調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 2014年の花粉症に関する実態調査

今年の振り返りです。

2014年の花粉症に関する実態調査

2014年05月12日今年、花粉症を発症したのは41% 花粉飛散量の多かった2013年調査と比較すると4ポイント減少今年、花粉症症状があった人の三大症状は「鼻水」86%、「くしゃみ」80%、「目のかゆみ」77%鼻症状有訴者は95%花粉症有訴者の花粉対策は「マスク使用」62%がトップ 処方薬の利用者は38%、市販薬の利用者は36%と同程度 効果感は処方薬、市販薬を問わず薬剤の効果感は7割を超えて高い花粉症有訴者のうち、今年病院を受診したのは31% 「毎年行っているので」48%、「医者の診察をしても

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ