調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 認知症高齢者の在宅介護における負担の現状

認知症高齢者の在宅介護における負担の現状

Vol.186-2【平成 26 年 1 月 28 日発行】テーマⅡ認知症高齢者の在宅介護における負担の現状【山梨総合研究所 主任研究員 河住 圭彦】1 はじめに少子高齢化は確実に進展しており、日本は過去に類を見ない高齢化社会に向かって突き進んでいる。医学の進歩により平均寿命(誕生から死まで)と健康寿命(日常生活に制限のない期間)はともに伸びているものの、その差である「日常生活に制限のある『不健康な期間』」は、※1男性の平均寿命は 79.55 歳、健康寿命は 70.42縮まってはいない。平成 22

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ