調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス

製造業/エレクトロニクス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年4月1日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

UPS市場に関する調査を実施(2019年)

既存需要は堅調ながら、不安材料もあるUPS市場 株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越孝)は、UPS(Uninterruptible Power Supply :無停電電源装置)国内市場を調査し、製品セグメント別動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のUPS国内市場規模はメーカー出荷金額ベースで、780億2,700万円と前年度比で1.9%減と縮小するものの、2018年度は同1.7%増の793億7,700万円と僅かに拡大する見込みである。なかでも100kVA以上帯

2019年3月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ディスプレイ市場に関する調査を実施(2018年)

2017年度の国内ディスプレイ市場規模は、前年度比101.3%の1兆5,600億円と推計​~2018年度も前年度比102.6%の見込、東京オリンピック・パラリンピック関連やインバウンド需要など受注は順調に推移~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、ディスプレイ業界を調査し、国内市場規模、関連業界の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況ディスプレイ業界では、商業施設をはじめとする各種の環境空間、イベント等の総合プロデュースから、店装業、マネキン業、及びハード面を担当とする店

2019年3月13日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)

2019/3/1「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)「トヨタ自動車グループ」下請企業、全国に3万8663社〜 業種別では一次・二次とも「非製造業」が初のトップ 〜はじめにトヨタ自動車(東証1部)が2月6日に発表した、2018年4〜12月期(第3四半期累計)連結決算によれば、同社グループ世界販売台数が約800万台、売上高は最高を記録した。国内では、フラグシップセダン「クラウン」のフルモデルチェンジや「カローラスポーツ」の投入など、積極的な市場戦略を展開。同社の高級車ブランド「レクサス

2019年3月8日GfKジャパンフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年電動アシスト自転車の販売動向

GfKジャパン調べ:2018年 電動アシスト自転車の販売動向 GfKジャパン調べ:2018年 電動アシスト自転車の販売動向台数・金額ともに前年から2割伸長  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。【概要】・2018年の電動アシスト自転車販売は台数、金額ともに前年から2割増と好調・高単価なチャイルドシート設定車の拡大が鈍化し、平均価格は前年並みにとどまる【電動アシスト自転車の販売推移】 2018年の電動

2019年2月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

照明市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の国内一般照明用途照明市場規模は前年比1.4%減の1兆106億円、2018年は同0.5%減の1兆58億円の見込~LED照明市場の成長は継続、2018年は前年比3.2%増の8,505億円の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の照明市場を調査し、一般照明用途照明市場の概況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の国内一般照明用途照明市場規模(メーカー出荷金額ベース)は前年比1.4%減の1兆106億2千4百万円、2018年は同0.

2019年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

カーボンナノチューブ世界市場に関する調査を実施(2018年)

2023年のカーボンナノチューブ(CNT)世界出荷量は、4,000tに迫ると予測~2017年から2023年までのCAGRは12.8%で成長の見通し~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年のカーボンナノチューブ世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 カーボンナノチューブ世界市場規模推移と予測1.市場概況2018年のカーボンナノチューブ(CNT)世界市場規模は、メーカ-出荷量ベースで前年比118.5%の2,255.8tの見込みで

2019年KPMGグローバル自動車業界調査結果

2019年KPMGグローバル自動車業界調査結果について 2019年KPMGグローバル自動車業界調査結果について- モビリティとロジスティクスの融合が進む -KPMGインターナショナル(チェアマン:ビル・トーマス)は、今回で20回目となる「KPMGグローバル自動車業界調査」の2019年度版をまとめましたので、お知らせします。2030年までの自動車業界の主要トレンド(グローバル)本調査は、世界の自動車業界の現状と将来の展望を分析することを目的に、KPMGインターナショナルが毎年行っているもので

2019年1月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内LPWAサプライヤー動向調査

15 Jan 2019国内LPWAサプライヤー動向調査結果を発表 Japan, 2019年1月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、LPWA(Low Power Wide Area)市場におけるLPWAサプライヤーの取り組みに関する調査結果を発表しました。LPWAは低速、省電力、広域カバレッジという特徴から、IoT(Internet of Things)デー

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2018年)

パワー半導体世界市場は年平均成長率6.7%で推移し、2025年には299億ドルに達すると予測~2017年は情報通信、民生、産業、自動車の4分野全ての需要が伸長~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、パワー半導体の世界市場の調査を実施し、市場概況や採用動向、個別メーカの事業戦略を明らかにし、2025年までの世界市場規模を予測した。1.市場概況2017年におけるパワー半導体の世界市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、前年比12.2%増となる177億4,500万ドルであった。2017

2019年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年度第2四半期主要上場建設会社57社の受注・業績動向調査

2018/12/212018年度第2四半期 主要上場建設会社57社の受注・業績動向調査受注高合計、前年同期比5%減〜 売上総利益率0.5pt減で、利幅が低下 〜はじめに主要上場建設会社の2018年度第2四半期(中間期)決算が出揃った。2017年度の通期決算では受注の伸びが鈍化し、東京五輪等による建設需要はピークアウト感が出始めていた。こうしたなか、今期に入り2025年の万博開催地が大阪に決定し、都市インフラの整備、開発に対する期待が高まるなど、ポスト五輪を牽引する要素も見られる。しかしながら、近

2019年1月17日建設転職ナビフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設技術者の「2025年未来予測」(2018年度版)

建設技術者の「2025年 未来予測」(2018年度版) 現状維持で6万人超の人材不足も、生産性向上などで大幅改善 ヒューマンタッチ総研は、建設技術者不足問題について独自試算した「建設技術者の2025年未来予測」の2018年度版をまとめました。それによると、2025年に建設技術者は6万人超不足する一方、生産性向上の対策などが進めば、不足数は1万人以下にまで大幅改善することが分かりました ・2025年、全産業で従事する建設技術者は、2015年比で20,379人減少し454,821人になると試算・20

地球環境保全の意識調査

子どもに釣り経験がある家庭の84%が環境の話をしている?!地... 子どもに釣り経験がある家庭の84%が環境の話をしている?! 地球環境保全の意識調査を小学4年生~中学生の母親に実施一般社団法人 日本さかな検定協会(東京都千代田区、代表理事:尾山雅一)は、小学校4年生~中学生の子どもを持つ30~40代の母親に調査したところ、地球環境保全、生態系保全に対する子どもの意識の向上に「釣り体験」が有効であることがわかりました。「自然環境の大切さ」「生き物の命の大切さ」「エコ(ゴミ、省エネなど)」に

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

飲料受託製造市場に関する調査を実施(2018年)

ブランドオーナーの内製化が進み、受託製造企業(パッカー)は岐路に 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の清涼飲料の受託製造市場を調査し、エリア別、製品カテゴリー別の動向、参入企業動向、将来展望等を明らかにした。1.市場概況飲料受託製造市場規模は受託製造事業者売上高ベースで、2016年度が前年度比97.7%の5,623億円と縮小したものの、2017年度は同102.3%の5,755億円と拡大に転じた。なお、2015年度の大幅減は、一部の大手飲料メーカー(ブランドオーナー)の取引

2019年1月15日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内AGV市場に関する調査を実施(2018年)

2018年度の国内AGV市場規模は前年度比106.0%の147億8,200万円の見込~非ガイド走行方式の新規需要が如何に開拓出来るか、将来的な市場成長に向けたカギ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越孝)は、2018年度のAGV市場を調査し、市場規模推移、参入企業動向、将来展望等を明らかにした。1.市場概況国内経済の好況を背景とした既存設備更新と設備の新規需要拡大により、AGV市場は拡大傾向が続いており、好調に推移している。内訳をみると、高額なAGV車体が牽引する形であるが、低価格な駆

2019年1月8日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自然派・オーガニック化粧品市場に関する調査を実施(2018年)

自然派ブランド・オーガニックブランドともに新興企業の勢力拡大 ~2017年度の国内自然派・オーガニック化粧品市場は前年度比104.9%の1,297億円~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は国内自然派・オーガニック化粧品市場を調査し、製品カテゴリー別や流通経路別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 自然派・オーガニック化粧品の国内市場規模推移と予測1.市場概況自然派・オーガニック化粧品市場は、化粧品に対する安全、安心の高まりや、エコ(Ecology)やロハス(LOH

2018年12月28日グッドフェローズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

タイナビ蓄電池の利用に関するアンケート調査

蓄電池の検討理由の約5割が「卒FIT」、約8割が非常用電源としての利用に期待 「タイナビ蓄電池」利用者150名に緊急電話アンケートを実施! 次世代エネルギー業界の発展のための調査研究及び広報活動等を行う「タイナビ総研」を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役:長尾 泰広)は、蓄電池一括見積もりサイト「タイナビ蓄電池」の利用者数が2018年9月以降、2倍以上に急増していることを受け、同サイトのユーザー150名を対象に「タイナビ蓄電池の利用に関するアンケート調査」を実施しま

2018年12月27日イオレフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海洋ごみに関するアンケート調査

『海洋ごみに関するアンケート調査』を実施2018-11-27 38万団体、670万人※が利用するグループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」を運営する株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 直人)は、世界中で問題視されている「海洋ごみ」に関するアンケート調査を実施しました。本調査は、日本財団「海と日本プロジェクト」の推進パートナーであるイオレが、「海と日本プロジェクト」の海洋ごみ対策に関する新規プロジェクトの立ち上げを受けて行ったものです。 ※ 2018年9月30日

2018年12月27日建設転職ナビフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界人材動向レポート(平成30年11月)

ヒューマンタッチ総研独自分析月次レポート 建設業界人材動向レポート(平成30年11月) ICT活用施工、経験した技術者は8%も、5割超は関心あり ヒューマンタッチ総研レポートでは、建設業に特化して人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データを月に1回のペースで発信していきます。ご愛読いただければ幸いです。▼ 建設業界のトピックス今月は、ヒューマンタッチ総研が実施した、「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果から、ICTを活用した施工(BIM:Building Infor

2018年12月21日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の車載用リチウムイオン電池世界市場は前年比123.1%の57.4GWh~脱「補助金」に揺れる中国、日本・欧州では電動化プロジェクトの第一フェーズが胎動~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の車載用リチウムイオン電池世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 図表1.xEVタイプ別の車載用LiB世界市場規模推移と予測1.市場概況 2017年の車載用リチウムイオン電池(Lithium-ion Battery、以下 LiB

2018年12月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2018年)

EV補助金枠縮小の影響で成長率の鈍化が見られるも、中国のNEV規制や日本・欧州OEMによる電動化が今後の追い風に~2017年のLiB主要4部材世界市場は前年比149.0%の約147億ドル~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、リチウムイオン電池主要4部材の世界市場を調査し、民生小型機器用や車載用などのLiBセル用途や主要4部材の出荷動向、国別の設備投資や部材価格の動向などを明らかにした。1.市場概況2017年のリチウムイオン電池(以下、LiB)主要4部材世界市場規模(メーカー

2018年12月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

iPhone用リチウムイオン二次電池の解体調査を実施(2018年)

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、東洋システム株式会社(代表取締役社長:庄司秀樹)と共同で iPhone用リチウムイオン二次電池(LiB)を解体、分析し、同電池の技術動向変化(エネルギー密度の推移、定格容量・使用部材・設計思想の変化等) を明らかにした。 iPhone用リチウムイオン二次電池(LiB) エネルギー密度の推移1.調査結果概要東洋システム株式会社におけるLiBの解体・分析結果によると、iPhone6用LiB比で単位重量当たりのエネルギー密度を比較するとiPhone7

2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果

ジョンソンコントロールズ2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果を発表 日本では、コスト削減と温室効果ガスの排出削減に加えて、「従業員の採用・維持」と「テナント・テナント賃料の確保」がエネルギー効率化投資の大きな原動力に ジョンソンコントロールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉田 浩)は本日、日本を含む世界20ヵ国1,900人のエネルギー/設備管理責任者を対象に実施した「2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果(EEI: Energy Efficiency Indic

2018年12月6日グッドフェローズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

太陽光発電と停電に関するアンケート調査

停電経験者のうち「太陽光と蓄電池の両方を勧めたい」が4割以上 「停電時の利用方法を知らなかった」が約3割。非常時に備えて事前の確認を。 次世代エネルギー業界の発展のための調査研究及び広報活動等を行う「タイナビ総研」を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役:長尾 泰広)は、自宅に太陽光発電を設置している全国のユーザー141名を対象に「太陽光発電と停電に関するアンケート調査」を実施しました。アンケート調査の回答者のうち、41.1%が太陽光発電の設置後に「停電を経験したことが

2018年12月3日マクロミルフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

プラスチックゴミをはじめとした環境問題に対する意識について調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年11月22日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バイオプラスチック市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の国内バイオプラスチック市場は4万7,780t、前年比1.9%増~新規採用に一服感も、本格成長に必要な事業環境が整う気配も~  株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は国内のバイオプラスチック市場の調査を実施し、市場動向や将来展望を明らかにした。1.市場概況 2017年の国内バイオプラスチック市場規模(国内出荷量ベース)は4万7,780t、前年から1.9%増加した。バイオPETやバイオPEの登場により、2010年以降市場は活性化していたが、2015年頃から伸び率が鈍化し、

2018年11月15日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地域エネルギーマネジメント事業に関する調査を実施(2018年)

2030年度の国内地域エネルギーマネジメント事業における設備・システム構築市場規模を350億円と予測~電力自営線を使用するスマートコミュニティ事業で省エネとBCPを実現~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)では、国内の地域エネルギーマネジメント事業を調査し、事業者の現状と戦略を分析して、同事業における設備・システムの構築市場規模推移を明らかにした。 地域エネルギーマネジメント事業における設備・システム構築市場規模推移・予測1.市場概況地域エネルギーマネジメント事業では、平常時に

2018年11月12日エコリングフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

『環境問題』に関する意識調査

8割以上の方が”捨てずにリサイクル”をすることでゴミ問題の改善に繋がると考える方がという結果に。一歩先のエコ活動で環境問題を解決 エコに対する意識は年々高まり、生活習慣を見直す動きが活発化しています。 欧米でも日本でも、プラスチックのアイテムを廃止してリサイクル可能な紙の製品を使用するという動きが活発化しています。プラスチックだけに留まらず、人間が出したゴミは環境に悪影響を及ぼしています。事実、ゴミとエサとの区別ができず、誤飲・誤食してしまう生物もおり、最悪の場合大切な生物の命を奪ってしまうこと

2018年7月6日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械系CAE市場に関する調査

2017年の機械系CAE世界市場規模は前年比6.7%増、2018年も同8.2%増と予測​~製造業の強気な設備投資はCAE市場にも好影響~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、好調な経済環境を背景に、堅調に推移している2017年の機械系CAE世界市場を調査し、市場の将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年の機械系CAE世界市場規模(事業者売上高ベース)は、前年比6.7%増となる3,365百万USドルとなった。好調な経済環境を背景に、全世界の製造業は強気な設備投資を継続して

2018年4月19日Counterpoint★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2022年までに1.25億台のコネクテッドカーが出荷される見通し - 5G搭載は2020より採用開始予定

2022年までに1.25億台のコネクテッドカーが出荷される見通し - 5G搭載は2020より採用開始予定 GM、BMW、Audi、メルセデスベンツが現在の世界のコネクテッドカーをリードしている。EUにおけるeCall義務化や、中国での採用の高まりにより、市場が大きく伸びると期待されている。 Counterpoint社のIoT(Internet of Things)トラッカーサービスの最新の調査によれば、世界のコネクテッドカー市場は2020年までに270%成長し、接続機能を搭載して出荷される乗用車

2018年4月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

量子ドットディスプレイ・部材世界市場に関する調査を実施(2018年)

量子ドットディスプレイ・部材世界市場に関する調査を実施(2018年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて量子ドットディスプレイ・ディスプレイ関連部材世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年12月~2018年3月2.調査対象:量子ドット(Quantum Dots)ディスプレイ関連部材メーカー、QDディスプレイメーカー、セットメーカー他3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<量子ドット(QD)ディスプレイ部材市場と

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

77.3%が“つながる工場”実現に向けて取り組みを開始――経営層も投資に意欲

「TechFactory」が実施した「つながる工場の現状と課題」に関する調査(調査期間:2017年5月8~26日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、“つながる工場/スマートファクトリー”の実現に向けた取り組みの現状や、導入検討に関する課題について聞いた。つながる工場への取り組みに関しては、実施状況とともに工場内のどの部分でネットワーク化などが進捗(しんちょく)しているかを聞いた。また、ネットワーク化により得られるメリット、今後さらに強化していきたい領域、投資意欲などについても調査。現状、

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

32%が「不安」を感じる自社工場のセキュリティ対策、「意識改革」は不可欠

TechFactoryが実施した「製造業IoTセキュリティ」に関する調査(調査期間:2017年11月27~12月15日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、自社工場/生産現場におけるセキュリティに対する意識の変化、現状の取り組み、課題などについて聞いた。IoTなどの活用により、スマート工場化(つながる工場化)が進む製造業では、サイバー攻撃などのリスクが高まるため、セキュリティ対策への意識変革が求められる。この1年間のセキュリティ対策への意識の変化について聞いたところ、約43%が「変わらない

ロボットソフトウェア市場は2022年に75億2710万ドルに

[] 【調査レポートのプレスリリースより】 2018年2月発行幅広い市場を対象としている調査会社マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の調査レポート「ロボットソフトウェア市場:ソフトウェアタイプ毎(認識ソフトウェア、データ管理・分析ソフトウェア、通信管理ソフトウェア)、ロボットタイプ毎(工業・サービスロボット)、採用モデル毎、産業垂直市場毎、地域毎 - 2022年までの世界市場予測」は、ロボット用のソフトウェアの市場規模は2017年の11億4220万ドルから年平均成長率

2018年3月6日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測を発表

2018年の世界のロボティクスソリューションおよびドローンソリューションの総支出額は、2017年比22.1%増 同年のロボティクス支出額は941億ドル、ドローン支出額は90億ドルと予測 総支出額の年間平均成長率25.4%、2021年には2018年比2倍以上の2,184億ドルに達する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界ロボティクス関連市場の予測を

2018 イメージング&センシング関連市場総調査

『2018 イメージング&センシング関連市場総調査』まとまる(2018/2/1発表 第18009号)モバイルカメラの進化や自動運転への対応が進み大きな転換期を迎えている光学機器・光学デバイス関連の世界市場を調査一般車両用ドライブレコーダー・ダッシュカム 5,902億円(66.9%増)近年起こっている重大な事故などにより認知が高まり市場拡大車載カメラモジュール 4,367億円(99.8%増)自動車メーカー各社における自動運転への対応が進み市場拡大 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キ

2018年3月6日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内3Dプリンティング市場 産業分野別予測を発表

国内3Dプリンティング市場 産業分野別予測を発表 2016年~2021年の国内3Dプリンティング市場の年間平均成長率は10.6%、2021年の市場規模は2016年の272億円から450億円に拡大と予測 産業分野別では製造業が最大の市場で、市場全体の76.8%を占めている。今後大きな成長が期待されるのは医療と教育分野 新しい造形材料開発と製造業における3Dプリンターによる製造プロセス全体の根本的変革が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表

国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測を発表 国内商用ロボティクス市場は、2021年には2兆1,236億円まで拡大 AIを活用した産業用ロボットのインテリジェント化が本格化し、2018年以降も国内商用ロボティクス市場を牽引 業務効率化や省力化にサービスロボットやエンタープライズドローンの活用が進む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2018年3月5日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内コネクテッドビークル(つながる車)関連サービスの調査結果

国内コネクテッドビークル(つながる車)関連サービスの調査結果を発表 個人、事業者ともに、有償でも契約する意向があるコネクテッドビークル関連サービスは、「運転時の安全/安心」サポートサービス 個人ユーザーの34.2%が、「運転時の安全/安心」サポートサービスに有償で契約する意向あり。一方「インフォテイメント」は14.0%に留まる 自動車メーカーやITサプライヤーは、自社のサービスプラットフォームに「運転時の安全/安心」面で付加価値化できる技術要素を組み込むことが、収益上有効である

2018年1月29日ガートナー★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年、世界の半導体消費を牽引するSamsungとAppleの消費がさらに拡大

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー速報 - 2017年、世界の半導体消費を牽引するSamsungとAppleの消費がさらに拡大2021年までに電子機器メーカー上位10社が世界半導体消費の45%以上を占めるとの見解を発表米国コネチカット州スタンフォード発 - 20

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2017年9月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸出(2017年10月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) 小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ポケットサイズのもの(外部電源によらずに作動するもの)その他の機器(外部電源によらずに作動するもの)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの)ポータブルラジオ(シャーシ・キット含む) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型小売用の包装にしたもの(使用されたものを除く)不揮発性半導体記

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年を振り返って(上)

公開日付:2017.12.29 2017年も残すところあと僅か。エアバッグ大手タカタの民事再生や東芝の巨額損失、素材メーカーの相次ぐ検査データの偽装など、与信管理の上で重要なニュースが数多く飛び交った。2018年はどのような年になるのか。2017年を振り返りつつ考えたい。 世界経済が緩やかな成長をたどり、円安を背景にした輸出関連業種は決算の上方修正が相次いでいる。だが、国内に目を向けると実質賃金が伸び悩み、GDP(国内総生産)の約6割を占める個人消費は鈍い。まだら模様の景況感の中、2012年12

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2017年11月分)

1.2017年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,068億円(前年比89.0%)となった。映像機器は523億円(前年比83.8%)となった。オーディオ関連機器は76億円(前年比89.0%)となった。 カーAVC機器は470億円(前年比95.6%)となった。 薄型テレビ計は332千台(前年比77.8%)となった。サイズ別では、29型以下が59千台(同67.7%)、30〜36型が86千台(同77.1%)、37〜49型が112千台(同75.6%)、50型

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2017年10月分)

これまでの掲載データ誘電体セラミックス電極材料ソフトフェライト( 2018年3月実績まで)希土類磁石( 2018年3月実績まで) 誘電体セラミックス電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス電極材料は、銀・パラジウム・銀パラ・ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。 2010年4月から積層セラミツクコンデンサ用に限定。本統計は、JEITA電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。 統計参加企業7社から提出されたデータを集計

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

携帯電話国内出荷統計(2017年10月分)

2017年10月の携帯電話国内出荷台数は977千台、前年同月比63.9%となった。うちスマートフォンは526千台、同比48.4%と冬春商戦モデル出荷前により4ヶ月ぶりにマイナスとなった。単月のスマートフォン比率は53.8%となった。※移動電話統計の月次公表は2011年4月実績分より、一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)との連名にて行っている。※単位未満四捨五入により内訳と合計が一致しない場合がある。 携帯用および自動車に搭載される移動局電話装置で、携帯電話無線基地局に接続される

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2017

Copyright © JEITA All Rights Reserved.

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

JEITA センサ・グローバル状況調査 2017・センサ世界出荷実績(2016年)

JEITA センサ・グローバル状況調査 2017・センサ世界出荷実績(2016年)

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2017年10月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2017年10月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む) Cop

2018年1月25日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年3月期上期、半導体商社業績まとめ

24社中、20社が増収 半導体、電子部品を扱う国内半導体/エレクトロニクス商社にとって、2017年は“成長の年”になったようだ。 EE Times Japan編集部では、国内半導体/エレクトロニクス商社の2018年3月期上期業績と通期業績予想をまとめた。集計の対象とした24社中20社が、上期売上高で前年同期比増収を達成。また、24社中21社が通期業績で前年比増収を見込むなど、好調な業績予想となっている。国内主要半導体/エレクトロニクス商社2018年3月期中間期業績 (単位:億円/カッコ内は前年比

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ