調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月28日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年7月分)

2017年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は45万9千台(前年比77.4%)となった。うちデスクトップ:12万台(同83.1%)、ノート型:33万9千台(同75.6%)であった。ノート型比率は73.9%であった。○出荷金額は436億円(前年比85.7%)となった。うちデスクトップ:111億円(同88.2%)、ノート型:325億円(同84.8%)であった。7月は、個人向け・企業向け

2017年9月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測を発表 2016年は、支出額上位3分野である金融、製造、官公庁/自治体で大幅なマイナス成長 2016年~2021年の年間平均成長率は0.6%、2021年市場規模は1,882億円と予測 成長を牽引するのは仮想化環境の規模拡大、クラウドインフラ支出の本格拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2017年9月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査

国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 国内企業のIoT利用率は6.0%。組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上 IoTの導入/運用窓口は、事業部門の方がIT部門より多い。IT以外の特定業種事業者や制御系システム/FA事業者などと、事業部門が連携することでIoTの広がりが見込まれる 社内の業務効率化や費用削減目的でIoTを利用する企業の課題は、人材不足、先進技術への対応の遅れ、費用対効果の明確化の難しさ I

2017年9月22日AINOW★フィードバック数:0企業情報システム

to B向け人工知能業界マップ2017

人工知能のニュースを1万件掲載するメディア【日本初】13カテゴリ・全190社!「to B向け人工知能業界マップ2017 」~拡大し続ける人工知能業界に期待~【日本初】13カテゴリ・全190社!「to B向け人工知能業界マップ2017 」~拡大し続ける人工知能業界に期待~2017年7月にリリースをし、反響が大きかった人工知能サービスマップ「人工知能サービスマップ2017」。人工知能サービスマップは、人工知能を活用したサービスを分かりやすくマップにまとめたもので、情報収集を行うサポートになるマップで

2017年9月21日IC Insightsフィードバック数:0企業情報システム

Most of 2017 Capital Spending Will Go to Foundry and Flash Memory

Most of 2017 Capital Spending Will Go to Foundry and Flash MemoryFollowing a substantial increase in semiconductor capital expenditures during the first half of this year, IC Insights raised its annual semiconductor capex forecast to a record high of

2017年9月20日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第2四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値

2017年第2四半期 国内トラディショナルPC市場 実績値を発表 2017年第2四半期 国内トラディショナルPCの出荷台数は、前年同期比2.5%増、257万台 法人市場は同比1.8%増、148万台、家庭市場は同比3.6%増、109万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。

2017年9月20日アドビ システムズフィードバック数:0企業情報システム

企業のデジタルドキュメントの利?状況調査

Acrobat DC / Adobe Signのニュースやトレンド、電子文書管理・ワークフロー効率化を紹介します。ドキュメントワークフローのデジタル化が急務、電子サイン導入企業の75%が業務短縮を実感(IDC調査) #AdobeSignドキュメントワークフローのデジタル化が急務、電子サイン導入企業の75%が業務短縮を実感(IDC調査) #AdobeSign 導入企業が実感する電子サインの改善効果が明らかにIDC Japan株式会社は、2017年7月、企業のドキュメントワークフローにおける現状や運

2017年9月18日エン・ジャパン★フィードバック数:0企業情報システム

「AIと事務職」をテーマにアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースAIによって、事務職はなくなるのか?5割の女性が、10~20年以内では代替されないと回答。ー『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果ー AIによって、事務職はなくなるのか?5割の女性が、10~20年以内では代替されないと回答。ー『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果ー人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:

2017年9月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

故障予知ソリューション動向に関する調査を実施(2017年)

2017年08月30日 故障予知ソリューション動向に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の故障予知ソリューションの動向に関する調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年7月2.調査対象:設備機器ベンダー、プラント事業者、ITソリューションベンダ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談ならびに文献調査を併用調査結果サマリー◆製造・保全分野へのAI活用は、慎重さが求められるこれまで、ビッグデータを背景として、AIは主にWebマーケティン

2017年9月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システム管理ソフトウェア市場予測

国内システム管理ソフトウェア市場予測を発表 2016年の国内システム管理ソフトウェア市場は前年比4.6%増、パフォーマンス監視やログ分析など新たなシステム稼動監視の需要が増加 富士通がシェア1位を獲得、ヴイエムウェアとスプランクが急成長 2017年は前年比5.3%増。2016年~2021年の年間平均成長率は5.0%と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2017年9月13日F5 Networksフィードバック数:0企業情報システム

F5 DevOps and NetOps Survey Report

F5ネットワークス、マルチクラウド環境ではネットワーク管理者とDevOps担当者のさらなるコラボレーションが必要になるという調査結果を発表IT機能の柔軟性、コントロール性、自動化のバランスを実現する取り組みが双方から行われていることが明らかに ※本報道資料は米国で8月1日に発表したプレスリリースの抄訳版ですF5 Networks, Inc.(NASDAQ: FFIV、以下F5)は、米国の850名を超えるネットワーク管理者とDevOps担当者を対象とし、それぞれの専門分野に対する考えとコラボレーシ

2017年8月31日DataSignフィードバック数:0企業情報システム

上場企業が利用しているウェブサービスランキングTOP100(2017年8月度)

第1位は『Googleアナリティクスの83%超え』上場企業が利用しているウェブサービスランキングTOP100(2017年8月度) 「DataSign Report」は、オンラインプライバシー通知サービス「DataSign FE」開発の過程で収集しているデータを統計的にまとめたレポートです。本調査へのフィードバックとして、「通販サイトだと全然違う結果になるのでは?」というご意見をいただいたため、2017年9月5日(火)に通販サイトを対象としたレポートを新たに公開致しました。レポート作成の背景デジタ

2017年8月31日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内データセンターサービス ユーザー調査

2017年 国内データセンターサービス ユーザー調査結果を発表 大企業における外部データセンターサービスのシェア拡大が市場の成長を加速させる 大企業を中心に外部データセンター/オンプレミスの最適な組合せを模索する動きがある 利用中のクラウドサービスの構成比は、従業員規模が大きくなるほど均等化する傾向 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-3-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ベンダ/クラウド事業者に対する中小規模IT企業からの評価とニーズ

2017年 ベンダ/クラウド事業者に対する中小規模IT企業からの評価とニーズ

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 中小規模IT企業におけるベンダ/クラウド事業者の取り扱い状況と今後

2017年 中小規模IT企業におけるベンダ/クラウド事業者の取り扱い状況と今後

2017年8月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システムソフトウェア市場予測

2016年の国内システムソフトウェア市場は前年比成長率 マイナス1.5%、サーバー仮想化に対する投資の一巡やIaaSへの移行が影響 2016年~2021年の年間平均成長率は3.8%、Linuxとバーチャルクライアントコンピューティングが成長を牽引 OpenStack/Dockerソリューションの提供、バーチャルクライアントコンピューティング活用の多様化が新たな市場機会につながる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 中堅・中小企業におけるストレージ導入の最新動向と今後の施策

2017年 中堅・中小企業におけるストレージ導入の最新動向と今後の施策

2017年8月28日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年

参考資料【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。 本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2017年8月23日ガートナー ジャパン株式会社広報室 ガートナー、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表今後10年にわたりデジタル・ビジネスを推進する3つのメガトレンドが明らかに2,000を超えるテクノロジから重要な知見を抽出米国コネチカット州スタンフォード発 − 2017年8月15日 −

2017年8月28日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル・ビジネスをサポートするパーソナル・テクノロジのトップ10

ホーム − 2017年 プレス・リリース −ガートナー、デジタル・ビジネスをサポートするパーソナル・テクノロジのトップ10を発表 参考資料本資料は、ガートナー発信の Smarter with Gartner の記事を和訳し一部追記したものです。 本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2017年8月24日ガートナー ジャパン株式会社広報室 ガートナー、デジタル・ビジネスをサポートするパーソナル・テクノロジのトップ10を発表必ず投資すべきパーソナル・テクノロ

2017年8月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド市場 ユーザー動向調査

国内クラウド市場 ユーザー動向調査結果を発表 国内企業は、クラウド導入の促進要因として「ITセキュリティの強化」を最も重要視 クラウドが登場して以来、「期待効果」「促進要因」として重要視されてきた「IT予算の削減」は、過年度調査と比較して優先順位が大幅に低下 「セキュリティ」は、クラウド導入に関わる最大の懸念事項でもある。ベンダーは、ガイドラインなどを整備し、実効性の高いセキュリティ対策を支援することが重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:

2017年8月26日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」

サイランスのBlack Hatアンケートが明らかにした人工知能(AI)への期待と不安 「AIはもろ刃の剣」 サイランスの調査によると、情報セキュリティの専門家の約6割が、人工知能がサイバー攻撃に使用されると考えている7月に開催されたBlack Hat USA 2017には、サイバーセキュリティ分野のスペシャリストが一同に会し、今後混乱をもたらすと思われる最新の脅威について話し合いが行われました。共有のワイヤレスインターネット接続を介して次から次へとモバイルデバイスに感染する高度なWi-Fiワーム

2017年8月26日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

Gartner Identifies Three Megatrends That Will Drive Digital Business Into the Next Decade

Gartner Identifies Three Megatrends That Will Drive Digital Business Into the Next Decade2017 Emerging Technologies Hype Cycle Garners Insight From More Than 2,000 TechnologiesThe emerging technologies on the Gartner Inc. Hype Cycle for Emerging Tech

2017年8月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内テープストレージ市場予測

2016年の国内テープストレージ売上額は74億7,900万円(前年比11.7%減) 国内テープストレージ売上額の2016年~2021年の年間平均成長率はマイナス2.6% 500巻以上の大型/超大型テープオートメーションはアーカイブ需要で成長を持続 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内テープストレージ市場の2016年の実績と2017年~2021年の

2017年8月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキング

国内ITサービス市場ベンダー 売上ランキングを発表 2016年 国内ITサービス市場のトップ5は、富士通、NEC、日立製作所、NTTデータ、IBM 前年の成長を牽引した金融や公共分野の大型案件の収束化により、成長率が低下 アクセンチュアは、前年に続き、大手ITベンダーの中で最も高い成長率を維持 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北11-3-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年の国

2017年8月16日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SD-WAN市場予測

国内SD-WAN市場規模は、2016年の4億3000万円から2021年には504億4000万円へと成長 成長の促進要因は、WAN運用管理の迅速性向上へのニーズの高まりや、WANに接続する機器/クラウドサービス増加によるIT部門の負担増 今後は、通信事業者のSD-WANによる顧客獲得競争の活発化によって普及が加速 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、S

2017年8月16日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

スイッチ使用率、シスコが3部門で首位独占

スイッチ使用率、シスコが3部門で首位独占 ネット機器 不満足度調査 スイッチ使用率、シスコが3部門で首位独占 出典:日経NETWORK 2017年8月号pp.42-44 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)企業のシステム担当者にとって、ネットワークの構築や更新で頭を悩ますのが、ネットワーク機器の選定。「ほかの企業ではどんな機器を使っているのか」「インテグレーターに薦められたベンダーの製品は評判がいいのか」といったことが気になるだろう。 日経NETWORKでは、企業ネ

2017年8月16日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

ERP市場動向に関する調査を実施(2017年)

2017年08月07日 ERP市場動向に関する調査を実施(2017年) ~市場の伸び率はやや減速、ERPパッケージベンダーによって明暗が分かれる傾向が見られる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~7月2.調査対象:ERPパッケージベンダー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談<ERPパッケージとは>ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージとは、財務会計、人

2017年8月14日SHIFTフィードバック数:0企業情報システム

企業のアジャイル開発に関する実態調査

SHIFTニュース(プレスリリース、その他お知らせ)をご覧いただけます。2017/08/04企業のアジャイル開発に関する実態調査を実施 SHIFT がアジャイル開発に関する実態調査を実施約 7 割の企業がアジャイルを導入~ 識者不足による組織全体への適応が課題 ~ソフトウェアテストの株式会社SHIFT(本社:東京都港区/代表取締役社長:丹下大、東証マザーズ:3697、以下SHIFT)は、システム開発を行うIT関連企業85社(※1)を対象に、「アジャイル開発に関する実態」についてWebアンケート

2017年8月13日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 文書データ管理とクラウドやAI活用との関係性に関する調査

2017年 文書データ管理とクラウドやAI活用との関係性に関する調査

2017年8月13日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ユーザ企業が今後導入したいと考えるサーバ機器やサーバサービスの形態

2017年 ユーザ企業が今後導入したいと考えるサーバ機器やサーバサービスの形態

2017年8月13日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

エンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測

エンタープライズ・モバイル管理市場は2016年度21.2%増の高成長、2021年度までのCAGRは9.9%の安定した伸びを予測ITRがエンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測を発表 2017年8月3日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のエンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測を発表します。 2016年度の売上金額は117億円、前年度比2

2017年8月10日イノベーション★★フィードバック数:0企業情報システム

IT製品の上半期ランキング

資料請求リストに製品が追加されていません。 2017年のITトレンド上半期ランキングです。IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」2017年上半期、ITトレンドでユーザーから最もお問い合わせが多かった製品を発表する「ITトレンド上半期ランキング」。ITトレンドユーザーに最も支持されたIT製品はどの製品か?各カテゴリー毎に紹介します。※ランキング結果は2017年1月1日~5月31日までの期間の資料請求数をもとに集計しています。 IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITト

2017年8月9日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のDXパートナー選定に関する調査

~デジタル時代のパートナー選定はアナログを重視~国内企業のDXパートナー選定に関する調査結果を発表 デジタルトランスフォーメーション(DX)のパートナー選定において、国内企業はベンダーとの直接コンタクトや他社の知り合いからの情報などを情報入手先として重視 実際にDXのパートナーになるのは、現在取引のあるベンダー等が中心 DXのパートナーとなるためには、ベンダーはデジタルとアナログを組み合わせた営業/マーケティング戦略が必要に IT専門調査会社 IDC Japan

2017年8月8日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェア

2016年 国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場では、富士通、NEC、日立がトップ3 2016年 国内クライアント仮想化サービス市場では、富士通、NTTデータ、NSSOLがトップ3 2016年 国内モバイル仮想化ソリューション市場では、富士通、e-Janネットワークス、NTTアイティがトップ3 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、

2017年8月8日アイティメディア★★フィードバック数:0企業情報システム

2017年度IT優先度調査

米ドナルド・トランプ政権は、グローバル産業において標準となっている連邦規制を緩和することを最優先事項にすると発表している。 ただし、TechTargetが実施した「IT Priorities 2017 Survey」(2017年度IT優先度調査)では、大半のコンプライアンスの専門家にとって、規制は依然として最重要事項であることが明らかになった。コンプライアンスとコーポレートガバナンスに従事していると答えた回答者のうち3分の2近くが、2017年に新たなコンプライアンス対応を予定していると答えている

2017年8月3日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017 保険業界向け

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年7月26日保険会社の経営幹部は、AIによって変革が進むと予想。一方で、既存IT基盤との互換性への懸念も浮き彫りに――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017 保険業界向け」 保険会社がAI技術に投資する目的は、顧客体験の向上と従業員の能力向上 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新レポート「Technology Vision for Insurance 2017(以下、テクノロ

2017年8月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド向けエンタープライズストレージ市場予測

国内クラウド向けエンタープライズストレージ市場予測を発表 2017年の国内クラウド向けストレージ支出額は516億1,700万円(前年比25.0%増) 国内クラウド向けストレージ支出額の2016年~2021年の年間平均成長率は16.5% 2021年はクラウド向けが支出額で28.4%、出荷容量で41.0%を占める IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2017年8月2日アバナード★★フィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査

アバナード、人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査 デジタルおよびクラウドサービスを提供するリーディングプロバイダーであるアバナード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下「アバナード」)は、人工知能(AI)やロボティクス、拡張ワークフォースなどを活用した業務の自動化に関する企業実態調査を8ヶ国で実施しました。調査結果から、日本の企業経営に携わる大多数のビジネスリーダー(93%)は、5年以内にAIを活用したインテリジェント・オートメーション*を導入しなければ、

2017年8月1日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第1四半期の実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第1四半期の実績を発表 2017年第1四半期の外付型支出額は493億4,800万円で前年同期比6.8%減 オールフラッシュアレイは66億5,500万円で同86.0%増 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第1四半期(1月~3月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(

2017年7月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果

2017年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表 クライアント仮想化導入済み企業の約半数が、ワークスペースを導入済み。自社業務に適合したワークスペース戦略を検討する時期に来ている およそ3割の国内企業が、ワークスタイル変革に取り組んでいる 「硬直化した人事組織」を課題とする従業員は35.7%にのぼる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2017年7月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内3Dプリンティング市場予測

2016年 国内3Dプリンティング市場は、前年比成長率1.5%、328億円 2016年~2021年の年間平均成長率は11.7%、2021年市場規模は571億円と予測 今後は応用分野の開拓、造形材料開発が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内3Dプリンティング市場の2015年~2016年の実績と2017年~2021年の予測を発表し

2017年7月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内マネージドプリントサービス市場競合分析結果

国内マネージドプリントサービス市場競合分析結果を発表 2016年 国内MPS市場ベンダー別売上額シェアトップは富士ゼロックス MPSに加えて付加価値ソリューション提供の動きが広がる デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応が差別化要因に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内マネージドプリントサービス(MPS)市場の2016年ベンダー

2017年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoT型センサーシステム数を予測(2017年)

2017年07月18日 IoT型センサーシステム数を予測(2017年) ~IoT/ビッグデータ/AI社会実現に向けて、IoT型センサーシステムの普及が進展~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内でのIoT型センサーシステム市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関、ユーザ企業など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査

2017年7月25日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)活用の最新動向と今後の施策

2017年 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)活用の最新動向と今後の施策

2017年7月24日AINOW★フィードバック数:0企業情報システム

AIサービスマップ 2017 Summer

人工知能のニュースを1万件掲載するメディア全232サービス!「AIサービスマップ 2017 Summer」9カテゴリ132サービス増加 ~新たな領域での活用に期待~全232サービス!「AIサービスマップ 2017 Summer」9カテゴリ132サービス増加 ~新たな領域での活用に期待~AINOW編集部のなっぴです。昨年、反響が大きかった人工知能サービスマップ「人工知能サービスマップ2016 Summer」。人工知能サービスマップは、人工知能を活用したサービスを分かりやすくマップにまとめたもので、

2017年7月24日ITRフィードバック数:0企業情報システム

SaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測

2016年度のSaaS型IDM/IAM市場は30.9%増と高成長、2021年度にかけて2ケタ成長を維持ITRがSaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測を発表 2017年7月13日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSaaS型IDM/IAM*市場規模推移および予測を発表します。 *IDM/IAM:Identity Management/Identity &

2017年7月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表 クラウド向けITサービスは、2016年~2021年の年間平均成長率41.1%と、特に高い成長を継続、2021年には1兆9,826億円に ビジネスアナリティクス向けは予測期間後半にかけて成長率が上昇。エンタープライズモビリティ、ソーシャルビジネス向けも含め、4分野全てで2桁以上の年間平均成長率で拡大 第3のプラットフォームやこれを用いたIoTやコグニティブ/AIシステム等のデジタル技術を、DXの実現のために組み合わせて提供するサービス

2017年7月24日バリュープレスフィードバック数:0企業情報システム

「人工知能に関する情報発信」についてのアンケート調査

64.7%が人工知能に関する情報が足りていないと回答。「ValuePress!」はディップと共同で人工知能スタートアップの情報発信を支援します。「ValuePress!」は、ディップが運営する人工知能スタートアップに特化したアクセラレータプログラム「AI.Accelerator」にPRのパートナー企業として参画します。本発表に合わせて、全国の男女300名を対象に「人工知能に関する情報発信」についてのアンケート調査を実施しました。広報PR支援の株式会社バリュープレス(所在地:東京都世田谷区、代表取

2017年7月23日ラクーンフィードバック数:0企業情報システム

インフォグラフィック「お店づくりのスマートシフト 仕入れ・発注編」

インフォグラフィック「お店づくりのスマートシフト 仕入れ・発注編」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ