調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 駿河湾サクラエビ漁業の今日

駿河湾サクラエビ漁業の今日

【Ocean Newsletter】バックナンバー PEMSEA(東アジア海域環境管理パートナーシップ)名誉議長◆Chua Thia Eng ニューズレター編集代表((独)海洋研究開発機構上席研究員/東京大学名誉教授)◆山形俊男駿河湾サクラエビ漁業の今日サクラエビ漁業は、持続的な漁業をめざして全ての漁船が一緒に漁に出て、協定を守って漁獲調整を行い、水揚代金を全船均等に分配するプール制を50年にわたって続けている。それでも、漁獲は以前の水準から減少しつつある。資源量低下の原因には、漁獲能力の飛躍的

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ