「包丁」について

魚を3枚におろせる人は3人に1人。「砥石を使って自分で研ぐ」人は16.1%。私たち千趣会の本社がある大阪には、千日前道具屋筋といって、飲食店などで用いる業務用の調理器具や什器を扱う店が密集する商店街があります。こちらの商店街では、外国人観光客の増加に合わせて5年ほど前から、セラミック包丁や和包丁が中国や欧米からの観光客によく売れているようです。背景には、世界的に日本料理が注目を集めていることや、健康志向で魚料理が流行っているといったことがあるようです。外国人の包丁ブームの一方で、日本の女性はふだ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ