調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究事業

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究事業

大月敏雄教授の新刊『町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくり』が発売されましたGLAFSのプログラム担当教員である大槻敏雄教授(工学系研究科建築学専攻)の新刊が岩波書店から発売されました。人口減少社会における居住は、個人、地域、社会で今や大問題。町が人びとの多様なニーズに応えていくために必要な条件 […]GLAFS 特任教員を募集GLAFS 特任教員を募集 東京大学大学院博士課程リーディングプログラム「活力ある超高齢社会を共創するグローバル・リーダー養成プログラム」(平成25年度採択)では、本事

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ