調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

センサーネットワークシステム数を予測(2016年)

2016年07月15日 センサーネットワークシステム数を予測(2016年) ~IoTに牽引されたセンサーネットワークシステム設置数の拡大を予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内のセンサーネットワークの市場調査を実施した。1.調査期間:2015年9月~2016年6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用<センサーネッ

2016年7月25日帝国データバンク★フィードバック数:0企業情報システム

事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査

2016年7月14日事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査 BCP策定、企業の15.5%にとどまる 〜 半数超の企業が「地震」を意識、大規模地震の想定地域で高く 〜 近年、地震や台風・豪雨などの自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合の企業活動への影響を想定し、企業活動を休止することなく、あるいは早期復旧させるなどして事業を継続させるため、予め防災・減災対策、災害発生時や発生後の対応措置などに対する重要性が高まっている。そこで、帝国データバンクは、事業継続計画(BCP)に

2016年7月23日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

農業IT化の市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業IT化の市場予測 農業IT化の市場規模は、● 2020年に732億円強と予測→ 2015年比約4.5倍の成長(2015年の市場規模は165億円と推定)● なかでも農業クラウドサービスが大きく進展→ 2015年比約7.5倍の伸びとなり、農業IT化市場の48%を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業IT化の現状と将来展望に関する調査を実施し、このほど

第2回超高速開発ツール 伸び率調査

「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表~前回調査と比較し、ライセンス出荷数234%、導入企業数が167%の伸び~ 国内で超高速開発に取り組むユーザー企業とSIer、ツールベンダーが集う「超高速開発コミュニティ」(会長 関 隆明)は2016年7月12日(火)、「超高速開発ツールの伸び率調査 2016 年版」を公開しました。この調査から、4年前と比較した今年の伸び率はライセン

2016年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内CRM市場予測

2015年の国内CRM市場は、前年比8.9%増、800億8,900万円。セールス/マーケティングアプリケーションが成長をけん引 2016年以降はデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行により、2015年~2020年の年間平均成長率5.3%、2020年の市場規模は1,039億2,300万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、個別製品/サービスの訴求から顧客データ活用の全社展開訴求への転換、データエコノミーへの参入などが必要 IT専門調査会社 IDC Jap

2016年7月19日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年4月11日から5月12日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する読者調査」を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題などが明らかとなった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員のサーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入、検討、業務利用の状況について調査するた

2016年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2016年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る IT予算の拡大傾向が強い産業分野は、金融と通信/メディア 「セキュリティ」はIT投資領域においてもIT部門の課題においても第1位 IT部門が管理しないIT予算は過半数の企業にあり、営業/販売部門が持つ企業が多い IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIO

2016年7月12日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

SCMの導入状況(2016年・前編)

SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・前編  キーマンズネットでは、2016年5月12日〜30日にかけて「SCMの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:368)。回答者の顔ぶれは、業種別では「IT製品関連・ITサービス業」が38.9%、「電気・電子・OA」が10.3%、それら以外の業種が50.8%、企業規模別では大企業が39.9%、中堅企業が38.3%、中・小企業が21.7%という構成比であった。今回は、サプライチェーン管理システム(SCM)の導入状況について聞いた調査

2016年7月11日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業におけるストレージ形態の選択と機能ニーズに関する動向予測

2016年 中堅・中小企業におけるストレージ形態の選択と機能ニーズに関する動向予測

2016年7月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェア

2015年 国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場では、富士通、日立、NECがトップ3 2015年 国内クライアント仮想化サービス市場では、NTTデータ、富士通、NSSOLがトップ3 2015年 国内モバイル仮想化ソリューション市場では、富士通、e-Janネットワークス、NTTアイティがトップ3 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内

2016年7月9日PERSPECTIVESフィードバック数:0企業情報システム海外

Trust in cloud technology and business performance

Trust in cloud technology and business performance: Reaping benefits from the cloudExtensive cloud services for corporate use are still in their infancy, as they are only ten years old. In 2011 a global State of the Cloud Survey found that fewer than

2016年7月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場予測

国内外付型エンタープライズストレージ市場予測を発表 国内外付型エンタープライズストレージシステム市場、2015年は前年比7.4%増 仮想化やクラウド向け、オールフラッシュアレイで高成長が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の2015 年の実績と2020年までの予測を発表しました。2015年の国内

2016年7月8日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は14兆5,683億円、前年比成長率マイナス0.4%を予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年の市場規模は15兆2,413億円を予測 予測期間前半は、大型案件が継続する銀行とオムニチャネル関連の投資が進む小売がけん引 東京オリンピック/パラリンピックに向けて、第3のプラットフォームを活用した社会インフラ整備が進み、2019年をピークに多くの産業分野で堅調なIT投資を予測

2016年7月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

国内クライアント仮想化関連市場予測を発表 国内クライアント仮想化ソリューション市場は2020年、6,611億円に拡大 クライアント仮想化第4世代はワークスペースが主流となる 2020年、法人向けクライアント端末の仮想化率は42.3%まで拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化関連市場の2016年~2020年の予測を発表しまし

2016年7月4日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業における「3つのプライベートクラウド形態」に関する調査

2016年 中堅・中小企業における「3つのプライベートクラウド形態」に関する調査

2016年7月4日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業におけるサーバ管理のツールやソリューションに関する調査

2016年中堅・中小企業におけるサーバ管理のツールやソリューションに関する調査

2016年7月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は、14兆5,683億円、前年比成長率マイナス0.4%を予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年のIT市場規模は15兆2,413億円を予測 企業分野における2016年は、小規模企業以外でプラス成長に転じる。特に大企業では銀行、小売、公共/公益分野が堅調、前年比成長率1.3%を予測 2017年以降2019年をピークに各企業規模でプラス成長を維持すると予測 IT

2016年7月4日SAS★★フィードバック数:0企業情報システム

変化する企業のBI活用の現状と課題:セルフサービス環境をビジネス変革につなげる要件とは

セルフサービスBIが業績向上に貢献、一方ユーザー部門とIT部門の意識ギャップも明らかに~国内調査で判明:25.5%の調査対象者がBIにおいてアナリティクスの活用を予定~ SAS Institute Japan株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)は、最近の国内の利用調査で明らかになったセルフサービスBIの利点と課題に対して、「SAS® Visual Analytics」の提案活動を強化することを発表します。企業においてビッグデータの活用が進んでいる現在、データに

2016年6月30日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年5月分)

公告組織に関する情報事業に関する情報財務に関する情報関連組織・関係団体会員一覧プレスリリース統計資料JEITAからのお知らせ部会・委員会情報JEITA関連組織情報関係官庁・団体等からのお知らせ刊行物日本の電子工業の生産・輸出・輸入民生用電子機器国内出荷統計地上デジタルテレビ放送受信機国内出荷実績パーソナルコンピュータ国内出荷実績タブレット端末国内出荷実績コンピュータおよび関連装置出荷統計産業用電子機器受注統計移動電話国内出荷統計受信システム機器国内出荷実績電子部品グローバル出荷統計電子材料生産実

2016年6月29日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

社内SNS、ビジネスチャット、オンラインストレージの導入状況(2016年)・前編

社内SNS、チャット、オンラインストレージの導入状況・前編  キーマンズネットでは、2016年3月28日〜4月15日にかけて「社内SNS、ビジネスチャットツール、オンラインストレージの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:308名)。回答者の顔ぶれは、営業部門が全体の52.3%、情報システム部門が27.5%、全社・事業部スタッフ部門が20.3%、製造・関連部門が19.8%という構成比であった。今回の前編では、「社内SNS」と「ビジネスチャットツール」の導入状況に焦点を当て、その実

2016年6月27日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2016年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX コクヨの@office(あっとオフィス)が総合満足度第1位 2016年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査コクヨの@office(あっとオフィス)が総合満足度第1位 報道用資料 多くの通販サービスでコールセンターの「サポート対応」評価が昨年から低下@office(あっとオフィス)が総合満足度第1

2016年6月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第1四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2016年第1四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2016年第1四半期のインクジェット製品総出荷台数は前年同期比5.9%減 出荷台数減少が続く中、国内初の大容量インクタンク製品、1万台出荷 ベンダー別シェア第1位はエプソン。キヤノン、ブラザー工業が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェットプリンターおよびM

2016年6月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第1四半期 国内レーザーMFP/プリンター市場動向

2016年第1四半期 国内レーザーMFP/プリンター市場動向を発表 レーザー全体の2016年第1四半期の総出荷台数は44万台、前年同期比11.0%減 レーザーMFP出荷台数は22万2,000台、前年同期比1.5%増 レーザープリンター出荷台数は21万8,000台、前年同期比20.9%減 ベンダー別シェアは第1位キヤノン、第2位リコー、第3位富士ゼロックス IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人

2016年6月24日TOP500.orgフィードバック数:0企業情報システム

New Chinese Supercomputer Named World’s Fastest System on Latest TOP500 List

New Chinese Supercomputer Named World’s Fastest System on Latest TOP500 List June 20, 2016, 4:01 a.m. System achieves 93 petaflop/s running LINPACK on Chinese-designed CPUsChina draws Equal to the U.S . in Overall InstallationsFRANKFURT, Germany; BE

2016年6月23日リクルートフィードバック数:0企業情報システム

「2016年おすすめプログラミング言語」ランキング

「2016年おすすめプログラミング言語」ランキング

2016年6月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場予測

国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場予測を発表 2016年の市場規模は、前年比2.3%減の7,921億円と予測 2015年~2020年の年間平均成長率はマイナス2.9%、2020年の市場規模を7,001億円と予測 トラディショナルITインフラストラクチャ事業では優良顧客との戦略的関係の構築が重要に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国

2016年6月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2015年 国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場実績

2015年 国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場実績を発表 2015年の出荷額は、前年比8.5%増の7,500億円規模に すべてのコンポーネントがプラス成長を達成、第3のプラットフォームへのシフトを背景にイーサネットスイッチが特に高成長 出荷額シェアは、富士通が1位、次いでNEC、HP Enterprise IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-476

2016年6月16日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業におけるサーバ調達先選定の動向予測

2016年中堅・中小企業におけるサーバ調達先選定の動向予測

2016年6月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場予測

国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場予測を発表 2015年 国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場規模は947億7,600万円、前年比32.3%増の高成長 新規のプロジェクトではパブリッククラウドサービスの利用が急速に伸張。今後も市場での存在感を増す DXの基盤として新たなビジネスの基盤として活用が広がり、市場規模は年間平均成長率25.0%で拡大、2020年に2,889億円に達すると予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代

2016年6月13日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業におけるハイパーコンバージドインフラの導入意向

2016年 中堅・中小企業におけるハイパーコンバージドインフラの導入意向

2016年6月12日App Annieフィードバック数:0企業情報システム

今後5年間のアプリ市場予測データ

新製品『Forecast Intelligence』でアプリ市場の将来を予測。市場規模データなどを提供。App Annieは2月、当社初のアプリ市場予測を出し、2020年までの市場規模の推移などのデータを発表しました。これは、先進的なデータサイエンス、アプリ市場への深い知見、そしてApp Annie Intelligenceのデータにより、アプリ市場の見通しをかなり精度で実現したものでした。この予測は、私たちが友人と会話、何か出来事やコンテンツをシェアしたり、買い物をしたり、映画を見たり、いかに

“Cloud is Critical to Digital Transformation in the Asia Pacific Financial Sector”(アジア太平洋の金融セクターのデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠)

アジア太平洋地域の金融セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠、規制の正しい理解が重要課題[2016年6月9日]アジア太平洋地域の大手金融機関が、当局規制をパブリッククラウドの取り組みを推進するための要因として活用Forrester Consultingの調査によれば、アジア太平洋地域の金融機関は、機敏性の向上や効率の改善、およびデジタルトランスフォーメーションの導入という強いプレッシャーを感じています。しかし、クラウドコンピューティングを全面的に活用するためのクラウ

2016年6月10日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

企業における情報システムのログ管理に関する実態調査

「企業における情報システムのログ管理に関する実態調査」報告書について 掲載日 2016年6月9日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 標的型攻撃などのサイバー攻撃や、内部不正による情報漏えい等の情報セキュリティインシデントが発生した時の事実調査では、情報システムのログからその痕跡・証拠を得ることが重要であり、さらには早期発見や抑止の観点からも情報システムのログ管理は必要不可欠です。一方で、その管理手法は中小企業(*)を含め広く知られているとは言い難い状況です。本調査では、企

2016年6月9日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

@IT読者調査に見る、ソフトウェアレビューの“現実”

今あらためて問われる、ソフトウェア開発の「スピードと品質」 ほとんどのビジネスをITが支えている今、企業におけるソフトウェアの重要性は年々増している。特に昨今のIoT、FinTechトレンドでも顕著なように、利便性の高いITサービスを開発・リリースする「スピード」が、差別化の一大要件となっている。 これに伴い、「品質」にも一層高いレベルが求められている。いかにスピーディに新しいサービスを開発しようと、機能やセキュリティ面などに問題があれば、そのスピードでビジネスを棄損し、収益低下、社会的信頼の失

2016年6月9日アバナード★フィードバック数:0企業情報システム

グローバル調査:カスタマーエクスペリエンス管理に投資する企業は11%の収益増加を見込んでいることが判明

グローバル調査:カスタマーエクスペリエンス管理に投資する企業...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > グローバル調査:カスタマーエクスペリエンス管理に投資する企業は11%の収益増加を...グローバル調査:カスタマーエクスペリエンス管理に投資する企業は11%の収益増加を見込んでいることが判明 アバナード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下アバナード)と、サイトコア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:酒井 秀樹

2016年6月8日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業におけるIaaS/ホスティング導入の動向予測

2016年 中堅・中小企業におけるIaaS/ホスティング導入の動向予測

2016年6月8日楽天フィードバック数:0企業情報システム

2017年卒 IT業界 新卒就職人気企業ランキング(総合ランキング)

就活日記 > 2017年卒 IT業界 新卒就職人気企業ランキング(総合ランキング)2017年3月卒業予定の学生を対象に調査した『2017年卒 IT業界 新卒就職人気企業ランキング』を発表します。 この人気企業ランキング調査の最大の特徴は、表面的な「好き・嫌い」の人気度を測るのではなく、5つの観点「仕事の魅力」「会社の魅力」「雇用の魅力」「社会的責任の魅力」「採用活動の魅力」から人気度をはかっていることです。企業選びの参考にして下さい。総合ランキング 1〜10位総合ランキング 11〜130位総合ラ

2016年6月4日VSNフィードバック数:0企業情報システム

エンジニアに関する実態調査

 2016年6月2日株式会社VSN エンジニアに関する実態調査エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、全国の“1年以内に業務でエンジニアのマネジメントを行ったことがあるビジネスパーソン”を対象に、「エンジニアに関する実態調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ、調査期間は2016年5月23日(月)~5月24日(火)、計1,104名から回答を得ました。 TOPICSエンジニアの人材不足実際に感じているのは73.3%技術力に+α

2016年6月2日Appier★フィードバック数:0企業情報システム

アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)

AI企業「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)」の結果を発表 2016年6月1日 AI企業「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)」の結果を発表 6月1日 Appier,Inc「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)」の結果を発表AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、この度、2015年

2016年5月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内中堅中小企業IT市場予測

2016年の国内中堅中小企業(従業員規模:999人以下)IT市場は、円高などにより国内経済が不透明となっていることから、横ばいを見込む 2017年以降、国内中堅中小企業IT市場は、国内経済の活性化によりプラス成長を予測しているが、2020年にはマイナス成長へと減速を見込む 中長期的に国内中堅中小企業IT市場を成長させるためには、業績拡大など戦略的な目的のIT支出を促進させる施策がITベンダーに求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代

2016年5月21日Backblazeフィードバック数:0企業情報システム海外

One Billion Drive Hours and Counting: Q1 2016 Hard Drive Stats

One Billion Drive Hours and Counting: Q1 2016 Hard Drive StatsFor Q1 2016 we are reporting on 61,590 operational hard drives used to store encrypted customer data in our data center. There are 9.5% more hard drives in this review versus our last revi

2016年5月21日Nimble Storageフィードバック数:0企業情報システム

Mind the Gap:アプリケーションの遅延が企業の業績に与える影響

ニンブル ストレージ、データとアプリケーションの間に生じるアプリケーション遅延による経済損失は年間75億ドルストレージ インフラの高速化だけでは問題解決できない 企業の重要データを保護するフラッシュ ストレージ ソリューション カンパニーであるニンブル ストレージ:、以下)は、英と共同でグローバルな調査を実施し、アプリケーションへのデータ提供や更新の遅れ「ギャップ」が、著しい生産性低下や経済的損失の原因となり、企業の業績にまで影響を及ぼす事実が明らかになったことを発表しました。また、が件以上の「

2016年5月21日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

Quarterly Report2016年 春版 2016年春の中堅・中小企業のIT投資指標

Quarterly Report2016年 春版 2016年春の中堅・中小企業のIT投資指標

2016年5月19日#N/Aフィードバック数:0企業情報システム海外

デジタル変革のパワーの解放:ITをレガシーの制約から自由に(Unlocking the Power of Digital Transformation: Freeing IT from Legacy Constraints)

デジタル変革のパワーの解放:ITをレガシーの制約から自由に(Unlocking the Power of Digital Transformation: Freeing IT from Legacy Constraints)

2016年5月16日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業におけるOpenStackの導入状況に関するユーザー調査

国内企業におけるOpenStackの導入状況に関するユーザー調査結果を発表 サーバー仮想化実施企業の7.0%がOpenStackを本番環境で使用、ICT企業では40%近くが導入に向けて取り組んでいる OpenStackは関心/勉強から具体的な導入を計画/検討するフェーズへ移行 クラウドの迅速な構築と運用効率化に対する期待が高い 最大の課題はOpenStackエンジニア不足、年2回のバージョンアップへの対応に不安も IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所

インダストリー4.0: デジタルエンタープライズの構築

PwC、企業のインダストリー4.0に向けた投資額は 年間9,000億米ドル超、2020年まで続くと発表 *本プレスリリースは、2016年4 月13日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。 PwCのグローバル調査によると、製造業各社はインダストリー4.0への対応により、コスト削減、効率性向上、利益拡大など大きなメリットを得られると期待しています。半数以上の企業が2年以内に投資額を回収できると予測する一方で、最大の課題は専門技術者の

2016年5月16日あとらす二十一★フィードバック数:0企業情報システム

国内主要企業サイトの65%がマルチデバイスに対応

2016年5月10日国内主要企業サイトの65%がマルチデバイスに対応2015年5月の前回調査と同様に日経225に選定されている国内主要企業の公式サイトについて、マルチデバイス対応状況を当社が独自に調査しました。その結果、マルチデバイス対応は12ポイント増加し7割に近づいたことがわかりました。世界主要企業と比較すると、マルチデバイス対応率は大差ないものの、対応方法の内訳は前回同様にスマートフォン専用サイトが多く、レスポンシブデザインが圧倒的に多い世界主要企業とは異なっていることがわかりました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ