調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月30日エスキュービズム★フィードバック数:0企業情報システム

IoTに関する行動・意識調査

IoTに関する行動・意識調査結果~6割が「IoTという言葉は流行語」、各社の取り組み状況、2年後の予想等~株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長 薮崎 敬祐(やぶさき たかひろ)、)は、10月18日に開催されました「S-cubism IoT conference」(https://usable-iot.com/iotconference/)において、来場者約680名にIoTへの取り組みについてアンケートを行いました。【結果の概要】IoTに取り組みの状況は?実際にIoTに取り組

2016年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内PaaS市場予測

2015年の国内PaaS市場規模は648億円、前年比成長率48.1% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーションへのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続。2015年~2020年の年間平均成長率は22.1%、2020年の市場規模は1,761億円と予測 PaaS基盤の提供に当たっては標準に則ったサービスを提供していくことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:

2016年11月28日アスタミューゼ★フィードバック数:0企業情報システム

AI分野の研究テーマ日米比較「医療・ヘルスケア」はアメリカがリード、日本は「生産技術」に注力

[アスタミューゼ株式会社] ,ヘルスケア 創薬 人工知能 医療 AI 機械学習 アスタミューゼ astamuse 深層学習

グローバルCEO意識調査:デジタルトランスフォーメーションの活用がビジネス成長に不可欠

[] フロスト&サリバンは、CEOやビジネス界のリーダーを対象に経営における関心事項についての意識調査を実施し、本調査についてまとめた「CEOの視点:ビジネス成長、イノベーション、リーダーシップ(2016年)」を発行しました。本意識調査では、北米、中南米、欧州、中東、アフリカ、アジアの各地域における企業のディレクターレベル以上の経営層300人を対象に実施した意識調査を通じて、ビジネスにおける課題や関心事項を明らかにしています。テクノロジーの進化に伴いデジタル化時代に突入した現在、企業は製品・サー

2016年11月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表 2015年の国内インフラストラクチャサービス市場規模は2兆4,498億円 2015年~2020年の年間平均成長率は1.7%、2020年の市場規模は2兆6,661億円と予測 ハイブリッドクラウド運用管理とマネージドセキュリティサービスが今後の成長を支える IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IT

2016年11月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2016年)

2016年11月15日 国内企業のIT投資に関する調査を実施(2016年) ~伸び続けるセキュリティ関連ソフトウェアへの投資~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~10月2.調査対象:国内の企業、公的団体・機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査併用<本調査における国内民間企業のIT投資市場規模>本調査では国内民間企業のIT投資市場規模について、

2016年11月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドセキュリティ市場予測

2015年の国内クラウドセキュリティ市場規模は前年比19.1%増の66億円。2015年~2020年の年間平均成長率は23.8%、2020年には193億円と予測 オンプレミスの業務システムとパブリッククラウドサービスが共存するハイブリッド環境が広がり、境界防御によるセキュリティ対策の限界が顕在化 シャドーITによるセキュリティ脅威を防ぐには、クラウドセキュリティが必要 ハイブリッド環境では、ITリソースの活用状況を集中的に監視、管理するクラウドセキュリティゲートウェイをハブとしたセキュリティソリュ

2016年11月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査結果を発表 2020年にかけて、「収集可能なデータの最大化」をけん引するのがIoT、IoTデータ/非IoTデータの双方において「有効活用可能なデータの最大化」をけん引するのがコグニティブ IoT/コグニティブの双方を活用するユースケースとして、製造品質改善や製造機械の故障予兆検知、小売店舗内での販売促進、フリート管理や輸送貨物管理などが挙げられる ユーザー企業は、IoT/コグニティブを本番運用で活用する過程でROIを見極め、試行錯誤を通じて、

2016年11月22日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

BPO市場・クラウドソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)

2016年11月11日 BPO市場・クラウドソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年) ~法改正などから非IT系BPO市場は増加で推移、クラウドソーシング市場は大手開拓がカギ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、及びクラウドソーシングサービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年7月~10月2. 調査対象:SIer、コールセンター事業者、印刷系、会計系、事務処理系、人事系、人材派遣系、オフショア系、倉庫系、福利厚生

2016年11月17日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明

Skip to main content Skip to Footer2016年11月17日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジネス成

2016年11月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場予測

国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場予測を発表 国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場(外付型と内蔵型の合計)の支出額は、2020年に1,295億1,600万円になると予測 性能や容量の拡張性、データ保護といったストレージ機能、ストレージ運用管理の効率化へのニーズが高まる フラッシュストレージ、仮想化環境に特化したエンタープライズストレージシステムの導入や、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムによるITインフラストラクチャ全般

2016年11月14日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査

ホーム − 2016年 プレス・リリース −ガートナー、データ活用の未来はアルゴリズム・ビジネスにあるとの調査結果を発表 2016年11月8日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、データ活用の未来はアルゴリズム・ビジネスにあるとの調査結果を発表ビッグ・データに既に取り組んでいる日本企業は67.2%と微増ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表しました。従業員数500人以上のユーザー

2016年11月12日Clouderaフィードバック数:0企業情報システム

Apache Sparkの市場調査

Apache Sparkの市場調査の結果、ユーザー数に加え、探索的データサイエンスや機械学習などの新たなワークロードにおける利用拡大が明らかに 2016年11月8日回答者の57% が最も重要なユースケースに向けたSpark プラットフォームとして、Clouderaを選択していると回答米国カルフォルニア州パロアルト - 2016年11月8日発: ビッグデータに対するApache Sparkの利用状況を詳細に理解するために、Taneja Groups主導の下、世界のビッグデータに関与する技術者および

2016年11月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場は前年比成長率47.0%の217億9,600万円。内、プライベートクラウド向け市場は前年の1.5倍に拡大 2016年は前年比成長率40.6%で306億円5,400万円になる見込み 2015年~2020年の年間平均成長率は31.6%、2020年には2015年の約4倍となる862億円に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千

年次HPCトレンド調査

[DDNジャパン] ,ストレージ HPC ハイブリッドクラウド フラッシュメモリ DDN トレンド調査 ハイパフォーマンスコンピューティング

2016年11月10日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

IoTに採用加速するミドルウェアパッケージソフトの市場展望  2016年度版

IoTに採用加速する ミドルウェアパッケージソフトの市場展望2016年度版 ※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。※CD-ROM版には集計結果も含まれております。但し、コピー製本は付きません。※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願

2016年11月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

企業のストレージ利用状況に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年7月25日から8月26日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「企業のストレージ利用状況に関する読者調査」を実施した。企業のストレージ製品、特にSSDなどのフラッシュストレージ導入に関与する会員を対象に調査。その結果からは、企業が導入しているストレージ製品の現状とフラッシュストレージの導入意欲と理由、そしてフラッシュストレージの導入で発生する問題点などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクか

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における会計管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業における会計管理システムの導入社数シェアと今後のニーズPRESS RELEASE(報道関係者各位)2016年10月24日2016年中堅・中小企業における会計管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ調査設計/分析/執筆: 岩上由高 ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ TEL:03-5244-6691 URL:http//www.norkresearch.co.jp)は2016年の国内中堅・中小企業にお

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における販売・仕入・在庫管理システムの導入社数シェアとユーザ評価

2016年中堅・中小企業における販売・仕入・在庫管理システムの導入社数シェアとユーザ評価

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業「文書管理・ファイル管理・オンラインストレージサービス」の導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業「文書管理・ファイル管理・オンラインストレージサービス」の導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月7日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内中堅中小企業IT市場における「第3のプラットフォーム」利用調査

国内中堅中小企業IT市場における「第3のプラットフォーム」利用調査結果を発表 国内中堅中小企業(従業員規模:999人以下)においても「第3のプラットフォーム」の支出規模は、堅調な拡大を予測 「大都市圏」と「その他の地域」では「第3のプラットフォーム」の採用動向の差異が大きい ITサプライヤーは中堅中小企業の「第3のプラットフォーム」利用を更に拡大させるために、経営課題解決に即した提案を強化することが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における運用管理・資産管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業における運用管理・資産管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月6日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

2017年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10

参考資料 【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。 本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2016年10月31日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2017年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10を発表『Gartner Symposium/ITxpo』(10月16〜20日、米国フロリダ州オーランド)において、業界のトップ・トレンドを明らかに米国フロリダ州オーランド発 − 2016年

2016年11月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズストレージシステム市場支出モデルの分析結果

~サービス利用へのシフトが鮮明に~国内エンタープライズストレージシステム市場支出モデルの分析結果を発表 ストレージの運用管理において、パブリッククラウドサービスやプライベートクラウドサービスをはじめとするサービス利用へのシフトが進む サービス利用へのシフトが進む理由は、ストレージ運用管理コストの削減、柔軟な拡張性、迅速な導入/構築 デジタルトランスフォーメーションの実現を支えるプラットフォームとして、サービス利用へのシフトなどにより柔軟性や伸縮性の高いITインフラストラクチャを構築すること

2016年10月26日ノークリサーチ★★フィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアとユーザ企業の課題/ニーズ

2016年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアとユーザ企業の課題/ニーズ

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「生産管理システム」の導入社数シェアとユーザ評価

2016年中堅・中小企業における「生産管理システム」の導入社数シェアとユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「ワークフロー」の利用実態とユーザ企業が抱える課題

2016年中堅・中小企業における「ワークフロー」の利用実態とユーザ企業が抱える課題

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「給与・人事・勤怠・就業管理システム」の利用実態とユーザ評価

2016年中堅・中小企業における「給与・人事・勤怠・就業管理システム」の利用実態とユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業における「BI・帳票」製品/サービスの活用実態と今後のニーズ

2016年中堅・中小企業における「BI・帳票」製品/サービスの活用実態と今後のニーズ

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年販社/SIerの「システム構築力」や「保守/サポート」などに関するユーザ評価

2016年販社/SIerの「システム構築力」や「保守/サポート」などに関するユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小市場における販社/SIerの顧客社数シェアと取り扱い商材の関連調査

2016年 中堅・中小市場における販社/SIerの顧客社数シェアと取り扱い商材の関連調査

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年ERP/基幹系システムのクラウド移行につながる機能ニーズに関する調査

2016年ERP/基幹系システムのクラウド移行につながる機能ニーズに関する調査

2016年10月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業におけるシステム運用管理実態に関するユーザー調査

国内企業におけるシステム運用管理実態に関するユーザー調査結果を発表 システム運用管理において担当者のスキル不足が深刻な課題 およそ3分の1の企業で運用ミスによる障害/トラブルが毎月発生 クラウドサービスの主な管理課題は、IaaSではサービスレベルの不安定さ、PaaSではプロビジョニングの自動化ができていないこと IT業界全体を挙げて運用管理のスキルアップを図っていく必要がある IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅・中小市場におけるIT商材の導入効果と費用に関する調査

2016年 中堅・中小市場におけるIT商材の導入効果と費用に関する調査

2016年10月22日ニフティ★★フィードバック数:0企業情報システム

IoTに関する実態調査

ニフティ、製造業とサービス業を対象に、IoTに関する実態調査を実施 2016年10月17日ニフティ株式会社ニフティ、製造業とサービス業を対象に、IoTに関する実態調査を実施 〜両業種とも「顧客接点の強化」に対して高い期待、ビジネス設計や人材に課題〜 ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司)は、製造業とサービス業を対象にIoTに関する実態調査を実施しました。IoT(モノのインターネット化)によって取得可能となるさまざまなデータを活用することで、製造業においては「モノの

2016年10月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内先端IT技術利用動向調査

~製造業ではIoT、金融業では認知システムの活用が加速~国内先端IT技術利用動向調査結果を発表 先端IT技術活用について、製造業ではIoT、金融業では認知システムの活用が加速し、特に製造業IoTは中堅中小企業でも広がり始めている 小売業においては、技術面における活用よりもカスタマーエクスペリエンスの向上に主眼を置いており、企業ごとに先端技術の選択は異なる 公共/教育/医療分野においては、先端IT技術支出が国の競争力向上にどこまで貢献できるかが成否を分ける ユーザー企業では規模を問わず、投資

2016年10月22日Honeywell★フィードバック数:0企業情報システム

ビックデータ分析に関する調査

ハネウェル、製造業経営幹部を対象にビックデータ分析に関する調査を実施、厳しいビジネス環境を生き抜く重要な手段であると認識

2016年10月21日Accentureフィードバック数:0企業情報システム

Majority of Businesses and Economies Are Not Ready for Digital Platforms

Majority of Businesses and Economies Are Not Ready for Digital Platforms, Accenture Research ShowsChina, India and the US to dominate the global platform economy; much of Europe lagsNEW YORK; Sept. 13, 2016 – Research released by Accenture (NYSE: ACN

2016年10月20日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2017

国内企業のIT予算は堅調に増加 AI、IoTなどの新技術に対する投資意欲も拡大 ― ITRが「IT投資動向調査2017」の結果を発表 ―2016年10月19日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2016年8月から9月にかけて実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。 2001年の調査開始から16回目を数える今回の調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向、重視するIT戦略などに加えて、全110項目に

2016年10月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第2四半期 国内サーバー市場動向

2016年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表 2016年第2四半期の市場規模は、前年同期比20.0%減の974億円 大幅なマイナス成長は前年同期の大型案件の反動とx86サーバーの低迷による ベンダー別出荷額では富士通が1位、以下NEC、HPEの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第2四半期(4月~6月)の国内サーバー市場動向を発表

2016年10月14日アイルフィードバック数:0企業情報システム

中堅・中小企業の販売・在庫管理システム利用実態を調査

ニュースリリース2016年10月4日アイル、中堅・中小企業の販売・在庫管理システム利用実態を調査。業務フローとの不一致やサポート体制など、約7割が現状システムに不満あり。システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、中堅・中小企業で販売・在庫管理システムの導入や決裁に関わる方400人を対象に、販売・在庫管理システムの利用実態を調査しました。調査結果から、中堅・中小企業の約7割が、業務フローとの不一致

2016年10月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査

~DevOps実践における壁は「組織」~国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表 企業がDevOpsを実現するために必要な要素は「人」「文化」「技術」「ビジネス」「プロセス」 クラウド/モバイルファーストがDevOpsの実践を促進 DevOpsの推進役はIT組織のトップやリーダーが担っている DevOps最大の課題は組織、まずは組織作りが重要となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取

2016年10月14日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

ITサービス市場の実態と展望 2016年版

※価格は消費税を含みません。※CD-ROM版はExcel Fileのみ(PDFは付きません)※ご購入頂いた場合、請求書を資料と一緒に送付致しますので、資料内容をご確認の上、後日お振込下さい。■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。【問い合わせ先】担当:  ・調査先51社のIT関連売上合計は2015年度11兆9,263億円。その内訳は下記罫線の通りで、ITサービス比率は73%と大きい。ハード・ソフトウェアは代理店販売ベースで、メーカー出荷ベースに換算するとITサービス比率は更に大

2016年10月12日リスク対策.com★★フィードバック数:0企業情報システム

組織の風評被害に対するアンケート調査

2016/10/04組織の風評被害対策 アンケート対応方針やマニュアル整備などに課題 本誌では、メールマガジン読者者を対象に、組織の風評被害に対するアンケート調査を実施した。その結果、回答者の約15%が風評被害を受けた経験があるとしたが、ネット上での風評の監視や調査については「行っていない」とする回答が多く、風評被害が起きた際の対応方針やマニュアル整備が課題となっている実態がわかった。一方で、風評による最終的な被害としては、組織の信頼・信用力の低下、ブランドイメージへの影響、製品・サービスの売れ

2016年10月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内中堅中小企業IT市場におけるベンダー動向分析

国内中堅中小企業IT市場におけるベンダー動向分析結果を発表 中堅中小企業(従業員規模:999人以下)では、ハードウェア、パッケージソフトウェアの購入先の選定の条件として「価格」を挙げる企業が最も多く、「コモディティ化」が進む 大手ベンダーは、中堅中小企業向けビジネス強化を継続的に行っているが、特に販売パートナーに対するクラウドなどのソリューションの取り扱い支援を強化している 国内中堅中小企業IT市場では、製品の「コモディティ化」が進んでいるため、ベンダーはユーザー企業に対して包括的なサポー

2016年10月8日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

国内ITサービス市場は、2020年まで成長を継続、2015年~2020年の年間平均成長率は1.5%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる支出が成長のドライバーとなるが、同時にクラウドの影響や代替製品/サービスの存在が阻害要因として作用 DXに関わる市場機会をとらえて成長を継続するために、ITサプライヤーは事業体制の抜本的な見直しが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、

2016年10月6日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

2016年09月29日■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型の利用率は17.2% ■ 設立1年未満の中小企業・団体では、クラウドの利用率が5割超 ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が36.6%で首位 ■ クラウド会計ソフトの導入メリットは情報の集約管理とコスト削減  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月29日、国内法人におけるクラウド会計ソフト(※1)の導入実態について調査結果を発表した。この調査は、従業員300人以下の中小企業等5,015社を対象にWebアンケートを実

2016年10月5日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー売上ランキング

国内ITサービス市場ベンダー売上ランキングを発表 2015年 国内ITサービス市場のトップ5は、富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM 銀行の大型案件を中心として金融が国内ITサービス市場の成長をけん引 アクセンチュアの成長率が高く、二桁成長により売上額が1,000億円を超えた IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2015年の国内ITサー

2016年10月5日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を発表

2016年10月5日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を発表本日より7日まで東京・高輪で開催する『Gartner Symposium/ITxpo 2016』において幅広い視点から知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を発表いたしました。本レポートでは、近年ガートナーがその重要性を強調しているNexus of Fo

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ