調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 成長産業としての農業

成長産業としての農業

宮城大学特任教授 大泉 一貫 Ⅰ 日本農業の可能性と現状の問題点 1. 日本農業は1970年前後から世界の動向と違った動きを見せた 私は農業は成長産業になると考えているが、成長産業といってもリアリティがないと感じる人も多い。なにせ、現実の農業は衰退し続けているのだから「仕方がない」といえば「仕方がない」。農業の従事者は65歳以上が6割を占めている。そうなるのも「農業は儲からないから」だといわれつづけ、突破口はどこにも見いだせなくなっている。 農業産出額は低下し、農産物輸出額は低迷し、農政は稲作へ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ