調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 大型消費/投資 > 恋のち友の可能性に関する意識調査

恋のち友の可能性に関する意識調査

恋のち友の可能性に関する意識調査 恋の告白段階でフッたフラれた相手や元恋人と友達になりたい?~男性ではいずれも5割が友達移行希望!でも実際の経験は…?恋心の告白をきっかけにフッたりフラれたりした相手や、恋人として付き合って別れた相手と友達になりたいと思う人はどのくらいいるだろうか。ネットユーザーに意識調査を実施し、20代から40代の男女446名の回答を得た。回答者の恋愛状況を聞いたところ、告白の段階で相手をフッたことが「ある」人は46.4%(207名)、同様に相手にフラれたことが「ある」人は48

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Nya1_normal

RT @LITTLEKIT: 別れた元恋人とその後友達になったことが「ある」 男性41.2%/女性29.5% http://release.center.jp/2010/05/0701.html

Twitter_icon_normal

別れた元恋人とその後友達になったことが「ある」 男性41.2%/女性29.5% http://release.center.jp/2010/05/0701.html

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ