調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 企業情報システム

企業情報システム | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2017年の国内IT市場は、スマートフォンなどにおいて需要拡大が見込まれることから、支出規模は14兆9,891億円で、前年比成長率2.0%とプラス成長を予測。2019年まで堅調な推移を見込む。 2017年はほとんどの産業分野でプラス成長を予測。小売、情報サービス、運輸/運輸サービスでは、2%台後半の比較的高い成長率を見込む。 中長期的に国内IT市場を拡大させるためには、ユーザー企業の経営課題解決を支援するソリューションを積極的に提案

2017年6月13日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:ビジネス貢献のためのクラウド選定指針~ビジネス戦略起点のIaaS/PaaS選定アプローチ~

ホワイトペーパーITR White Paper:ビジネス貢献のためのクラウド選定指針~ビジネス戦略起点のIaaS/PaaS選定アプローチ~執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2017-04多くの国内企業経営者は、現状の自社システムに満足しておらず、自社ビジネスに対する貢献度をあげるよう望んでいる。国内企業の多くが、企業ITのビジネス貢献度をあげるためには「IT基盤再構築」が重要と考えており、その解決策としてクラウドIaaS、PaaSなど)を検討している。クラウドの選定に当たっては、現時点での自社

2017年6月7日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SMB IT市場において最新予測データを発表

国内SMB IT市場において最新予測データを発表 2017年の国内中堅中小企業(SMB)IT市場は、PCを中心としたハードウェアの更新需要が再開することからプラス成長(前年比成長率:1.7%)を予測。 2019年まで、国内SMB IT市場は、大都市圏を中心に積極的なIT支出が見込まれることからプラス成長が継続。 中長期的に国内SMB IT市場を拡大させるためには、経営課題解決に直結する提案を積極的に行い、IT活用の有用性を認識させることが重要になる。 IT専門調査

2017年6月1日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

APIs: Building a Connected Business in the App Economy

CA Technologiesの調査で、日本は世界平均に比べて、 APIの活用が出遅れていることが明らかに ~高度なAPI管理を導入している企業は業績を向上させ、競争力を強化~ (2017年5月24日、東京発)CA Technologies(本社:東京都千代田区、社長:反町 浩一郎)は本日、グローバル規模で実施されたAPIの活用に関する最新の調査結果を公開しました。この調査から、調査対象となった企業の88%がAPIを使用しているという結果が得られました。また、デジタル・トランスフォーメ

2017年5月31日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第1四半期 国内トラディショナルPC市場実績値

2017年第1四半期 国内トラディショナルPC市場実績値を発表 2017年第1四半期 国内PC出荷台数は、前年同期比6.3%増、313万台 ビジネス市場は6.3%増、193万台、家庭市場は6.4%増、120万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。2017年第1四半期(1月~3

2017年5月31日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:経営力向上のためのデータ分析基盤(2017年版)~ ビジネス分析システムの迅速構築と活用 ~

ホワイトペーパーITR White Paper:経営力向上のためのデータ分析基盤(2017年版)~ ビジネス分析システムの迅速構築と活用 ~執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2017-05これまでの常識を覆すようなアイデアやビジネスモデルを生み出す確率を上げるためにはファクトデータに基づく科学的アプローチが必要で、そのためには多種多様なシステムに蓄積されたデータを分析した結果から得た仮説を検証する環境が必要となる。ビジネスパートナーや顧客企業が世界規模で分散・拡大し、かつコンシューマー動向も注

2017年5月28日J.D. Powerフィードバック数:0企業情報システム

2017年米国テック・チョイス・スタディ

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX ハンドルからの解放は現実的?―自動運転車のテクノロジーに依然として不安を感じる消費者 その一方で、全年齢層のユーザーが運転アシスト機能を受け入れていることが、J.D. パワーの調査で明らかに J.D. パワー報道用資料:※本報道資料は、日本時間4月19日午前2時30分に米国で発表された資料を翻訳したものです。(日本発

2017年5月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内OpenStack/Dockerの導入状況に関するユーザー調査

2017年 国内OpenStack/Dockerの導入状況に関するユーザー調査結果を発表 OpenStackとDockerは検討/計画から実装する段階へ移行、2017年は普及元年に  Dockerコンテナ管理ツールはKubernetesが主流になりつつある エンジニア不足の課題が深刻化、IT業界を挙げて育成に取り組む必要がある IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-355

2017年5月28日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版

ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版~勤怠・就業,経費精算,出張管理,ワークフロー(勤怠・就業/経費精算)~【発 刊】2017年3月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版450頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格5

2017年5月28日Tata Consultancy Servicesフィードバック数:0企業情報システム

第7回TCSグローバルトレンドスタディー

第7回TCSグローバルトレンドスタディー

2017年5月22日コイニーフィードバック数:0企業情報システム

お店づくりのスマートシフト 決済編

大きくて高価だったPOSは小さなタブレットデバイスへ。 面倒だった経理業務はボタン一つで自動連携サービスへ。 バラバラだった決済端末は1つの小さな端末へ。 スマホやタブレットがあたりまえのように普及し、 どこでもインターネットにつながるようになったことで 今やお店づくりを取り巻く環境は より「スマート」な方向へ大きく「シフト」しつつあります。スマホを開けば世界中のあらゆるお店と比較される時代。 お客さまの持つ情報の量やニーズも多様化し、 支持されるお店になるためには単に商品を売るだけでなく、 い

2017年5月17日ノベルフィードバック数:0企業情報システム

The State of Software-Defined Storage(ソフトウェア定義型ストレージの現状)

SUSE、ソフトウェア定義型ストレージ(SDS)に関する調査結果を発表 日本の調査対象者の86%が、データセキュリティの確保のため、今後1年以内にストレージ手法の見直しが必要と回答、90%以上の日本企業がオープンソースを基盤としたSDSを検討Tokyo Japan | 5月 10, 2017SUSEは本日、グローバルの調査結果をまとめたレポート「The State of Software-Defined Storage(ソフトウェア定義型ストレージの現状)」を発表しました。これによると、日本の調

2017年5月16日Ivantiフィードバック数:0企業情報システム

Windows 10導入状況に関する調査

メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース Ivanti、Windows 10導入状況に関する調査結果を発表- Windows 10への移行の加速と企業が抱える懸念 -ITを専門職とする方々の87%が、アプリケーションの互換性、 ユーザーを対象としたトレーニングの必要性、 移行に伴う手動の作業などWindows 10への移行に関する懸念を抱える Windowsデスクトップの移行などクリティカルなITタスクの統合と自動化の分野において業界をリードするIvanti(Clearlake Ca

日本の若者は、未来に最も影響するテクノロジとして人工知能(AI)に期待

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 日本の若者は、未来に最も影響するテクノロジとして人工知能(AI)に期待[2017年5月9日]Posted by: コーポレートコミュニケーション本部デジタル化が進展する世界で、新しいテクノロジが人々の生活、仕事、遊びに破壊的変化を与えようとしています。マイクロソフトが公開した調査結果によれば、日本の若者が自

2017年5月15日IC Insightsフィードバック数:0企業情報システム

NXP Acquires Freescale, Becomes Top MCU Supplier in 2016

NXP Acquires Freescale, Becomes Top MCU Supplier in 2016Strong growth in MCUs for IoT applications and suppliers jockeying for marketshare in this IC segment have resulted in several major acquisitions that changed the pecking order of MCU leaders in

2017年5月15日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査

~ ITのケイパビリティに対する認識ギャップがDXを阻害 ~国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査結果を発表 成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている 経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在 延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本的に見直したいとの意向が強い

2017年5月6日Veeam Softwareフィードバック数:0企業情報システム

Veeamアベイラビリティ・レポート2017年版

ディザスタ・リカバリのオーケストレーション クラウド・プロバイダーおよびサービス・プロバイダー Veeam Cloud & Service Providerプログラムにぜひご参加ください CIO調査:アベイラビリティのギャップがデジタル・トランスフォーメーションを 阻害し、企業のコスト負担は年間2,180万ドルに上る 企業の82%が、ユーザーのニーズと自社ITの提供能力のギャップ、すなわち「アベイラビリティのギャップ」という課題に直面想定外のダウンタイ

2017年5月6日ミック経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

CRM/フルフィルメント アウトソーシング市場の現状と展望2017年版

CRM/フルフィルメント アウトソーシング市場の現状と展望2017年版CRM/フルフィルメント アウトソーシング市場の現状と展望2017年版<第12版><コンタクトチャネルとして注目されるチャット市場を追加調査>【発 刊】2017年3月31日 【資料体裁・価格】[1]A4版500頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円※価格は消費税を含

2017年5月6日JPCERT/CCフィードバック数:0企業情報システム

ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第1四半期(1月~3月) ]

ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第1四半期(1月~3月) ]

2017年5月6日ICT総研フィードバック数:0企業情報システム

2017年 クラウドストレージサービス市場動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2017年 クラウドストレージサービス市場動向調査2017年 クラウドストレージサービス市場動向調査 ■ クラウドストレージサービス利用者は2017年度に4,353万人、市場規模は677億円■ クラウドストレージ有料サービス利用率は10.9%、無料サービスを含めると約4割が利用■ アップル iCloudが利用者数トップ、Dropbox、Google Drive、マイクロソフトOne Dri

2017年5月6日リージャス★フィードバック数:0企業情報システム

「テレワークの導入は、新たな気持ちで仕事に集中できる」と 日本のビジネスパーソンの2/3が回答

「遠隔勤務」(テレワーク)は働く人に環境の変化をもたらし、生産性レベルの向上につながることが、リージャス・グループが2016年に行った最新の調査で分かりました。たとえば、日本で働く人のうち、「閉ざされた場所にいると、時折気持ちが落ち着かなくなるという自覚がある」と回答した人の中で、半数以上(54%)が「働く場所の環境が変わると安心する」と回答しました。テレワークという働き方を選ぶ人が増えている理由を探るため、リージャス・グループは日本のビジネスパーソン900人を対象に調査を実施しました。その結果

2017年5月5日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

IT Transformation Maturity Curve(ITトランスフォーメーション成熟度曲線)

Story Highlights71% of firms agree they will not be competitive without IT Transformation95% of survey respondents are falling behind an elite set of competitors who are accelerating their digital business goals through IT TransformationMore mature o

2017年5月5日MM総研★★フィードバック数:0企業情報システム

人工知能技術のビジネス活用概況

人工知能技術のビジネス活用概況―― 日米独の法人比較 2017年04月25日■ 人工知能の導入率は日本1.8%、独4.9%、米13.3%で、日本の出遅れ目立つ ■ 日本の市場規模は2016年度2,220億円、21年度には5,610億円と予測 ■ 今後の日本市場成長のカギは「技術理解」,「環境整備」,「人材と業務運用ノウハウの保有」  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は「機能特化型の人工知能技術のビジネス活用」について、法人企業への調査や企業へのインタビューをもとに日本、アメリカ、ドイツお

MRG Effitas Comparative Assessment of Data Protection/Backup Products on Protection, Performance, and Usability

Independent Lab MRG Effitas Confirms Acronis True Image Leads Competition on Ransomware Protection, Performance and UsabilityApril 24, 2017, a UK-based independent IT security research company that provides a range of efficacy assessment and assuranc

グローバルデジタル変革スキル調査

EmailShareon twitterTwitterShareon facebookFacebookShareon linkedinLinkedInShareon google_plusone_shareGoogle+Shareon printPrint

2017年4月29日トロンフィードバック数:0企業情報システム

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ- IoT関連機器の組込みOSのAPIでも、TRON系OSがトップ - 〒141-0031東京都品川区西五反田2-12-3 第一誠実ビル9FYRPユビキタス・ネットワーキング研究所内TEL:03-5437-0572(窓口)FAX:03-5437-2399(窓口)E-Mail:office@tron.org

2017年4月29日HPフィードバック数:0企業情報システム

The Internet of Things: Today and Tomorrow(IoTの現在と未来)

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 確実なビジネス・メリットにより、アジア太平洋地域におけるIoTの採用が2019年までに86%に到達する見込み ~世界20か国の調査により、既にIoTを採用している世界中の企業が、事業効率やイノベーションが確実に向上したと実感しているものの、その84%、日本では93%が既にIoTに関連したセキュリティ侵害を経験するなど、セキュリティが引き続き重大な懸念事項であることが判明~ *本プレスリリースは

2017年4月27日IBMフィードバック数:0企業情報システム

The experience revolution: Digital disappointment -- why some customers aren't fans

Share this pageVisit us on FacebookVisit us on GoogleVisit u videos LinkedinVisit us on Twitter

2017年4月27日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査

導入検討時、Web上の情報収集は、半数が「スマートフォン」を活用 企業の「システムやサービス導入」に関する実態調査導入検討時、Web上の情報収集は、半数が「スマートフォン」を活用入力フォームがスマートフォン未対応だと、3人に1人が離脱調査結果サマリー導入検討時のWebでの情報収集は、半数が「スマートフォン」Webサイトで情報収集をする人のうち、スマートフォンを活用することが「非常に多い」と答えた人は19.8%、「比較的多い」と答えた人は28.7%でした。一方、パソコンを活用することが「非常に多い

2017年4月26日富士通★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル革新の動向・実態調査

ホーム >プレスリリース >世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施 PRESS RELEASE 2017年4月18日富士通株式会社世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革

2017年4月26日IPAフィードバック数:0企業情報システム

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について掲載日 2017年4月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュ

2017年4月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

国内PLM市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月17日 国内PLM市場に関する調査を実施(2017年) ~製造業の設備投資が好調で市場は堅調、デジタライゼーションが新たな事業機会を生むと予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のPLM市場についての調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年3月2.調査対象:PLMシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<PLMとは>PLM(Product Lifecycle Management)とは

2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

2017年04月14日 デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者3.調査方法:郵送アンケート調査

2017年4月24日GfK★フィードバック数:0企業情報システム

企業の情報化投資に関する調査

「企業の情報化投資に関する調査」 - タブレット、スマートフォンの導入率は6割へ GfKジャパン(東京:中野区)は、企業の情報化投資動向を把握するため、全国1,461事業所を対象にインターネット調査※を実施した。調査結果より、携帯情報端末の導入や新しいワークスタイルの導入について発表した。 【概要】・企業におけるタブレット、スマートフォン、フィーチャーフォンの導入率は約6割。・「在宅勤務」などの新しい働き方の増加に伴い、Web接続カメラの導入が増加見込み。 【携帯情報端末の導入状況】全国1

2017年4月23日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末)

クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末) 2017年04月13日■ 会計ソフト利用者の内、クラウド会計ソフトの利用率は13.2%■ クラウド会計ソフトの認知度は16年12月調査より3.8ポイント増の69.5%■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が56.8%、マネーフォワードが19.9%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は、個人事業主(1万7,420事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、2017年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。本調査では

2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析結果を発表 2017年の国内IT市場におけるLOB(事業部門:Line of Business)によるIT支出は3兆7,697億円で、2015年~2020年の年間平均成長率は3.1%と予測 国内IT市場全体に占めるLOB支出は3割強で推移、IT部門支出の成長率を上回ると予測 LOB支出の割合が高い産業は製造、小売、情報サービス、建設/土木 国内企業では、マーケティングなど、LOBのIT支出が進む業務領域がある一方で、IT部門が標準化を

2017年4月20日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査

2017年4月12日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査結果を発表国内企業のIoTへの取り組みは緩やかに前進、経営者の姿勢が鍵に『ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017』(4月26〜28日、東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供 ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のIoTへの取り組みに関する調査結果を発表しました。

2017年4月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査

~ 基幹系システムデータのビジネス活用、PaaSニーズが拡大 ~国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査結果を発表 「企業のグローバル展開」「データの活用」がEAソリューション市場の重要な成長要因 2017年以降の製品導入ではIaaS/SaaS に加え、システム連携とデータ活用でPaaS需要が上昇 製造業のデジタル化は、生産情報やルールのデジタル化から、IoTなど多様なIT活用で設計と製造のコラボレーションへと今後数年かけて高度化を図る IT専門調査会社

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

2017年4月12日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月10日 国内M2M市場に関する調査を実施(2017年) ~M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のM2M市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年3月2.調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー、ユーザ企業等3.調査方法:当社専門

2017年4月12日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査

2017年4月4日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表クラウド全体の採用率は引き続き微増ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表しました。 2017年1月に実施した調査の結果、日本におけるクラウド・コンピューティングの採用率は平均して2016年から0.8ポイント増加し、2017年は16.9%という結果にな

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場の、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2021年に62%に達する 国内企業の多くがデジタルビジネス売上を成長させるべく、IoTに関連するクラウドプラットフォーム、アナリティクス、導入/運用サービスなどに対する支出を拡大しつつある IoTに関わるROIの算定やセキュリティ対策を事前に予測することは困難。企業の経営者は本番環境でIoT運用する中でそれらを徐々に見極めていく「アジャイル的」な思想が必須に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-47

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

国内IoT向けITサービス市場支出額は2016年に急拡大。前年比96.9%増、548億円 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率64.8%で成長、2021年には6,670億円に IoT向けサービス事業者は、IoTの価値を最大化するための部門/企業/産業間を横断したデータ活用において、その連携を支援し「バリューチェーンをつなぐ」役割が重要になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年4月11日all engineer.jp★フィードバック数:0企業情報システム

「人工知能(AI)」に関するアンケート調査

人工知能(AI)の有望な活用法、製造系エンジニアはどう考える?~現時点で最も実用的なのは「自動運転」(36.3%)。「救助ロボット」に伸びしろを感じるエンジニアも多数~ポイント現時点で最も実用的なAI活用は「自動運転」(36.3%)。「スマート工場」「製品設計の支援」も2割前後が実用的と評価製造系エンジニアの2人に1人、「自動運転」に将来性を感じる 伸びしろがあるAI活用の分野は「救助ロボット」「自動運転」「病気の診断」か 人工知能を活用の製品・サービス、認知度トップ3は「ルンバ」「Google

2017年4月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

SDNおよびNFVに関する国内市場予測

いずれの領域でも顕著な進展を見せた2016年の国内SDN市場は、355億円規模に成長 ベストプラクティスを得つつあるデータセンターSDN市場は、2021年にかけて年間平均成長率30.2%で成長し、2021年には777億円に 運用管理体制の整備や処理能力の不足といったNFV導入の課題克服には、通信事業者とベンダー双方の積極的な働きかけが必須 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3

2017年4月9日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:森 俊哉、以下:KPMGコンサルティング)はこのたび、KPMGが世界規模でテクノロジー企業のシニアエグゼクティブを対象に実施した「破壊的技術(Disruptive Technology)」に関する意識調査レポート、『破壊される破壊者 - 破壊的技術の兆候:テクノロジー

2017年4月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年 国内サーバー市場動向

2016年の国内サーバー市場規模は、前年比12.8%減の4,421億円 メインフレームとその他のサーバーの出荷額が2桁のマイナス成長、前年の大型案件の反動と更新需要の一巡が背景 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。2016年の国内サーバー市場規模は4,421億円で、前年から12.8%減少しました(図1)

2017年3月31日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年2月分)

2017年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は58万9千台(前年比114.7%)となった。うちデスクトップ:15万3千台(同113.3%)、ノート型:43万6千台(同115.2%)であった。ノート型比率は74.1%であった。○出荷金額は536億円(前年比114.5%)となった。うちデスクトップ:129億円(同103.1%)、ノート型:406億円(同118.6%)であった。2月は、台

2017年3月31日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

「企業IT利活用動向調査2017」の速報

国内企業の情報セキュリティ支出は2017年度も拡大の見込み改正個人情報保護法には、駆け込みでの対応が多数派JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2017」の速報結果を発表 2017年3月27日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業653社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査20

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ