調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 医療用超音波診断装置ー世界市場の動向から台湾の発展状況を見る

医療用超音波診断装置ー世界市場の動向から台湾の発展状況を見る

医療用超音波診断装置は第二次世界大戦後の1950年代末に発明されて以来、医用画像処理装置の市場を席巻している。すでに医療用超音波診断装置は独特なイメージング技術となっており、他の医用画像処理装置より格安な価格、優れたコストパフォーマンス・スピード力・正確性、また安全で早い画像提示などの特徴があるため、画像処理設備の競争が激しい市場で、欠かせないひとつの装置となった。 台湾医療業界の市場規模が小さいため、台湾の医療用品メーカーは安価な医療消耗品に多くの力を注ぎ、また部品単位で海外へ輸出するなど、輸

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ