調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 大型消費/投資 > 近年の家賃の動向について

家賃についてのデータ分析です。

近年の家賃の動向について

12/4/6 10 時 17 分1.はじめに我が国が長期にわたってデフレから脱却できないなかで、住宅賃貸サービスの「価格」である家賃も下落傾向が続いてきた。バブル崩壊後の地価下落の長期化、今後の若年人口の持続的減少といった構造的な下押し圧力のもとでは、家賃のトレンドの反転上昇は容易には想像できないかもしれない。しかし一方で、復興需要等を背景とした現在の景気状況のもとで、賃貸住宅の需給も改善していけば、循環的な家賃の上昇が生ずる可能性は十分考えられる。こうした循環的な変動の「芽」をとらえるには、家

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

2009-09-22________1_2_-3_normal

需給の観点から家賃の動きについて考察しています。タスの空室率TVIも利用していただいています。「近年の家賃の動向について:マンスリー・トピックス No.009」 内閣府 http://t.co/uynvqlp9

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ