調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > CPIと東大指数の乖離の分析について

CPIと東大指数の乖離の分析について

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.4概要タイトル CPIと東大指数の乖離の分析について著者 丸山 歩、嶋北 俊一、落合 牧子、上田 聖刊行年月 2015年3月要旨 近年、情報などのいわゆるスキャナデータを用いて価格指数を作成する試みが行われている。カバレッジ(ウエイトベース)は、総務省が作成する消費者物価指数(CPI)の17%であるが、東京大学でも東大日次物価指数プロジェクト(東大指数)として、食料品・日用品を中心とした価格指数の作成が日次で行われている。 本稿では、東大指数(21

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ