調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み

注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み

〈レポート〉農漁協・森組注目が高まる水稲直播栽培とJAグループの取組み主事研究員 小針美和1  注目が高まる直播栽培に雨が降ると作業ができないことから春に降日本再興戦略では、今後10年間で担い手の水量が少ない地域でないと導入が難しい。ま米の生産コストを全国平均比4割削減するこた、適度な排水性があり、かつ水もちの良いとを成果目標(KPI)とした。これをうけて14年土壌でなければならないため適地が限られる。度補正予算ではコスト削減への取組みを支援一方、湛水直播は乾田直播と比べて作業効する「稲作農業の

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ