調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測

国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測を発表 IoTにおいて、センサーやデバイス/端末の近くで分散処理を行うためのエッジコンピューティング拠点を、エッジマイクロデータセンターと呼ぶ エッジマイクロデータセンターは、サーバー、ネットワーク機器、ストレージから構成され、都市部や、建物/店舗などに設置、端末とのデータ通信/処理で高いレスポンスを実現 コネクテッドカーや製造オペレーションのIoTの取り組みが進むため、国内エッジマイクロデータセンター数は、2017年末の1,037か所から

2018年1月23日MMDLaboフィードバック数:0企業情報システム

公衆無線LAN利用者実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 公衆無線LAN利用率69.4%、10代利用者が最も多く84.8%、提供元不明の公衆無線LANの利用経験17.5%、「利用への抵抗ない」55.5% 公衆無線LAN利用率69.4%、10代利用者が最も多く84.8%、提供元不明の公衆無線LANの利用経験17.5%、「利用への抵抗ない」55.5% MMD研究所は、マカフィー株式会社(本社:東京都

2018年1月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第3四半期 国内サーバー市場動向

2017年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 2017年第3四半期の市場規模は1,196億円、2四半期連続で前年同期比プラス成長 メインフレームとx86サーバーが、市場全体のプラス成長を牽引 ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第3四半期(7月~9月)の

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内IT市場の主要10項目

~ デジタルネイティブ企業への変革 ─ DXエコノミーにおいてイノベーションを飛躍的に拡大せよ ~ 2018年 国内IT市場の主要10項目を発表 デジタルネイティブ企業が出現し、デジタルの文化を持つベンチャー企業と組んだ新ビジネスの創出が始まる 企業の成長と存続を左右するDXへの支援能力が、ITサプライヤーの選択基準になる 労働生産性の向上や柔軟な働き方の必要性が企業で高まり、働き方改革に向けたICT市場が成長する 発展が続くクラウドは第2世代(クラウド2.0)に進化し、IT変革が加速する

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測を発表 2017年の国内エンタープライズインフラストラクチャ市場全体の市場規模は、前年比0.9%減の7,213億900万円 クラウド向けインフラストラクチャの出荷は、同16.2%増の1,974億4,800万円 国内エンタープライズインフラストラクチャ市場全体では縮小傾向にあるが、クラウド向けインフラストラクチャは成長が見込め、2016年~2021年の年間平均成長率が7.4%、2021年の市場規模は2,431億600万円と予測

2018年1月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

世界AR/VR関連市場予測

2021年の世界AR/VR関連支出は1593億ドルと予測、2016-2021年の年平均成長率は98.8% 地域別では米国と日本を除くアジア太平洋地域の成長期待が高い 日本の成長見込みは低水準。教育分野での利用が課題 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality:拡張現実)/VR(Virtual Reality:仮

2018年1月17日Genpactフィードバック数:0企業情報システム

The workforce: Staying ahead of artificial intelligence(労働者:人工知能の一歩先を行く)

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 前評判とは異なり、人工知能が自分の仕事を脅かすと考えている従業員は少数であることがジェンパクトの最新の調査で明らかに~3回シリーズの調査の第2弾、次世代の従業員が準備する方法について深い懸念~ * 2017年11月14日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。デジタル・トランスフォーメーションを支援するグローバル・プロフェッショナル・サービス企業のジェンパクト(Genpact Limite

2018年1月16日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向

国内データセンター向けネットワーク機器市場動向を発表 国内データセンター向けネットワーク機器市場は、低成長時代に突入。2016年~2021年の年間平均成長率1.3% 製品分野別でも、イーサネットスイッチは成長が鈍化、ADC(Application Delivery Controller)はほぼ横ばいと予測 リーダーであるシスコシステムズ、F5ネットワークスは市場における地位を保持。注目を集めるアリスタネットワークスは引き続きシェアを拡大 IT専門調査会社 IDC

デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表500社の平均売上高成長率は前年から27ポイント増の600%で引き続き上昇 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2017年12月11日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表しました。 500社の平均売上高成長率は

State of Object Storage

ウエスタンデジタル、「State of Object Storage」の調査結果を発表 オブジェクトストレージへ移行する企業は9割以上の見込み ビッグデータアナリティクスやIoTなどの次世代アプリケーションがクラウドアーキテクチャやオブジェクトストレージへの移行を促進 データストレージ技術とソリューションを提供するグローバルリーダーであるウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下、ウエスタンデジタル)は本日、451 Researchの協力のもとで初めて実施した年次調査「非構造

2018年1月15日Teradataフィードバック数:0企業情報システム

AIの活用に関する調査結

[2017年10月11日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です] テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、260社のグローバル大手企業を対象に、「AI」の活用に関する調査※を実施しました。その結果、回答企業の80%が現時点でAIに投資しているが、ビジネス・リーダーの3人に1人は、競合企業と同等の投資を維持するためには、今後3年間にさらなる投資が必要と考えていることが分りました。また、AI導入に関わる課題解決に戦略的に取り組むため、経営幹

2018年1月13日JETROフィードバック数:0企業情報システム

欧州企業のIoT活用事例調査(2017年12月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州では、ドイツのインダストリー4.0に代表される産業デジタル化イニシアチブがEU

2018年1月10日Dell Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

Dell Technologies 2018 Predictions ? Entering the Next Era of Human Machine Partnerships

Skip to contentJoin our community of Dell Technologies blog readers and never miss another post by subscribing to our email newsletter. Fill out the brief form below and you will get a confirmation e-mail for your subscription. Emerging TechnologiesD

2018年1月10日スマートキャンプフィードバック数:0企業情報システム

クラウド事業者が選ぶ2017年SaaS業界「10大キーワード」1位は○○! Dropbox、freeeなど【ボクシル調査レポート】

クラウド事業者が選ぶ2017年SaaS業界「10大キーワード」1位は〇〇!Dropbox、freeeなど【ボクシル調査レポート】 3位「インサイドセールス」、2位「セールス・マーケの連携強化」、第1位は? クラウドサービス比較サイト「Boxil(ボクシル)」(HP: https://boxil.jp/)を運営するスマートキャンプ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古橋 智史、以下、当社)は、SaaS・クラウドサービス提供企業に「SaaS業界2017年のキーワード」に関する独自アンケートを行い

2017年12月27日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査

国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査結果を発表 人口減少、企業流出が深刻化する大都市圏以外の地域を対象として、政府を中心に地方自治体、地域金融機関において「地方創生」施策を積極的に展開 「地方創生」施策の中でも「地域企業/個人事業主支援」および「住民生活の改善」を目的とした施策によって、SMBのIT支出の促進が見込まれる ITサプライヤーは、地方自治体、地域金融機関と連携して「地方創生」施策を積極的にリードすることにより、地方のSMBのIT支出を喚起させることが

2017年12月26日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

ITナビゲーター2018年版

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

「クラウド型車両管理・動態管理システム」の市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果「クラウド型車両管理・動態管理システム」 の市場動向通信型車載器(※)を用いて、走行中の業務車両の状況を可視化する「クラウド型車両管理・動態管理システム」 の市場は、• 2016年の国内利用台数は46万台、市場規模は131億円• 2022年には利用台数168万台、市場規模は511億円と予測• 法的規制強化と車両管理業務の効率化、ドライバーの減少・高齢化などが市場を押し上げる (*)カーナビ、デジタルタコメーター、ドライブレコーダー、OBD(

2017年12月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出額予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出額予測を発表 2017年の国内IT市場は、今回から調査対象となったビジネスサービス、IaaSのほか、スマートフォンが牽引し、支出規模は16兆5,775億円、前年比成長率3.9%とプラス成長を予測 2017年は地方自治体を除いた各産業分野でプラス成長を予測するが、特に組立製造、プロセス製造、情報サービス、建設/土木において比較的高い成長率を見込む ユーザー企業のIT支出動向の変化が顕著になっている中、ITの枠を超えてニーズに適したソリューションの提案を行う

2017年12月26日Black Duck Softwareフィードバック数:0企業情報システム

オープンソースソフトウェアの2018年トレンド予測

[] オープンソースの安全性確保と管理の自動化ソリューションの分野で世界最大手のBlack Duck Software, Inc. (日本法人:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社、東京都渋谷区、以下Black Duck)は本日、2018年のオープンソースソフトウェアに関するトレンド予測を発表しました。1.機械学習が指数関数的に増加:Black Duck Open Source Rookie Awardを受賞した、Amazon DSSTNEのようなオープンソースプロジェクトがこの流れを牽引。理

「AI脅威論」への考えを聞いたアンケート調査

Cookieの使用について本ウェブサイトでは、ユーザーにウェブサイト上のサービスを最適な状態でお届けするためCookieを使用しています。ブラウザの設定(Cookieの無効化等)をそのまま変更せずに閲覧される場合は、弊社ウェブサイト上の全ページでCookieを受信することに同意したものとみなします。ご希望であれば現在のCookieの設定はいつでも変更することができます。詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。 会社員の6割「AIに仕事を奪われない」と予想。 高プロvs一般職 年

2017年12月26日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

RPAが牽引する業務自動化ソリューションの市場動向2017年度版

RPAが牽引する業務自動化ソリューションの市場動向2017年度版RPAが牽引する業務自動化ソリューションの市場動向2017年度版【発 刊】2017年10月30日 【資料体裁・価格】[1]A4版250頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ

2017年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2017年)

2017年11月28日 国内企業のIT投資に関する調査を実施(2017年) ~進むデジタライゼーション 4割超の企業でIT活用の割合が増加と回答~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~10月2.調査対象:国内の企業、公的団体・機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査併用<本調査における国内民間企業のIT投資市場規模>本調査では国内民間企業のIT投

2017年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内公共分野における第3のプラットフォームの最新活用動向

国内公共分野における第3のプラットフォームの最新活用動向を発表 国内第3のプラットフォーム市場の公共分野(官公庁/医療/教育)は、2017年までは他の産業分野と比較して低い成長率、2018年以降は高い成長率で拡大 公共分野では、モビリティ、ソーシャルネットワーク活用が進むが、クラウド、データアナリティクスを導入する組織、団体は一部に留まる ITサプライヤーは、多くの公共分野の組織、団体が課題として挙げる業務効率化、人材不足解決を目的にした第3のプラットフォームの提案を積極的に行うことが有効

2017年12月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表 2016年の国内インフラストラクチャサービス市場規模は2兆4,913億円 2016年~2021年の年間平均成長率は1.0%、2021年の市場規模は2兆6,235億円と予測 ハイブリッドクラウド/マルチクラウドを含む企業ITインフラ全体の運用管理が成長を牽引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、

データヘルスの市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 データヘルスの市場動向データヘルス事業領域の市場規模は、→ 2016年度で推定2,172億円2023年度には2,376億円の市場になると予測→ 分野別では「特定健診・特定保健指導」が9割を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、データヘルスの市場動向に関する調査を行い、このほどその結果をまとめましたのでお知らせいたします。 加入者の健診・レセプ

2017年12月12日ATLASSIANフィードバック数:0企業情報システム

Serverlessconf 2017 意識調査アンケート

11月3日(金) に開催された Serverlessconf 2017 に協賛し、ブース出展をしてきました。今回も、RubyKaigi と同様にサーバーレス技術の市場におけるアトラシアンの利用率および今後のサービス向上のためのデータを集めることを目的としています。特に、アトラシアンにはいわゆるプッシュ型の営業チームがおらず、口コミをベースにビジネスを行なっています。したがって、今回の様な機会を通じてユーザーと直接会いフィードバックを受けることで、現状の確認を行っています。今回は、ブースにて92人

2017年11月17日クラウドポートフィードバック数:0企業情報システム

2017年度 上半期ソーシャルレンディング業界レポート

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」。2017年度 上半期ソーシャルレンディング業界レポート公開! 急成長を続けているソーシャルレンディング市場規模 ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」( https://www.crowdport.jp/ )を運営する株式会社クラウドポート(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田雄一郎)は、10月31日、2017年上半期ソーシャルレンディング業界レポートを公開しました。この結果、ソーシャルレンディング市場は2017年度もさらに急成

2017年11月17日Verizonフィードバック数:0企業情報システム

2018年にエンタープライズITの変革を推進する7つのテクノロジートレンド Verizon

[] ベライゾンジャパン合同会社(東京都千代田区、執行役員社長:藤井一弘、以下「ベライゾン」)は、本日2018年エンタープライズITの変革を牽引すると予想される7つのテクノロジートレンドを発表しました。2018年は、グローバル企業や政府機関が、テクノロジーの活用によって顧客への対応を向上させ、競争力を高め、市場における差別化を加速させることに注力するなど、まさに変革の年となります。ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)やモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などここ数年のう

Global Semiconductor Industry Posts Highest-Ever Quarterly Sales

Global Semiconductor Industry Posts Highest-Ever Quarterly SalesWorldwide Q3 sales increase 10.2 percent compared to Q2; September sales increase 22.2 percent year-to-year and 2.8 percent month-to-monthWASHINGTON—Oct. 30, 2017—The Semiconductor Indus

2017年11月17日YouGovフィードバック数:0企業情報システム

7 in 10 Singaporeans believe robots will take jobs away from many of us

7 in 10 Singaporeans believe robots will take jobs away from many of usNew YouGov research reveals 43% of 18-29 year olds believe a robot could do their job at least as well as themVisions of a utopic society, where robots do all the work while human

2017年11月16日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年「提案⇒販売⇒導入⇒保守」の各段階で販社/SIerがやるべきこと/避けるべきこと

2017年「提案⇒販売⇒導入⇒保守」の各段階で販社/SIerがやるべきこと/避けるべきこと

2017年11月16日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」6割以上が「AIによる個人情報収集に不安を感じる」調査結果サマリー約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」現在、AIやロボットは、音声や話し方、見た目が人間らしいものから、そうでないものまで幅広く存在しています。AIやロボットの音声や話し方、見た目について、「人間らしい方がよい」と思っている人は2

2017年11月16日オラクルフィードバック数:0企業情報システム

企業の管理職を対象にした働き方改革とデジタル活用に関する調査

日本オラクル、企業の管理職を対象にした働き方改革とデジタル活用に関する調査結果を発表働き方改革の取り組みは労働時間削減が大多数、ビジネス成長を意識した取り組みとデジタル活用は不十分であることが明らかにTokyo, Japan—2017/11/01 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、働き方改革への取り組みとデジタル活用について管理職の立場からみた取り組みの現状、課題や効果、今後の期待に関する意識調査を行いました。同調査によって、

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング、トップ3は東レ、東洋紡、大王製紙

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング、トップ3は東レ、東洋紡、大王製紙 弊社はこのほど、独自に分類した「繊維・紙・パルプ」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「繊維・紙・パルプ業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 東レ、2位 東洋紡、3位 大王製紙となりま

【食品】特許資産規模ランキング、トップ3は味の素、NESTEC、サントリーホールディングス

【食品】特許資産規模ランキング、トップ3は味の素、NESTEC、サントリーホールディングス 弊社はこのほど、独自に分類した「食品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「食品業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 味の素、2位 NESTEC、3位 サントリーホールデ

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 富士フイルム、2位 三菱ケミカル、3位 住友化学となりました。【

2017年11月15日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業が販社/SIerから導入するIT商材種別の変化

2017年中堅・中小企業が販社/SIerから導入するIT商材種別の変化

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

Gartner Predicts 2018

ホーム − 2017年 プレス・リリース −ガートナー、2018年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望 「Gartner Predicts 2018」を発表 参考資料 【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。 本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2017年10月31日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2018年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望

2017年11月14日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内PaaS市場予測

2016年 国内PaaS市場規模は、820億円、前年比成長率は30.5% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続 2016年~2021年の年間平均成長率は26.0%、2021年の市場規模は 2,602億円と予測 ITサプライヤーはDX推進に適するPaaSを活用したDevOps型の開発を進めるために組織的な取組みを行うことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年11月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査

2017年 国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表 DevOpsを実践している企業は20%、サービス企業の実践率が最も高い ITライフサイクルの効率化とITコスト削減がDevOpsを実践している主な要因 IT部門とビジネス部門の強い連携によってコミュニケーションと文化の壁を破ることがDevOps成功の鍵となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-

2017年11月14日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小市場における販社/SIerの導入社数シェアと導入効果の関連

2017年中堅・中小市場における販社/SIerの導入社数シェアと導入効果の関連

2017年11月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ストレージサービス市場実績および予測

国内ストレージサービス市場実績および予測を発表 国内ストレージサービス市場の2016年~2021年の年間平均成長率をマイナス0.5%、2021年の市場規模を2,008億9,500万円と予測 ストレージソフトウェア機能の進歩による構築作業の簡素化とオンプレミスのストレージインフラに向けた支出漸減、製品の低価格化が主な縮小要因 モバイル、ビッグデータ、IOT、コグニティブ/AI/機械学習などに関連したアプリケーションに向けた柔軟性の高いストレージインフラの設計コンサルティングの需要は拡大

Trend Watch 2018

NI Trend Watch 2018技術​は​かつて​ない​ほど​の​スピード​で​進歩​し​てい​ます。​そこで​熟考​すべ​き​は、​私​たち​が​将来​目指す​場所​と​そこ​へ​辿​り​着く​ため​の​手段​に​他​なり​ま​せん。​NI​トレンドウォッチ​は、​加速​し​ながら​やってくる​未来​を​見​据​え​つつ、​エンジニア​が​直面​する​で​あ​ろう​重要​な​技術​動向​や​課題​について​洞察​を​導​き​出し​ます。 モノ​を​適切​に​管理​する​た

2017年11月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年10月26日アクセンチュア最新調査――デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能「インダストリーX.0」の推進が必要である一方、従業員のスキル不足が推進を阻害【ニューヨーク発:2017年9月29日】アクセンチュア(NYSE:ACN)が、12業界にわたって10種類のデジタル技術を評価したところ、新興技術を最適に組み合わせることで、企業は時価総額を平均で60億ド

2017年11月9日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10

参考資料 【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。 本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2017年10月26日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10を発表『Gartner Symposium/ITxpo 2017』 (10/31〜11/2、東京・高輪) において、業界のトップ・トレンドを明らかに米国フロリダ州オーランド発− 2017年

2017年グローバル・イノベーション調査

R&D支出世界上位1000社のうち日本企業は支出額・企業数ともに増加世界ランキングではトヨタが11位。経済ナショナリズムの懸念にも関わらず世界上位1000社のR&D支出は史上最高額を記録。Strategy& 2017年グローバル・イノベーション調査を実施2017年10月25日 - PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2017年グローバル・イノベーション調査を実施しました。 この調査は、研究開発に多額の費用を投入した世界の上場企業のトップ1000社を「グローバル・イノベーション

2017年11月9日McKinsey & Companyフィードバック数:0企業情報システム

How artificial intelligence can deliver real value to companies

McKinsey uses cookies to improve site functionality, provide you with a better browsing experience, and to enable our partners to advertise to you. Detailed information on the use of cookies on this Site, and how you can decline them, is provided in

2017年11月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

スマート農業に関する調査を実施(2017年)

2017年10月27日 スマート農業に関する調査を実施(2017年) ~農業データ連携基盤が2017年度に始動し、スマート農業に関するデータ共有化が進展~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~9月2.調査対象:スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文

2017年11月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

PHRサービス市場に関する調査を実施(2017年)

2017年10月25日 PHRサービス市場に関する調査を実施(2017年) ~健康経営を背景に、PHRサービスは個人課金から法人向けのビジネスモデルに変化~ 調査要綱 矢野経済研究所では、調査要綱にて国内のPHR(Personal Health Record)サービス市場の調査を実施した。1.調査期間: 2017年3月~6月2.調査対象:パーソナルヘルスケアサービス市場に参入している企業及び関連団体等3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話による取材、文献調査やオープンデータによる情報

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ