調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > タベアルキストが選ぶ東京ちらしずし10選

タベアルキストが選ぶ東京ちらしずし10選

酢飯の上に様々な具を散らすことから名前が付いた「ちらし寿司」。握り寿司に使用する寿司種を使用して作ったのが始まりだそうです。使用するネタは、マグロ・ネギトロ、ホタテ、サケ、イカ、エビ、タコ、イクラ、ウニ、カニなどのさまざまな魚介類と、卵焼きやガリなど寿司の素材に用いられるものが一般的です。東京のちらし寿司は江戸前の寿司屋が始めたそう。江戸前の握り寿司屋は明治以降に広まり、その後誕生したちらし寿司は比較的新しい料理です。また、毎年6月27日は、ちらし寿司の日とされています。江戸時代前期の岡山藩主・

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ