調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 大型消費/投資 > 長期不況下における郵便貯金の資金的役割 -定期貯金満期資金をめぐって-

長期不況下における郵便貯金の資金的役割 -定期貯金満期資金をめぐって-

長期不況下における郵便貯金の資金的役割――定額貯金満期資金をめぐって――伊藤真利子(青山学院大学)【要旨】本稿の課題は、経済史的アプローチにより、1990 年代、長期不況下における郵便貯金の動向とその運用のあり方を、郵政民営化に至る民間金融機関と郵便貯金との競合、あるいは証券市場の動向なども踏まえ、この時期の郵便貯金の持つ問題点と特質を明らかにすることである。90 年代の郵便貯金は、前半におけるバブル崩壊にともなう証券市場の惨落と長期不況、後半における戦後初めての本格的金融危機や銀行破綻、事実上

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ