調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2018年の国内IT市場は、スマートフォンなどにおいて需要拡大が見込まれることから、支出規模は17兆5,158億円となり、前年比成長率4.3%とプラス成長を予測。2019年まで堅調な推移を見込む。 2018年は全産業分野でプラス成長を予測。複数の産業分野で2~4%台の高い成長率を見込む。 好調な経済状況をIT投資拡大のチャンスと捉え、業務効率化と事業拡大に向け、新技術を生かしたソリューションを積極的に提案することが、ITサプライヤー

2018年6月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2018年第1四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2018年第1四半期 国内トラディショナルPC総出荷台数は、前年同期比0.1%減、313万台 法人市場は同比6.0%増、205万台、家庭市場は同比9.9%減、108万台 台数シェアは、NEC レノボグループと富士通が不動の1位と2位で、3位は僅差で日本HP IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2018年6月8日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

紙器分野におけるデジタル印刷の活用状況に関する法人アンケート調査

デジタル印刷機を導入している紙器事業者の割合は約25%ただ、サンプル・校正用途での稼動が多く、紙器以外の品目を印刷する事業者も 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、全国の紙器事業者及びその他関連企業を調査し、紙器分野におけるデジタル印刷の実態と今後の方向性を明らかにした。 紙器事業者のデジタル印刷機導入の有無、未導入事業者における導入意向について1.調査結果概要 紙器分野におけるデジタル印刷に関する事業者の関心を明らかにすべく、全国の紙器事業者に対してアンケート調査(有効回答

2018年6月8日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2019年までに、ビジネス・ユーザーがセルフサービス・ツールを用いて生成する情報分析の量は、専任のデータ・サイエンティストが生成するものを凌駕するとの見解を発表

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、2019年までに、ビジネス・ユーザーがセルフサービス・ツールを用いて生成する情報分析の量は、専任のデータ・サイエンティストが生成するものを 凌駕するとの見解を発表 参考資料【海外発プレスリリース】本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2018年5月31日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2019年までに、ビジネ

2018年6月7日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

インド、米国、英国の旺盛な投資により、2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに――アクセンチュア最新調査

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月29日インド、米国、英国の旺盛な投資により、2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに――アクセンチュア最新調査フィンテック投資は2010年から増加を続け、累計1,000億ドルに達する勢いアクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2017年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、米国、英国、インドのスタートアップ企業への旺盛な投資にけん引され

2018年6月5日NEXERフィードバック数:0企業情報システム

【まだまだ低い、NASの知名度】NASに関するアンケート

【まだまだ低い、NASの知名度】NASに関するアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo NAS」の正規販売代理店であるテックウインド株式会社と共同で「NASに関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。NASに関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo NAS」の正

2018年6月4日日本マイクロソフト★★フィードバック数:0企業情報システム

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月16日アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明一方、”つながる工場”の実現はサイバーセキュリティのリスクを伴うおそれもアクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、化学プラントの操業におけるデジタル技術の活用はいまだ初期段階にあるものの、業務管理や財務面でのメリットに対する理解が広がる中、導入に向けた取り組み自

2018年5月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月22日アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明製造業界におけるAI活用の課題はデータ品質とセキュリティ【ドイツ・ハノーバー発:2018年4月25日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査レポートによると、大半のメーカーが、自社の製品やサービスの質を向上させるために、人工知能(AI)の活用に取り組んでいることが分か

2018年5月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果

国内IT市場 LOB支出の産業分野別/企業規模別動向分析結果を発表 2018年LOB(Line of Business、事業部門)によるIT支出は4兆8,793億円、2016年~2021年の年間平均成長率は4.0%を見込み、IT部門による支出の年間平均成長率1.5%を上回る 国内IT市場全体に占めるLOB支出は約4割で推移し、増加する傾向にある LOB支出の成長率が高い産業は金融、製造、運輸、公共/公益、建設/土木 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(

2018年5月18日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月9日アクセンチュア最新調査――保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、保険会社はビジネスモデルの見直し、事業の変革と活性化に前向きに取り組むことにより、今後5年間で3,750億ドルの増収が世界全体で見込めると試算しました。アクセンチュアが世界の保険会社を対象に実施した最新調査「Ins

2018年5月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

監視カメラ世界市場は2018年に5,700万台を予測

監視カメラ世界市場は2018年に5,700万台を予測 中国企業は世界市場全体の半数以上を占め、日米欧韓の主要企業は対抗策を講じる 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は監視カメラ/モニタリング用カメラの世界市場を地域別(日本/欧州/北米/中国/アジア/中近東その他)に調査し、主要カメラメーカーの動向やIP化、HD化、リモートメンテナンス、クラウドカメラサービスなどの次世代動向を踏まえ、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の監視カメラの世界総市場規模は、メーカー出荷台数ベ

2018年5月18日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ミック経済研究所、「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の中期予測を発表

「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】~柔軟な働き方に対応することで業務効率の向上、人材確保に貢献~【発 刊】2018年4月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版146頁(ハードコピー版) 価格158,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格191,000円[3]CD-ROM版 価格316,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格449,260円

2018年5月15日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

太陽光発電分野の新市場として立ち上がる太陽光発電所セカンダリー市場

太陽光発電分野の新市場として立ち上がる太陽光発電所セカンダリー市場 ~新電力事業者や投資家の関心が高まり、2018年度の市場規模は450MWに達すると予測~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の国内の太陽光発電所セカンダリー市場を調査し、主要プレイヤーの動向やサービス開発の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 日本国内の太陽光発電所は、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取)制度による売電価格の低下や運営に適した土地の減少などにより新設の動きが鈍化してい

2018年5月15日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

2016年度のメディカルバイオニクス(人工臓器)市場規模は前年度比1.3%増の6,323億9,600万円

2016年度のメディカルバイオニクス(人工臓器)市場規模は前年度比1.3%増の6,323億9,600万円 株式会社⽮野経済研究所(代表取締役社⻑:⽔越 孝)では、メディカルバイオニクス(人工臓器)市場について調査を実施し、製品別市場規模推移、今後の成長要因、市場特性などの分析を行った。 メディカルバイオニクス(人工臓器)主要科別市場規模推移1.市場概況2016年度のメディカルバイオニクス(人工臓器)市場規模は、前年度比1.3%増の6,323億9,600万円であった。​胸部・心臓血管外科分野では

2018年5月15日ファナティック★フィードバック数:0企業情報システム

Windows Server 2008のサポート終了にともなう、 業務システムの更新計画に関する意識調査

〈受付時間〉9:00〜18:00土日・祝日・年末年始除く 〈受付時間〉9:00〜18:00 土日・祝日・年末年始休業日を除く ホーム最新ニュース[Windows Server 2008のサポート終了にともなう、 業務システムの更新計画に関する意識調査] ~ 最新バージョンへの移行準備が進められているようだが、 同時調査のWindows Server 2003利用実態から、世代交代の難しさが浮き彫りに~[Windows Server 2008のサポート終了にともなう、 業務システムの

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加[2018年5月7日]Microsoft Asia News Centerマイクロソフトは、アジア太平洋地域の製造業はデジタルトランスフォーメーションを推進することで、年

2018年5月14日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内eラーニング市場調査

拡大を続けるeラーニング市場 ~堅調推移を継続するBtoB市場、提供形態の多様化が進むBtoC市場~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)では、国内eラーニング市場について調査を実施し、BtoB、BtoC各市場の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内eラーニング市場規模は、前年度比13.2%増の2,000億円を見込む。内訳は法人向け(企業・団体内個人を含む)のBtoB市場規模が同3.9%増の620億円、個人向けのBtoC市場規模が同17.9%

仮想通貨取引に関する調査

トムソン・ロイターのウェブサイトでは、お客様のオンライン・エクスペリエンス改善のために Cookie を利用しています。本ウェブサイトにアクセスすると、お客様のコンピューター上に Cookie が保存されます。Cookie の設定は、ブラウザーから変更することができます。 日本 プレスリリース トムソン・ロイターが仮想通貨取引に関する調査を実施 5社中1社が2018年中の取引を検討 トムソン・ロイターが仮想通貨取引に関する調査を実施 5社中1社が2018年

2018年4月26日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジ人材のスキルに関する調査結果

2018年4月24日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、テクノロジ人材のスキルに関する調査結果を発表「リーダーシップ」が5年以上連続で最も改善したいスキルに『ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション・マネジメント&データセンター サミット 2018』(4月25〜27日、八芳園) において、知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本のテクノロジ人材のスキルについて調査結果を発表しました。ガートナーは、日本国内におけ

2022年までに世界で商用ドローンの50%以上が自動運転化へ

2022年までに世界で商用ドローンの50%以上が自動運転化へドローンの進化が新たな市場機会を生み出す一方で、市場拡大には法規制の整備が急務フロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年4月19日商用ドローン(無人航空機システム)市場は、人による操作が不要な自動運転ドローンや、長時間の飛行が可能なエンジンと発電機を搭載したハイブリッドドローンといったイノベーションの誕生によって、堅調な成長が今後見込まれています。フロスト&サリバンのリサーチ「商用ドローン(無人航空機システム):20

2018年4月16日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに

CA Technologiesの調査で、AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに ~日本ではAgile活用によるビジネス成長の意識が世界に比べ遅れているという結果に~ CA Technologiesは本日、日本を含む世界15カ国1,279人のIT上級管理者・経営者を対象に実施された「経営幹部への意識調査」(企業のリーダーシップや、最先端のソフトウェア・ツールや手法の導入が収益にどう関係するかを明らかにした調査)の結果を発表しました。 CA Technol

2018年4月16日IPAフィードバック数:0企業情報システム

ITサプライチェーンの業務委託におけるセキュリティインシデント及びマネジメントに関する調査

HOME情報セキュリティ「ITサプライチェーンの業務委託におけるセキュリティインシデント及びマネジメントに関する調査」報告書について 「ITサプライチェーンの業務委託におけるセキュリティインシデント及びマネジメントに関する調査」報告書について 掲載日 2018年3月26日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 近年、ウイルス感染や不正アクセスなどにより、ウェブサイトの運営委託先から大量の個人情報が漏洩した、というような報道を目にすることは珍しいものではなくなりました。このよう

2018年4月16日インプレスフィードバック数:0企業情報システム

2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円検査、農業分野が牽引し2024年度は3,711億円規模へと成長『ドローンビジネス調査報告書2018』

2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円 検査、農業分野が牽引し2024年度は3,711億円規模へと成長 『ドローンビジネス調査報告書2018』3月26日より出荷開始 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向を調査し、ドローンビジネスに関する調査結果を発表いたします。なお、本調査結果をまとめた『ドローンビジ

2018年4月12日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより目に見える形でビジネスの破壊的変化を経験する」との見解

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより 目に見える形でビジネスの破壊的変化を経験する」との見解を発表 参考資料【海外発プレスリリース】本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2018年4月9日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「2020年までに企業の75%はI&Oのスキル・ギャップにより目

2018年4月6日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」との見解を発表 2018年3月15日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」との見解を発表『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミッ

2018年4月5日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

アジアが次のAI技術開発のフロンティアに

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 アジアが次のAI技術開発のフロンティアにわずか数年間で、人工知能(AI)が大きな脚光を浴びることになり、現実離れした SF 小説の題材のような存在から、アジア中のお客様、パートナー、業界リーダーとの対話に頻繁に登場する話題となりました。AI が今日のような状況に至るまでの道筋はおよそ 70 年の長きにわたる

2018年4月5日フロスト&サリバン★フィードバック数:0企業情報システム

「2018年10のトレンド予測」

フロスト&サリバン:「2018年10のトレンド予測」を発表 2018年にテクノロジーが巻き起こす10大トレンドとはフロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年4月4日フロスト&サリバンは、2018年のビジネスや産業に最も大きな影響を及ぼすことが予測される10のトップトレンド「2018年10のトレンド予測」を発表しました。この10のトレンド予測では、日々変遷をたどるテクノロジーがもたらすグローバルトレンドを特定し、企業が今後ビジネスを展開する上で注視すべきポイントを明らかにしてい

2018年4月3日フロスト&サリバンフィードバック数:0企業情報システム

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表 2018年以降、デジタルテクノロジーのヘルスケア分野での活用がさらに進化フロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年1月19日フロスト&サリバンは、2018年のヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表しました。2018年はデジタルヘルスの普及が進み、AI(人工知能)、テレヘルス、IoMT(Internet of Medical Things:ヘルスケア分野のIoT)、ビッグデータ・アナリティクス、ロボティクスと

2018年3月29日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」との見解を発表 2018年3月15日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「2020年末まで、企業はERPを新たなデジタル・コアに転換するために、デジタル・プラットフォームへの投資の50%以上を費やす」との見解を発表『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミッ

2018年3月29日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場に関する調査

2018年03月16日 クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場に関する調査を実施(2018年) ~パブリッククラウド「導入検討中」の34社中、12社がMicrosoft Azureを検討と回答~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~2018年3月2.調査対象:国内クラウド基盤サービス提供事業者、国内民間企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリ

2018年3月29日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

データ保護、コンプライアンス、継続性確保は、クラウドサービスプロバイダにお任せ??

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対する包括的な 360 度アプローチによって、情報がどこに移動しようとあらゆる場所で保護、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援できます。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応できるように作成されており、デジタルビジネス

2018年3月19日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

主要先進国のワークプレースに関する実態調査

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、主要先進国のワークプレースに関する実態調査結果を発表、日本の働き方改革に立ちはだかる課題が浮き彫りに 2018年3月12日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、主要先進国のワークプレースに関する実態調査結果を発表、日本の働き方改革に立ちはだかる課題が浮き彫りにIT活用スキルの自己評価、活用デバイスやアプリケーションの新しさ、デジタル・スキル獲得の機会や関心の高さなどで他国に大きな遅れガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐ 人事・チェンジマネジメント・コンサルタントコラム 「攻めの働き方改革」を支えると期待されるデジタルワークフォース日本では今、旧来型の仕事の在り方を見直すべく「働き方改革」に関する検討が各方面で活発に行われています。また働き方改革関連法案が今国会に提出される見通しで、大企業を中心に「働き方改革」実行への圧力が大いに高まるものと予想されます。働き方改革は、長時間労働の是正や賃金格差の改善などの労働に関する

2018年3月15日トークノートフィードバック数:0企業情報システム

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態を発表

社内SNS「Talknote」2017年スタンプ利用実態を発表スタンプ利用数は2.3倍増、リアクションのしやすさから社員同士のスタンプ利用が標準化 〜人気スタンプはリアクションのしやすい「ありがとう」や「了解」、日常使いゆえに多様な感情表現を意識〜 社内SNS「Talknote」(https://talknote.com)を提供するトークノート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小池温男)は、この度「Talknote」利用企業のデータを基に、ビジネスコミュニケーションにおけるスタンプ利用数の

2018年3月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する 動向調査の結果を発表 2018年2月27日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表大企業では既に6割がクラウド上でのアプリケーション開発を推進、取り組みに当たっては目的と期待事項の明確化が鍵にガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、クラウド上でのア

2018年3月9日デルフィードバック数:0企業情報システム

人とマシンの協調関係に対する調査レポート

2018年2月14日デル株式会社EMCジャパン株式会社デル テクノロジーズ、人とマシンの協調関係に対する最新の調査レポートを発表人とマシンの協調関係の新たな時代に対するグローバル ビジネス リーダーの見解および準備に対する考えとはニュースの概要近づきつつある大きな可能性: ビジネス リーダーの82%が、「5年以内に自社において人とマシンが1つの統合チームとして仕事をするだろう」と予測このような未来が何を意味するのか、ビジネス リーダー間で二分化する見解: 半数(50%)が「システムの自動化によっ

2018年3月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

「ITロードマップ2018年版」をとりまとめ

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2018年3月8日コクヨフィードバック数:0企業情報システム

「書類のファイリング」に関する調査を実施

職場のファイリングでは、89%がパンチ穴の破損を経験「書類のファイリング」に関する調査を実施発表日:2018/02/15記載の内容は発表時のものです。 コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネット(本社:東京都大田区/社長:高橋 健一郎)は、オフィスの実態やお困りごとについて調査するモニターサイト「カウネットモニカ」において、2018年1月11日から2018年1月17日に全国の有職者を対象に「書類のファイリング」に関する調査を実施しました。 2穴タイプのファイリングをしている人が92%

2018年3月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内DevOpsソフトウェア市場予測を発表

小規模でDevOpsを実践する企業が増加し、2017年の国内DevOpsソフトウェア市場は前年比16.1%増 2017年~2022年の年間平均成長率は20.8%、2022年には427億円に達する DevOps向けパブリッククラウドサービス市場が高い成長 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年の国内DevOpsソフトウェア市場規模実績と2022

2018年3月5日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

2017年の国内ITサービス市場は、前年比1.4%増の5兆5,389億円と推定 2018年~2022年の年間平均成長率は1.1%、2022年の市場規模は5兆8,593億円と予測 ITサプライヤーは、自らのDXを推進し、大型案件に依存した成長モデルからの転換を急ぐべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ITサービス市場予測を発表しました。これによ

2018年2月26日ディップフィードバック数:0企業情報システム

仕事においてのAIに対する期待と不安の実態について調査]

社員・派遣・パートのお仕事・求人情報を探すなら【はたらこねっと】 > 仕事においてのAIに対する期待と不安の実態について調査 ≪仕事においてのAIに対する期待と不安の実態について調査≫AIに対して「期待している」人は56%、 理由として「エラーやミスを知らせてくれる」64%人がAIではできない仕事をするために「コミュニケーションスキル」や 「ホスピタリティ」を身に付ける報道関係者各位 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮)は、自社で運営する総合求人

2018年2月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年2月9日アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要AIをさらに活用することにより、2022年までに収益を38%、雇用水準を10%向上させることが可能に【スイス、ダボス発:2018年1月22日】 アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、企業経営者が、従業員による人工知能(AI)などのインテリジェント テクノロジーの活用を促さ

企業におけるロボットのビジネス活用動向調査 ロボットの導入・活用に取り組む企業の実態とは?

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2018年2月26日IBM★フィードバック数:0企業情報システム

IBMの「IDの未来に関する調査」

IBMの「IDの未来に関する調査」:認証の情勢を一変させようとしているミレニアル世代 若年層はパスワードにルーズであり、生体認証や多要素認証についてより使い慣れていると感じています現在、人々はアプリにログインする際、利便性よりもセキュリティーを優先しています TOKYO - 30 1 2018:2018年1月30日 [米国マサチューセッツ州ケンブリッジ - 2018年1月29日(現地時間)発]IBMセキュリティーは本日(現地時間)、デジタルIDや認証に対する消費者の考え方について調査したグローバ

2018年2月21日日経xTECH★★フィードバック数:0企業情報システム

大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表

総合トップIT経営速報大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表 2018/02/09 大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表  システムインテグレータやリセラーといったIT業界のパートナー企業に製品ベンダーや通信サービス事業者などについての評価を尋ねる「パートナー満足度調査」は今回が20回目。「PCサーバー」などのハードウエア製品と「データベースソフト」などのソフトウエア製品、「ネットワークサービス」などの合計18部門で満足度を調べた。 18部

2018年2月21日IDC Japan★★フィードバック数:0企業情報システム

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査

2021年までに、デジタルトランスフォーメーションが日本のG...| 2021年までに、デジタルトランスフォーメーションが 日本のGDPに約11兆円貢献する見通しアジア15ヵ国・地域の1,560人のビジネス意思決定者を対象とした マイクロソフトとIDCによる調査結果 日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificがアジア15ヵ国・地域の1,560人のビジネス意思決定者を対象としたデジタルトランスフォーメーショ

2018年2月20日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2020年までに顧客サービス/サポート業務の25%が仮想顧客アシスタントを使用するとの見解を発表

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、2020年までに顧客サービス/サポート業務の25%が仮想顧客アシスタントを使用するとの見解を発表 2018年2月19日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2020年までに顧客サービス/サポート業務の25%が仮想顧客アシスタントを使用するとの見解を発表『ガートナー カスタマー・エクスペリエンス サミット 2018』(2月19〜20日) において、カスタマー・エクスペリエンス・リーダー向けの10の展望を発表ガートナー ジャパン株式会社

2018年2月19日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~

日経BPコンサルティング コーポレートサイト HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」 「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ