調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0企業情報システム

AIツールとマーケティング業務に関する実態調査

5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き AIツールとマーケティング業務に関する実態調査5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向きAIツールの導入により、4割強が「業務効率が向上した」調査結果サマリー5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き 現在、所属部署においてAIツールやサービスを「導入している」人は、17.3%でした。また、現時点では導入していなくても、「2019年中には導入予定」(8.7%)、「導入する案は持ち上がっている」(13.2%)、「導入す

2019年3月15日リアルインサイトフィードバック数:0企業情報システム

「日本の中小企業のAI導入状況」調査

全国の中小企業のAI導入率は5.5%、検討中は全体の59%!... 全国の中小企業のAI導入率は5.5%、検討中は全体の59%! 「日本の中小企業のAI導入状況」調査結果を発表株式会社リアルインサイト(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:鳥内 浩一)は「日本の中小企業のAI導入状況」について、アンケート調査を実施しました。会社にAIを導入したいか【調査背景】・2017年5月1日にMM総研調査が発表した企業のAI導入率は、米国が約13.3%、ドイツで約4.9%、そして日本は1.8%とかなり遅

2019年3月14日Tealium Japan★フィードバック数:0企業情報システム

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか ~Tealium委託のグローバル規模の調査において、大半の企業の顧客データ戦略は主要なビジネス目的の達成に貢献できていないことが判明~サンディエゴ発 – 2019年3月14日(木):リアルタイムの顧客データオーケストレーションのパイオニアであるTealium(ティーリアム)は、Forrester Consultingに委託し実施した企業の顧客データ戦略に関する最新のグローバル調査[i

オンラインストレージの利用実態

ダイレクトクラウドが、「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施 法人向けオンラインストレージ「DirectCloud-BOX」を提供する株式会社ダイレクトクラウド(本社:東京都港区、代表取締役社長:安 貞善)は、2018年11月1日~11月10日にかけて「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施しました。 【調査概要】集計期間:2018年11月1日~11月10日調査対象:業務でオンラインストレージを利用している方調査人数:330名調査方法:インターネ

2019年3月8日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表

ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表

2019年3月8日Genesys★フィードバック数:0企業情報システム

ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査

Home > Announcements > ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査~87%が顧客エンゲージメント・ソリューションのクラウドへの移行を計画ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査~87%が顧客エンゲージメント・ソリューションのクラウドへの移行を計画レガシー型のITインフラがデジタル・チャネル、チャット/音声ボット、オートメーションといった最新のカスタマーサービス・テクノロジー導入にあたっての障壁に東京 — 2019年3

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内工場・製造分野での次世代モニタリングシステム普及率を予測(2018年)

次世代モニタリングシステムの2017年度末での国内工場・製造分野の普及率は21.1%と推計~今後の設備導入進展により、2022年度末の普及率42.1%と予測~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、次世代モニタリングシステムを調査し、分野別の普及状況と将来見通し、遠隔監視からITモニタリングへの移行に関する環境変化、主要ITベンダーやユーザ企業の動向を明らかにした。 次世代モニタリングシステム 国内工場・製造分野での普及率推移・予測1.市場概況次世代モニタリングシステムとは、I

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内MaaS市場に関する調査を実施(2018年)

2030年には国内MaaS市場規模は6兆3,600億円に拡大! 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内MaaS(Mobility as a Service)市場を調査し、MaaSサービス分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.調査結果概要MaaS(Mobility as a Service)とは、近年ICTを活用して、公共交通か否か、また運営主体に関わらず、マイカー以外のすべての手段によるモビリティを1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」

2019年2月21日レノボ・ジャパンフィードバック数:0企業情報システム

オンライン会議システムの利用実態及びテレワーク制度に関する意識調査

テレワークの制度及びシステムの利用に関する実態調査。テレワーク活用者の「遠慮と気遣い」、オンライン会議システムに感じる不満とは? 働き方改革、次の一手は会議改革? レノボ・ジャパン株式会社(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 デビット・ベネット、以下 レノボ)は、日頃から会議に参加している、全国の20~60代の社会人を対象としたアンケート調査を実施。オンライン会議システムの利用実態及びテレワーク制度に関する意識調査を行いましたのでご報告いたします。 <調査概要>・調査名 :「Web会議システ

2019年2月18日シンクロ・フードフィードバック数:0企業情報システム

ITツールの導入状況に関するアンケート調査

飲食店に対し、ITツールの導入状況に関するアンケート調査を実施。キャッシュレス決済の導入率は55.2%、POSレジの導入率は41.6% 飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」(https://www.inshokuten.com/research/company/)を運営する株式会社シンクロ・フード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤代真一、東証一部:3963)は、飲食店.COM会員を対象に、ITツールの導入状況に関するアンケート調査を実施いたしました。 <本調査について>■調査概

日本を含むアジア太平洋地域初のビジネスWi-Fi実態調査

ラッカス、日本を含むアジア太平洋地域初のビジネスWi-Fi 実態調査を発表 ~Wi-Fi の接続停止は、5100 万ドルもの事業損失と企業イメージの損失を与えるなど~ 2019年1月29日 ARRISグループ会社のラッカスネットワークス(本社所在地:米カリフォルニア州サニーベール、社長:イアン・ホワイティング:以下、ラッカス) は、日本を含むアジア太平洋地域 (以下、APAC) のビジネスにおけるWi-Fi接続の実態調査を発表しました。今回の調査結果から、デジタル経済において、Wi-Fiの接続停

2019年2月1日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル変革の進捗状況に関するグローバル調査

デル テクノロジーズ、デジタル変革の進捗状況に関するグローバル調査結果を発表 世界42カ国、4,600人のビジネス リーダーを対象にした最新の「Digital Transformation Index」世界のビジネス リーダーが、トランスフォーメーションの取り組み状況について回答デジタル分野への取り組み意欲が最も高いのは新興市場 ニュースの概要・デジタル リーダーを自負する企業は世界でわずか5% - 2016年調査から進展なし・新興市場が先進市場より順調に発展 - デジタル分野への取り組みを

2019年1月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場システムタイプ別予測

10 Jan 2019国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表 Japan, 2019年1月10日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、「国内サーバー市場 システムタイプ別予測アップデート、2018年~2022年」を発表しました。本調査レポートでは、5つのシステムタイプをグルーピングして、「SoR」「SoE/SoI」「Other」の3つのセグメントに分けて支出

AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査

ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ 先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 プレス・リリース 2019年1月10日東京理科大学 松本朋子研究室東京大学 太田勝造研究室、岡田謙介研究室、加藤淳子研究室NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社サーベイ・サンプリング・インターナショナル(SSI)社AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査先端技術に対する期待も、その安全性に対する懸念も強い日本の消費者 東京理科大

2019年1月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内働き方改革ICT市場分野別市場予測

09 Jan 2019国内働き方改革ICT市場 分野別市場予測を発表 Japan, 2019年1月9日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内における働き方改革ICT市場予測を発表しました。これによると、2017年の市場規模(支出額ベース)は2兆2,769億円、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth

2019年1月23日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

ERP及びCRM・SFAにおけるSaaS利用状況の法人アンケート調査を実施(2018年)

ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率を調査~ERPのSaaS利用率は財務・会計で2.8%、人事・給与5.0%で横ばいが続く、CRM・SFAのSaaS利用率は28.0%と順調に上昇~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の民間企業を対象として郵送アンケート調査を実施し、ERP及びCRM・SFAといった業務ソフトウェアの利用状況を明らかにし、SaaSの利用率について分析した。 SaaSの利用率と次回システム更新時のSaaS導入予定1.調査結果概要2018年7月から11月に

2019年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第3四半期国内サーバー市場動向

27 Dec 20182018年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 Japan, 2018年12月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第3四半期(7月~9月)の国内サーバー市場動向を発表しました。2018年第3四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,378億円で、前年同期から14.5%増加しました。出荷台数は14万6千台で、前年同期から8.

2019年1月21日ワンビフィードバック数:0企業情報システム

「働き方改革と情報セキュリティ」に関する意識調査アンケート

「働き方改革と情報セキュリティ」に関する意識調査アンケート実... 「働き方改革と情報セキュリティ」に関する意識調査アンケート実施~自社の情報セキュリティに懸念を感じている マネージャーは50%以上!~パソコン紛失/エンドポイントの情報漏えい対策ソフトやサービスを販売するワンビ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:加藤 貴)では、中小企業のマネージャー111人に「働き方改革と情報セキュリティ」に関するアンケート調査を実施しました。具体的に動き始めた「働き方改革」は、長時間労働や非正

2019年1月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内DevOpsに関するユーザー調査結果

25 Dec 2018国内DevOpsに関するユーザー調査結果を発表 Japan, 2018年12月25日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表しました。本調査では、企業のIT管理者を対象としたアンケート調査を2018年9月に実施し、515社から有効回答を得ました。IDCではDevOpsについて、「企業や組織

2019年1月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルコマースアプリケーション市場予測を発表

21 Jan 2019国内デジタルコマースアプリケーション市場予測を発表 Japan, 2019年1月21日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内デジタルコマースアプリケーション市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表しました。IDCでは2018年にデジタルコマースアプリケーション市場をソフトウェア市場の一環として新たに定

2019年1月18日リスクモンスターフィードバック数:0企業情報システム

第5回「企業の取引リスクに対する意識」調査

第5回「企業の取引リスクに対する意識」調査 2019年度倒産... 第5回「企業の取引リスクに対する意識」調査2019年度倒産数の大幅増加を予想! 与信管理が一層重要視される!(動画あり)与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、リスモンの与信管理サービスを利用する会員企業(以下 RM会員)および上場会社、会社法上の大会社(以下 非会員)に対して実施した第5回「企業の取引リスクに対する意識」調査結果

2019年1月17日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査を実施(2018年)

2018年度のIT系BPO市場規模は前年度比103.2%の2兆4,478億円、非IT系BPO市場規模は同101.4%の1兆7,274億円の見込~深刻化する人材不足を背景にアウトソーシングサービスへのニーズが拡大~  株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 BPO市場はIT系BPOと非IT系BPOに大きく分けられ、2018年度のIT系BPO市場規模(事

2019年1月17日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2018年)

2017年度の国内コールセンターサービス市場は前年度比3.7%増の9,153億円、コンタクトセンターソリューション市場は前年度比1.7%増の4,778億円に拡大~コールセンターサービスは人材不足、コンタクトセンターソリューションはマルチチャネル化を背景に成長続く~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場を調査し、サービス別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 コールセンターサービス市場規模推移・

2019年1月17日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

協働ロボット市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の協働ロボット世界市場規模は650億円~従来の産業用ロボットの領域を超え、外食産業など様々な新領域での利用が進む~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内外の協働ロボット市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況協働ロボットは、国際規格ISO 10218-1に適合した産業用ロボットで、規定された作業空間において人間と直接的に協働をするように設計されたロボットであることから、使用条件に基づき適切に使用することで安全柵などで囲

2019年1月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク仮想化市場企業ユーザー動向調査

13 Dec 2018国内ネットワーク仮想化市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 Japan, 2018年12月13日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ネットワーク仮想化に関する国内企業ユーザー動向調査の調査結果を発表しました。同調査は、国内企業795社を対象に、SDN(Software-Defined Network)やNFV(Network Functio

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)

国内民間企業515社のAI導入率は2.9%、業種別では流通業が最も低く0.8%に留まる~深刻化する労働力不足の解決のために、AI活用による省力化、業務自動化が期待される~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の民間企業に対して法人アンケート調査を実施し、AI(機械学習やディープラーニング、自然言語処理、画像認識、機械翻訳、ロボット、チャットボット、RPAなど)の導入状況や業種別の動向について明らかにした。1.調査結果概要矢野経済研究所では、2018年7月~10月にAIの導

2019年1月7日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

指紋センサー世界市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の指紋センサー世界出荷数量は11億1,150万個に拡大~デバイスの精度向上や生体認証システムの高度化によるセキュリティ強化等により、更なる採用拡大へ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年のユーザーインターフェース(UI)デバイスの調査を実施し、指紋センサー世界市場規模推移と予測、需要動向、将来展望を明らかにした。 用途別指紋センサー世界市場規模推移と予測1.市場概況 スマートフォンやタブレット等の中小型モバイル端末を中心に、指紋や顔、虹彩、音声等の生体情

2019年1月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2022年までの世界AR/VR関連市場予測を発表

Japan, 2018年12月21日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality, 拡張現実)/VR(Virtual Reality, 仮想現実)のハードウェア、ソフトウェアおよび関連サービスの2022年までの市場予測を発表しました。最新のWorldwide Semiannual Augmented and Virtual Real

2018年12月28日アンテリオフィードバック数:0企業情報システム

「MRからの定期的なメールによる情報提供の実態」について調査

MRからの情報提供、メール受信している医師は半数以下 MRからの情報提供、メールでの受信は半数以下医師はMRの「人間性」と「アポイント力」を重視全国1万6700人に調査当社は、全国の医師1万6717人を対象に「MR(※)からの定期的なメールによる情報提供の実態」について調査しました。 ※ MR:製薬企業の医薬情報担当者。自社の医薬品の適正使用のために医師らを訪問し、医薬品に関する情報の提供、収集、伝達などを行う・積極的にメールを活用している製薬企業ほど、MRの総合評価が高い・メールで情報提

2018年ブロックチェーン業界総括レポート

DApps総研、「2018年ブロックチェーン業界総括レポート」発表|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら DApps総研、「2018年ブロックチェーン業界総括レポート」発表 〜2018年大手銀行・大手IT企業も導入したブロックチェーン技術、2019年業界予測、ブロックチェーンスマートフォンや日本の法整備他〜1)2018年、世界に衝撃を与えた仮想通貨事件 2018年は衝撃的なニュースで幕を開けました。2018年1月26日(当時)、日本のみなし登録業者の一つ、コイン

2018年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2018年)

2017年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模は前年度比2.9%増の3,550億円~EDAの減少やサブスクリプション移行の影響で伸び率は抑制も、2018年度も堅調推移の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)では、国内の CAD/CAM/CAE システム市場を調査し、分野別やアプリケーション別の販売実績、メーカー別シェア、今後の課題や展望を明らかにした。1.市場概況日本国内の CAD/CAM/CAE システム市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2017 年度は前年

2018年12月20日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表

ガートナー、「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表

2018年12月20日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第3四半期国内トラディショナルPC市場実績値

2018年第3四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 トラディショナルPCの第3四半期は法人市場の旺盛な買い替え需要により活況 法人市場は同比19.1%増、197万台、家庭市場は同比10.4%減、86万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。これによると、201

2018年12月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2018年)

2018年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比2.9%増の12兆5,050億円と予測~企業収益力の高まりによりIT投資意欲は堅調推移、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取組みが進展~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.市場概況国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サービス含む)は、2017年度が前年度比2.3%増の12兆1,530億円と推計した。今後は、2018年度が前年度比

2018年12月14日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

スマート農業に関する調査を実施(2018年)

スマート農業の本格的な普及に期待 ~農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用や、4機体制になる準天頂衛星システム「みちびき」のサービス開始が契機に~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内におけるスマート農業市場(情報通信技術を利用した農業・畜産業)を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のスマート農業の国内市場規模は128億9,000万円で、2018年度は146億8,800万円を見込む。2016~2017年度は農業クラウド・

2018年12月14日電通デジタル★★フィードバック数:0企業情報システム

日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2018年版

企業の63%がデジタル変革に着手するも、経営層と実務責任者の推進課題に大きなギャップ - 電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2018年版を発表 -2018年12月14日株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治、以下電通デジタル)は、日経BP コンサルティングに委託し、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング 2018年度調査」を実施しました。同調査レポートより一部調査結果を発表します。

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 パブリッククラウドを利用している企業の68.2%が、企業ネットワークの何らかの変更を実施。企業ネットワークを見直す重要な機会 SaaS利用企業の74.1%がインターネットトラフィックの増加を認識。クラウド利用が企業のインターネットトラフィックに影響 無線LANの利用拡大が続き、3年後には従業員の45.4%が無線LANを利用 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年国内IT市場の主要10項目を発表

Japan, 2018年12月11日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2019年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表しました。IDCでは、前回のPredictions(2017年12月発表)において、クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術からなる第3のプラットフォームが「第2章」に入っているという見方を示し

2018年12月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向を発表 国内データセンター向けネットワーク機器市場は、マイナス成長市場に。2017年~2022年の年間平均成長率マイナス1.2% 2017年のデータセンター向けイーサネットスイッチ市場は17.7%と大幅増加。ただし、今後は100Gbイーサネットのポート単価下落が市場拡大を強く抑制 ベンダー別では、明暗分かれる。シスコシステムズとアリスタネットワークスがシェア拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:

2018年12月5日ネオレックスフィードバック数:0企業情報システム

教育機関のIT活用調査

【教育機関のIT活用調査】学習塾の5割が「入退室メールシステム」を導入 保護者の75%が有益評価学校、学童保育、学習塾などの教育機関向けに普及期へ iPadをタイムレコーダーにする勤怠管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」を提供する株式会社ネオレックス(本社:名古屋市、CEO:駒井研司)は、学校や学童保育、学習塾での入退室メールシステムの普及状況を、小学校4年〜高校3年までの子を持つ保護者を対象に調査しました。調査の結果、保護者の入退室メールシステムに対する認知度は50%を超えており、メール

2018年12月3日エムタメ★★フィードバック数:0企業情報システム

BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート調査

マーケティング担当者のためにマーケティングに関わるためになる情報をためていく >> 【BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート調査結果レポート】MA導入率は10%と昨年から微増。MA導入者の半数以上が導入から実運用開始まで4か月以上かかっている。【BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート調査結果レポート】MA導入率は10%と昨年から微増。MA導入者の半数以上が導入から実運用開始まで4か月以上かかっている。昨年11月に弊社が行ったアンケートでは、MAの導入率は7

2018年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明

アクセンチュア最新調査――時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明 経験学習、個別教育、AI弱者支援への投資が、スキルギャップを埋める鍵【ニューヨーク発:2018年9月19日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のうち

2018年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察

デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察を発表 世界のDXイニシアティブにおいて推進状況の地域格差が大きいことがわかった 統一的なDX戦略を持たないデジタルサイロ企業は北米以外では過半数を占める。北米では統一的な企業戦略に持つデジタルネイティブ企業の比率が52.5%を占める DXを成功させることにプレッシャーを感じている企業のCEOは北米で70.9%、欧州では61.8%を占めるが、日本、および日本を除くアジアのCEOでは48%台に留まる

2018年11月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明

アクセンチュア最新調査――時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明 経験学習、個別教育、AI弱者支援への投資が、スキルギャップを埋める鍵【ニューヨーク発:2018年9月19日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のうち

2018年11月26日ビズリーチフィードバック数:0企業情報システム

人手不足の深刻化に伴い「RPA」求人数が前年比6.4倍に~「RPAエンジニア」は9.1倍「RPA」の最高提示年収は3,000万円~

トッププレスルームプレスリリース(2018)スタンバイ「RPA関連求人の動向調査」 人手不足の深刻化に伴い「RPA」求人数が前年比6.4倍に求人検索エンジン「スタンバイ」による求人動向調査株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」()は、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」関連求人の動向調査を実施しました。「スタンバイ」に掲載される求人を対象に、パソコンの定型作業を自動化する「RPA」関連のキーワードについて調

2018年11月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査

国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査結果を発表 2018年クライアント仮想化のROIは348.4%、投資回収期間は11.7か月 エンドユーザー1人あたりのベネフィットは、77万423円(1年分)で、ベネフィット全体の56.8% クライアント仮想化を拡張したデジタルワークスペースのROIは658.0%、投資回収期間は9.0か月 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-

2018年11月16日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

医療用ディスポーザブル製品汎用品市場に関する調査を実施(2018年)

2017年度の国内医療用ディスポーザブル製品汎用品市場は前年度比2.1%増の2,479億6百万円~針刺し事故防止や血液飛散防止、誤接続防止などの感染防止対策製品であるSafety製品やディスポーザブル化の進展が期待できる呼吸・麻酔回路、酸素マスク・カニューラが市場を牽引~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内医療用ディスポーザブル製品汎用品市場を調査し、市場規模推移、セグメント別動向、参入企業別動向、将来展望を明らかにした。 医療用ディスポーザブル製品汎用品市場規模推移・

2018年11月16日Genesys★★フィードバック数:0企業情報システム

MITとジェネシスのグローバル調査で、カスタマージャーニーにおいて企業約9割がAIを導入していることが明らかに

Home > Announcements > MITとジェネシスのグローバル調査で、カスタマージャーニーにおいて 企業約9割がAIを導入していることが明らかにMITとジェネシスのグローバル調査で、カスタマージャーニーにおいて企業約9割がAIを導入していることが明らかに約7割がAIを効率化のためだけのツールではなく、顧客関係を構築するためのツールと認識東京 — 2018年11月15日 — オムニチャネル・カスタマーエクスペリエンス(CX)とコンタクトセンター・ソリューションのリーディングベンダーで

2018年11月7日日本テラデータ★★フィードバック数:0企業情報システム

データとアナリティクスに関する企業調査結果

テラデータ、データとアナリティクスに関する企業調査結果を発表「インサイト獲得の障壁は複雑性、データ不足、そして人材不足」 74%がアナリティクスが複雑すぎる、79%が必要なデータにアクセスできないと回答 米国カリフォルニア州サンディエゴ発 - ただ単にアナリティクスへの投資をし続けることをやめ、将来的に企業価値を高める価値あるインテリジェンスを得るための投資を積極的に進める企業が増えています。そうした中、ビジネス部門とIT部門の意思決定者たちは現在のエンタープライズ・アナリティクスの複雑性、ボト

2018年11月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第2四半期 国内サーバー市場動向

2018年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表 2018年第2四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,159億円、前年同期比2桁成長 x86サーバーの売上額は、前年同期比2桁成長、国内サーバー市場を牽引 ベンダー別売上額は富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第2四半期(4

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ