調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 川島隆太教授が朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調査

川島隆太教授が朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調査

川島隆太教授が朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調査  20代から60代のビジネスマン1000人(男性500人・女性500人)を対象に、朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調べました。その結果、毎日しっかりとバランスの取れた朝ごはんを食べている人たちは、生活の充実度や自由時間の活用の満足度だけでなく、仕事や経済的な満足度も高いことが明らかになりました。

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

___normal

ふっふっふ♪ 私は今朝、おいしい味噌汁とごはん食べてきた。 http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2010/09/press20100916-01.html

Yorichika_reasonably_small_normal

へぇ。 ・東北大学、朝ごはんを食べる習慣と幸せ度・生活満足度との関連性を解明 http://bit.ly/cNncdk http://bit.ly/a74Kba

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ