調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月27日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査

導入検討時、Web上の情報収集は、半数が「スマートフォン」を活用 企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査導入検討時、Web上の情報収集は、半数が「スマートフォン」を活用入力フォームがスマートフォン未対応だと、3人に1人が離脱調査結果サマリー導入検討時のWebでの情報収集は、半数が「スマートフォン」Webサイトで情報収集をする人のうち、スマートフォンを活用することが「非常に多い」と答えた人は19.8%、「比較的多い」と答えた人は28.7%でした。一方、パソコンを活用することが「非常に多い

2017年4月26日IPAフィードバック数:0企業情報システム

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について掲載日 2017年4月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュ

2017年4月26日富士通★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル革新の動向・実態調査

ホーム >プレスリリース >世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施 PRESS RELEASE 2017年4月18日富士通株式会社世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革

2017年4月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

国内PLM市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月17日 国内PLM市場に関する調査を実施(2017年) ~製造業の設備投資が好調で市場は堅調、デジタライゼーションが新たな事業機会を生むと予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のPLM市場についての調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年3月2.調査対象:PLMシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<PLMとは>PLM(Product Lifecycle Management)とは

2017年4月24日GfK★フィードバック数:0企業情報システム

企業の情報化投資に関する調査

「企業の情報化投資に関する調査」 - タブレット、スマートフォンの導入率は6割へ GfKジャパン(東京:中野区)は、企業の情報化投資動向を把握するため、全国1,461事業所を対象にインターネット調査※を実施した。調査結果より、携帯情報端末の導入や新しいワークスタイルの導入について発表した。 【概要】・企業におけるタブレット、スマートフォン、フィーチャーフォンの導入率は約6割。・「在宅勤務」などの新しい働き方の増加に伴い、Web接続カメラの導入が増加見込み。 【携帯情報端末の導入状況】全国1

2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

2017年04月14日 デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者3.調査方法:郵送アンケート調査

2017年4月23日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末)

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末) 2017年04月13日■ 会計ソフト利用者の内、クラウド会計ソフトの利用率は13.2%■ クラウド会計ソフトの認知度は16年12月調査より3.8ポイント増の69.5%■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が56.8%、マネーフォワードが19.9%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は、個人事業主(1万7,420事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、2017年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。本調査では

2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析結果を発表 2017年の国内IT市場におけるLOB(事業部門:Line of Business)によるIT支出は3兆7,697億円で、2015年~2020年の年間平均成長率は3.1%と予測 国内IT市場全体に占めるLOB支出は3割強で推移、IT部門支出の成長率を上回ると予測 LOB支出の割合が高い産業は製造、小売、情報サービス、建設/土木 国内企業では、マーケティングなど、LOBのIT支出が進む業務領域がある一方で、IT部門が標準化を

2017年4月20日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査

2017年4月12日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査結果を発表国内企業のIoTへの取り組みは緩やかに前進、経営者の姿勢が鍵に『ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017』(4月26〜28日、東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供 ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のIoTへの取り組みに関する調査結果を発表しました。

2017年4月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査

~ 基幹系システムデータのビジネス活用、PaaSニーズが拡大 ~国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査結果を発表 「企業のグローバル展開」「データの活用」がEAソリューション市場の重要な成長要因 2017年以降の製品導入ではIaaS/SaaS に加え、システム連携とデータ活用でPaaS需要が上昇 製造業のデジタル化は、生産情報やルールのデジタル化から、IoTなど多様なIT活用で設計と製造のコラボレーションへと今後数年かけて高度化を図る IT専門調査会社

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

TECHVISION:世界を変革する新興テクノロジートップ50テクノロジーが生み出す数兆ドル規模の新たなビジネス機会グローバル規模でイノベーションとビジネス成長を実現する新興テクノロジートップ50o免疫エンジニアリングo遺伝子編集oがん・腫瘍プロファイリングo予測バイオマーカーoooooo人工知能(AI)自然言語対話ハイパーコンバージドシステムスモールデータo ブロックチェーンooo5Go複合現実 (Mixed Reality)oヒト・マイクロバイオミクス(Human Microbiomics)

2017年4月12日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査

2017年4月4日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表クラウド全体の採用率は引き続き微増ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表しました。 2017年1月に実施した調査の結果、日本におけるクラウド・コンピューティングの採用率は平均して2016年から0.8ポイント増加し、2017年は16.9%という結果にな

2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-47

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場の、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2021年に62%に達する 国内企業の多くがデジタルビジネス売上を成長させるべく、IoTに関連するクラウドプラットフォーム、アナリティクス、導入/運用サービスなどに対する支出を拡大しつつある IoTに関わるROIの算定やセキュリティ対策を事前に予測することは困難。企業の経営者は本番環境でIoT運用する中でそれらを徐々に見極めていく「アジャイル的」な思想が必須に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2017年4月12日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月10日 国内M2M市場に関する調査を実施(2017年) ~M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のM2M市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年3月2.調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー、ユーザ企業等3.調査方法:当社専門

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

国内IoT向けITサービス市場支出額は2016年に急拡大。前年比96.9%増、548億円 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率64.8%で成長、2021年には6,670億円に IoT向けサービス事業者は、IoTの価値を最大化するための部門/企業/産業間を横断したデータ活用において、その連携を支援し「バリューチェーンをつなぐ」役割が重要になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年4月11日all engineer.jp★フィードバック数:0企業情報システム

「人工知能(AI)」に関するアンケート調査

エンジニアのためのキャリア応援マガジンmenu首を切られても、可能な限り瞬きを続けてやる!- アントワーヌ・ローラン・ラヴォアジェ(化学者) - 人工知能(AI)の有望な活用法、製造系エンジニアはどう考える?~現時点で最も実用的なのは「自動運転」(36.3%)。「救助ロボット」に伸びしろを感じるエンジニアも多数~ポイント現時点で最も実用的なAI活用は「自動運転」(36.3%)。「スマート工場」「製品設計の支援」も2割前後が実用的と評価製造系エンジニアの2人に1人、「自動運転」に将来性を感じる 伸

2017年4月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

SDNおよびNFVに関する国内市場予測

いずれの領域でも顕著な進展を見せた2016年の国内SDN市場は、355億円規模に成長 ベストプラクティスを得つつあるデータセンターSDN市場は、2021年にかけて年間平均成長率30.2%で成長し、2021年には777億円に 運用管理体制の整備や処理能力の不足といったNFV導入の課題克服には、通信事業者とベンダー双方の積極的な働きかけが必須 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3

2017年4月9日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:森 俊哉、以下:KPMGコンサルティング)はこのたび、KPMGが世界規模でテクノロジー企業のシニアエグゼクティブを対象に実施した「破壊的技術(Disruptive Technology)」に関する意識調査レポート、『破壊される破壊者 - 破壊的技術の兆候:テクノロジー

2017年4月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年 国内サーバー市場動向

2016年の国内サーバー市場規模は、前年比12.8%減の4,421億円 メインフレームとその他のサーバーの出荷額が2桁のマイナス成長、前年の大型案件の反動と更新需要の一巡が背景 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。2016年の国内サーバー市場規模は4,421億円で、前年から12.8%減少しました(図1)

2017年3月31日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年2月分)

2017年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は58万9千台(前年比114.7%)となった。うちデスクトップ:15万3千台(同113.3%)、ノート型:43万6千台(同115.2%)であった。ノート型比率は74.1%であった。○出荷金額は536億円(前年比114.5%)となった。うちデスクトップ:129億円(同103.1%)、ノート型:406億円(同118.6%)であった。2月は、台

2017年3月31日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

「企業IT利活用動向調査2017」の速報

国内企業の情報セキュリティ支出は2017年度も拡大の見込み改正個人情報保護法には、駆け込みでの対応が多数派JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2017」の速報結果を発表 2017年3月27日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業653社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査20

2017年3月30日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

供形態別国内予算管理市場規模推移および予測

2015年度の予算管理市場は前年度比8.3%増、2016年度は同36.3%増の大幅増提供形態別では、2017年度にはSaaSがパッケージを逆転ITRが提供形態別国内予算管理市場規模推移および予測を発表 2017年3月23日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の提供形態別予算管理市場規模推移および予測を発表します。 国内予算管理市場の2015年度の売上金額は、前年

2017年3月29日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内ストレージ需要動向調査

2017年 国内ストレージ需要動向調査結果を発表 ストレージ容量の増加理由の第1位は、「長期保存が必要なデータの増加」 「データ保護や災害対策」など複製データの増加も容量需要をけん引 データ管理戦略では「セキュリティ」「高速化」「低コスト/大容量/長期保存」が重視する上位3項目 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年版の国内ストレージ需要動

2017年3月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表 2020年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,422億9,600万円、2015年~2020年の年間平均成長率は10.7%と予測 2016年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の前年比成長率は2.6%、スケールアウトソリューションへのシフトが進む データの急速な増加とデータ活用の重要性の高まりを背景に、拡張性や運用管理の効率性への評価が高まる。データ活用基盤としての将来像を提示した展開が重要となる

2017年3月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績を発表 2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は1,830億5,000万円で前年比8.9%減 オールフラッシュアレイは168億5,900万円で同84.3%増 テクノロジーの変化をビジネス機会に生かす能力がシェアに影響する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-355

2017年3月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター延床面積予測

国内事業者データセンター延床面積は2016年末時点で203万3,540平方メートル。2021年末には220万319平方メートルに達する見込み クラウドサービス向け大規模データセンターの増設が成長要因 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内事業者データセンター(DC)の延床面積を発表しました。これは、ITベンダー、ITサービス事業者、通信事業者、クラウド

2017年3月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

PaaS市場規模推移および予測

2015年度のPaaS市場は74.4%増と高成長、2020年度は約6倍の市場規模を予測ITRがPaaS市場規模推移および予測を発表 2017年3月14日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のPaaS市場規模推移および予測を発表します。 国内PaaS市場の2015年度の売上金額は前年度比74.4%増と、高い成長となりました。デジタルイノベーションによる新規ビジネス

2017年3月22日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2017年 ERPリプレース提案で差をつけるための3つのポイント

2017年 ERPリプレース提案で差をつけるための3つのポイント

2017年3月17日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

Select Region/CountryAsia/PacificAustraliaChinaHong KongIndonesiaKoreaMalaysiaNew ZealandPhilippinesSingaporeTaiwanThailandVietnamCanadaCentral & Eastern EuropeBelarusBulgariaCroatiaCzech RepublicHungaryKazakhstanPolandRomaniaRussia and CISSloveniaUk

2017年3月15日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2021年までのITロードマップ チャットボット

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2017年3月11日F5 Networksフィードバック数:0企業情報システム

2017年版 アプリケーションデリバリの状況

F5ネットワークス、「2017年版 アプリケーションデリバリの状況」の 調査結果を発表セキュリティへの懸念がアプリケーションサービスを急速に普及させる大きな要因に クラウドシフトによって「セキュリティ」が「可用性」を初めて上回り、アプリケーション展開の最重要課題にF5 Networks (NASDAQ: FFIV)は、「2017年版 アプリケーションデリバリの状況(2017 State of Application Delivery)」の調査結果を発表しました。本調査は、F5の全世界のお客様を対

2017年3月10日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 製造業のIoT投資意向を左右する訴求方法の違いに関する分析

2017年 製造業のIoT投資意向を左右する訴求方法の違いに関する分析

2017年3月9日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

日本企業のデジタル化は進展しているのか?~JUASとの共同アンケート「デジタル化の進展に対する意識調査」~

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について[2017年3月1日]マイクロソフトによるアジア地域における調査から、他地域との傾向の違いが明確に(Posted by: 岡部 一志コーポレートコミュニケーション本部 本部長)マイクロソフトは、この度、アジアの13か国・地域※のビジネスリーダーを対象に、最新テクノロジの活用とビジネス変革について調査した「Microsoft Asia Digital Transformation Study」(回答者数:日本の115人を含む1,4

2017年3月6日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

教育機関のIT導入に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年11月から2017年1月にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「教育機関のIT導入に関する読者調査」を実施した。調査対象としたのは、学校や学習塾、教育委員会など、教育機関でのIT製品/サービスの導入に関与する読者だ。調査結果からは、読者の勤務先や管轄下の教育機関がIT導入を進める上での課題や目的、導入中または検討中のIT製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。

2017年3月3日RightScaleフィードバック数:0企業情報システム

2017 RightScale State of the Cloud Report

Compare Hybrid Cloud Management SolutionsFind out which solutions lead the pack with mature governancecapabilities, embedded cost analytics, and the best hybrid cloudAPIs and external tool integrations in The Forrester Wave™:Hybrid Cloud Management S

2017年3月3日マカフィーフィードバック数:0企業情報システム

Building Trust in a Cloudy Sky(クラウド環境の信頼性の向上―クラウドの普及度とセキュリティの現状)

インテル セキュリティ調査 IT部門が抱えるクラウドのセキュリティ上の課題が明らかに ~ 企業内で利用されているクラウド サービスの約40%にIT部門が関与していない事実が判明 このシャドーITの拡大により、企業のセキュリティ リスクがさらに増大 ~2017年2月27日※当資料は、2017年2月13日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳に、日本独自の内容を追加しています。ニュース・ハイライト世界12カ国の回答者の約70%、日本の回答者も73%がパブリック クラウドを信頼すると回答世界12カ国

2017年3月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

2016年の国内ITサービス市場は、前年比1.4%増の5兆4,515億円と推定 2016年~2021年の年間平均成長率は1.1%、2021年の市場規模は5兆7,674億円と予測 国内ITサービス市場をけん引してきた大規模なシステム構築案件が減少傾向にある中、ITサプライヤーには変化する市場環境への抜本的な対応が求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月24日アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠【バージニア州アーリントン発 2017年2月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関が民間企業との人材獲得競争に勝ち、スキル格差の拡大に対処するためには、デジタル技術に精通した若い人材の獲得・定着に向けて、機械学習や人工知能(AI)、生体認証など先進技術の

2017年3月1日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年02月24日 フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてフォースフィードバックデバイス世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年1月2.調査対象:フォースフィードバック用アクチュエータメーカー、駆動IC メーカー、ソフトウェアメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<フォースフィードバックとは>スマートフォンやゲー

2017年2月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内Software-Defined Storage市場予測

2020年の国内Software-Defined Storage市場は758億円、2015年~2020年の年間平均成長率は31.1%と予測 2016年の国内Software-Defined Storage市場は前年比成長率39.8%と高成長 ストレージの調達コストや運用管理コストの削減ニーズに応えるソリューションとして国内市場に普及 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556

2017年2月27日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ERP投資額シミュレーションに基づくソリューション訴求の優先度決定

2017年 ERP投資額シミュレーションに基づくソリューション訴求の優先度決定

2017年2月27日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

中堅・中小企業のIT投資に影響を与えるビジネス環境の変化

中堅・中小企業のIT投資に影響を与えるビジネス環境の変化

2017年2月26日CBREフィードバック数:0企業情報システム

データセンターに関するレポート

Turn on more accessible modeTurn off more accessible modeSkip Ribbon CommandsSkip to main content

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する 高い成長性が期待されるユースケースは、農業フィールド監視、小売店舗内個別リコメンデーション、院内クリニカルケア、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマートアプライアンス 2020年以降もベンダーがIoTビジネスを継続的に成長させるためには、新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携を進

2017年2月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ERP/業務ソフトウェアの導入実態アンケート調査を実施(2016年)

2017年02月20日 ERP/業務ソフトウェアの導入実態アンケート調査を実施(2016年) ~財務・会計システムでは、オンプレミスからクラウドへのシフトが進む見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、ERPや業務ソフトウェアの導入実態と今後の動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~12月2.調査対象:日本国内の民間企業及び地方自治体等551社・団体3.調査方法:郵送アンケート調査<ERPとは>ERP(Enterprise

2017年2月24日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoTソリューション市場展望2016年度版

IoTソリューション市場展望2016年度版IoTソリューション市場展望2016年度版【発 刊】2017年1月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版299頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には

2017年2月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:ビジネスで勝ち抜くためのシステム連携基盤構築指針 ~連携基盤ツールによるサステナブル企業システム確立~

ホワイトペーパーITR White Paper:ビジネスで勝ち抜くためのシステム連携基盤構築指針 ~連携基盤ツールによるサステナブル企業システム確立~執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2017-01かつて多くの企業が、巨大な単一システムで自社ビジネスをグローバル規模で支援する構想を持っていたが、それは夢に終わった。現在必要なことは、ビジネス環境の変化や続々登場する革新的なテクノロジに対して柔軟かつ迅速に適応する企業システムであり、それは多種多様なアプリケーションの集合体となる。このような時代に

2017年2月21日デル★★フィードバック数:0企業情報システム

IT動向調査

デル、中堅企業400社以上を対象にした「IT動向調査」結果と中堅企業向け事業戦略を発表 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:)は、2016年12月~2017年1月にかけて中堅企業の顧客400社以上を対象に実施したITの投資規模、動向や姿勢に関する「IT動向調査」の結果を発表しました。デルは、本調査の結果をもとに、現在の中堅企業を取り巻くIT環境の状況を把握し、中堅企業向けサービスの更なる向上を目指します。「IT動向調査」の結果をもとに、デルは従来は不透

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ