調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 大型消費/投資 > 離婚の可能性に関するアンケート

踏み込んだ調査です。

離婚の可能性に関するアンケート

離婚の可能性に関するアンケート調査調査結果概略 既婚者の約4割が離婚を考えた経験あり。離婚に繋がりやすい不満要因は? 厚生労働省によると、1990年には約15万組だった離婚件数が、2012年には23万組まで増加しており、離婚に対しての意識が変化してきていることは明らかである。そこで、既婚者・男女を対象に、離婚に対しての意識を調査したところ、それぞれ離婚に抵抗がない人は全体の3割。実際に離婚を考えたことがある人は4割。離婚の可能性がないと言い切れない人は約半数に達した。また、現在の結婚生活やパート

この調査データを開く

このページをご覧のあなたにお勧めのコンテンツ

 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ