調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 進行・再発非小細胞肺がん患者への組織採取や遺伝子検査に関する意識調査

進行・再発非小細胞肺がん患者への組織採取や遺伝子検査に関する意識調査

バイオマーカーとは、血液や尿、組織などから調べたデータで、病気の変化や治療に対する反応をみる指標です。最近はがんが転移しているかどうかなどを知る目安としても使われるようになってきました。たとえ同じがん種の患者さんでもバイオマーカーにより治療方針が違うことも分かってきたため、今やバイオマーカーの検査は欠かせないものになってきています。がんの治療選択に関わるバイオマーカーについて知ることは、がん患者さんが自分のがんのタイプに合った最適な治療を受け、不要な副作用を避けることにつながります。がんの治療選

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ