調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

ERP市場動向に関する調査を実施(2016年)

2016年08月22日 ERP市場動向に関する調査を実施(2016年) ~競争力のある経営基盤の構築ニーズがERPパッケージライセンス市場を支える~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、国内のERPパッケージライセンス市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年4月~7月2.調査対象:ERPパッケージベンダー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談<ERPパッケージとは>ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージとは、財務会計、人事給与、販売管理

2016年8月23日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

産業用PC市場の現状と展望【2016年版】

産業用PC市場の現状と展望【2016年版】〜用途が多様化し、製造業分野だけでなく非製造業分野でも拡大中〜 ※価格は消費税を含みません。※ご購入頂いた場合、請求書を資料と一緒に送付致しますので、後日資料内容をご確認の上、お振込下さい。■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。【問い合わせ先】担当: 井辺(インベ)(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991) 産業用、民生用(事務用も含む)PC全体の市場は、タブレット端末の普及により出荷台数は減少傾向にありますが、産業用

2016年8月18日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内製品別IT市場予測

2016年 国内IT市場規模は、14兆7,973億円、前年比成長率0.2% 2016年 国内ハードウェア市場規模は、6兆3,538億円、前年比成長率マイナス3.1% 2016年 国内ITサービス市場規模は、5兆5,003億円、前年比成長率2.1% 2016年 国内パッケージソフトウェア市場規模は、2兆9,432億円、前年比成長率4.4% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3

2016年8月16日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

IT アウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)

2016年08月09日 ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年) ~クラウドの普及によりサービスの多様化が進み、顧客の自由な選択が可能に~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のITアウトソーシングサービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年5月~7月2. 調査対象:コンピューターメーカー、システムインテグレーター(SIer)、データセンター専業者等のITアウトソーシングサービス提供事業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメー

2016年8月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業情報システム部門の変化に関する調査

~第3のプラットフォームへの対応が進む~国内企業情報システム部門の変化に関する調査結果を発表 競争力強化や業務プロセス改革などを目的とした「戦略的IT投資」を推進する専任組織を設置する企業は70%を超え、その中でも、情報システム部門内に設置する企業が45%に上る 戦略的IT投資をすでに実施/実施予定の企業では、情報システム部門は拡大傾向にあるが、IT予算の不足、IT戦略の方向性が不明確、情報システム部門の人材不足などが課題となっている IT専門調査会社 IDC J

2016年8月14日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

ITモダナイゼーションソリューションの市場動向 2016年版

ITモダナイゼーションソリューションの市場動向 2016年版〜 マーケティング資料として業界初企画 〜 ※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。※送料は弊社持ちになります。お振込

2016年8月14日FireEyeフィードバック数:0企業情報システム

産業用制御システムの脆弱性に関する調査レポート

In the past several years, a flood of vulnerabilities has hit industrial control systems (ICS) – the technological backbone of electric grids, water supplies, and production lines. These vulnerabilities affect the reliable operation of sensors, progr

2016年8月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システム管理ソフトウェア市場予測

国内システム管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内システム管理ソフトウェア市場は前年比4.9%増で3,000億円を突破 仮想化システム管理やプライベートクラウド管理の需要増加が成長の促進要因 日立製作所がシェア1位を堅持、ヴイエムウェアが急成長で存在感を高める 2016年は前年比4.9%増、2015年~2020年の年間平均成長率は4.6%と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人

2016年8月11日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業情報システム部門の変化に関する調査

~第3のプラットフォームへの対応が進む~国内企業情報システム部門の変化に関する調査結果を発表 競争力強化や業務プロセス改革などを目的とした「戦略的IT投資」を推進する専任組織を設置する企業は70%を超え、その中でも、情報システム部門内に設置する企業が45%に上る 戦略的IT投資をすでに実施/実施予定の企業では、情報システム部門は拡大傾向にあるが、IT予算の不足、IT戦略の方向性が不明確、情報システム部門の人材不足などが課題となっている IT専門調査会社 IDC J

2016年8月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査(2016年)

2016年08月05日 クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査を実施(2016年) ~IoTにも牽引され、拡大するクラウド基盤サービス~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年5月~7月2.調査対象:国内クラウド基盤サービス提供事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスとは>本調査に

第四回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

◆パッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は34.0%、会計ソフトのクラウド率は、13.0% ◆法人、個人事業主合わせて最も利用されているクラウド型会計ソフト提供事業者はfreee(40.9%)、これに、弥生(25.5%)、マネーフォワード(13.0%)が続く ◆クラウド型会計ソフトのサービス選定では、全体の8 割超が「簡単」であることを重要視 デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下智之、以下デジタルインファクト)

2016年8月10日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測

~クラウドサービス向けが特に高成長~国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表 国内ITサービス市場が低成長化する中、第3のプラットフォーム向けITサービス市場は大幅な成長を継続 特にクラウドサービス向けITサービスは、2015年~2020年の年間平均成長率34.9%と非常に高い成長率、2020年には1兆7,205億円に達すると予測 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援を原動力として、4分野(クラウドサービス向け、ビジネスアナリティクス向け、エンタープライズモビ

2016年8月9日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT利用成熟度に関するユーザー調査

国内IoT利用成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内IoTユーザー企業の成熟度は未だ低く、ほぼ半数は「限定的導入(ステージ2)」の成熟度にとどまる。最上位の「継続的革新(ステージ5)」はわずか0.6% IoT成熟度の向上を阻害する要因は、IoTの費用対効果の見えにくさ、技術標準の乱立、法規制による妨げ、情報セキュリティ上の不安など 企業は「IoTサービスプロバイダー化」をITベンダーとの対等な関係性をベースに進めることが、付加価値の高いソリューション実現に向け必須となる

2016年8月9日Future Ready Workforceフィードバック数:0企業情報システム

世界のIT動向と将来の職場環境に関する意識調査

Are our workplaces smart enough? Dell and Intel have teamed up to create their newest Future Workforce Study 2016 which reveals how people around the world feel about how technology is shaping the workplace. Collaborating with Penn Schoen Berland (PS

FinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングFinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査 • ビットコイン取引高は、→ 2016年上半期は約780万ビットコイン (約4,300億円)→ 2016年下半期は約3,000万ビットコイン、2017年には1億5000万ビットコインの取引高になると推定• 取引高トップ3は、① bitFlyer、② BTCボックス、③ QUOINE• 現在の取引の大半は投資目的だが、今後は、利用用途が拡大 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プラン

2016年8月7日ねこじゃらしフィードバック数:0企業情報システム

法人向けクラウドバックアップサービス「BackStore」のバックアップ利用状況を分析したレポート

[株式会社ねこじゃらし] ,セキュリティ インターネット トレンド バックアップ 分析 クラウド BCP ランサムウェア IT クラウドバックアップ

2016年8月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 地域別予測

2016年の国内IT市場は、ハードウェア市場が各地域でブレーキとなり、東京都のみプラス成長(2.0%)、大都市圏以外ではマイナス2%以下と予測 2016年も前年に引き続き、大都市圏と大都市圏以外の地域との格差が広がる 大都市圏以外の地域では、円高時にも円安時にもIT支出が低迷するため、支出拡大には、公的資金を基に第3のプラットフォームを活用した構造変革が求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内

2016年8月4日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター管理者調査

~ 事業者データセンター投資は順調に拡大するも、企業内データセンター投資は抑制傾向 ~国内データセンター管理者調査結果を発表 企業IT資産における外部データセンターやクラウドへのIT環境移行が進み、事業者データセンターの建設投資は加速する一方、ユーザー企業の企業内データセンター投資は抑制傾向となる 第3のプラットフォームを利用したデジタル市場拡大により、クラウドサービス需要が拡大、事業者データセンター投資を後押し 事業者データセンターでは、キャパシティ増強とともに、競争力強化のための運用効

2016年8月4日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド型CRM市場の現状と展望2016年度版

クラウド型CRM市場の現状と展望2016年度版 〜 カテゴリごとに市場を集計、中期予測を分析 〜 ※価格は消費税を含みません。※ご購入頂いた場合、請求書を資料と一緒に送付致しますので、後日資料内容をご確認の上、お振込下さい。 ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。【問い合わせ先】担当:  企業が情報システムの設計や移行に際してクラウドサービスの採用を第一に検討する方針をクラウドファーストといい

2016年8月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内仮想化ソフトウェア市場予測

2015年 国内バーチャルマシン/クラウドシステムソフトウェア市場は前年比成長率5.7%、調査開始以来初の一桁成長 2015年 国内バーチャルクライアントコンピューティング市場は前年比成長率3.7%、2015年~2020年の年間平均成長率を6.8%と予測 OpenStackやDockerを活用し、仮想基盤からクラウドネイティブシステムへ拡張するソリューションを主軸に据えるべき時期に差し掛かっている IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九

2016年8月2日Veeva Systemsフィードバック数:0企業情報システム

Veeva 2016 ペーパーレスTMFサーベイ

業界最大規模のTMF調査で、臨床試験オペレーションにおける大...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 業界最大規模のTMF調査で、 臨床試験オペレーションにおける大きな変化が明らかに~ 業界全体が査察への準備体制強化と臨床試験期間の短縮を進める中、 eTMFアプリケーションの使用率も倍増 ~Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、医薬品情報協会

2016年8月1日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

ハイブリッドクラウドの現状に関するレポート

ハイブリッドクラウドの現状に関するレポート

2016年7月31日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業におけるオンラインストレージサービス活用の動向予測

2016年中堅・中小企業におけるオンラインストレージサービス活用の動向予測

2016年7月31日デルフィードバック数:0企業情報システム海外

Future Workforce Study 2016

Dell and Intel Future Workforce Study Provides Key Insights into Technology Trends Shaping the Modern Global Workplace Half of all employees and three in five millennials believe technology will make face-to-face conversation obsolete in the near fut

2016年7月30日ネクスウェイフィードバック数:0企業情報システム

IT製品の情報配信機能に関する調査

営業支援のネクスウェイ。約7000法人への営業支援実績HOMEニュース&トピックスプロダクトマネージャー向け「IT製品の情報配信機能に関する調査」を実施プロダクトマネージャー向け「IT製品の情報配信機能に関する調査」を実施 ~郵送機能を求めるIT製品は「顧客管理業務」「研究開発業務」「営業管理業務」~2016年7月19日株式会社ネクスウェイ TISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 宏昌、以下ネクスウェイ)は、IT製品のプロダクトマネージャーを対象と

2016年7月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内金融機関における第3のプラットフォーム支出動向および「FinTech」関連IT支出予測

国内金融機関における第3のプラットフォーム支出動向および「FinTech」関連IT支出予測を発表 2016年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野(銀行、保険、証券/その他金融サービス)は、大手を中心とした積極的な支出により前年比2桁の成長率を予測 「FinTech」関連のIT支出を行う国内金融機関が増加、2020年は2015年の約10倍の支出規模を見込む ITベンダーには国内金融機関における第3のプラットフォーム、「FinTech」活用促進のために事業構想段階からの参画、支援が求めら

2016年7月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

センサーネットワークシステム数を予測(2016年)

2016年07月15日 センサーネットワークシステム数を予測(2016年) ~IoTに牽引されたセンサーネットワークシステム設置数の拡大を予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内のセンサーネットワークの市場調査を実施した。1.調査期間:2015年9月~2016年6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用<センサーネッ

2016年7月25日帝国データバンク★フィードバック数:0企業情報システム

事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査

2016年7月14日事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査 BCP策定、企業の15.5%にとどまる 〜 半数超の企業が「地震」を意識、大規模地震の想定地域で高く 〜 近年、地震や台風・豪雨などの自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合の企業活動への影響を想定し、企業活動を休止することなく、あるいは早期復旧させるなどして事業を継続させるため、予め防災・減災対策、災害発生時や発生後の対応措置などに対する重要性が高まっている。そこで、帝国データバンクは、事業継続計画(BCP)に

2016年7月23日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

農業IT化の市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業IT化の市場予測 農業IT化の市場規模は、● 2020年に732億円強と予測→ 2015年比約4.5倍の成長(2015年の市場規模は165億円と推定)● なかでも農業クラウドサービスが大きく進展→ 2015年比約7.5倍の伸びとなり、農業IT化市場の48%を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業IT化の現状と将来展望に関する調査を実施し、このほど

第2回超高速開発ツール 伸び率調査

「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表~前回調査と比較し、ライセンス出荷数234%、導入企業数が167%の伸び~ 国内で超高速開発に取り組むユーザー企業とSIer、ツールベンダーが集う「超高速開発コミュニティ」(会長 関 隆明)は2016年7月12日(火)、「超高速開発ツールの伸び率調査 2016 年版」を公開しました。この調査から、4年前と比較した今年の伸び率はライセン

2016年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内CRM市場予測

2015年の国内CRM市場は、前年比8.9%増、800億8,900万円。セールス/マーケティングアプリケーションが成長をけん引 2016年以降はデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行により、2015年~2020年の年間平均成長率5.3%、2020年の市場規模は1,039億2,300万円と予測 ベンダー/システムインテグレーターは、個別製品/サービスの訴求から顧客データ活用の全社展開訴求への転換、データエコノミーへの参入などが必要 IT専門調査会社 IDC Jap

2016年7月19日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年4月11日から5月12日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する読者調査」を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題などが明らかとなった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員のサーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入、検討、業務利用の状況について調査するた

2016年7月12日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

SCMの導入状況(2016年・前編)

SCM導入およびサプライチェーン管理状況の調査・前編  キーマンズネットでは、2016年5月12日〜30日にかけて「SCMの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:368)。回答者の顔ぶれは、業種別では「IT製品関連・ITサービス業」が38.9%、「電気・電子・OA」が10.3%、それら以外の業種が50.8%、企業規模別では大企業が39.9%、中堅企業が38.3%、中・小企業が21.7%という構成比であった。今回は、サプライチェーン管理システム(SCM)の導入状況について聞いた調査

2016年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2016年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る IT予算の拡大傾向が強い産業分野は、金融と通信/メディア 「セキュリティ」はIT投資領域においてもIT部門の課題においても第1位 IT部門が管理しないIT予算は過半数の企業にあり、営業/販売部門が持つ企業が多い IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIO

2016年7月11日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業におけるストレージ形態の選択と機能ニーズに関する動向予測

2016年 中堅・中小企業におけるストレージ形態の選択と機能ニーズに関する動向予測

2016年7月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェア

2015年 国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場では、富士通、日立、NECがトップ3 2015年 国内クライアント仮想化サービス市場では、NTTデータ、富士通、NSSOLがトップ3 2015年 国内モバイル仮想化ソリューション市場では、富士通、e-Janネットワークス、NTTアイティがトップ3 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内

2016年7月9日PERSPECTIVESフィードバック数:0企業情報システム海外

Trust in cloud technology and business performance

Trust in cloud technology and business performance: Reaping benefits from the cloudExtensive cloud services for corporate use are still in their infancy, as they are only ten years old. In 2011 a global State of the Cloud Survey found that fewer than

2016年7月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場予測

国内外付型エンタープライズストレージ市場予測を発表 国内外付型エンタープライズストレージシステム市場、2015年は前年比7.4%増 仮想化やクラウド向け、オールフラッシュアレイで高成長が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の2015 年の実績と2020年までの予測を発表しました。2015年の国内

2016年7月8日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は14兆5,683億円、前年比成長率マイナス0.4%を予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年の市場規模は15兆2,413億円を予測 予測期間前半は、大型案件が継続する銀行とオムニチャネル関連の投資が進む小売がけん引 東京オリンピック/パラリンピックに向けて、第3のプラットフォームを活用した社会インフラ整備が進み、2019年をピークに多くの産業分野で堅調なIT投資を予測

2016年7月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

国内クライアント仮想化関連市場予測を発表 国内クライアント仮想化ソリューション市場は2020年、6,611億円に拡大 クライアント仮想化第4世代はワークスペースが主流となる 2020年、法人向けクライアント端末の仮想化率は42.3%まで拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化関連市場の2016年~2020年の予測を発表しまし

2016年7月4日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小企業における「3つのプライベートクラウド形態」に関する調査

2016年 中堅・中小企業における「3つのプライベートクラウド形態」に関する調査

2016年7月4日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業におけるサーバ管理のツールやソリューションに関する調査

2016年中堅・中小企業におけるサーバ管理のツールやソリューションに関する調査

2016年7月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は、14兆5,683億円、前年比成長率マイナス0.4%を予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年のIT市場規模は15兆2,413億円を予測 企業分野における2016年は、小規模企業以外でプラス成長に転じる。特に大企業では銀行、小売、公共/公益分野が堅調、前年比成長率1.3%を予測 2017年以降2019年をピークに各企業規模でプラス成長を維持すると予測 IT

2016年7月4日SAS★★フィードバック数:0企業情報システム

変化する企業のBI活用の現状と課題:セルフサービス環境をビジネス変革につなげる要件とは

セルフサービスBIが業績向上に貢献、一方ユーザー部門とIT部門の意識ギャップも明らかに~国内調査で判明:25.5%の調査対象者がBIにおいてアナリティクスの活用を予定~ SAS Institute Japan株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)は、最近の国内の利用調査で明らかになったセルフサービスBIの利点と課題に対して、「SAS® Visual Analytics」の提案活動を強化することを発表します。企業においてビッグデータの活用が進んでいる現在、データに

2016年6月30日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年5月分)

2016年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は43万台(前年比83.5%)となった。 うちデスクトップ:11万6千台(同98.9%)、ノート型:31万4千台(同78.9%)であった。 ノート型比率は73.0%であった。○出荷金額は392億円(前年比81.3%)となった。 うちデスクトップ:108億円(同96.2%)、ノート型:284億円(同76.7%)であった。個人向けにおいて低い

2016年6月29日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

社内SNS、ビジネスチャット、オンラインストレージの導入状況(2016年)・前編

社内SNS、チャット、オンラインストレージの導入状況・前編  キーマンズネットでは、2016年3月28日〜4月15日にかけて「社内SNS、ビジネスチャットツール、オンラインストレージの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:308名)。回答者の顔ぶれは、営業部門が全体の52.3%、情報システム部門が27.5%、全社・事業部スタッフ部門が20.3%、製造・関連部門が19.8%という構成比であった。今回の前編では、「社内SNS」と「ビジネスチャットツール」の導入状況に焦点を当て、その実

2016年6月27日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2016年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX コクヨの@office(あっとオフィス)が総合満足度第1位 2016年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査コクヨの@office(あっとオフィス)が総合満足度第1位 報道用資料 多くの通販サービスでコールセンターの「サポート対応」評価が昨年から低下@office(あっとオフィス)が総合満足度第1

2016年6月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第1四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2016年第1四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2016年第1四半期のインクジェット製品総出荷台数は前年同期比5.9%減 出荷台数減少が続く中、国内初の大容量インクタンク製品、1万台出荷 ベンダー別シェア第1位はエプソン。キヤノン、ブラザー工業が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェットプリンターおよびM

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ