調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 健康の社会的決定要因に関する国内外の調査研究動向

健康の社会的決定要因に関する国内外の調査研究動向

ホームへ戻る健康格差対策の7原則 第1.1版(2015年)所内で開催された「医療経済研究会」での指摘を受けて、微修正・追記を行いました。(2015/5/11) *本編が普及用のパンフレットに相当するものである。 目的2014年度の目的は,「SDHの発想に基づく健康格差を縮小するための理念・情報・課題の共有の必要性」や「健康格差対策には特定部門に限定されない多部門間連携が必須」など健康格差対策の原則を検討することである。2014年度メンバー千葉大学 予防医学センター 教授公益財団法人 医療科学研究

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ