調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月8日Dimension Data★フィードバック数:0企業情報システム

IT予測2018

Cloud computing Cloud services for Microsoftクラウドインフラ対応クラウドコンタクトセンターおよびマネージドコンタクトセンターサービスパブリッククラウドプライベートクラウド事業継続Communications クラウドコンタクトセンターおよびマネージドコンタクトセンターサービスコミュニケーションライフサイクル管理コンタクトセンターの複合チャネルとエンタープライズ統合テレフォニービジュアルコミュニケーションモバイル端末管理ワークフォース最適化協調ワークスペ

2017年11月6日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業におけるバックアップ対策の実態と今後の展望

2017年中堅・中小企業におけるバックアップ対策の実態と今後の展望

2017年11月6日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業の運用管理に起きつつある変化と今後の展望

2017年中堅・中小企業の運用管理に起きつつある変化と今後の展望

2017年11月6日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業におけるセキュリティ対策の不足領域と今後の対応

2017年中堅・中小企業におけるセキュリティ対策の不足領域と今後の対応

製造業とサービス業を対象にIoT実態調査第3弾

PRESS RELEASE2017年10月18日富士通クラウドテクノロジーズ株式会社富士通クラウドテクノロジーズ、IoT実態調査の第3弾を実施~IoT活用企業の64.7%が「期待通り」「期待以上」の効果を実感、全体の期待値は横ばい~ 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:愛川 義政)は、企業におけるIoT活用の実態を把握するため、アンケート調査を実施しました。当社は、今後特に製造業とサービス業においてIoT活用のニーズが高まると考え、両業種のIoT活用実態を把

2017年10月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測

2016年の国内プライベートクラウド市場は、前年比44.8%増の3,093億円 2021年の市場規模は、2016年比5.2倍の1兆6,045億円になると予測 「従来型ITからの移行」「DXのプラットフォーム」を両輪として、国内プライベートクラウド市場は高い成長を継続 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内プライベートクラウド市場予測を発表しました

2017年10月29日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)の投資調査

サイランス、AI(人工知能)の投資調査を実施 人工知能の投資回収を2年以内に達成できると64%が回答 Press + Media Contact<本件に関するお客様からの問い合わせ先>Cylance Japan株式会社担当:三浦電話:03−6386−0061prjapan@cylance.com IT部門の意思決定者の77%が、AI(人工知能)を活用したツールの導入によって、より多くのセキュリティ侵害を予防できるようになったと回答し、81%が自社のセキュリティチームよりも早く脅威を検出してい

2017年10月27日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

業界別・分野別のIoT市場規模および予測

2017年のIoT市場規模は4,850億円、2020年には1兆3,800億円に急速に拡大ITRが業界別・分野別のIoT市場規模および予測を分析企業ごとのリクエストに応じた、IoTカスタム分析レポートサービスを開始 2017年10月12日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の業界別・分野別のIoT市場の調査を実施し、その中から分野別の市場規模および予測を発表します。

2017年10月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内製造/流通における 第3のプラットフォーム活用動向分析結果

国内製造/流通における 第3のプラットフォーム活用動向分析結果を発表 2017年の製造分野の第3のプラットフォームへの支出額は1兆4,219億円、前年比7.5%増を、流通分野の支出額は9,976億円、前年比6.4%増を予測 組立製造の2016年~2021年の年間平均成長率は8.4%、プロセス製造は同7.9%、小売は同8.0%を予測し、堅調な成長率で推移する ユーザー企業調査結果から、小売はビッグデータ活用が、組立製造はイノベーションアクセラレーターの導入が、他の産業と比較し進む傾向にある

2017年10月26日Veeva Systemsフィードバック数:0企業情報システム

臨床試験データマネジメントに関する業界調査で、臨床試験完了の遅延要因が明らかに

臨床試験データマネジメントに関する業界調査で、臨床試験完了の遅延要因が明らかに 2017年10月11日タフツ医薬品開発研究センターVeeva Japan株式会社臨床試験データマネジメントの専門家を対象にした最大かつ最も詳細な調査によって、企業が臨床試験データベースの構築とリリースにかける時間が、臨床試験の実施・完了にマイナスの影響を及ぼしていること明らかになりました。 (本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)タフツ医薬品開発研究センターの2017 eClinical La

2017年10月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第2四半期の実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第2四半期の実績を発表 2017年第2四半期の外付型支出額は383億300万円で前年同期比9.6%減 オールフラッシュアレイは79億8,200万円で同111.6%増 国内金融機関の基幹系/勘定系システムでもオールフラッシュアレイを採用 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第2四半期(

2017年10月26日テスティーラボフィードバック数:0企業情報システム

<現役JKのぞき見調査 Vol.5>テスティー、現役女子高校生を対象に「放課後の過ごし方」に関する調査を実施

若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア / / / 現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査現役JKのぞき見企画【Vol.5】放課後の過ごし方に関する調査最近の若者にスポットを当てた、若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて現役JK(以下、女子高生)の生態を探る調査企画を開始。第5弾は女子高生の放課後の過ごし方に関する実態を調査!最近流行っている放課後の遊びやよく行く場所について

2017年10月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第2四半期 国内サーバー市場動向

2017年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表 2017年第2四半期の市場規模は1,014億円、7四半期ぶりにマイナス成長から脱す メインフレームが8四半期ぶりにプラス成長となり、市場を下支え ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、IBMの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第2四半期(4月~6月)の国内サーバー市場動向を

2017年10月24日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における「文書管理・オンラインストレージサービス」の導入社数シェアと今後のニーズ

2017年中堅・中小企業における「文書管理・オンラインストレージサービス」の導入社数シェアと今後のニーズ

2017年10月23日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2017年法人向けテクニカルサポートコールセンター満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 問い合わせ完了後のアフターコールもコールセンターの応対満足に大きく寄与。 富士ゼロックス、リコージャパン、大塚商会が各製品部門において第1位。 報道用資料 J.D. パワー 2017年法人向けテクニカルサポートコールセンター満足度調査CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.

2017年10月23日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における「BI・帳票」の導入社数シェアとユーザ評価

2017年中堅・中小企業における「BI・帳票」の導入社数シェアとユーザ評価

2017年10月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターサービス市場予測

国内データセンターサービス市場予測を発表 2017 国内市場規模は、前年比成長率7.2%、1兆1,780億円に 2016年~2021年の年間平均成長率は8.1%、2021年市場規模は1兆6,230億円と予測 2021年に、クラウド型ホスティングがデータセンターサービス市場の最大セグメントになる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内データセン

2017年10月23日Pew Researchフィードバック数:0企業情報システム

Automation in Everyday Life

Automation in Everyday LifeAmericans express more worry than enthusiasm about coming developments in automation – from driverless vehicles to a world in which machines perform many jobs currently done by humansHow realistic are the scenarios presente

2017年10月22日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望

AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望~AI先進ベンダの実態と戦略および有望適応市場の予測~【発 刊】2017年8月31日 【資料体裁・価格】[1]A4版410頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円価格は消費税を含みません。本レポートの提供形態はCD-ROMのみです。(

2017年10月22日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における「生産管理」の導入社数シェアと今後のニーズ

2017年中堅・中小企業における「生産管理」の導入社数シェアと今後のニーズ

2017年10月22日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における販売・仕入・在庫管理システムの導入社数シェアとユーザ評価

2017年中堅・中小企業における販売・仕入・在庫管理システムの導入社数シェアとユーザ評価

2017年10月22日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における「給与・人事・勤怠・就業管理システム」の利用実態と現状の課題

2017年中堅・中小企業における「給与・人事・勤怠・就業管理システム」の利用実態と現状の課題

2017年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)

6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」約半数が「AI家電に興味があり、購入に意欲」調査結果サマリー6割以上が、市役所業務は「将来、AIに置きかわると思う」現在、市役所職員が行っている業務は、将来、AIやロボットに置きかわると思うかを聞いたところ、12.1%が「すべての仕事が置きかわると思う」、53.4%が「一部の仕事は置きかわると思う」と回答しました。合計で65.5%が

2017年10月22日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における「会計管理」の導入社数シェアと現状の課題

2017年中堅・中小企業における「会計管理」の導入社数シェアと現状の課題

2017年10月22日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアと現状の課題

2017年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアと現状の課題

2017年10月22日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業におけるERP活用の実態と今後のニーズに関する調査

2017年中堅・中小企業におけるERP活用の実態と今後のニーズに関する調査

2017年10月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査

国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査結果を発表 2017年 クライアント仮想化のROIは383.4%、投資回収期間は10.7か月 エンドユーザー1人あたりのベネフィットは、77万9,127円(1年分)で、ベネフィット全体の65.7% エンドユーザーのクライアント仮想化製品の1日当たりの平均使用時間は3.9時間、従業員普及率は44.5% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代

2017年10月20日BCN RETAILフィードバック数:0企業情報システム

需要は縮小、役割を終えつつある光学ドライブ・メディア市場

PC用光学ドライブ市場と光学メディア市場が、ともにシュリンクしてきた。ノートPCではドライブを搭載しないモデルが常時3割を占めており、ドライブ市場には追い風となっているが売れ行きは好転せず、販売台数伸び率(前年同月比)が断続的に低下しつつあるためだ。この背景には、CDやDVD、BDといったメディアの役割が、徐々に終焉を迎えつつあることも影響している。そこでPC用ドライブ市場とメディア市場について、家電量販店・ネットショップの実売データを集計するBCNランキングをもとに動向をみた。直近2年間のノー

2017年10月20日#N/A★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

2017年10月3日ガートナー ジャパン株式会社広報室 ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表デジタル・ビジネスを実現する不可欠な要素として日本のITリーダーが押さえておくべき40のキーワード『Gartner Symposium/ITxpo 2017』(10/31〜11/2、東京・高輪)において知見を提供 ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表しま

2017年10月16日ITRフィードバック数:0企業情報システム

RPA市場規模推移および予測

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2017年10月17日(火)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 2016年度のRPA市場は前年度比4倍と急成長2021年度には約10倍に達すると予測ITRがRPA市場規模推移および予測を発表 2017年10月5日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国

2017年10月16日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2018

国内企業の3割超がIT予算を増額AI/機械学習、IoTへの新規投資意欲が拡大― ITRが「IT投資動向調査2018」の結果を発表 ― 2017年10月5日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、2017年8月から9月にかけて実施したIT投資動向調査の一部結果を発表いたします。本調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向や製品・サービスの投資意欲の動向の変化に加え、企業が昨今抱えている課題について推進役を

2017年10月16日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド型CRM市場の現状と展望2017年度版

クラウド型CRM市場の現状と展望2017年度版クラウド型CRM市場の現状と展望2017年度版~市場を22カテゴリに分け集計、中期予測を分析 ~【発 刊】2017年8月28日 【資料体裁・価格】[1]A4版400頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びW

2017年10月16日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年

2017年10月3日ガートナー ジャパン株式会社広報室 ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表デジタル・ビジネスを実現する不可欠な要素として日本のITリーダーが押さえておくべき40のキーワード『Gartner Symposium/ITxpo 2017』(10/31〜11/2、東京・高輪)において知見を提供 ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表しま

2017年10月16日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

Harvey Nash/KPMG 2017年度CIO調査

Harvey Nash/KPMG 2017年度CIO調査 Harvey Nash/KPMG 2017年度CIO調査 約4,500名のCIO(最高情報責任者)およびITリーダーを対象とした世界最大規模の意識調査で、企業のデジタル化は実行フェーズにシフトしつつあることが浮き彫りになりました。 今年で19年目を迎える「Harvey Nash/KPMG CIO調査」は、世界最大規模のグローバルITリーダーを対象にした調査で、世界86ヵ国、約4,500名のCIOおよびIT部門のリーダーに回答していただ

2017年10月14日all engineer.jpフィードバック数:0企業情報システム

CAEツールの導入率は43.4%。1万人超の企業では67.9%が導入済み

CAEツールの導入率は43.4%。1万人超の企業では67.9%が導入済み~「工数・費用・日程面で開発効率を向上できる」「これ無しでは、仕事にならない」が、「処理スピードが遅い」「シミュレーションを過信する風潮が気になる」「利用者の立場での設計になっていない」といった課題も~ポイントエンジニアの43.4%がCAEツールを導入。企業規模が大きいほど導入率が高くなる結果にCAEツールは「工数・費用・日程面で開発効率を向上できる」「これ無しでは、仕事にならない」導入数の多いCAEツールは「CATIA」「

2017年10月14日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

2017年09月26日■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型利用は14.5% ■ クラウド会計ソフトの導入メリットはコスト削減と情報の集約管理 ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が32.3%で首位 ■ インターネットバンキングなど、データ連携により業務効率化に期待  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月26日、国内法人におけるクラウド会計ソフト(※1)の導入実態について調査結果を発表した。この調査は、従業員300人以下の中小企業等8,851社を対象にWebアンケートを実

2017年10月14日インプレス★フィードバック数:0企業情報システム

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共にクラウドシフトがより鮮明に 『データセンター調査報告書2017』 10月2日発行 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート『データセンター調査報告書2017』(https://book.impress.co.jp/books/1117501008)を2017年10月2日(月)より発売いたします。本書は、インプレスの専門メディア『クラ

2017年10月14日Tata Consultancy Services★フィードバック数:0企業情報システム

2020年までの産業界のAI投資見通しをまとめたグローバルトレンド調査(後編)

TOKYO / MUMBAI、2017年9月14日:タタコンサルタンシーサービシズ(本社:インド・ムンバイ、以下「TCS」)は、グローバルトレンド調査(後編)「進歩する能力、発展する業界:世界の13業界におけるAI活用実態調査」を発表しました。現在、AI(Artificial Intelligence:人工知能)が事業にもたらす影響、および今後予想される影響に焦点をあて、世界4地域の13業種から835人の企業経営者にアンケート調査を行いました。その結果、すべての業界が、今後2020年までに、企業

業務用無人機(ドローン)の市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 業務用無人機(ドローン)の市場動向業務用無人機(ドローン)の市場規模は、→ 2022年に1,570億円の市場になると予測(2016年85億円の約18.5倍)→ ドローンを使ったサービスの市場が急速に成長するなかでも、資材管理、運輸・宅配、運搬分野の伸びが期待される 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は業務用無人機(ドローン)に関する調査を行い、このほど

2017年10月5日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

AI活用を支援するスタートアップの実態調査

2017年8月29日「AI活用を支援するスタートアップの実態調査」を発表 ディープラーニングが得意な企業は45%がバックオーダー抱える 課題は7割が人材、プロジェクト管理も半数 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)は8月29日、専門情報誌「日経ビッグデータ」が実施した「AI活用を支援するスタートアップ・ベンチャー企業の実態調査」の結果を発表しました。調査結果や回答企業101社の詳細、各社が提供できるサービスや能力については、日経ビッグデータが発行する専門レポート『AI・IoT・ビッグデ

2017年10月5日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2017年日本IT機器保守サービス顧客満足度調査<サーバー機編>

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX トラブル対応の機会減少に伴い顧客との関係は希薄化が進む保守サービス会社による顧客接点活動は、自社のロイヤリティに寄与 報道用資料2017年日本IT機器保守サービス顧客満足度調査<サーバー機編>CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表

2017年10月5日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2017年日本クラウドサービス提供事業者顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX クラウド型グループウェア導入ベンダーの満足度、ソフトバンクが2年連続第1位 一定年数経過ユーザーに対するフォローアップ活動強化が求められる 報道用資料2017年日本クラウドサービス提供事業者顧客満足度調査 <クラウド型グループウェア導入ベンダーセグメント>CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門

AIスタートアップレポート

人工知能(AI)関連スタートアップ174社を網羅「AIスタートアップレポート」販売開始 2017年9月14日 Scrum Ventures LLCサンフランシスコを拠点にベンチャー投資を行うスクラムベンチャーズ(ジェネラルパートナー:宮田 拓弥)は、日本企業向けに、人工知能(Artificial Intelligence, AI)関連スタートアップ174社を網羅した「AIスタートアップレポート」の販売を開始しました。*****現在大きな注目を集めているAI業界は2025年には350億ドルの市場規

2017年10月3日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

国内ITサービス市場は、2021年まで成長を継続、2016年~2021年の年間平均成長率は1.1%と予測 大規模なシステム構築案件が減少傾向にある中、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる支出が成長のドライバーとなる DXに関わる市場機会をとらえるため、ITサプライヤーは顧客やパートナー、従業員など社内外のあらゆるステークホルダーとの関係性を再構築すべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役

2017年10月3日Capgeminiフィードバック数:0企業情報システム

Turning AI into concrete value: the successful implementers’ toolkit

人工知能(AI)を展開する企業における雇用機会の創出と売上の増加 キャップジェミニのデジタル・トランスフォーメーション・インスティテュートによる新たなリサーチの結果、 AIを取り入れている企業の4/5で、AI技術の結果として、新しい仕事が創出されていることがわかりました。 本プレスリリースは、キャップジェミニ(フランス・パリ)が英語で発表したものを日本語に翻訳、再編集したものです。詳細は右記PDFをご参照ください。なお、内容につきまして、解釈やニュアンス等原文と微妙な相違があ

2017年10月2日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表 2017年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比27.3%増の4,885億円の見込み 2021年の市場規模は、1兆986億円になると予測 データ流通の本格化が国内パブリッククラウドサービス市場の成長を促進 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しまし

2017年10月2日マクロミル★★フィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)に関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2017年9月28日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年7月分)

2017年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は45万9千台(前年比77.4%)となった。うちデスクトップ:12万台(同83.1%)、ノート型:33万9千台(同75.6%)であった。ノート型比率は73.9%であった。○出荷金額は436億円(前年比85.7%)となった。うちデスクトップ:111億円(同88.2%)、ノート型:325億円(同84.8%)であった。7月は、個人向け・企業向け

2017年9月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測を発表 2016年は、支出額上位3分野である金融、製造、官公庁/自治体で大幅なマイナス成長 2016年~2021年の年間平均成長率は0.6%、2021年市場規模は1,882億円と予測 成長を牽引するのは仮想化環境の規模拡大、クラウドインフラ支出の本格拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2017年9月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 国内企業のIoT利用率は6.0%。組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上 IoTの導入/運用窓口は、事業部門の方がIT部門より多い。IT以外の特定業種事業者や制御系システム/FA事業者などと、事業部門が連携することでIoTの広がりが見込まれる 社内の業務効率化や費用削減目的でIoTを利用する企業の課題は、人材不足、先進技術への対応の遅れ、費用対効果の明確化の難しさ I

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ