調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス

製造業/エレクトロニクス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年7月6日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械系CAE市場に関する調査

2017年の機械系CAE世界市場規模は前年比6.7%増、2018年も同8.2%増と予測​~製造業の強気な設備投資はCAE市場にも好影響~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、好調な経済環境を背景に、堅調に推移している2017年の機械系CAE世界市場を調査し、市場の将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の機械系CAE世界市場規模(事業者売上高ベース)は、前年比6.7%増となる3,365百万USドルとなった。好調な経済環境を背景に、全世界の製造業は強気な設備投資を継続して

2018年4月19日Counterpoint★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2022年までに1.25億台のコネクテッドカーが出荷される見通し - 5G搭載は2020より採用開始予定

2022年までに1.25億台のコネクテッドカーが出荷される見通し - 5G搭載は2020より採用開始予定 GM、BMW、Audi、メルセデスベンツが現在の世界のコネクテッドカーをリードしている。EUにおけるeCall義務化や、中国での採用の高まりにより、市場が大きく伸びると期待されている。 Counterpoint社のIoT(Internet of Things)トラッカーサービスの最新の調査によれば、世界のコネクテッドカー市場は2020年までに270%成長し、接続機能を搭載して出荷される乗用車

2018年4月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

量子ドットディスプレイ・部材世界市場に関する調査を実施(2018年)

量子ドットディスプレイ・部材世界市場に関する調査を実施(2018年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて量子ドットディスプレイ・ディスプレイ関連部材世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年12月~2018年3月2.調査対象:量子ドット(Quantum Dots)ディスプレイ関連部材メーカー、QDディスプレイメーカー、セットメーカー他3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<量子ドット(QD)ディスプレイ部材市場と

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

32%が「不安」を感じる自社工場のセキュリティ対策、「意識改革」は不可欠

TechFactoryが実施した「製造業IoTセキュリティ」に関する調査(調査期間:2017年11月27~12月15日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、自社工場/生産現場におけるセキュリティに対する意識の変化、現状の取り組み、課題などについて聞いた。IoTなどの活用により、スマート工場化(つながる工場化)が進む製造業では、サイバー攻撃などのリスクが高まるため、セキュリティ対策への意識変革が求められる。この1年間のセキュリティ対策への意識の変化について聞いたところ、約43%が「変わらない

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

設計現場の56.5%が3D CADを活用、2次元からの「移行予定なし」も16.7%

「TechFactory」が実施した「メカ設計者の実態とキャリア」に関する調査(調査期間:2017年11月1~27日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、設計現場における3D CAD推進の状況や使用ツール、そして直面している現場課題などについて聞いた。3D CAD推進の状況については、半数以上が設計業務で3D CADを活用していることが分かった。しかし、その一方で「3次元への移行予定はない」という回答も一定数あり、2次元図面中心の設計開発が根強く残っている状況が見て取れた。現場課題に関して

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

77.3%が“つながる工場”実現に向けて取り組みを開始――経営層も投資に意欲

「TechFactory」が実施した「つながる工場の現状と課題」に関する調査(調査期間:2017年5月8~26日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、“つながる工場/スマートファクトリー”の実現に向けた取り組みの現状や、導入検討に関する課題について聞いた。つながる工場への取り組みに関しては、実施状況とともに工場内のどの部分でネットワーク化などが進捗(しんちょく)しているかを聞いた。また、ネットワーク化により得られるメリット、今後さらに強化していきたい領域、投資意欲などについても調査。現状、

ロボットソフトウェア市場は2022年に75億2710万ドルに

[] 【調査レポートのプレスリリースより】 2018年2月発行幅広い市場を対象としている調査会社マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の調査レポート「ロボットソフトウェア市場:ソフトウェアタイプ毎(認識ソフトウェア、データ管理・分析ソフトウェア、通信管理ソフトウェア)、ロボットタイプ毎(工業・サービスロボット)、採用モデル毎、産業垂直市場毎、地域毎 - 2022年までの世界市場予測」は、ロボット用のソフトウェアの市場規模は2017年の11億4220万ドルから年平均成長率

2018年3月6日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測を発表

2018年の世界のロボティクスソリューションおよびドローンソリューションの総支出額は、2017年比22.1%増 同年のロボティクス支出額は941億ドル、ドローン支出額は90億ドルと予測 総支出額の年間平均成長率25.4%、2021年には2018年比2倍以上の2,184億ドルに達する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界ロボティクス関連市場の予測を

2018年3月6日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内3Dプリンティング市場 産業分野別予測を発表

国内3Dプリンティング市場 産業分野別予測を発表 2016年~2021年の国内3Dプリンティング市場の年間平均成長率は10.6%、2021年の市場規模は2016年の272億円から450億円に拡大と予測 産業分野別では製造業が最大の市場で、市場全体の76.8%を占めている。今後大きな成長が期待されるのは医療と教育分野 新しい造形材料開発と製造業における3Dプリンターによる製造プロセス全体の根本的変革が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社

2018 イメージング&センシング関連市場総調査

『2018 イメージング&センシング関連市場総調査』まとまる(2018/2/1発表 第18009号)モバイルカメラの進化や自動運転への対応が進み大きな転換期を迎えている光学機器・光学デバイス関連の世界市場を調査一般車両用ドライブレコーダー・ダッシュカム 5,902億円(66.9%増)近年起こっている重大な事故などにより認知が高まり市場拡大車載カメラモジュール 4,367億円(99.8%増)自動車メーカー各社における自動運転への対応が進み市場拡大 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キ

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表 国内商用ロボティクス市場は、2021年には2兆1,236億円まで拡大 AIを活用した産業用ロボットのインテリジェント化が本格化し、2018年以降も国内商用ロボティクス市場を牽引 業務効率化や省力化にサービスロボットやエンタープライズドローンの活用が進む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内コネクテッドビークル(つながる車)関連サービスの調査結果

国内コネクテッドビークル(つながる車)関連サービスの調査結果を発表 個人、事業者ともに、有償でも契約する意向があるコネクテッドビークル関連サービスは、「運転時の安全/安心」サポートサービス 個人ユーザーの34.2%が、「運転時の安全/安心」サポートサービスに有償で契約する意向あり。一方「インフォテイメント」は14.0%に留まる 自動車メーカーやITサプライヤーは、自社のサービスプラットフォームに「運転時の安全/安心」面で付加価値化できる技術要素を組み込むことが、収益上有効である

2018年1月29日ガートナー★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年、世界の半導体消費を牽引するSamsungとAppleの消費がさらに拡大

参考資料 【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。 本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。2018年1月26日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー速報2017年、世界の半導体消費を牽引するSamsungとAppleの消費がさらに拡大2021年までに電子機器メーカー上位10社が世界半導体消費の45%以上を占めるとの見解を発表米国コネチカット州スタンフォード発− 2018年1月26日 −

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年10月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年を振り返って(上)

公開日付:2017.12.29 2017年も残すところあと僅か。エアバッグ大手タカタの民事再生や東芝の巨額損失、素材メーカーの相次ぐ検査データの偽装など、与信管理の上で重要なニュースが数多く飛び交った。2018年はどのような年になるのか。2017年を振り返りつつ考えたい。 世界経済が緩やかな成長をたどり、円安を背景にした輸出関連業種は決算の上方修正が相次いでいる。だが、国内に目を向けると実質賃金が伸び悩み、GDP(国内総生産)の約6割を占める個人消費は鈍い。まだら模様の景況感の中、2012年12

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年11月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,068億円(前年比89.0%)となった。映像機器は523億円(前年比83.8%)となった。オーディオ関連機器は76億円(前年比89.0%)となった。 カーAVC機器は470億円(前年比95.6%)となった。 薄型テレビ計は332千台(前年比77.8%)となった。サイズ別では、29型以下が59千台(同67.7%)、30〜36型が86千台(同77.1%)、37〜49型が112千台(同75.6%)、50型

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年10月分)

これまでの掲載データ誘電体セラミックス電極材料ソフトフェライト( 2018年3月実績まで)希土類磁石( 2018年3月実績まで) 誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業7社から提出されたデータを集計

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

携帯電話国内出荷統計(2017年10月分)

2017年10月の携帯電話国内出荷台数は977千台、前年同月比63.9%となった。うちスマートフォンは526千台、同比48.4%と冬春商戦モデル出荷前により4ヶ月ぶりにマイナスとなった。単月のスマートフォン比率は53.8%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用および自動車に搭載される移動局電話装置で、携帯電話無線基地局に接続される

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2017

Copyright © JEITA All Rights Reserved.

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年10月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む) Cop

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

JEITA センサ・グローバル状況調査 2017・センサ世界出荷実績(2016年)

JEITA センサ・グローバル状況調査 2017・センサ世界出荷実績(2016年)

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年10月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2018年1月25日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年3月期上期、半導体商社業績まとめ

24社中、20社が増収 半導体、電子部品を扱う国内半導体/エレクトロニクス商社にとって、2017年は“成長の年”になったようだ。 EE Times Japan編集部では、国内半導体/エレクトロニクス商社の2018年3月期上期業績と通期業績予想をまとめた。集計の対象とした24社中20社が、上期売上高で前年同期比増収を達成。また、24社中21社が通期業績で前年比増収を見込むなど、好調な業績予想となっている。国内主要半導体/エレクトロニクス商社2018年3月期中間期業績 (単位:億円/カッコ内は前年比

2018年1月17日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界半導体製造装置の年末市場予測

世界半導体製造装置の年末市場予測発表 報道関係各位<ご参考資料>2017年12月12日(日本時間)に発表されるプレスリリースの翻訳です。世界半導体製造装置の年末市場予測を発表2017年の半導体製造装置販売額は559億ドルで過去最高を更新、首位は韓国市場SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は12月12日(日本時間)、SEMICON Japan 2017の記者会見において、2017年末の半導体製造装置市場予測を発表しました。それによると、2017年の半導体製造装置(新品)販売額は、前年比

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む)

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年10月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,035億円(前年比98.7%)となった。映像機器は462億円(前年比97.3%)となった。 オーディオ関連機器は104億円(前年比106.2%)となった。 カーAVC機器は469億円(前年比98.5%)となった。 薄型テレビ計は285千台(前年比81.0%)となった。サイズ別では、29型以下が57千台(同73.7%)、30〜36型が80千台(同72.9%)、37〜49型が92千台(同83.2%)、5

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

WSTS 2017年秋季半導体市場予測について

WSTS 2017年秋季半導体市場予測について

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年9月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年9月分)

ソフトフェライト、永久磁石(希土類磁石)・・・国内生産の合計金額誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業21社から提出された各製品ごとの国内生産額(一部製品は販売)、および世界生産量データをとりまとめてい

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年8月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

JEITA ソリューションサービス市場規模(2016年度)

JEITA ソリューションサービス市場規模(2016年度)

2018年1月14日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2017年9月分)

169億63百万円円(同62.7%増)、固定通信装置264億77百万円(同78.6%増)、基地局通信装置76億円(同53.4%減)、移動通信装置(1)放送装置では、スタジオ装置の内需が前年同月比115.1%増加し、放送装置で同62.7%増となった。(2)移動通信装置では、基地局通信装置の内需が前年同月比53.4%減少し、移動通信装置で同37.2%減となった。※品目別の過去2年間分データをグラフで掲載いたしますので、ご参照ください。棒グラフ=金額(単位:百万円)、折れ線グラフ=前年同月増加率(単位

2018年1月12日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成29年10月実績:機械受注統計調査報告

平成29年10月実績:機械受注統計調査報告 平成29年12月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、2017(平成29)年9月前月比10.2%減の後、10月は同5.6%増の2兆4,509億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比3.3%増の1兆618億円、官公需は同13.2%増の2,470億円、外需は同4.9%増の1兆508億円、代理店は同0.2%減の1,195億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみる

2017年12月28日all engineer.jpフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【2017年版】日本のファブ施設調査

fabcross独自調査【2017年版】日本のファブ施設調査——2年で倍増、商業施設から小さなラボまで広がる多様性dトピックスby 越智 岳人(fabcross編集部)2017/12/01 09:00ファブ施設調査データツイートシェア▼2015年から定点調査を続けている日本のファブ施設数調査、2017年度のデータと動向についてまとめました。全国で増加、2年前と比較して倍増fabcrossが独自に調査し、2016年の調査実施時から62施設(うち30施設は2017年オープンであることを確認)が新たに

2017年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)

企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」約7割が、音声操作時、「機器が正しく認識してくれるか不安」調査結果サマリー企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」企業の採用活動において、大量の書類選考を人間の人事担当が行うのではなく、AIを活用することについて、「とても期待している」人は13.3%、「どちらかというと期待している」人は28.5%で、

2017年12月27日IC Insightsフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Samsung Forecast to Top Intel as the #1 Semiconductor Supplier in 2017

Samsung Forecast to Top Intel as the #1 Semiconductor Supplier in 2017IC Insights will release its November Update to the 2017 McClean Report later this month. This Update includes a 2017-2021 semiconductor market update, a forecast for the major cap

2017年12月25日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「三菱マテリアルとデータ偽装3社の国内取引状況」調査

「三菱マテリアルとデータ偽装3社の国内取引状況」調査 公開日付:2017.11.2411月23日、三菱マテリアル(株)(TSR企業コード:291022669、千代田区、東証1部)は、連結子会社3社の製造販売した一部製品の検査データ偽装を公表した。データ偽装が公表されたのは、三菱電線工業(株)(TSR企業コード:570124123、千代田区)、三菱伸銅(株)(TSR企業コード:291070078、千代田区)、三菱アルミニウム(株)(TSR企業コード:291025390、港区)の未上場3社。東京商工

2017年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「三菱マテリアル」グループ国内主要企業の取引先実態調査

2017/11/24「三菱マテリアル」グループ国内主要企業の取引先実態調査三菱マテリアルグループ取引先、国内に5661社〜 都道府県別トップは「東京」、「大阪」「神奈川」が続く 〜はじめに11月23日、東証1部上場の三菱マテリアルグループで品質データの不正が発覚した。同社連結子会社の三菱電線工業および三菱伸銅において、過去に製造販売した製品の一部について、検査記録データの書き換え等が行われていた。品質データの改ざんは10月に神戸製鋼所でも発覚しており、日本の素材産業の強みといわれた品質面への信頼

「高屈折・低複屈折」樹脂材料の市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果「高屈折・低複屈折」樹脂材料の市場動向主に光学レンズで使われる、高屈折・低複屈折樹脂材料と高屈折率塗布・コート材について調査。• 樹脂材料→ 2021年に390億円超の市場になると予測(2016年308億円)→ 今後、モバイル端末・車載機器に搭載される光学レンズが市場を牽引する• 高屈折率塗布・コート材→ 2021年に80億円の市場になると予測(2016年は69億円弱)→ 現在は8割がインデックスマッチング材。今後は、OLED光取り出し効率

2017年12月22日TrendForceフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Global NAND Flash Revenue from Branded Manufacturers Increased by 14.3% Sequentially in 3Q17 due to Growing Demand for Smartphone and Server

Press ReleaseTrendForce Reports Global NAND Flash Revenue from Branded Manufacturers Increased by 14.3% Sequentially in 3Q17 due to Growing Demand for Smartphone and ServerDRAMeXchange, a division of TrendForce, reports a growing demand for NAND Flas

2017年12月18日IPAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

組込みソフトウェア開発データ白書2017

「組込みソフトウェア開発データ白書2017」を発行~416件の実データを基に、製品特性の違いによる生産性・信頼性指標の傾向分析結果を公開~ 2017年11月15日更新2017年11月14日公開独立行政法人情報処理推進機構技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(以下、IPA/SEC)は2017年11月15日、「組込みソフトウェア開発データ白書2017」を発行しました。同書は、定量データに基づいてソフトウェアを管理することの推

2017年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

長野県内「日産自動車」グループ及び「SUBARU」グループ下請企業実態調査

2017/11/15長野県内「日産自動車」グループ及び「SUBARU」グループ下請企業実態調査県内の下請先、日産自動車が190社、SUBARUは177社〜 地区別では日産自動車が「南信」、SUBARUは「東信」が最多 〜はじめに今年9月、国土交通省の指摘により検査不備が発覚した「日産自動車」。その後「再発防止策を講じた」としながらも、無資格の補助検査員が検査作業を行っていたことも明らかとなり、大きな問題として各メディアで報道された。一方、「SUBARU」ではこの問題を受け社内調査を進めたところ、

2017年12月18日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年第3四半期のシリコンウェーハ出荷面積

シリコンウェーハ出荷面積発表 2017年第3四半期のシリコンウェーハ出荷面積は前四半期から増加し、過去最高記録を再び更新SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は、11月7日(米国時間)、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウェーハ業界の分析結果をもとに、2017年第3四半期(歴年)の世界シリコンウェーハ出荷面積が2017年第2四半期から増加したと発表しました。2017年第3四半期に出荷されたシリコンウェーハ面積は29億9,700万平方

2017年12月15日TrendForceフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Q17 DRAM Revenue Hit a New High With a 16.2% Sequential Increase; DRAM Prices to Rise by 10% on Average in 4Q17

Press ReleaseTrendForce Reports 3Q17 DRAM Revenue Hit a New High With a 16.2% Sequential Increase; DRAM Prices to Rise by 10% on Average in 4Q17Revenue of the entire global DRAM industry climbed to a new historic high for the third quarter of 2017, r

2017年12月14日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東海3県の「SUBARU」グループの下請企業実態調査

2017/11/10東海3県の「SUBARU」グループの下請企業実態調査東海3県のSUBARUグループ下請先は1029社〜 「愛知県」は812社で全国2位 〜はじめに日産自動車に続き、SUBARUの群馬製作所(群馬県太田市)においても無資格者による新車の完成車検査を行っていたことが判明した。日産の無資格検査問題を受け、社内調査を進めるなかで発見したという。今後リコールに発展するおそれもあり、販売面とともにSUBARUグループと取引のある下請企業にも影響を及ぼす可能性もある。帝国データバンク名古屋

2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中国地方「SUBARU」グループの下請企業実態調査

2017/11/7中国地方「SUBARU」グループの下請企業実態調査中国地方の取引先は531社、全国の6.1%を占める〜 「広島県」が全国8位、「岡山県」が15位に 〜はじめに日産自動車に続き、「SUBARU」の群馬製作所(群馬県太田市)においても無資格者による新車の完成車検査を行っていたことが新たに判明した。日産の無資格検査問題を受け、社内調査を進める中で発覚したという。今後、リコールに発展するおそれもあり、販売面とともに、「SUBARU」グループと取引のある下請企業に影響を及ぼす可能性もある

2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

埼玉県内「日産自動車」グループの下請企業実態調査

2017/11/6埼玉県内「日産自動車」グループの下請企業実態調査日産自動車グループ下請先は803社〜 業種は製造業、規模では小規模企業が大半 〜はじめに9月18日、国土交通省の指摘により日産自動車グループの検査不備が発覚した。その後、日産自動車は「再発防止策を講じた」としていたが、現場ではその後も無資格の補助検査員が検査作業を行っていたことが、大きな問題として各メディアで報道されている。帝国データバンク大宮支店は、企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)の中から、日産自動車グル

2017年12月12日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

統計ア・ラ・カルト第125号「埼玉県の製造業の現状 平成28年経済センサス - 活動調査 製造業に関する集計(概要版)から」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第125号「埼玉県の製造業の現状 平成28年経済センサス - 活動調査 製造業に関する集計(概要版)から」平成28年6月1日に実施された平成28年経済センサス - 活動調査の調査結果のうち、工業統計調査との時系列比較を行うため、製造業に関する集計(概要版)の埼玉県分の結果を取りまとめました。 1 概況 - 事業所数は4回ぶり、従業者数は3回連続の増加、製造品出荷額等は2年連続、付加価値額は3年連続の増加 表1 埼玉県の状況(従業者4人以上の事業所)注1:( )

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ