調査のチカラ TOP > 分類一覧 > ライフスタイル > 「英語教育」について

「英語教育」について

2008年度に小学5,6年生を対象に外国語活動が始まり、2011年度には「小学5年生から必修」となり小学校での英語教育は浸透しています。そして、2020年度からは小学3年生から必修となると、 ますます低年齢化していくことになります。そこで今回は、英語教育について聞いてみました。英語は話せるほうが良い! そう思っているママが95.9%とほぼ全員の方が考えています。既に英語を習わせている人が3割。習わせたいと考えている人は6割という結果でした。 やはり、英語教育に関して意識が高いことがわかります。

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ