調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 最近の集落営農の注目点

最近の集落営農の注目点

〈レポート〉農漁協・森組最近の集落営農の注目点主事研究員 長谷川晃生1  はじめに立が進展したことが影響している。その後、集落営農は、2007年度から国が実施した水田・畑作経営所得安定対策に伴い、対策の規模要件をクリアできない個別農家によって、12年は11年に比べて増加幅が大きく縮小し、13年に初めて前年比減少に転じた。減少要因についてみると、12年中に457の集数多く新設された。以下では、07年度以降の落営農が解散・廃止したが、このうち複数の集落営農数の推移、法人化の進展等の特徴的集落営農が統

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ