率9.4%の高成長 データウェアハウスなどのプラットフォーム分野から、CRMなどのアプリケーション分野までパブリッククラウドサービスの利用が急速に拡大 企業はハイレベルなDXの取組みを実現するため、BDAソフトウェアをITの中核として活用する。市場規模は年間平均成長率8.6%で成長し、2022年に3,800億2,40

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果

2018年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る パブリッククラウドや外部データセンターを利用した大企業は3割を超える デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業が半数を超え、大企業を中心に金融と情報サービスの取り組みが先行 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIOや情報システム部門長またはそ

2018年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表 2017年 国内ITサービス市場のトップ5は、富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM 上位7社の占めるシェアが徐々に縮小、特にトップ5の占める比率が減少傾向 アクセンチュアが大手ITサービスベンダーの売上額成長率で3年連続の1位 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年の国内I

2018年8月2日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える

消費者はAIを受け入れ始め、より人間に近いAI経験を提供する企業に応える キャップジェミニの最新調査レポート 消費者は、企業との関わりにおいてはAIと人とを組み合わせた方法を好むが、AIそのものについては、より人間に近い特性を備えることを望んでいます 【2018年7月9日:パリ発】キャップジェミニのデジタル・トランスフォーメーション・インスティテュートは、新しくリリースしたレポートで、「人工知能(AI)は消費者にとってもはや無縁のものではない。消費者のほぼ3/4(73%)はAIを介したインタラク

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値

2018年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2018年第1四半期国内タブレット市場出荷台数は前年同期比3.1%減の216万台 家庭市場向け出荷台数は166万台(前年同期比4.2%減)、ビジネス市場向けは50万台(同1.0%増) 家庭市場では、通信事業者向け出荷がマイナス成長となる一方、ビジネス市場では金融関連での買い替え向け出荷が底支え IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測

国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表 縮小均衡が見込まれる国内サーバー市場だが、システムタイプ別 配備モデル別に見ると成長セグメントがある 成長セグメントは、「SoR on Cloud」「SoE/SoI on Cloud」「Other on Cloud」 サーバーベンダーは、成長セグメントの特性と注力ポイントを理解し、自社およびエコシステムでカバーできる領域を見極め、具体的な戦略へと落とし込むことが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

国内クライアント仮想化関連市場予測を発表 国内クライアント仮想化ソリューション市場は2022年に9,415億円まで拡大 2022年までに、クライアント仮想化 利用ユーザー数は854万人まで拡大 クライアント仮想化サービス(Desktop as a Service)は2022年まで、年間平均成長率 25.2%で推移、Desktop as a Serviceの中ではプライベートクラウドDesktop as a Serviceが主流となる IT専門調査会社 IDC Ja

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表

2018年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表 2018年第1四半期の市場規模は1,274億円、前年同期比マイナス成長 x86サーバーの出荷額は、5四半期連続で前年同期比プラス成長 ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第1四半期(1月~3月)の国内サーバー

2018年7月11日ジーユー★★フィードバック数:0企業情報システム

ファッションアイテム購入時における情報源および購入経路に関する実態調査

ファッションアイテム購入時における情報源および購入経路に関する実態調査

2018年6月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2018年の国内IT市場は、スマートフォンなどにおいて需要拡大が見込まれることから、支出規模は17兆5,158億円となり、前年比成長率4.3%とプラス成長を予測。2019年まで堅調な推移を見込む。 2018年は全産業分野でプラス成長を予測。複数の産業分野で2~4%台の高い成長率を見込む。 好調な経済状況をIT投資拡大のチャンスと捉え、業務効率化と事業拡大に向け、新技術を生かしたソリューションを積極的に提案することが、ITサプライヤー

2018年6月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2018年第1四半期 国内トラディショナルPC総出荷台数は、前年同期比0.1%減、313万台 法人市場は同比6.0%増、205万台、家庭市場は同比9.9%減、108万台 台数シェアは、NEC レノボグループと富士通が不動の1位と2位で、3位は僅差で日本HP IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2018年6月8日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

紙器分野におけるデジタル印刷の活用状況に関する法人アンケート調査

デジタル印刷機を導入している紙器事業者の割合は約25%ただ、サンプル・校正用途での稼動が多く、紙器以外の品目を印刷する事業者も 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、全国の紙器事業者及びその他関連企業を調査し、紙器分野におけるデジタル印刷の実態と今後の方向性を明らかにした。 紙器事業者のデジタル印刷機導入の有無、未導入事業者における導入意向について1.調査結果概要 紙器分野におけるデジタル印刷に関する事業者の関心を明らかにすべく、全国の紙器事業者に対してアンケート調査(有効回答

2018年6月8日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2019年までに、ビジネス・ユーザーがセルフサービス・ツールを用いて生成する情報分析の量は、専任のデータ・サイエンティストが生成するものを凌駕するとの見解を発表

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、2019年までに、ビジネス・ユーザーがセルフサービス・ツールを用いて生成する情報分析の量は、専任のデータ・サイエンティストが生成するものを 凌駕するとの見解を発表 参考資料【海外発プレスリリース】本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2018年5月31日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2019年までに、ビジネ

2018年6月7日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

インド、米国、英国の旺盛な投資により、2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに――アクセンチュア最新調査

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月29日インド、米国、英国の旺盛な投資により、2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに――アクセンチュア最新調査フィンテック投資は2010年から増加を続け、累計1,000億ドルに達する勢いアクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2017年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、米国、英国、インドのスタートアップ企業への旺盛な投資にけん引され

2018年6月5日NEXERフィードバック数:0企業情報システム

【まだまだ低い、NASの知名度】NASに関するアンケート

【まだまだ低い、NASの知名度】NASに関するアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo NAS」の正規販売代理店であるテックウインド株式会社と共同で「NASに関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。NASに関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo NAS」の正

2018年6月4日日本マイクロソフト★★フィードバック数:0企業情報システム

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月16日アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明一方、”つながる工場”の実現はサイバーセキュリティのリスクを伴うおそれもアクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、化学プラントの操業におけるデジタル技術の活用はいまだ初期段階にあるものの、業務管理や財務面でのメリットに対する理解が広がる中、導入に向けた取り組み自

2018年5月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月22日アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明製造業界におけるAI活用の課題はデータ品質とセキュリティ【ドイツ・ハノーバー発:2018年4月25日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査レポートによると、大半のメーカーが、自社の製品やサービスの質を向上させるために、人工知能(AI)の活用に取り組んでいることが分か

2018年5月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果を発表 2018年LOB(Line of Business、事業部門)によるIT支出は4兆8,793億円、2016年~2021年の年間平均成長率は4.0%を見込み、IT部門による支出の年間平均成長率1.5%を上回る 国内IT市場全体に占めるLOB支出は約4割で推移し、増加する傾向にある LOB支出の成長率が高い産業は金融、製造、運輸、公共/公益、建設/土木 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(

2018年5月18日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月9日アクセンチュア最新調査――保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、保険会社はビジネスモデルの見直し、事業の変革と活性化に前向きに取り組むことにより、今後5年間で3,750億ドルの増収が世界全体で見込めると試算しました。アクセンチュアが世界の保険会社を対象に実施した最新調査「Ins

2018年5月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

監視カメラ世界市場は2018年に5,700万台を予測

監視カメラ世界市場は2018年に5,700万台を予測 中国企業は世界市場全体の半数以上を占め、日米欧韓の主要企業は対抗策を講じる 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は監視カメラ/モニタリング用カメラの世界市場を地域別(日本/欧州/北米/中国/アジア/中近東その他)に調査し、主要カメラメーカーの動向やIP化、HD化、リモートメンテナンス、クラウドカメラサービスなどの次世代動向を踏まえ、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の監視カメラの世界総市場規模は、メーカー出荷台数ベ

2018年5月18日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ミック経済研究所、「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の中期予測を発表

「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】~柔軟な働き方に対応することで業務効率の向上、人材確保に貢献~【発 刊】2018年4月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版146頁(ハードコピー版) 価格158,000円[2]PDF版+ハードコピー版 価格191,000円[3]CD-ROM版 価格316,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格449,260円

2018年5月15日ファナティック★フィードバック数:0企業情報システム

Windows Server 2008のサポート終了にともなう、 業務システムの更新計画に関する意識調査

〈受付時間〉9:00〜18:00土日・祝日・年末年始除く 〈受付時間〉9:00〜18:00 土日・祝日・年末年始休業日を除く ホーム最新ニュース[Windows Server 2008のサポート終了にともなう、 業務システムの更新計画に関する意識調査] ~ 最新バージョンへの移行準備が進められているようだが、 同時調査のWindows Server 2003利用実態から、世代交代の難しさが浮き彫りに~[Windows Server 2008のサポート終了にともなう、 業務システムの

2018年5月15日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

太陽光発電分野の新市場として立ち上がる太陽光発電所セカンダリー市場

太陽光発電分野の新市場として立ち上がる太陽光発電所セカンダリー市場 ~新電力や投資家の関心が高まり、2018年度の市場規模は450MWに達すると予測~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の国内の太陽光発電所セカンダリー市場を調査し、主要プレイヤーの動向やサービス開発の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 日本国内の太陽光発電所は、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取)制度による売電価格の低下や運営に適した土地の減少などにより新設の動きが鈍化している。し

2018年5月15日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

2016年度のメディカルバイオニクス(人工臓器)市場規模は前年度比1.3%増の6,323億9,600万円

2016年度のメディカルバイオニクス(人工臓器)市場規模は前年度比1.3%増の6,323億9,600万円 株式会社⽮野経済研究所(代表取締役社⻑:⽔越 孝)では、メディカルバイオニクス(人工臓器)市場について調査を実施し、製品別市場規模推移、今後の成長要因、市場特性などの分析を行った。 メディカルバイオニクス(人工臓器)主要科別市場規模推移1.市場概況2016年度のメディカルバイオニクス(人工臓器)市場規模は、前年度比1.3%増の6,323億9,600万円であった。​胸部・心臓血管外科分野では

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加[2018年5月7日]Microsoft Asia News Centerマイクロソフトは、アジア太平洋地域の製造業はデジタルトランスフォーメーションを推進することで、年

2018年5月14日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内eラーニング市場調査

拡大を続けるeラーニング市場 ~堅調推移を継続するBtoB市場、提供形態の多様化が進むBtoC市場~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)では、国内eラーニング市場について調査を実施し、BtoB、BtoC各市場の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内eラーニング市場規模は、前年度比13.2%増の2,000億円を見込む。内訳は法人向け(企業・団体内個人を含む)のBtoB市場規模が同3.9%増の620億円、個人向けのBtoC市場規模が同17.9%

仮想通貨取引に関する調査

トムソン・ロイターのウェブサイトでは、お客様のオンライン・エクスペリエンス改善のために Cookie を利用しています。本ウェブサイトにアクセスすると、お客様のコンピューター上に Cookie が保存されます。Cookie の設定は、ブラウザーから変更することができます。 日本 プレスリリース トムソン・ロイターが仮想通貨取引に関する調査を実施 5社中1社が2018年中の取引を検討 トムソン・ロイターが仮想通貨取引に関する調査を実施 5社中1社が2018年

2018年4月26日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジ人材のスキルに関する調査結果

2018年4月24日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、テクノロジ人材のスキルに関する調査結果を発表「リーダーシップ」が5年以上連続で最も改善したいスキルに『ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション・マネジメント&データセンター サミット 2018』(4月25〜27日、八芳園) において、知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本のテクノロジ人材のスキルについて調査結果を発表しました。ガートナーは、日本国内におけ

2022年までに世界で商用ドローンの50%以上が自動運転化へ

2022年までに世界で商用ドローンの50%以上が自動運転化へドローンの進化が新たな市場機会を生み出す一方で、市場拡大には法規制の整備が急務フロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年4月19日商用ドローン(無人航空機システム)市場は、人による操作が不要な自動運転ドローンや、長時間の飛行が可能なエンジンと発電機を搭載したハイブリッドドローンといったイノベーションの誕生によって、堅調な成長が今後見込まれています。フロスト&サリバンのリサーチ「商用ドローン(無人航空機システム):20

2018年4月16日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに

CA Technologiesの調査で、AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに ~日本ではAgile活用によるビジネス成長の意識が世界に比べ遅れているという結果に~ CA Technologiesは本日、日本を含む世界15カ国1,279人のIT上級管理者・経営者を対象に実施された「経営幹部への意識調査」(企業のリーダーシップや、最先端のソフトウェア・ツールや手法の導入が収益にどう関係するかを明らかにした調査)の結果を発表しました。 CA Technol

2018年4月16日インプレスフィードバック数:0企業情報システム

2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円検査、農業分野が牽引し2024年度は3,711億円規模へと成長『ドローンビジネス調査報告書2018』

2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円 検査、農業分野が牽引し2024年度は3,711億円規模へと成長 『ドローンビジネス調査報告書2018』3月26日より出荷開始 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向を調査し、ドローンビジネスに関する調査結果を発表いたします。なお、本調査結果をまとめた『ドローンビジ

2018年4月16日IPAフィードバック数:0企業情報システム

ITサプライチェーンの業務委託におけるセキュリティインシデント及びマネジメントに関する調査

HOME情報セキュリティ「ITサプライチェーンの業務委託におけるセキュリティインシデント及びマネジメントに関する調査」報告書について 「ITサプライチェーンの業務委託におけるセキュリティインシデント及びマネジメントに関する調査」報告書について 掲載日 2018年3月26日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 近年、ウイルス感染や不正アクセスなどにより、ウェブサイトの運営委託先から大量の個人情報が漏洩した、というような報道を目にすることは珍しいものではなくなりました。このよう

2018年4月12日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより目に見える形でビジネスの破壊的変化を経験する」との見解

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより 目に見える形でビジネスの破壊的変化を経験する」との見解を発表 参考資料【海外発プレスリリース】本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2018年4月9日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより目

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ