調査のチカラ TOP > 分類一覧 > エンタテインメント > 【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析

アジア各都市でのエンタメコンテンツについての調査です。

【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析

NEWS【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 2013年05月22日■マンガ・アニメは圧倒的に日本、ドラマは依然として韓国のコンテンツが強い■多くの都市で自国コンテンツ志向が徐々に進行。自国コンテンツが非常に強いのはインド■香港・台北は日本コンテンツ志向、上海・ホーチミンシティは韓国コンテンツ志向■他のASEAN都市の志向はまだら模様。海外コンテンツを徐々に受け入れはじめたジャカルタ2013年5月22日博報堂では、グロー

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Glassicon_209x209_2011-10-27_10.52.51_normal

”日本マンガ・アニメは香港、上海、マニラで2年間で10ポイント以上上昇” 博報堂の調査:「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 http://t.co/Y7dDYo4n2G

Robokobo2_normal

橋下問題がらみでライダイハンにスポットをあてようとする動きがあるけど、当のベトナムは経済・文化両面で急速に親韓国家になりつつある、って現状は認識しとくべきだと思う。 /「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 http://t.co/yGWXWAaT1L

39ac324f4b4b6c75eda208b73bc055ef_normal

”日本マンガ・アニメは香港、上海、マニラで2年間で10ポイント以上上昇” 博報堂の調査:「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 http://t.co/Y7dDYo4n2G

Blugjp_logo07_normal

【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 | 博報堂 HAKUHODO Inc. http://t.co/8crg3YAXvD

071212_2350_0001_1x1_normal

【Global HABIT レポート Vol.8】 「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 | 博報堂 HAKUHODO Inc. http://t.co/8crg3YAXvD

959d60157090c25c3cbf70aadbb3d208_normal

”日本マンガ・アニメは香港、上海、マニラで2年間で10ポイント以上上昇” 博報堂の調査:「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 http://t.co/Y7dDYo4n2G

4c4e66e17883b1ace24dd7212cb4646e_normal

”日本マンガ・アニメは香港、上海、マニラで2年間で10ポイント以上上昇” 博報堂の調査:「アジア10都市における自国・海外コンテンツ受容性」比較分析 http://t.co/Y7dDYo4n2G

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ